ニュースが好き

政治でも経済でもアニメでもニュースなものが好きです。

★【日本と世界経済の行方③】「アメリカは国家一体での反中国、90日猶予後の中国の対応は?安全保障とハイテク、国防権限法、IAPA法。HSBCもファーウェイと手を切る?シャープは?…。脱原油などみると中国優位な部分も…。ただし中国のアキレス腱は外資流入ストップと、何年か後の経常赤字国への転落、外貨準備の減少、人民元不安…などなど」(若干書き起こしメモ)(経済討論桜 武者陵司、三橋貴明、島倉原,金子洋一、渡邉哲也ほか)


 安藤裕(内閣府大臣政務官兼復興大臣政務官・衆議院議員)
 金子洋一(前参議院議員)
 島倉原(経済評論家・株式会社クレディセゾン主任研究員)
 藤井聡(京都大学大学院教授)
 三橋貴明(経世論研究所所長)
 武者陵司(武者リサーチ代表・ドイツ証券グループアドバイザー)
 渡邉哲也(経済評論家)
司会:水島総


◆◆
3時間目これからのこと。
今年2010宮殿ミョウガ割もあるそれからいろんなことが予想されております。こういう時代の中にあってこれからどうなるだろうといった時他の討論とか
そういうところでもやりましたけドモ
例中の対立は実は単なる経済対立だけではなくて世界のたえあり肩アーマー派遣というだけではない本当に世界の在り方そのものの他の転換する大きな出来事じゃないかというようなこと
それからアメリカ経済そしてa 中国経済そして日本経済これがどうなっているかと言うもそれはそれが日を一番トップから3位までという国の問題でありますから
 
フェンス副大統領のスピーチいこ明らかに新しい冷戦が始まったと皆が認識している通りだろうと思う。
従ってこれはどちらが世界のスーパーパワーの座を握るかところまでは決着がつかない非常に長期にわたる問題だと思います。でしかも最初はトランプ氏も通商問題とかアメリカの赤字とか要は経済に限定して中国を批判していたが
今やトランプ氏だけではなくて民主党からメディアも含めてこの軍事地政学含めて中国の台頭をいかに抑えるかといういうところにアメリカの与論が一丸となったは今の状態だと思う。
こうなってくると地政学が最優先になると
つまり稲命が一番大事に打って金は二の次と
つまり経済にダメージがあっても場合によってはその地政学的な必要性によって深刻な混乱が起こる起こり得るこういう。
メッセージが人々に伝えられてそれがこのところの株式市場の不安定化の大きな原因になっていると思う。
っ私はその通りだと思います。
ただしこの米中の問題はかつてのベースと違って経済的にあまりにも強くつながっているわけ。
例えばアメリカ人が使うテレビもそばをパソコンをほとんど中国製だと思う。


ら中国から輸入が途絶えてしまえばアメリカの経済もビジネスも成り立たないということも起こりえます。


しかし他方中国ではパソコンもスマホ音をテレビを作ってるが
そこに使われている半導体を自ら内政できているのは国産化できているのは8%くらい。
で半分はアメリカ製品を買ってる。
デスからアメリカが半導体の供給得られなかったら
こちらもまた何行かないと
つまりこれだけの深い相互依存である以上目先の経済に対して影響が及ばないという配慮も当然双方ではそれ必要がありますしそれが行われると思う。
こういったこの複雑な情勢が展開。
これをどう時間軸で見ていくかということが重要だと思いますが私は短期的にはアメリカが今トランプ習近平会談で主張した5項目の要求に対して中国がある程度馬情報誌答えてそこで一定の経済的なたいこうというのが少し沈静化するという場面があるだろうと思う。
しかしそれとは別にファーウェイの問題を中心としたいわゆる安全保障とハイテクのある意味では攻めにあいてたこれも際限なく続くと思います。そういった意味でへ常に不安がありながらも当面の経済がそれに影響されないような小康状態が維持されるという
かなりその不安定な時期が続くと思いますが
でも短期的にはこの90日のえぇ産後すぐ。これは。よ
エペの巣愛。系におけるアメリカからの要求日8日答えた段階で一旦この不透明感は系でくんじゃないかと思います。
池津ということになります。と私は中国の外交ベタッのが時計青の時にアメリカあのはこれは強くをでりゃーを吸い込むんだという誤った勉強者の学習を中国がしゃったんだと思う。
それでトランプのような白とが出てきて強く押そうとしたら
逆に向こうのほうがいきり立ってきたと言うその上で2045年までにいい中国がありとあらゆる先端技術の分野で世界のナンバーワンになるんだみたいな計画を出してしまってまさしくその虎の踏んでしまうんだとこれは今のような他の中国とアメリカの対立は雨アメリカは望んでなかったのに中国が勝手にそっちの方向に突っ走っていって起こしてしあったものだろうと思っていますので
これはそう簡単に終わらないと思います。もちろんそのいわゆる物理的な熱い戦争にはい私は至らないと思いますが
冷戦というか関係はずっと続いていくそして1980年代の我が国とアメリカの通商摩擦のように 戻ってきたなにょ歯の間は中国は常に超大国であり続けたわけでショ。
世界の中では常に中国の覇権国家であってこの100年余りが違うという。
そういう意味では特殊な時代を我々は生きてきてるんじゃないかな
だからモウ一度中国は元の姿に戻すれたこれが世界の常識なんだふうに私は思う。


だから中国は確かに今米中対決ってことになってるけドモ
今経済政策が少なからず日本ような族うまくわけでこれからも経済力それから様々な技術力軍事力もまだまだ伸ばしていくだろうと思います。でアメリカは逆に人工国家としてのさまざまな弱みのが逆に表に出てきていてこれがどこまで持ちこたえられるか状況なんじゃないかなというふうにもバカと入って急にアメリカが小さくなるって言うこと
はないと思いますけレド
米中はそれで攻めにあう中で中国はこれはマカにできない大きい。
大きいままで私たちはその隣にいるでアメリカにずっと依存ずっと日本依存してますが
そのまんまの歌っ今までと同じ事やっていたら
完全に中国に飲まれます。


ふうに私は思います。


だからそんな中でこれから日本が生きていくためにはデフレから抜け出すはもちろけレド
アメリカにくっついていけばいいということばかりではなくてそのアメリカと中国とするかロシアもこういう大国に囲まれている中で日本はどう生き残っていくのかことを本当に自分たちの頭で考えていかないと本当にこういろんなところから全部食われるだけ。
ひどいことになるんじゃないかなはことがハイではたくさん入っこの本新刊けれドモ
アメリカはどこまで中国を崩壊させるかという本の中にいろいろ細かいところが書いてあるわけでございますが
今アメリカがやってることのはアメリカを選ぶのか中国を選ぶのかという形で世界中の国々に踏み絵を踏ませてます。


貿易交渉において中国と取引関係を深めるので
あれば
アメリカは関税をかけると日本に対しても入ってる集合ロッパに対しても入れると
ファーウェイの問題に関ししてもその10型になるわけけれドモ
ファーウェイ zte という中国に者の端末やシステムを使う限りアメリカは取引をしないというアメリカのいわゆる通信網から外していくぞという形での圧力をかけてえーっでこういう形で、さまざまな分野でアメリカは中国排除し上の分離を張っあっていくと思う。
これ時間軸をかけて時間をかけながらアメリカの経済の影響が少ないようにやっていくで武者さんと少し違うと思うのはアメリカが作っているものはアメリカでしかつくれないものが中心。中国で作っているものはほとんど only チャイナがない。ここに大きな違いがあるわけ。アメリカはメキシコとの貿易交渉において有利な条件メキシコ側に少し有利な条件を出しましたこれはたぶん中国の代わりをメキシコにやらせようと考えているんだと思います。でピン度アップルがインドに工場移設を決めましたこれも中国の代わりにインドという選択肢が生まれてきたものだと思われるわけ。


そういう形で生産国を移転させていく中国からどんどん生産部分を外して言ってアメリカに影響がないような形にもっいくという作業を今アメリカ当局をやっているように思う。で次の段階でやるものは金融。でドイツ証券ドイツ銀行という銀行があるわけけれドモ
ここの筆頭株主が中国の邂逅集団というグループでしたこれこのグループは散っを財政破綻状態になってドイツ銀行の株式を全部売却せざるを得なくなったティで今。
中国企業という民間企業というたて前はあるが事実上中国共産党が裏に言いますから
海外にある資産をどんどん売却させている状態外貨準備が減るのを防ぐために海外資産を売却してそれを取るとして調達して返済に充てているというような状況に今になってきているからまずいわゆる先端技術分野入って九分への中国排除が始まり次は金融分野での分離を始めていく作業が今順番に住んでいるんだと思う。
でこれがある程度片付いてくるといわゆる中国のバブルが崩壊してもアメリカの経済に対する影響が軽減されてくるとその時点でバサッと完全に貼るいわゆるマーケットを破っていく冷戦に戻していくという作業をアメリカを進めているように私は感じております。


はいましたケド
私は歴史的な視点から見てその第一次グローバリズムがいい子が圧倒的な生産能力を持っていた時代があったんだけれドモ
それで自由貿易。ということやってましたケド
者のときに自分の国し情報をして勝つ技術投資とか設備等召喚元ヤンってします。外からゲーム持ってきてイギリスから持ってきてそれで瞬く間にこの芸者の生産力に追いついて言ったのがドイツ。よ
それで結果的にその oc においてイギリスとドイツの経済力が匹敵してしまった結果軍事バランスが崩れて第二台体制という形になったとかなに近いなぁと
つまり過去20年間少なくとも2001年の wto に中国が加盟していこう以降の中国の経済成長の多くはアメリカの貿易赤字や経常収支の赤字に陥っていたわけ。もちろんそのニホントカゲ理解を欧州から投資や技術を入れたもあったんデスけドモ
その段階重すぎて
これ前田討論でも使えましたケド
後主要国の科学技術関係予算を見ると一番これわかりやすいなと思うが
アメリカは相変わらずトップ。よという話がこの急激に中国の予算がを5ぺチュアルながこれまさにいい。にドイツがおいていていた時とそっくりだなと思うので
私は最終的には熱い戦争後れ経て
も最終的な決着がつくんじゃないかなというふうになり何で問題それが言えるかというと南社会。よ南シナ海の35勝を埋め立てたところが全部軍事基地になってしまいましたと。
で最終的な景気客は例えばあるよ
元の現場復帰させます。
話になると思うケド
その時に協賛と中国共産党が自ら軍事キッズを軍事基地を撤去するなんてこれありえない。
じゃあ目リカがどうするかあるいはそのアメリカ人映画どうするかってなったら
これは爆撃するしかないわけ。そうしない限り南シナ海の緊張とがずっと続くことになります。


というわけでありが一つの典型で様がその軍でバランスでが完全に崩れつつあって中国は東アジアだけ見てれば
いいが
アメリカ全世界に目配りするといけないというのを見ても軍事予算的な
かなり健康してるんだという状況だと思いますので
私はもちろんその先も者さんがおっしゃったようにこの闘いとかこのなっていって言ってる冷たいさんなのか灰色の戦争わからないケド
これもちろんと続く共に育つ作前提で
その&先生がおっしゃったようにその我が国同士で母と子まで通りはアメリカ依存する。カベ前アメリカが撤退するって話じゃないんだけドモ
当然者のアメリカとが同盟関係を維持施設日本主体的にちゃんとその東アジアの軍事バランスを守るために動くができないと多分へい戦争に巻き込まれちゃうんじゃないかなーって言っに人工島なコラボレーション資料けれドモ
一中先ほドモ
出しましたこういう状態で七つの子がよく人工島という言葉が使われますが
実体的に完全な軍事基地化してる。
 人工島ではなって要塞だ夏できたティなる前で留めなくちゃいけないのを止めなかったのがオバマ政権。よ
アレかも指名的だったくん鳩山政権の un もダメだったら
いいなこれ岩井大事なことだと思います。表紙もご存知ます。はい実は私は結構武者さんと三ツ橋さんにいてくると言われちゃったことがあるが
にょきなこと特にこの2019年とかそのあたりうとアーマーサティのその交渉の期限が2月末に設定されている中で今の力関係から言うと中国ががあっている情報せざるを得ないということ
いったん収まりすさまるんじゃないかと
そこら辺で6者さんも仰ったようなその金融市場の不安定化のもある程度を一定のメイドが作ったじゃないかなぁとそこがまた決裂知ってるまたはわかんないって話になっちゃいますが
のが1点と
栄さんおっしゃったように a まさにその第一次世界対戦前のイーリス同一みたいな発見対立の構図みたいなのが多分これから向こう20年ぐらいかけて徐々に徐々にこうエスカレートしていくんじゃないかなと
実は
そういうののはそのコンドラチェフサイクルと言い方の言葉があるが
最後後60年の周期で結構歴史的に怒ってきた例えば8冷戦米ソ冷戦もそう。しとその割とこいつ例えば1019世紀初頭のナポレオン戦争みたいなものもそう
そういうような構図の中で見られます。こと結構世界の経済とか歴史の繰り返した経済と一体になって
そういう派遣の高層て無垢なのが繰り返されているので


そういう流れになっていくんじゃないかなというふうに思います。はいひとつだけ今。
中国制度2025中国当局が出しているものをそのメインの授業は2つあった。
一つが通信いわゆる寿の字を中心として zte ファーウェイによる世界的なネットワークの構築そしてモウ一つがメモリー。よ半導体反動タイの内製化うち中国が進めようとしていたでこれ三者がやっていたわけけれドモ
14兆円のファンドをつくって国策でそれを進めていたわけ。de jh icc という中国のメモリーメーカーだって食ってこれを作る予定だった。工場が稼働する予定だったがところがこれがアメリカのマイクロンというメモリメーカーの技術結んだとされまして台湾の umc というところ設備をつくって入れる予定だったがこれに待ったがかかってアメリカの半導体企業が設備を納入できなくなってしまった。これによって6800億円をかけた工場が完成できない状態で今あるわけ。れ高山市あるわけけれドモ
チョコストレージってこれがドイツの欺瞞だというメーカーのシステム基本的に導入しているわけ。
潰れてしまったプチまんどを買収した会社ここに関してはある程度完成するかもしれませんが最終的に半導体をチェックする機械を導入できないかもしれぬ半導体をチェックする機会はあほぼアメリ他のキーをでが握っているものデスからこういうキーパーズはアメリカ各所に握ってる。
でモウ一か所だってこれが日本のエルピーダの社長が最もと社長として呼ばれていて
その後首になって別のメーカーが入ったがこれに関してもマイクロンの技術を盗んだということ
今訴えられている状態でこの半導体事業に関しても3社ともこのままでいくと稼働できないような状況になりつつあると
こういうような形でキーの部分うん順番アメリカがは今から潰していく
だから中国程度2025というものそのものがいわゆるアメリカから見れば
分かりやすい的。
また棘いうふうに潰していくかのを戦略的にやっているはアメリカの ki が今実質実際に行われつつあるって言うので
ショウ。
かいませんということはターゲットがどこになるかってなった場合に我が国に来ちゃいます。


中国側としてはあなたの技術とかを平気で
そのお金で
問題で出してくれるような国とは残ってないから
そうなつ半導体製造装置を世界で見ると完全に日本企業とアメリカ級にょ
さっきのそのテスターとか。
いわゆる検査大部分においては日本にも有力の9割はいつかせアメリカから買えないとなるとこれは日本に来るわけ。で日本に来る可能性もあるがアメリカは国防権限法iep 英語において寒冷同盟国に関しても販売を禁じる情報をつけてますので
これ zte という中国の携帯電話機メーカーがアメリカ側から販売規制をつけられた時アメリカからその zta キーパーツを売ってはいけませんよという法律が作られた時に台湾の企業が入れていたものも全部止まった。
デスからアメリカとしては
そういう形で国防というものを理由にして周辺国に対してもそれを求めてくる可能性が高いは受ければ
。よ
そういった意味で日本は漁夫の利を得られるように見えるが
nanoha と思うことがあり得るというで今一番系などで台湾で台湾企業をどんどん今買収して人の引き抜きを中国がやってましたからこの点がもで次は日本。よ
当然
そういう意味で多分終わりと再戦宣言。かデータに付すレーショジム詳細の中身は分からないが
摩擦半導体中国って話で非常に引っかかったのがシャープ。よ
調べ大和の本入った系あそこに買収されてしゃー回煮込んだ大規模の半導体工場を作るみたいな形で
まさに三橋さんおっしゃったような日本が直接というよりはもんで今や外国企業になってしまう実証が下記表になってしまった技術を持っている日本企業のものがそっちに行っちゃうみたいな千本入って1回移して
ある2シャープな本が行く時もジャパンで居る時も
最初中国と言われたんだ
台湾企業じゃありませんよとダウンとのっけからアメリカの
そういう意味ではその渡辺さんがおっしゃったようないろんなて売ってるが
結構
そういうところからもボロボロあみの目から零れていくみたいなことが先ほど来んじゃないか高校も権限法。
でにファーウェイとかあぁZTEとかネ名前挙げられてるわけ。
で表面的にはそれらの9人のそれのクラスの選手製品を
アメリカの政府が購入することを経験します。というようには報道されてるが
その裏にある2人でよくを見ます。と
芋づる式に様々なことが可能ぬ雰囲気ににょ驚いたことは不安上が
今まで、グローバルのは資金調達する際に使ってたインベスメイドバイキンの hsbc と。
それからモウ一社あるが


この2社がファーウェイとその関係を遮断するということを決めた。


つまり今や華為と付き合っていたら
それ以外のビジネスがすべてアメリカじゃあシャッターを去るデスからそういった意味でアメリカの本気度はこれものすごくておそらくそこまで来ると。
中国はどのような経営をのボロガールビジネスを続けられないということが起こりうると思う。
これは潜在的には非常に大きな金融リスクに女性て国防権限法で規制をかけたのとモウ一つの技術がありまして i epa をこれ緊急国際緊急経済権限法という法律でこれは大統領令1本でアメリカ企業との取引を一切禁止することができるそれ銀行も含めて。
デスからiep 英語によってプレオしていけませんよという情報が付けられると
アメリカ企業は一切と生きていけないという銀行が取引出来ませんからドル決済ができなくなるので
自然的につぶれるということが起こる仕組みが一応作られている。
で世界の債券の60%が未だにドル建て
ある以上ドル決済ができないということをグローバル展開ができないということになります。ラこれは
だからアメリカが所で真剣にやってくる方がファイト z 体に反してはトランプが今週来週ぐらいにこの iep いうふうに基づく制裁指定をかけるということを言われておりますので
これでほとんどの国で金融取引ができなくなっていくことが予想されます。
混ぜた不透明の話って言ってもソマーアメリカが強いと言えばその通りと思うが
一方で今おっしゃったその金に逃避の60%がドル建て。って話し合ったが
日ステッカーの国際決済銀行の統計見ると
それでだんだんぬふぅやっ特に結構リーマンショックの後とかにポコッと凹んだみたいなことがあって
いろんなそう。経済の流れとかを考えると透明は膣のアメリカが勝つでショウ。
とただそれがどんどん下がっていく中でおそらくそれが50%も仕切るようなことがあると結構あるしの閾値みたいな公園で言って中国五鉱いかようにも対応できるようになるん
だからそれがこれ多分あん先生あまり細かい根拠は。持ったも56年先とか
そういうときには
そういうこと
追ってます。ただ外も条件があってどれの裏づけて今何かが裏付けになっているかと言うと1900再現や決済が採れ立て
あるで湾岸諸国を握ってそれとここ物を完全に自国内で受給できいるこの2つの条件が揃っている資源と穀物の2つを受給できるという条件が揃っている国ってアメリカとか数少ないわけ。中国の食糧自給率が70%台まで落ちていてエネルギーを海外から買わなきゃいけない状況デスから
そういう風に見通貨がハードカレンシーで完全に基軸通貨になり得るかあ問題が出てくるわけ。
もともと金本位体制の時は金が裏付けるドルの裏付けでしたが
現在の裏付けというのが石油と穀物というこの2つの裏付けがあるという条件が崩れない限りドルの牌書いてないよ
その辺に関しても先ほど申し上げその経済の長期サイクルの中で
その基幹エネルギーみたいなものって入れ替わってきてる。
で5速けれドモ
まさにその中国は
そういう意味では手動で電気自動車やったりとかあれその原発ので
作ったとかやってもけれドモ
その石油にこうがいい依存するみたいなことがどの世界全体として低下していけばそれはまだドル需要のって長期的な3で定価つに繋がってくのが結構か一つのシナリオとして考えるてるんじゃぬ数年間はむしろ同比率が高まってます。


それはこちら今朝いうことから国際産業に練ったそれは冒頭でお示ししたようなサンスさっきで5560年のサイクルとは別のドルが強くなる時期弱くなる時期みたいな短いサイクルにあるテープ連動してるんじゃないかな
も私の理解なので


そういうものを経ながらだんだんドルが下がっ比率が下がっていく方におそらく世界経済を動いていくんじゃないかにょ中国って凄くかっこいいなぁと思うのはまだ辞めたくないが
ってこれは誰しも鉄にょ原油について南しゃーかえは逆に中国にとってもリスク。よてゃんヌー
ミャンマーのところから直で雲南省にパイプを通してもらえますかネ鵜飼が出来ました醤油味もちゃんとやってるわけ。


だからある意味でちゃんと家正確に沿ってユーラシアの中に中に昔のハートランド酵素ランドパワーとして動いてるのがこれが間違い前の中国にょ殺すそれとモウ一つ知っていま最新鋭の
あれも作り始めていることを考えると石油の問題をのなんつかと止められてもある程度は
ある程度か完全に100%自給できるような電気連携エネルギーは立派に思う。


色んな子のチャネルを作ろう地てる。
もの最高電力のアレが必要なんで電源がこれ日本の技術があるでもアメリカにもいいことしてるでも1兆円でも以上でも使ってかを買おうとしてた注目はでこれは1分で 残念戦略
色んなことをてウジェル中国の強みのは巨大な開発独裁国家であること。よデスから共産主義国家ではない。よチュロスよとりゃーしろ
そういう独裁と伊那帝国と民主主義国にしが民衆警告がどうやって今からわかっあたって来なくてまったりはなきゃいけないかできわめて重大な問題で多分意味だったら
こっちもあげます。



中国のアキレス腱はおそらくそこにはないと思う。


はお金をつぎ込んで集中的に開発競争すれば
ものは効率的。よ
人がてじゃあアメリカ中国に対してどう対峙しようかとしているかということだが
私市場経済のメカニズムによって中国を静寂に導いていくという
そういう戦略が多分あるぞ音でショ。
一番大きな私はの中国にと問題はそのどんどん貿易収支黒字が減ってる。
でおそらく数年のうちに90収支赤字国になると思うんどっ中国は一見非常に凱歌が潤沢な国に言えますが
それは竜が2つはて一つは w というように加盟してある意味では誰か無理をすること
非常に多いこと
稼いだとこれに関しては中国の人件費も高くなったしどんどん競争力をしているわけ。
またアメリカから叩かれれば
なかなかいい室ができなくなるモウ一つ注目の実装の強みは中国に海外から大量の資金の流入があって特にグレーター chinese 。よ
か強肩そのお金が中国に入っていたわけ。
この2つも国際資本の流入のチャンネルがあって中国はたいへんに豊かだったわけデスケド
う感やからの資本流入は止まって久しいわけ。
むしろこれから資本がどんどん逃げてる場面でモウ一つのその経常収支の黒字がなくなって赤字になると今度は中国は非常に多くの大きなその外か不安のを潜在的に帰ることになります。
これは今すぐには件開花しないとしても何年間の尿には
そういうことが起こってくるわけ。
そうすると先ほど来でているような人民元ファということが起こって中国は国内の金融を閉めないと通貨を守れなくなるというような悪循環が起こりうると思う。
で正さん4年前の2015年チャイナショックが起こりましたよ
じゃあがまさしく将来起こりうる
そういうその変化。
っっ思うが


時は雨経常収支がたっぷり黒字だったしそして資本二遊間を役に飛べて資本コントロールをしたので
聞きは治ったが
果たしてこの次に同じようなことが起こった時に
そういう手があるかというとこれは
かなり苦しい。よ
でただ水先日7 gt エンティティーで特徴的なことが前例が出された。
中国の入ったイチローにしてもさまざまな問題はの債務漬けにして権限を奪っていくというやり方。
これ国債を国際的な金融ルールにおいてはもし国で叩いそうになったバイクにたい国のものに関してはamf が入ってパリクラブによって話し合いをして減額をしてりスケジューリングした上で払っていくというルールがあったわけ。中国はこれを無視して直接的に数百件遅れと日本までやってきたわけがこの仕組み国際ルールを使わなくてはいけませんのが g 2 at の生命の中に盛り込まれた
つまり例えば100億円中国から借りている国があります。でこれまでは無条件で考案をとっていったのこれをちゃんと imf を通じてパリクラブにかけるそうすると100億円が数の再建が20億円になるわけ。
これをアジアインド太平洋ファンドで西側が代わりに肩代わりしてとっていこうという戦略のいい含まれているというのも事実。
ただ。
うを振ったり学してきたような話で中国今聞き
そういう意味で不利な状況にあることは間違いないと思うが6せません暗いが
それも
だから言ってみれば
その国際的なマネーのサイクルで言うとた part 34年くらいの話で逆にその3米をなんとか乗り切ってしまえば中国日本が追い風が吹いてくるみたいな状況があるはず。よ
だから出た分散4年の間にアメリカが中国を叩き潰すのはまず不可能じゃないかな後輩を応援すと粒々が多分弱体化する。
このグレグじっとを通じてユーロが弱体化していくなかで
そのユーロの減っていった分をアメリカと中国で奪い合いをしていくと思う。
国際金融市場において
ここにおいてアメリカのほうが絶対的に有利であるということは確かでショウ。


何ところそれは短期的に見ても
ぇ要は中国の外貨準備の中身のは前のよくわからない。発動してないからでさらさら色んな事言われていましたの実際はないんだないが


あぶりが一歩されたケド
とかそんなのがいくんじゃないかと話しなが


そういうような状況でで
その計上し赤字になって人民元やてぃ毎度にかかってくるでショ。
その時に中国さんとは間違いなく白い土を感じで止めるって形に行って量が来てもらってるもやってますが


これは。さらに強化するってことになっちゃうとその世界的なこの資本主義のメカニズムから中国が外れるって事がある。それを前提に多分日本の企業とかはこれから事業計画立てなくちゃいけないと思うんだけドモ
現実はこれまで通りの中国の投資が出来るというこになっちゃってるから下手したら
日本の投手とかあるいは企業とか人員が人質にされるって状況がも23に hello と向かって来ないと思う。
すでに新聞が中国経済がおかしくなると日本語おかしくなるみたいな
そういう煽りをやってるわけ。これに引きずられていく可能性が止めてもこの中国の外貨準備約3.1を取るそのうち米国債が一転1兆ドルのか姉ででそれ以来主さんがどういう状況かわから
。さらに中国の外貨準備には中国の4大国有銀行の資産まで含まれていると通常外貨準備のは政府が全部使える。国有銀行の資産が入っ入っていて。さらに言うと a 0銀行の債務が民家さんが1.6ちょうどる逆に言うと借り入れであるというそのうち1.1兆ドルが短期債務7 day 3カ月以内に償還期が来てしまう
つまり米国債の今の現有の金額と短期3カ月以内に再具の性関係をくる金額が=。よ
今。か子実績に外貨準備が残っているかどうかわからないとこ来い状況なので
中国政府として資本移動をどんどん禁止して同時に中国企業が買った外貨建て資産をどんどん売却させているという状況に今あってそれがいわゆる外貨準備の減少をが少ないように見せている原因でもあるあとは
輸出はこのところ増えてるじゃないがそれも
輸出という形の海外からの送金である可能性は結構数。
 もアメリが経済の強さのが曲がり角を迎えた
だからえっちょっつーこそ20年って言いましたケド
アジア通貨危機がありました it バブルがありました it バブルためアルミアメリカのその時のピークみたいなも。よ
で今度は it バブルが崩壊しました今度何を着たかってこの新興国ブームみたいな
そういうの繰り返し繰り返しのがあるので
そのな波に中国が乗っかってくってことなんじゃないかなそれは様は。かネ祝う金融資情報とかマジて経済とかも絶対もそうだが
極めて高岬を見て皆動くわけ。
だからこうでもこうこっちのが調子良さそうみたいなことになるとこうそっちにん順当などんどん流れていってすごいアンバランスな動きをするわけなんでで行き過ぎたものはまた戻るみたいな
だからそれで例えば仮にその例えば来年とかアレってこんな今年来年とかにえっその岩度アメリカが強くなって
仮に中国で金融危機みたいな尾っぽが起こっで
その時はけっ短期的にダメージってあると思うが
このそうすると中国腕2分したんがすごいやすくなったとかそうなってくると本当そっちで系をみたいな資本の論理みたいなのがや働き出すと思うんううううローバーその国際分業とかサプライチェーン縫うと思う。


おそらく世界の工業製品のものによっては5割を中国で作るというのも結構から始めてたくさんあるわけ。


そういう中国の優位性がこれからやってくる期を過ぎた後。
どうなるかってこと。よ
一つはそいわゆる軽工業とか労働集約作業は9 ている わけデスケド
このところアメリカアーマー日あったことしてるわけ。
で強制的に地力にある多国籍企業の製造拠点を他にシフトするように要求しているわけ。
そうなるとその後の中国で、そのこれまでの国際分業の正拳者であった作業が2つなくなってしまうという時に果たして中国はバブル崩壊が後の経済を立て直すことができるんだろうかいいか一つこれのデータけれドモ
中国の生産年齢人口2015年で p 母としている。一人っ子政策がありますから
一人っ子政策の影響で1人に2人の親二人の上に2人の親二世代に住んでしまっている。
デスから一人にが6人扶養家族を抱えている状態で2015年に生産年齢人口がピークアウトしていわゆるに今の3倍ぐらい速い速度で高齢化が住んでしまっている国家。よ
デスからこれが逆に言うとインドのように若い人口が増えてこれからの生産年齢人口が増えていく国であるのかそれともこれからおいていく日本より3倍の速度でおいてゆく国であるのかというその前提条件を考えなくちゃいけないんだと思いますが全然ジョン点と言うんだったら
今の話に加えて生産性の向上とは絶対動いちゃいけないと思うんだ逆にいま中国のいわゆる生産年齢人口の減少はヘタされ生産性向上加速する可能性が高いわけで4でた人手不足。よで
その裏付けとなるのは科学技術力。よということ
だからこれだけ伸ばしてるわけでショ。
さんにしろさあいます。分かってるわけでショ。
共産党は自分勝手にをあげたいわ
そうだ
色んな音ズレデータ教えてもらってると極めて戦略的に
型抱える
宇宙戦争も含めて
計画的にやってる
ここ
はれ調べ1970年の音貧乏な子ないからこの40年。かこれでものすごくになっちゃった
中国を込めてわけじゃないが


犠牲について
その規制を安全を見せして考えてるが
で犬。向こうからまショウ。


だからたとえばその食堂の音自動化とかのは向こうのが進んじゃってます。


ハッキリ言って日本だと安全貴殿がどうな声はと比べても悪い子じゃないが
安全を守るために来てかけてます。のも突破にあってとにかくやるだけやれ形のことができる国。よ
そこをた文や待ってもいけないと思うこれ直的には
そりゃベッチーのミニゲームでアメリカ人8中国との戦いは故冷たいそうなのかよくわからないケド
ずっと続くと思いますが
でも中国は中国内の強みがあってしかも彼らは自分だってにらみをちゃんと理解してるんじゃ


だから中国青銅2025形で遠いボディを中心に技術について全部抑えてしまうとあと派胴体について nvidia とかインテルやインテルが輸出を貯めるだけで中国のラインが止まった後
これ現場。よ
こういうような問題を解決ようってこと
戦略的に独裁再建がやってるというのが現実なんだよ
これは
やらなきゃいけないと思いますが
それと穀物。

だから中国力を入れてやってるのは海外での申告も生産や農業生産。
海外の農地をどんどん買収してる北海道もその典型なんでショウ。
けれドモ
結局中国国内の自給率が減少していくもの海外で補うためパティ のと超高段位がって市二区立て全部このに参った犬4試合でやってるってにょわー今回はアメリカのプラン分大統領の対中政策はグローバリズムに反してるでショ。
例えばパワーが言いませんでこれはやっちゃいけないが
それも安全保障が指にできるわけで要は今世界のは公共ない。よ時代から国境国家を取り戻す過程にあると思う。私はそれは先頭を走ってるが残念なことに中国。よ
そうの状況でさっきおじい再生がギリギリに言いましたけドモ
我が国政府の規制とか関与は強化しないとダメ絶対例えば対中投資は帰省します。やらないといけないしあるいは行動的な問題構造改革って言葉使いたくないが
国民は貧困化風て味もじゃった生かせるような構造を変えなくちゃいけないよということをやらなきゃいけないんだけとその今の日本がその規制を強化する方向に行けるかというとたぶんできないなとどうどうもいます。バンク打線のところ今の事業者に対して言っ人気を得るかパンダ力があるかどうか私は別基板設計取れるかどうか別にしてちゃんとしてその野党としての役割よく言われます。
空気が危険。
つまりなんで規制緩和とか国境避ける方向に今自民党車意見が入ってる。かとカッコパロディ来るわけじゃない。よ
やってロジック考えたら
どうか声だし生教科書行くよ
でも
あれも実は
ぇ自民党内部から出てる。
実は言うそれといろんな所と


だから単にやとアホなかやと思ってるだけなんだ言葉という本当にこれに狭いないんで情けない状態なんでえーとあと何分ぐらいか姉さんにょもん私は冒頭の議論けれドモ


日本のま非常に。
怒れるうまーしーさんと言いますかネ財産を作っ使ってデフレ脱却講師長期的な経済族起動成長軌道を作り出すということが最も大事だと思う。


くどいなりますが
その日阿蘇のデフレ脱却と
それからモウ一つは資本を肝循環させるということ。よ
えーそのための私は政策の優先順位を一気に上げることだと思う。
一つの方法としては例えば投資に関する税制の軽減だとかこれは皆さんと意見が合うかどうかわかりませんケド


あるいは損益通算の風邪だとか。


そういう形で
その一気に預金だとか元気に滞留している資金を実際の打つも産業資金として完了するような方向へのせ税制改正を行うとと同時に私はその日本の相続税に非常に大きな不公平性があると思う。


不動産を持ってれば


かなり大きな節税ができるとしかしそれ以外の金融資産はそうでもないとなると非常に言ってみろし山間のリターンに歪みを与えます。


その結果不動産ではバブルができ一方で必要なところにお金がいかないということにもなるとそういった。
ある意味では資本の有効夏用ができるための総合的な政策ということがダーシーというふうに思います。
慶安あんま とにかくこれ。かネ。とにかく就職氷河期世代というのがありますから
この皆さんを何とかして救わなきゃいけない特に大きな声で言いたいがもらいライフも決まっちゃったことなが
外国人労働者を本格導入とか言ってますが
そんなことをする暇があったら
就職氷河期世代を何とかして活用してくださいと大きな声で言いたいと思います。今日はいで後最初にも申し上げましたが
この就職氷河期世代に対してきちんと経済的自立あるいは社会的自立というのが可能にならなければ
恐ろしいことが起きるこれは絶対手を入れなきゃいけないで
そのためには会議けれドモ
時給1500円を目標に最低賃金を引き上げるんだとそして後教育子育て支援これは今の就職氷河期世代のお子さんたちにお渡しをするわけだから直接はでもず masa主的な氷河期世代の方に回っていきます。それからと社会的支援俺どういうものかというとまだこの就職氷河期世代の皆さんの中には引きこもりとかずっと非正規で食べてきたんでなんでショウ。


プライドを失っちゃった方っては大勢いる。そういった方をそのままほっておくんじゃなんという冷たい国家なんだ日本あったことになりますので
それを何とかして助けてあげたいと
それを通じてデフレを脱却するんだティいいかうとにかく未就業者でさあ
そういうのをやりたいとかネあとは残業をやらせてくれと自分のスキル曲げ対しなる残業でやりたいのみんなカットされて出来なくなっている働きたいなぁーっやってから楽器使いたい人が扶桑歌ホッケー使える人が不足しているロスあたら
いてくれよてょ幸運今日も議論でも思うんデスけドモ
とにかく長期計画を国として作らなきゃいけない。よ
色んなものに立ち経済成長の対してもそうだし雑記の藤先生もおっしゃってた国土強靭化道にしてもそう。しあれは防衛政策に悲哀外交というものそれに対して長期的な視野というものが混ざらない日本の国としては少し食べないかなというふうに思います。きちんとした計画見通しを持って
これを縁にこう政争の具にしないてきちんと国益を守るためにはどういう考え方が必要かの大これをこうある程度コンセンサスが取れるような
そういう努力必要をする必要があるんじゃないかと思います。
政治的に主導権を取ると俺の言うことを聞けみたいになってるが
これがすごく日本の行く末を昆明させてる風空きがあるしますしその中でも新自由主義的なイデオロギーにみんなは毒されていて
そっちの方に入ってしまうとた手戻ってこうアメリカ追従ばかりではなくて我が国はこれからどうやってこの大国の狭間で生きていくのかことを真剣に考えていかないと本当に各国にいろんな利益を吸い上げられるだけの国になってしまうというそれが多分にありますから


そういうシェアをきちんと持った政治家がきちんと大皆さんにこう話しをしながら。


そういう方法の生活学をやっていく必要があると思います。これはが頭にもだいぶいろいろ考えなきゃいけないところあると思いますが
今の中国とかアメリカの国家戦略で比べると。
日本はまだまだ
そういうところはとにかくついていけばいい風な状況にありますから
それを一番こう独立国としての矜持ものを取り戻すと一番大事かなと思う。
はいありがとうございます。ではあってこの子デスから基本的なビジョンがまずない。よ
デスから天下国家を語る政治家がいなくなってしまったそこからまず始まるんだと思います。天下国家を語る政治家がいないから中長期的な計画が作られない田中角栄の列島改造論が多分最後の国家計画だったと思う是非は別にしてそうa子アップデートさらされていないという状況のなかでどんどんどんどんまぎりになって時間軸ばかりが短くなっていったって今四半期決済決断と企業もどんどん時間10分短くなるそうなってくると目先の打算的なことばかりが繰り返されて打算的な計画ばかりが繰り返されるので
中長期的な計画がどんどん壊れていったのが今のデフレの原因でもあり日本国家全体が持つ大きな問題点だと思う。夢を語れるい政治家ちゃんとした国家を語れる政治家を選んでいくで政治家は国家を語るというところから始めていただきたいと私は考えている。
デスから目先の経済問題国家間の問題というものの前提にある日本はどういう国であるべきかというその国家感を語れる政治家以外はいらないと森かけたスキャンダルなんてやってる政治家よくcom 5的に私はいらないと思っています。はいいや店車んこれなかなかが作った世界経済政治経済マトリックスデスケド
要は今の自民党も完全に右寄りグローバリストになってしまって保守的なことを言い鉄日本国家を打つコース構造改革にまい進するという話でもこれは前が多かったが
これ昨年の意味後でわかったが
ココ。
明らかにどういうことができるとないでショ。
なんでちょい3の議論やってる時に日本人労働者の問題語らないかと彼らが語ったのは外国人の人権の問題でそれも重要。よでもあなたたちが守るべきは本来は日本の労働者でいう話なが
そこがなかった。よ一応ありましたケド



だからかせーなーとものが最近所日本の野党の方々が守っているのは例えばマイノリティlgbt とかでショ。
あるいは外国人とかあるいはその女性の正一部ので
3リズム的な女性たちの権利を声高に言うが
結局今の日本には本当の意味での労働者とか中小企業経営者とかあるいは農家の方とかどう扇屋さんとかも創業者というとこういう現場を守っている方がでのための政党がないになったおっこれからも結局の問題だと思うよ
ここの政治勢力をちゃんと作れるかどうかのが我が国の運命を変えると思います。
もしれなかったら
将来的にはまずし発展途上国を間違えられないとあれ思います。入っれるございまー結局今のはその名目 GDP t は国民全体所得。
それが20年間ほとんど伸びない中でそれの分捕り合戦みたいなのやっていると
それで結局経済的な今日者の方が買っていってエースの格差が広がっているで今回の中でも資本主義の動き区内のメカニズムみたいな話がありましたケド
基本的にはそのほっとくと当然お金持ってる方が強いので
自分たちにそっちにどんどん有利な方に流れていく
だから今グローバルあるグローバルカーなりその字新自由主義的なものが強くなって組んでて
だからどちらかというと政府はそれに対してバランスをとる役目を果たさなきゃいけないのになぜかそっちに加担するような
だからその規制が100%でも良くないし自由化100%も良くないんで
そのバランスをとっていく必要があるでなおかつ要はその緊縮財政がこういう20年をもたら
してきたので
要は毎年。
財政支出をまさにその長期計画に沿ってたっっ立て5%ぐらいとか。
伸ばしていくようなプランを作って
そうすれば
当然国民全体の所得が増えていってその中で再分配政策も是正してくれそれであれば
全体のパイが伸びていますから
何。かどっちかというとその経済的今日者も比率は減るかもしれないケド
取り分の絶対額は増えるので
ある程度コンセンサスができるかな
そういうものをまず2ビジョンをまず持つべきじゃないかは一つとあと金子先生からの就職氷河期世代でありまして来タイトルは別の目的作ってあるんデスけドモ
どちらも25歳から54歳の男性のたい。
正庵就業者数とその主義就業率。中報酬率なが
これ今だってこの世代のは。か進学率とか女性の社会進出とか定年と関係なく大体の所働く世代なんて訳デスケド
ほんと者就業率が上がっているよう2名ともデスケド
それでもまだそのデフレ不況に入る前より2%以上も落ちているで実はこの人このギャップだけで50多分1万人とそのぐらいいる。
で一方で打つたちが新聞記事とかで見た限りけれドモ
霊能移民の話で今後5年間に受け入れようとしているのが34万円ぞ数のとあとそのもともと仲8棟今 a 棟足りないと言われているの57万人だとかな
ってからこの子の人たちだけでほとんど待っちゃうこれ男性だけだケド
いるわけ。
すごい。
そろそろそれだけでこれこれだけドモ
ちろんか単純にそれはためるってこと
ないと思いますが
経済全体が伸びてその中でご生産性が上がって人一人当たりの所得が上がるとになれば
その3つマッチみたいなものもある程度解消するってことになるので
また日足くかその減らしたかったら
 a 旅行人たちが働けるようような雇用環境改善するそのために財政政策を中心としてやっていくべきなんだというそれは別にその外海外からの移民で補充するものじゃないんだことをぜひ考えていただきたいなと全く同感。
まったく bad girl あれ。
コンビニエンスとかファーストフードみたいなその仕事 じゃあ火遊びかあブラック良い日あを感じ相当文科省の天下りとが0本というもいろいろ世界経済の中で我々が見なきゃいけないのは中国今日以上に良く言っていただいたと思う褒めるわけじゃないけドモ
極めて効率的に合理的に戦略的に中国が大きな経済力をつけてきた軍事力も伴う形で、そしてもっと私が言いたいのは実は人材の問題人間の脳というかこの能力が実はものすごく実は中国は今進んできてたケド
いざ3巻技術の音やさんとかどうなるが
に人材は最後人材なんだ
形も実はにょ人材というどうでしたありがとうございました。