ニュースが好き

政治でも経済でもアニメでもニュースなものが好きです。

★内藤陽介の世界を読む【クジラ戦後史】「戦後蛋白源確保で捕鯨再開、国家プロジェクト…戦艦長門が捕鯨船候補」「オーストラリアは戦後直後から反捕鯨、背景に国是としての『反日』あり…英とは違う」「IWCは当初鯨油カルテル、鯨油に代わる化成品登場から環境保護的スタンス強まる…プラス反捕鯨には日本に牛肉売りたい思惑も…」(若干書き起こしメモ)



(自動文字起こし 編集前)
日本が iwc 国際捕鯨委員会を脱退して商業捕鯨を再開する方針を固めたということになりましたので、地域によってはクジラお正月入れて食べるところもあったりするっていうこともありますんでクジラの話を。


現代史で重要なのは終戦直後食料が足りない。たんぱく源がなかった時に、


捕鯨が非常に重要な意味を持つということもよく言われるが


具体的にまとめてみてもいいかなということ。


実は先の大戦の時は日本の船はほとんど徴用されています。


当然捕鯨船だとかトロール船も特設艦艇という形で処理されてたわけ。


でそれで戦争が終わった時にはデスから


民間の漁業大型船は非常に少なくなっていたという事。


45年9月にGHQが「日本の漁業、捕鯨業の認可された区域に関する覚書」出す


ここでマッカーサーラインという日本政府の権益の及ぶ海域が決められた。


日本漁船は日本近海は一定の水域におけるが操業しか許さない。


遠洋漁業が不可能になったということ。


ただそうは言っても日本の食糧問題これ何とかしなきゃいけない現実があるわけ。


そこで大洋漁業が戦前クジラとってましたので


小笠原捕鯨の基地をGHQに利用したいと申請をした。


そこで45年11月の段階で捕鯨基地利用した近海捕鯨が許可すると


最初の小笠原諸島を含む3万カイリにおいて操業する特別許可が出るが


ただこの段階では終戦直後デスからGHQが捕鯨主義回帰だとかから


どこをとっていくその高校。ここが指定すると


実際その後自体がこれ日本の施政権から切り離されちゃってますので


その領海3カイリ以内には日本漁船あた g 1はいいうことやってます。


デスから戦前の実は 捕鯨基地は母島だったけれドモここは利用できないと


それからクジラってこれゾーンをとったあと これはの著書処理しないと腐っちゃいますから処理する施設


何から問題もこれで敵くるが


捕鯨の母船がこれが1300だいぶ強要されて使うと失われちゃったと


j 1型その相談したところ じゃあ日本海軍の旧海軍の軍艦をセシュウしているから


それを使ったらどうかというその後線として借り受けリットってある。ちなみに GHQがそのと柳生に貸してあげるよというリストを軍歌の人だと言って


一番トップに来たのが戦艦長門。さすがにそれは。別々いう相姦第壱中19号という。もっと1本ほどその戦前が it 優勝館で19妻第19号というその間を借りてやることになったそれではバイ家はそのな理由ってかもしれないと


それは心にもある。


この第二重 q 5が下関を出て2月に下関を出て4月にその113と取って巧芸それから


肉その他の生産は1500と思って戦後トーン。もっと切り上げてきたと


4月23日に東京に戻ってきた。


でこれが配給されて中の蛋白源になりましたと


その実績を踏まえと待遇と日本水産が南氷洋の保険付許可をそんな二役に立つとデジ19内諾を出すわけで


この時に結局国家プロジェクトとして日本の食料が足りないので


それを何とかしろいけないということ。大蔵省が資金を発生したと


僕ら者も育ててちゃんとに愛国官庁だった時代があるわけ。だから


農林省もそのまままず記事等の肉の公定価格もと時期待ってました。から


それをの引き上げて、とにかくクジラを取りに行った会社を損させないということをやってそのも常に国家プロジェクトとして8月8日に回してる許可出すをいうで11月に戦後最初の難病の捕鯨団が正出航しまして翌473月中ごろまでに日本水産のはしだて丸船団がシロナガスクジラ。しマウス換算で63901.5等これはの芸いう3700トン鯨肉10557トンという。対応漁業の第一に新丸の船団は540店後藤から生産量は芸が8560トン鯨肉 h 漫専延べ9で8トンという形でまして大量の食料を確保して日本に戻ってきました。


これが日本の捕鯨が戦後の食糧が支えたが具体的なお話になるわけ。


ところが。で実はここで教皇お話をすると曲は新年早々人様をディスったり。超れない。これ綾介てきたやつがいる。og 君。大揃いやがその反捕鯨国で日本の方言に文句つけてるは


最近のことじゃなくて実は終戦直後から


最初から


一貫して言ってる。はいでなんで抑えそうなのかというとこれオーストラリアの話を離すそれだけでじっくり学ぶ恐れるっていうなので


結論だけ単純に行っちゃうとオーストラリアという国は反日国家。国是として1980年代以降だいぶゆるくなりました。けれドモ


3実績初めに author 連邦できます。けれドモ


それができた当初から


仮想敵国は日本。はい一貫して日本カードでくださいとにかくオーストラリアという国は日本が攻めてきたらどうすると日本から


つ日本の脅威から


いかに自分たちを守るかということが級国家の基本的な考えでずーっと生かしてきてる。はいだから


韓国なんて高中70年デスけどに彼ら年季入ってますかん中国の生涯範囲と違う。でその辺また韓国カバーと故障ではなくてとにかくうーん抑えていうのは


開拓移民を入れたという時に。チャーリーズはその商業系で入ってくるから


いい。けれドモ


日本人はその農民が入ってくるけど



そうすると og が開拓できないと開拓してやってもの作り。それ目で祖父は非常に脅威を感じがあるだから


そういうモノづくりは工業製品にしても農業製品にしても日本人が入ってきたらこれは絶対に自分たちが負けるということを最初から


近くをしているので


chinese が商売だけだから影響を受けないにして自分のことを守ってくれるから


いいんで日本人が非常にその最初からものすごい警戒をしていてというふうに本やっつけるということが国税。だから第二対戦時にオーストラリアニュージーランドANZACのヨーロッパに行って日本の船団が保護して急いでヨーロッパにで戦っていることでたかったけどから


ボロ負けするだけどそれで日本がそのやイギリス英連邦諸国に対してその歌詞を作ったで日本が誤解した。と言ってますけドモ


それで ok それはけっけ経験した。結果抑え何言ったかというと日本が南洋群島を領有するということを最後まで反対した。


イギリスはて散々日本は金だけあってくれたんだから


サイパン店の名よ軍とぐらいがやらないとこれはかっこつかないじゃんと言った時に大須ラリーが最後でブーたれて嫌だ嫌だ嫌だ嫌だって言い続けて技術から


誰で後から怒られたっという国。


実際先の対戦で日本と戦ったらで鬼畜ベアのの部分っての英本国で恐れないかよ来いデスから日本語めちゃくちゃ強いわけ。だーみんクーしやられるわけ。んで身を守って日本軍が強いことは分かってますから


とにかく日本が細くて紹介。日本をとにかく日本が成長することが嫌でやるたまらないし日本とにかく排除した。いがオーストラリアと行くには建国以来少なくとも1970年8年代も一貫した。政策。


特にその詐欺の対戦が終わった時は反日一番強かった時期。だから


とにかく日本の捕鯨するは


終戦直後の判定と一番強いんだから


たとえばなにやったことで46年の時点でオーストラリアは結局日本のその捕鯨船団が行くといったときに、


「いやその船を戦時賠償で取り上げる」とでなんとしても日本の西方税再開させないとつまり自分の理由を通って難病にを生かせないという手をさなんてたかった


「敗戦国のくせに負けて1年も経ってないに1万トン以上の大型船を建造するのは


早すぎると。舐めさせるな」と言って結局無茶苦茶なこと言うんで今度アメリカが打ち入れるわけ。はいそんな日本日本の方で再開に反対するんだったらじゃあ日本向けに1000万分の食料援助しろだとで工事枯れないデスから


黙っちゃうだから


オーストラリアは捕鯨反対は


最近のクジラが可哀想だとか環境部その前がずーっと前から


。ちなみに大そりゃこの時代はこういう国デスから


ほとんどの西洋諸国が捕鯨国でした。


結局その捕鯨国うっていうふうなことで


ここで方や国がどうしてその捕鯨反対に回った立って uk まとめてみたいんデスけドモ


実はクジラの保護っていうものが出てくる。がクイーン肉を食べれば日本と正北欧とかって限られているといって入ってますけれドモ


ほとんどの国は。基本的には牛乳を取るがこれが捕鯨の目的だと


ミクも食わないわけじゃないデスけど基本は鯨油。だから


クジラん対する関心捕鯨産業の関心は


鯨油価格も同行。だから


逆に言うとクジラを保護しまショウ。


と言った時には自然環境保護ってことは最初に出てこない。んつまり北大西洋でアメリカとかやの変がこちら取りすぎちゃっていなくなっちゃったんで乱獲を制限するとそれから


モウ一つは原因を生産過剰すると値崩れを起こしますか項目と一緒。だから


値崩れを防ぐために生産調整をしまショウ。


乱獲したらいなくなっちゃいます。。


この2点はクジラの保護の元々の発想。


先ほどお話をした。国際捕鯨委員会iwc デスけどこれが細くた48年。


このiwc は何でできたかというとゲーム暴くを維持するためのカルテル。


うんまさに opec と一緒。ニトログリセリンって鯨油からとってた。


だからダイナマイトの原料として鯨油をとってたもあって公共製品だとか何か日欧生活品をすべて原油が入ってるって言っても過言じゃないくらい


書芸展はその元々は証明だったんだすごい第二大成功のようとというものが実は変わってくる。


これはの一つは何かというとこちらの油デスから


低温でも凍らないそれから


高みなてはの粘りを失わないということなんでむしろぬ帳面う通りは自動車だとか飛行機の潤滑油あるいは先生海洋の不凍液として使われる。


だからアメリカはクジラ食わないんだけど最大の捕鯨国だって歴史が長いってのは


アメリカはそういったところに芸を使った。これも1960年代に入ってると化学合成でや非常に安価なものができてくると


そうすると西 の書としとって両者が残っただけで終わる。


こっから話がややこしいなってきて1970年代になってくる。


環境保護運動がいろんな意味から出てきます。


一つは工業化が進んで公害問題とか環境線っていう問題から


なくそうという風な人たちがいる。が彼らにとって。結局クジラというものが自由席段階その北大西洋でそのアメリカがその取り尽くしちゃってクジラがほぼいらとなったは


非常にわかりやすいシンボルだったんでクジラを救えということを運動を展開したわけ。だったらこの3回では例えばアメリカやオーストラリアニュージーランドでは国内でもすでにーゲイがもほとんどことに変えられてしまって使われなくなってきたんでこれは9時のスク駅保険をやってもほとんど影響ないとさん的に影響ないにしろ環境保護のシンボルみたいな存在で使っているということだったと。


ところがこれが風向きが変わってくるのが二通りあるが、


一つが1972年にストックホルムで国連人間環境会議がでショウ。


情報へ10年間もらったにゃんって言わせると10年間の表現やめまショウ。


ということをやるわけ。が結局これを見て。王子と2時などは何を考えたかっていうと月給その時までクジラ肉はその植物人って、これ去年日本が最大のマーケットデスから


日本の所の鯨肉市場がこれでなくなると、そうするとなんらかの形でクジラに変わるに行くを日本人も食わなきゃいけないと。


そうするとクジラが増えなくなったんだけど


そこに自分たちの牛肉だとかダムうりゃいいじゃんは


オーストラリアとニュージーの反捕鯨ということでむしろその営業自分の牛肉を売りたいためのそのキャンペーンとして初めのんで逆に例えばその制御76人などうなるかというと結局そのオーストラリアと乳児がそれまでそのほとんど捕鯨産業が衰退してしまったんでその後間ビス止めした。。さや加盟します。それはなぜかというと日本に捕鯨をさせないために最高。日本に抱擁させないは


この段階では肥前を守るがそんなんじゃなくって日本の食肉市場を確保するために鯨を取らせないそんな最中もするが壁僕ってかなり君のない国もか明記してたりする。


この表があるけれドモ


海のない国って。例えばカンボジアモンゴルラオスアフリカ。あまりはない。完全封印 aiff にもどういうことかっていうとそういうところにくっついてやるんだから


9者の方とかっても全く別の観点から


間メジャーやいって


そこにその鯨を捕る組のくじら軒行く市場叩き出して自分たちの牛肉なり羊肉売りたいんだってため入るだから


もともとそういうトップデスから


入っちゃって


そこに入ってクジラを撮りたいというふうなことたかなり無理よそういうわけで環境っていうようなことを言ってそれはまやかしだよみたいな話を増していった。けれドモ


えっと補足的にお話タクトがむしろ南極の話とか飛躍していると思うかもしれないんデスけどなんとかでもすごく捕鯨で関係してて南極条約がありましてあそこの土地ってみんなが仲良くうかの研究した。りだとか誰のもので


もないことに資料


っていう世界的な場や数。


なんだけどどこかの国がしゃしゃり出て来てアソコを亮祐仙勇しちゃったりするいうかもしれないという恐れもあってみんな他の方にお花の国指定をしないじゃないデスから


しいでショ。


だから


あそこの南極の周りの国オーストラリアニュージーランド言ってりアルゼンチンだとか皆あそこ分自分の領土文を分割して自分の者だって主張をしている。


出そう中でイギリスもあってなんていい。そんな所ないじゃ


ーかもエポックランドがあった。だからこれこれも焦げから


外れる。けれドモ


よくはサッチャー伝説でフォークランド紛争が起こったときにイギリスの閣僚がフォークランドでしまうほっとけって言ったのサッチャーがそこはダメだ絶対にやるんだと言ってい技術にはこの内閣に男は私しかいないのか皆のがいいんだとかっていうかあれはデマデスから


イギリスにとってフォークランドは死活的にもともと無茶苦茶なところで営業南極のオフィスはフォークランドでも置いてますかうんいや


そこに寝ないと自分達が経済活動する排他的客席が設定できない。だから


フォークランドってもともとものすごい中は後でだから


アルゼンチンが攻めてきた時そのイギリス外務省絶対ときなぜと最初から


言っています。サッチャーを神格化したい人が入ってます。


案内は完全が出たら女。フォークランドを主張しているのも南極大陸で何か紛争があった時に自分が口出しをするためにそれも自分も南極大陸を領有している地域あるんだぞって言ってる。


その大虎リアが「ホエールサンクチュアリ」っていうクジラ自由区みたいなところを設定しているんデスけどそれもを一応南極条約で国際的に自分の者だって主張できないから


あそこで自分たちは保護してる。っていう主張をするためにクジラ補剛を電力をはじめばそれがその拠点を向いてるっていうこと。だから


南極へ錯覚関わりがあることもあんまり知られてないかなとでんで南極との絡みは


仕事するのがあってでモウ一つここでややこしくなってくるのが環境破堤ものが実は変質してくるという話とこれも結びついてくる。


で実は1970年代の真ん中は


これこそおそらく描きたい。ご専門の国際許可式の話というかそういった活動家のネットワークの話してるになってくるんデスけど


19733年まで正起パット75年までは


いわゆるベトナム戦争の時代デスけど術ドラム帆船ということで三環系の人たちがいろんなその版に新がキャンペーンの動きをやった。がところ73に雨かといったわけ。75年にはそもそも南北。も統一されちゃうわけでその強敵がなになっちゃう。


そうすると彼らはどうした。かとか雑色集める名目なくなっちゃった反戦団体がその代表がグリーンピース。けれドモ


彼らは広く様々な自然環境問題について行動する組織になるんだという路線を展開するそこで反捕鯨運動に転換をしてくれないで75


こう奉迎さんの前にごんぼーと脳裏だして。妨害する環境テロを廃止した。とでそういったグリーンピースがそうやってお金を巻き上げたりするのみた俺もやろうというそういう ngo の活動ほとんどどんどん出てきてデスから


それが5日。例えば農水省だとか政府関係者にさあ県の教員にある家族が。児童生徒を通してくれ白を救えて題する抗議文書を送りつけたりし。それ業務妨害しているで


そうすると黙るとかあるいはこれをこう言うかするとまた怒られるかもしれない。けれドモ


サウジの金持ちがイスラム原理主義的なテロ組織に金出す同じ感覚で自分たちは良いことよって言って西側リベラル金持ちが環境をテロリストに行うだそう。んだで全くしようと思ってますから



c せパートの音寄付金をで払ってた人たちもそう。


。っでもともとその環境でここも注意しておかなければいけないのは


元ばの環境運動というものは


星型ランドとして始まってる。


でこれドイツの緑をトレーにして言うと緑のもともと保守系の市民がすごくドイツの美しい自然を子々孫々に作っ伝えていかなければいけないんだという趣旨でつ創設された団体だった。で例えば日本ではその他の村学んだとスローフード運動も一時流行ったのがありました。けどあれも元々はイタリアでローマに巻くワールドができたことに商品受けた伝統的な保守系の人たちが自分たちの食文化を守るんだと言って始めたのがスローフード。だから


もともと保守系の人たちが伝統的な自然を守るて始まった。でところがそういった時代に70台の真ん中にシーシェパードみたいな連中があるいはベトナム反戦運動でやつ連中が環境に転換した。左翼せるが出てくるとってこれこれ彼らと所の環境を守るという一点において協力すべきかどうだってそのだ4層が高緑の党の中であったわけ。んで緑の党に悲しいというと結局。79年11月にはのフェマッハで。党大会開かれてこれさぁ系の活動家の参加は認めたというでこの結果。大量の活動9月あいつで入党して結局乗っ取られちゃった。で結局どうした。かというとここで不満を持って保守系の党員は1982年に脱退してドイツ独立環境といったら作ったとはいでこれは別れる前でところは緑なんて完全にそういった左派系の人たちに乗っ取られちゃったんで環境法と全く無関係。反確とか。反軍国市販なと平和主義移民規制反対範疇でつまり話をの自由化lgb 者権利向上こういうこと言い出されて環境と舌観客じゃ


えっそれから


 形で関係あん誰かアティプロするゆるもはっきり言って医師らの原理主義のテロ組織とんじゃってくらいは基本的な本性が一緒デスから


最初は合法的な形で総会屋さんみたいに行ってお金を取ってそれがだめだといろいろ0あるいはそのプロパーファンダムその洗脳されちゃうある山道3人が多かったところは岸田 s のが版保有国として過激化していくとうん


そこにまで逆にそういったところにそのお金を払う意識高い系の飛脚は


自己満足でお金を払ってテロリストを育成し来てもそういう構図がずっとその組それは回転していったは


モウ一つの流れとしてある


後オーストラリアって昔2007年くらいに環境大臣だった人と元グリーンピールローヤーだった。


人それぞれなんデスけどアメリカのレスポンス風マネジメントのとってアンケートでミンククジラば絶滅しに瀕していないっていう前提でミンククジラが捕獲に賛成。か反対。かっていうアンケートの結果一応半分の人はいっぱいいる数がいるんだったらいいよっても今言ってくれてるんデスけどオーストラリアが良いように賛成が低いんで人によりけりなるんだよ


え伝統的にとにかく日本の強いっても彼らが意識してきた歴史があって非常に長いので


で実際に本気にならないということをマーサー8年代以降理解した。人も増えてはきてる。がそうでない人もかなりいてでそういう人たちが一定の割合で影響力を持っている国ではあるでのは


ずみでその転換する可能性は大いにある国だということは理解しているというものっていうっていう独自の問題ってのは


いろんな形でいろんな人がいると言うと思うんで簡単にザクってことは言いづらいところある。がたらひとつのかこの系だとかそういったもので


まとめておいてもいいのかなと言うことで話をしてみたということなんデスけど


はい私もすごい喋らせてるんじゃ


ーよよありがとうございます。ちょいよ


っをえーどうもフードゥパティスリー世界も友達だよ即玉担から


売られるんでくれる先生に怒られたん怒られない程度に今年もの縦線ができたりとかいきなりにばーさるから