ニュースが好き

政治でも経済でもアニメでもニュースなものが好きです。

★【文科省汚職事件】 国民民主党の大西健介衆院議員が立憲民主党の吉田統彦衆院議員に頼まれ「霞ヶ関ブローカー谷口幸司被告」に対し国会通行証を貸与。枝野さんはキチンと吉田氏の疑惑に答える義務がある…。産経新聞スクープ【11/12OKコージーアップ須田慎一郎】(若干書き起こしメモ)


▼独身の日 中国の爆買い
▼外国人就労問題
▼トランプ大統領 中間選挙後初の外遊へ
▼第一次世界大戦終結100年
▼文科省汚職事件




(オープニング)
AI アナウンサー中国でデビュー顔は実大世界初遂に来たよ来ちゃいました。
やーこれくるんだろうなぁと
色々思ったわけだけれど、
それを聞いたことが人工知能を使ったアナウンサーがデビューし話題になっていると。
世界インターネット大害虫の。7日から9日までデスから先週の真ん中から終わり頃にかけて中国が行ってた…そこで新華社通信が世界初を歌って公開した。ということ。
写真があるけど画像は実在のアナウンサーを使ってるんでしょ。
でところがこの顔の表情とか喋り方とか小平は全部 AIがコントロールをしていそう。
放送した。内容を更に自分で学習し読み間違いもない恐ろしい。読み間違いないんだってたらしい。ぇ開くこちとら1日に何か読み星が入ってると思ってるんだとき彼もあるだよ朝であろうトーンありゃあ風邪をひくなんて事も無いだそうかそうかそうだよそういう意味では子コンディションに来左右もされないし私たちはどうした。らいい。くってよほんとだよまさカネネットがほら90年代ぐらいからさーこ出てきて windows 95だなんだって言ってる時代に僕らのこの仕事が。脅かされるなんてことは思ってもいなかった。


ー就職活動をしていた僕に専念なん前半デスけど日々は2010年ぐらいその2011年アジア15年ぐらい。カネそのぐらいであってもなかなかこのネットが僕らの仕事を脅かすまってことは想像しなかった手しなかった。ほんとにした。した。と迫ってきていることがあってさーけど
こいつらでは
ぇ発想だとかフリートークだとか臨機応変さとかさないと信じたいんだけど
ー最近はでもほらを google からいろんな new 走行を持ってきてさここはこんなこと言ってます。ここはこんなこと言ってます。みたいなことぐらいだったら出ちゃうそう。


まずいんだよ本著いける味もまさにパーソナリティデー私たちは勝負しなきゃいけなくなってくるとそういうのを言いたくなってくるじゃないちょっとあソナリティとか自分をさらけ出せあホント嫌な時代がやってきたなぁと思うけどなんといっても。人間の高ぬくもりお伝えする部分とそれが生まれ彼にとって最後の手段なんじゃないかそう。8時まで喜怒哀楽を前面に出しながら前暮らしだよ。AIに負けないように頑張っていきませんせないでください。
最新ニュースをピックアップいたします。今日はオープニングでも話しました。けれども
新聞休刊日ということ
で一般紙各紙は配達がありませんスポーツ新聞は
格式ております。けれども
隠しバラバラという感じ。について書いている一面であったりとかあとびっくりした。のは産経スポーツ。けれども
は瀬田実業が
高校のラグビー東京代表になったのを1便にこれを一面に持ってくるかのはびっくりした。ところ。けれども
スポーツ新聞各社そんな感じのちょうどまたご紹介いたします。手間ニュースとして国内のニュースが動いてるものがあまり多くない。がまず先週の金曜日に平成最後の園遊会が行われたと番組やっていた6時から8時の段階では雨パラパラという感じだった。がその後本降りになって。この辺有界閉科がお出ましになった頃というのは結構がめちゃ良かった。


でその中でさし掛けられ高さこれほとんど
皇后陛下の方やって
陛下は方が濡れているのも厭わずにずっと立ってご挨拶されていたという、
その姿非常に何か打たれるものがありました。平成最後のいうか雅子さんもちゃんと時間外すべてご出席なさったということもありました。で  それから週末にかけては訃報が飛び込んできました。元官房副長官村山内閣で官房副長官を務めた園田博之衆院議員が亡くなられたということ。自民党から政治改革の流れの中で平成の初め頃には 外に行ったんでて
でまた自民党に戻ってまったちあがれ日本で外に出てというのを繰り返して最後自民党にも取られたという方でした。がさまざまな方はご票田というカネコメントを出していまして
でその中にかつての民主党政権で官房副長官をやられていたもともと経済産業省の官僚でもあった待つ浩二さんという方が twitter でコメントを出されています。政治家として完了として非常にかわいがってもらったということ

でこの園田さんからの一言で印象に残っているが君の質問は良い政権狙うんだから野党に染まるなよと激励していただいたのが印象的だったというふうに書かれている。この政権を狙うんだから野党に染まるなよ一言のは非常に思う人だなぁと5はこの松井さんがずっとツイッターでこのところ週末にかけてこの国会での審議のあり方というものに非常に
提言をされていたのが北印象に残ってたんでなおさらそう思ったところがある。が高明日からまたいわゆる移民というのかどうなのかという外国人労働者の受け入れ拡大をめぐっての入館波法の改正案の審議に俳優わけ。けれども
これがきちんとした。その中身の審議になかなか恋がないというところお松井さん自身も嘆いているところがある。がまず質問2個が緩いとゆるに質問2校が起こると何が起こるかというと何聞かれるかわかんないかな完了はあらゆることを想像しながらものすごい分厚い答弁書というか想定問答しをかきあげるわけ。
でそれも通告深夜だと早朝にかけて書き上げて
で朝から大臣のところへ行って一生懸命レクチャーをするとところがを覚える量が膨大だとこのネタはここに書いてあります。って言うそのぐらいしかないとだから手元にはの付箋がびっしりと入った答弁証拠を持ってきて大字藤兵衛をするわけ。がでところ通告にある質問をするならまだしも通告にないものも飛ばしてくると出そうすると大臣としてはあるが完了としても立ち往生して右往左往をするわけ。でその右往左往をしている様をテレビに抜かれて
でそれを今度ワイドショーだとかテレビニュース抵抗使われると
でそうすると家と仕事した気になるんだけれども


じゃ本質に迫った質問をしないこと
でその時間というのは無駄になっちゃうわけ。


国民にとってどちらがいう効果とただそういった好的を射たような。政府としてもアジェルここ痛いとこ突かれた質問するような人がそういう丸い3個地味だけれども
いい質問のをあまりこメディアも取り上げなかったこれも反省もある。がそういう人が残念ながら落選してしまうということがあります。福島第一原発の事故そして水が流れ込んでいる時にそれをどう止めるかことを経済産業委員会ので高調波し痩せた時に民主党にいらっしゃいた馬淵澄夫さん彼はの土木の専門家で全校に染めた経験もあります。のでこれについてなんで凍土壁1本なんだとここはもっと他の方法だって色々あるだろうのを一つ一つ詰めながら。で当時の経済産業大臣だった茂木敏充さんに1個を質問していく様を北う防超大席で見れたことがある。が1それはそれは迫力のあるもんででも敵さんという人も全て高頭の中に叩き込んだ上で自分の言葉で反論します。からそれは
非常に高聴き応えのある議論でこれおもしろいことやってんなとかそういうところはあんまりテレビ地を使われない
だから熱湯で確かに出て
る。けれども
いうのがやっぱり未だなかなか全体に好染みわたっていかないというのが山ながら馬渕さんもその後の先の衆院選で落選してしまいました。ので中でいうところが高評価されるゥゥゥべきなんだけどなあと思うとすごくでて無力感に苛まれると祭さもそういうところを嘆いてました。けども
どこからか隠していくかとメディアの責任とかもあるし一方でそういう高ちゃんとした。相撲してるのをよと問わずに当時野党だった松井さんに対して与党の園田さんが評価した。いう高男ロー1回見つめ直すことが必要なんじゃないかというふうに思います。 ご意見お待ちしております。



デイリーが一部しかなくコンビ1むしろ沿っどんなコンビにゃるひょっとした。らだからどっかに熱心な阪神はこの界隈にいた。すでにデイリーを一応買っていったかもしれないという訳し終えぬ倍の者が行く時間って5時とか良さそう4時間帯デイリー会社やいいんじゃないかなあポロそう思います。そのこりゃちょっと心やいい小木100万くらい入れて欲しい4やー沿っここに
大票田があるのはぞえないなと言うでデリ今日の1名は原口キャッチャーをどう育てるか。
阪神タイガース
監督変わりましたんで
今度から 陽水戦法が変わるのかなって私は見てるけどやっぱり楽しみ。
ずーっとキャッチャーがいなくて タイガースこれまで
苦しんできたわけデスからそれドーンとその中心を是正ていただきたいなと思います。



昨日「独身の日」で中国の爆買い3兆5,000億円
中国のネット通販大手「アリババ」は、毎年恒例となった11月11日の「独身の日」セールで、取引額がおよそ3兆5,000億円と過去最高を更新した。アリババによると、これまでの集計でもっとも取引の多かった上位3位は、1位から順に北京の家電メーカーXiaomi(シャオミ)、アップル、ダイソン。アリババはこのイベントをテレビ中継し、一大エンターテインメントとしている。

飯田)「中国全体の経済の先行きを占うもの」みたいな書き方もされていますね。


須田)個人消費の動向が、独身の日の消費動向から見えて来るのですよ。中国はGDPに対する個人消費の割合という点では、まだまだ先進国の数字に達していません。先進国と呼ばれる国はGDPの6割前後が個人消費を占めています。それに対して、中国は4割台で、まだまだ個人消費がGDPに占める割合は低い数字になる。しかし、もともとの分母が大きいですからね。いまや世界2位のGDP大国ですから。その意味では「中国の個人消費が今後増えるか、低調になるかを占う」という意味で非常に重要な指標になって行くと思います。


今後の個人消費がどんなペースで増えていくのか


飯田)今回は開始から2時間弱で取引額が1,600億円を越えたという話です。相当威勢のいい話だと思いますが、どうですか?


須田)2つの意味合いがあります。1つは、先述のように中国は個人消費の割合が少ないため、これから経済が成熟していく過程で、個人消費の占める割合が増えていくのは間違いありません。それがアップテンポなのか、スローモーなのかを見極めたい。これが1つ目のポイントです。
2つ目は、アメリカにも似たような指標というか、動向があります。それはクリスマス商戦です。それがアメリカの個人消費の動向を占うのに、結果は翌年になりますが、非常に重要です。ただ、クリスマス商戦の場合は最近まではリアル店舗が中心でした。


国土の広い中国ではリアル店舗よりもネット通販が発達


須田)ところが、中国は最初からeコマース(ネット通販)が中心だったため、アリババが注目を集めていました。中国は国土が広いのもあり、eコマースの分野でどんどん伸びて行くのだと思います。だから、eコマースの分野で受け入れられ、人気が出て売れる物は、やはり中国の個人消費を喚起する点で重要だと思います。


飯田)これからeコマースが伸びて行くという部分について。中国には「アリババ」の他に「テンセント」という会社もありますが、この2社で半ば独占状態になっているようですね。


須田)インフラというか、プラットフォーム的な部分ですから、そこは変えようがないのかな。中国国内マーケットで一定程度のシェアを取ってくると、そこがスタンダードになって来ますから。すると、それを脅かす存在が出て来なくなる、ということだと思います。
 日本にも影響があります。すでにサントリー『響』が出品されたのですが、一瞬で完売ですよ。


飯田)ウィスキーは『山崎』とかも、スゴく売れているらしいですね。私は山崎の蒸留所に行きましたが、『山崎』がありませんでした。理由を聞いたら「中国人の方々に全部売れてしまったから」でした。そんなに人気なのですね。


須田)スゴいですよね。日本の高額の銘柄を選んでいるのですよ。


飯田)いろいろありますよね。秩父蒸留所の『イチローズモルト』とか。


須田)サントリーでも『知多』はあるのですよ。


飯田)『知多』はあるけれど、『山崎』はない。









外国人就労問題~明日の衆院本会議で審議入り


明日の衆議院本会議で、外国人労働者受け入れ拡大に伴う入管難民法改正案が審議入りし、外国人受け入れ見込み数の公表や、安倍総理出席での趣旨説明と質疑が行われる。焦点の1つである在留資格のうち、日本にいつまでも在留できる「特定技能2号」の、具体的な技能水準の定義が「現場監督を担えるレベル」だと週末明らかになり、議論を呼びそうだ。


飯田)外国人労働者受け入れ拡大問題は「社会保険料の増加」も焦点の1つになっていますね。保険料の長期滞納者については在留は認めない方針だとか、具体的な話がポロポロ出ています。


須田)これまで注目されていたのは、「特定技能2号の資格をどうするか」です。なぜなら、この部分が場合によっては「移民を容認する形につながってしまう」と、反対論が根強いからです。家族の帯同を認めていて、条件を満たせば永住が可能になるため、事実上の移民になりますからね。


保険料滞納について重要なのは「制度の整備をどうやって進めるか」


須田)一方で「社会保険料の滞納問題を認めるかどうか」も1つの条件になって来るということですが、この保険料滞納に関しては2つポイントがあります。
1つはこうした福利厚生費(社会保険料)に関して言うと、会社側と働いている側が折半なのです。これまで日本は、例えば建設土木現場の「1人親方制」のように「個人営業者の立場で、全部自分で負担しなさい。会社は負担しません」と、会社は福利厚生費を負担することなく、いいとこ取りで使い倒してきた側面があります。ただ、ここ近年では、特に公共事業投資に関しては「1人親方制は認めません。きちんと会社側が名簿を作って負担しなさい」という形になって来ました。徐々にその部分については浸透しています。
とはいえ、民間の建設工事現場ではその限りではない状況にある。日本の仕組みと言うか、会社側の対応の仕組みも変わらなければいけない部分があります。
もう1点は、前回もこのテーマを扱った際に申し上げましたが、社会保険料の点で言うと、消費税率が5%から上がった時点でわずかながら年金介護、医療の保険料を負担する形になっているのです。そこと整合性をどう持って行くのか。「消費税は納めているのだから、こちらを滞納してもいいじゃないか」という議論も、もしかしたら出かねない状況です。だから、その辺に関してどうやって制度を整備して行くかですね。「滞納しているか否か」ではなく、制度次第なのです。


あらゆる省庁に関わってくる側面がある問題


飯田)入管難民法という「法律」だから法務大臣、法務省が主管官庁になっていますが、社会保険料の話なら厚生労働省も主管な部分があります。本当は省庁横断で議論しなければいけない課題が入管法の話だけになってしまっているのは、まだ細かい部分を詰められていないのかな、という気がします。


須田)そうですね。制度設計がまだ甘いと思います。話を突き詰めて行くと、税金の納税をしてもらうのだから、財務省も関係して来る。本来なら日本人に対しての行いと同様に、ある意味で歳入庁的な発想ですね。「社会保険料を漏れなく取るために、税制・納税の部分をリンクさせた方がより効率的で完全ではないのか?」という問題があります。先行してそれを外国人労働者に適用するのは、議論が分かれるところではありますが、納税の部分と社会保険料納付の部分は、やはりリンクさせるべきだと思います。


飯田)捕捉している企業の数でも、税務署と社会保障の部分だとかなり違うという話もありますね。


須田)それから、網の目の細かさですね。税務署はきちんと捉えていて、ほぼ完璧ですが、滞納者に対して納付してもらうという、社会保険料に関して言うと、まだ甘い気がします。
もう1点、先ほど話に出て来た法務省、財務省、厚生労働省ですが、警察庁も同じです。実は「在留資格証」というカード型の証明書がけっこう偽造されている。偽造グループによると、在留資格証と国民健康保険証を1セットで偽造して提供するのですよ。場合によっては、違法な在留者の摘発にもつながります。きちんと社会保険料を納めてもらう点でも、警察庁との連携も必要になると思います。


飯田)犯罪を犯して強制送還した外国人労働者は再入国を厳しくするとか、その辺も考えなければ治安の面もありますよね。


須田)「滞納分を納付しなければ再入国を認めない」とか、そのような形で対処が必要だと思います。


飯田)問題はかなり多岐にわたりますね。明日からの国会で、それがちゃんと議論されればいいですね。


須田)それには時間不足な部分もありますけどね。




トランプ大統領が中間選挙後初の外遊をスタート


アメリカのトランプ大統領は6日の中間選挙後、初の外遊を行い、パリでフランスのマクロン大統領と会談した。マクロン大統領が提唱するヨーロッパ軍の創設に「非常に侮辱的だ。ヨーロッパはまずNATOの公正な分担金を支払うべきではないか」と噛みつき、マクロン氏も「より適切な負担のあり方が必要だ」と配慮を滲ませ、機嫌を取り持つのに懸命となった。


飯田)ヨーロッパというか、EUに常設軍を作ろうとマクロンさんは言っていますが「その前にNATOだろう」とトランプさんは言っている。この辺は食い違っていますね。


須田)この話題は別にトランプ大統領が就任してからの話ではありません。いちばんアメリカが頭を悩ませていると言うか、気にかけているのは、GDPと軍事費のバランスがとれていないという点なのです。


以前からアメリカはNATO加盟国へ軍事費の増加を求めている


須田)アメリカのGDPが世界に占める割合というのは、だいたい4分の1(25%)と考えていい。しかし、それに対して軍事費は約36%で、あまりにもアンバランスです。「過剰な軍事費、安全保障費をアメリカは負担している」という意識が強いのです。だから「アメリカの軍事費を減らして行く一方で、ヨーロッパ各国、NATO加盟国は応分の軍事費を負担しなさい」ということです。その矛先が向いているのは特にドイツです。対GDP比が2%。これについて「約束なのだから、きちんと支出しなさい」と圧力が加わっている。ただ、アメリカ軍の配備の見直しはトランプ政権以前から進んでいる話ですよね。「配備を見直して重点地区を変えて行こう。世界の警察官は止めよう」という流れは、オバマ政権時代からずっと続いている話です。トランプ政権になってから急に始まった話ではありません。その辺をヨーロッパ、NATO加盟国側は、どう受け止め、行動するかだと思います。


飯田)オバマ政権時代から「アジア・ピボット戦略」と言っていました。どちらかと言うと、アジアに向かって来るということでしょうか。


須田)アジア太平洋地域になって来ると思います。
アメリカは日本にも防衛費増額を求める


飯田)日本にとっては身近な問題になって行きますね。


須田)身近な問題でアメリカの軸足がウェルカムなのかと言うと、必ずしもそうではない。そのなかにおいても、日本の役割がある。例えば北太平洋においては日米韓。南太平洋においては日米オーストラリアという形で「日本の役割もキチンと果たしなさい」ということも合わせて、アメリカから要求されるということです。


飯田)そこで行くと、日本の防衛費はだいたいGDPの1%みたいな不文律が未だにあると言われています。トランプさんはこれも、本当は2%にしてほしいのですね。


須田)もちろんです。「アメリカから、もっと軍備を買いなさい」というところになって行くと思います。加えて、アメリカの防衛予算の内訳で、研究開発費はかなり多いのです。年間で10兆円くらい使っています。これが何を意味しているかと言うと、「世界最先端の新鋭設備、装備を作るから各国は買え!」というメッセージにつながるのだと思います。


飯田)なるほど。きょうはペンス副大統領が来日しますが、その辺も含めていろいろ気になりますね。





第一次世界大戦終結から100年を迎えた、昨日11月11日。フランス・パリ中心部の凱旋門で記念式典が開かれ、大戦に関係した60カ国以上の首脳らが参加した。ドイツのメルケル首相、アメリカのトランプ大統領、ロシアのプーチン大統領、日本からは麻生副総理兼財務大臣が出席し、マクロン大統領は「愛国心を持つこととナショナリズムとは正反対のものだ。我々は恐れではなく希望を築くべきだ」と述べ、自国第1主義や排他的な風潮が広がる現状に警鐘を鳴らし、各国に結束を呼びかけた。

飯田)「パトリオティズム(愛国心)とナショナリズム(国家主義)は違う」と演説したようです。


須田)日本は第一次世界大戦、第二次世界大戦という形でネーミングされていますよね。比較的日本が中心で戦った第二次世界大戦と違い、第一次世界大戦は、あまり日本では意識されていません。
ところが、ヨーロッパではむしろ第二次よりも第一次世界大戦の方が、重要視されています。特にイギリスやフランスではGreat War(大戦争)とも表記されています。それだけ大きな意味合いを第一次世界大戦は持っているのかな、と思います。
 第一次世界大戦は、それまでの戦争と明らかに様相を変えたわけです。最大の特徴は「総力戦」です。国家存亡をかけて戦争を行いました。それまではどちらかと言うと、職業軍人が中心の局地戦が主でした。しかし、それ以降は工業化が進み、愛国心やナショナリズムの精神が国民に生まれたのもあり、「国家存亡をかけて戦争を行う」という点で「徹底的に相手を叩きのめす戦争」になったのは、第一次大戦が初めてなのです


なぜ皇太子殺害事件が第一次世界大戦に発展してしまったのか


須田)そして、意外と意識されずに忘れがちですが、第一次世界大戦が発生した理由についてです。教科書的には「サラエボでユーゴスラビアの民族主義者がオーストリア皇太子を殺害したのが原因」とされています。しかし、なぜそれだけでこんな規模の戦争になってしまったのでしょうか? これは、第一次世界大戦前の世界の、特にヨーロッパにおいて、プロイセン(後のドイツ帝国)のビスマルク首相がいましたよね。教科書などでは「鉄血宰相」と言われていますが、彼は外交の天才で、各国と同盟を組みました。「戦争を抑止するために集団的安全保障体制をとろう。例えばA国とB国で戦力差があれば、必ず戦争が起こる。戦力差がないように、同盟を組んで戦力を均衡にして、牽制しよう」という集団的自衛権、安全保障の発想です。
そして、その体制があったために、いざ戦争が起きたら、同盟国同士がどんどんドミノ倒しみたいに戦争を始めてしまったのです。だから、これは今日の世界においても、さまざまな教訓を含んでいるのでは、と思います。


現代にナショナリズムと愛国心の問題が戻っていると指摘する人もいる


飯田)結局、集団安全保障や集団的自衛権、戦力の均衡だけでは、最終的に戦争を防ぐことができない。


須田)むしろ、1度戦争が始まると、ドミノ倒しのように戦争が広がってしまう。そういうリスクも持っているのです。


飯田)その教訓から、第一次世界大戦後に国際連盟ができた。ところが、それを提唱したアメリカは、上院が「モンロー主義だ」と言って参加しませんでした。評論家によっては「その状態が、現代にまた戻って来ているのでは」と言う人もいます。


須田)当時のアメリカだけでなく今日においても、マクロン大統領が指摘しているように「ナショナリズムと愛国心」の問題が、どんどん各国で起こっている。だから、状況はより悪くなっているという意識なのだと思います。


飯田)そのなかで、どう防いで行くのか。まだまだ議論は最初の段階ですか?


須田)ただ、一方で「歴史に学ぶこと」の重要性はあると思います。


飯田)いまこそ、この第一次世界大戦を学ばなければいけないのですね。









ニューススクープアップ。
文科省汚職事件~霞ヶ関ブローカーに国会通行証を渡したのは現役議員


週末の産経新聞のスクープによると、文科省幹部が逮捕・起訴された汚職事件において、国民民主党の大西健介衆院議員が「霞ヶ関ブローカー」と呼ばれた元コンサルタント会社役員に対して、私設秘書などに発行される国会の通行証を貸与していたことを認めたと報じた。

飯田)落選中だった立憲民主党の吉田統彦衆院議員に頼まれ、自身の業務に関係なく渡していたそうです。


須田)「頼まれて自身の業務に関係なく渡していた」は、あくまで大西さんの言い分です。その意味でポイントは「霞ヶ関ブローカーの谷口幸司被告、つまり文科省汚職事件の中心人物に国会の通行証を出していたのが大西議員だった」と初めて実名が上がったのは、産経新聞のスクープだと思います。「この情報を産経新聞しか知らなかったのか?」については、必ずしもそうではない。実は数カ月前から大西さんの名前はずっと上がっていたのです。ただ、本人がはっきりせず、立憲民主党、国民民主党がなかなか認めなかったため、ずっと伏せられて来たのです。つまり、他の一般紙も全員知っていたのです。ところが、産経新聞が先を越してもどこも追随しません。恐らく、しばらくは無視するでしょうね。


飯田)紙面に載ったのは土曜日の朝刊ですよね。


須田)土曜の夕刊も、日曜の朝刊も、まったく無視している状況です。


片山さつき 文部科学省 文科省汚職 汚職 霞が関ブローカー 大西健介 秘書 通行証
「私設秘書専用の通行証」が発行されていることから議員の関与は明白


須田)しかし、これはスルーしてもいいような簡単な話ではありません。場合によっては大西議員や吉田議員は、贈収賄幇助みたいな可能性も出てくると思います。これは難癖を付けているわけではなく、きちんと説明できます。2017年5月10日、都内の高級料亭に集った3人の男性がいます。谷口浩司被告、佐野太文科省局長(当時)、臼井正彦東京医科大学理事長(当時)です。そこでこんなやりとりがありました。谷口浩司が「臼井先生が文科省へ行くときに、全部同行します。そうすると佐野さんに迷惑がかからず、入館記録が残らずに入れるから、お互いにいいと思います」と言ったのです。そして、臼井被告が承諾したやりとりがあります。
 「記録に残らない」のは、通行証があるからです。各国会議員に1枚貸与される、顔も名前も記載されていない通行証ではありません。今回問題になっているのは「私設秘書(谷口浩司)専用の通行証」です。これを発行してもらうためには国会議員の署名捺印が必要で、国会の事務局に申入書を提出しなければならない。それさえあれば、国会や議員会館どころか、全省庁がフリーパスの魔法のようなカードを、まったく知らない人に発行しませんよね。それが与えられたからこそ、こういったやりとりがあったのです。


野党はこの問題の責任を取らずに片山さつき議員の疑惑を追及することはできない


須田)東京医科大学としては、何としても文科省にブランディング事業対象校に認めてもらいたかった。そのために働きかけをして、佐野被告の息子さんを東京医科大に裏口入学させた。そういう曰く付きのところなのです。


飯田)それを採択されることで補助金が入ったり、いろいろなメリットがあったわけですね。


須田)格も上がりますからね。そのために必要な道具が、国会の入館証でした。「それなら全員同罪じゃないか!」ということになるのです。


飯田)橋渡しみたいな役ですね。


須田)なおかつ立憲民主党の吉田統彦さんは元眼科医で、眼科医学会から数千万円単位で献金をもらっているのです。そして、眼科医学会に大きな影響力を持っているのが臼井正彦被告です。そういう流れがある。献金をもらった吉田議員は落選中だったため、大西議員に頼んで通行証を出してもらった。それで全部話がつながります。


飯田)メールをいただいています。新宿区にお住まいの“たかし”さん(60)からです。「大西さんは辞職しなければいけないのではないでしょうか。片山さつきさんを同じような、秘書とされる方に通行証を出した件で追求しているのに、同じことをして謝罪訂正で終わらせるのなら、国民から『やっぱり野党も何も責任をとらないじゃないか!』と、国民民主党や野党の評価も低下してしまいます。『泣いて馬謖(ばしょく)を斬る』ではないですが、バッサリ大西さんを辞職させた上で、片山さんを追いつめるべきだと思います」という意見です。


須田)枝野さんもキチンと吉田さんの疑惑に答える義務があると思います。


飯田)党首として、説明責任ですね。