ニュースが好き

政治でも経済でもアニメでもニュースなものが好きです。

★<プロ野球>巨人の高橋監督が辞任へ 成績不振で引責(毎日新聞)&【月刊WiLL2018年11月号】総力特集メディアの自殺「河﨑貴一 朝日になり果てた『日経ビジネス』」「木佐芳男 大坂なおみの「謝罪」をエラそうに誤訳した朝日」「岩田温 子役でヤラセ?池上彰のどこが公正・公平・中立か」「宮崎正弘×福島香織 囚人を片道切符で送り出す中国」

<プロ野球>巨人の高橋監督が辞任へ 成績不振で引責(毎日新聞)


 プロ野球・巨人の高橋由伸監督(43)が成績不振の責任を取り、今季限りで辞任することになった。球団の山口寿一オーナーが3日、明らかにした。就任1年目から3年連続でリーグ優勝を逃した高橋監督が同オーナーに「責任を取りたい」と申し入れ、球団も受け入れた。後任は未定。



 高橋監督は今季が契約最終年で、山口オーナーは9月12日に「十分にチームを整えて腕を振るってもらいたいと考えている」と来季の続投を要請する意向を示唆していた。だが、高橋監督と先週、会談した際に、辞意を伝えられたという。



  後任について、山口オーナーは「新しい体制で(今月25日の)ドラフト(新人選手選択)会議に臨みたい」との考えを示したうえで「難しい状況で引き受けてもらうことになる。経験、実績は必要かなと思っている」と述べた。



  高橋監督は2015年のシーズン終了後に現役引退し、監督に就任。16年は2位、17年は11年ぶりの4位で球団史上初めてクライマックスシリーズ(CS)出場を逃した。今季はCSに出場できる3位の可能性を残すものの、3日現在、65勝71敗5引き分けで12年ぶりの負け越しが決まっている。【細谷拓海】




◆ 


月刊WiLL2018年11月号



総力特集メディアの自殺



祝・三選!


■阿比留瑠比×和田政宗


安倍晋三 圧勝の秘密



豪華論客勢揃い


■櫻井よしこ


■屋山太郎


■ケント・ギルバート


■西田昌司


■髙橋洋一


安倍政権の歴史的使命



リニアが「第三の森加計問題」!?


■河﨑貴一


朝日になり果てた『日経ビジネス』



■深田萌絵


ビジネス誌はマユにツバして読め



■白川司


リニアをめぐる権力(公取委/特捜部)の暴走




慰安婦 検索回避問題


■山岡鉄秀


朝日は「反社会的勢力」か



■KAZUYA


もはや、国民の敵!



またフェイクか


■木佐芳男


大坂なおみの「謝罪」をエラそうに誤訳した朝日



子役でヤラセ?


■岩田温


池上彰のどこが公正・公平・中立か



ナチス化する中国 習近平はヒトラー


■古森義久


米国の怒り 中国を叩き潰せ!



いつわりの日中友好40年史


■藤井厳喜×江崎道朗



浮かれてるとトランプが怒るゾ


■宮崎正弘×福島香織


囚人を片道切符で送り出す中国



■髙山正之×山岡鉄秀


中国のガダルカナル侵攻を阻止せよ


■宇田川敬介


日本も行使学院=スパイ機関=を閉鎖しろ



このままじゃヤバい!


■深田萌絵×白川司


中国にごっそり奪われる日本のIT技術




自衛隊の出動を


■山田吉彦


尖閣は巡視船では守れない




大公開


■河添恵子


中国スパイの手口




TBS「報道特集」


■永田二郎


金平茂紀 まさか北朝鮮の独饅頭を




沖縄知事選


■仲新城誠


保革対決に花を添える小沢御殿


韓国


■安濃豊


東アジアの悪友とは手を切れ



北朝鮮


■荒巻正行


撮ってみた平壌ワンダーランド




弁論部の先輩後輩


■上念司×倉山満


武士道とはフェイクと見つけたり



秦郁彦著


■ジェイソン・モーガン


『慰安婦と戦場の性』―英訳版に寄せて




甘辛問答


■石原慎太郎×亀井静香


「貴様みたいな奴は野垂れ死にする」



北海道大停電


■奈良林直


「泊原発」再稼働を急げ!



エネルギー政策を知らない


■山本隆三


朝日新聞は金持ちの味方



集中連載


■渡辺惣樹


ゲッペルスも絶賛する英国の対米プロパガンダ



グラビア


■村松拓



「海の見える駅」


■外川淳


「シリーズ日本の城――姫路城」



預言者の時代


■古田博司


予言する南の牧羊者――アモス



歴史の足音


■中村彰彦


「ぶらかし老中」阿部正弘は名宰相か




こころのエッセイ


■高田都耶子


サーカス




独眼竜・政宗の国会通信


■和田政宗


強い日本をつくる三年に



我に還らず


■居島一平


高歌放吟



地球賢聞録


■馬渕睦夫


トランプ降ろしの背後勢力ディープ・ステート




月報 朝鮮半島


■西岡力


朝鮮に蔓延る「反韓史観」



その時、輝いていた人々



■曽野綾子


二番手




フォトエッセイ



■石平


石平が観た日本の風景と日本の美



■加藤隆則


東風メール便



■長田曉二


誰か歌を想わざる 日本の作曲家物語



■川村二郎


赤ペン鬼デスク



■岡田明三


東医即妙



■田中和生


現代文学を読む



■下川耿史


性相夜話



HEADLINE


高論卓説、鉄壁のコラム陣──


■長谷川幸洋 足許提灯


■日下公人 繁栄のヒント


■湯浅 博 文明の不作法


■島田洋一 天下の大道


■門田隆将 事件の現場から