ニュースが好き

政治でも経済でもアニメでもニュースなものが好きです。

★週刊新潮最新号(8/30)目次「「小室圭くん」のフォーダム大「VIP生活」」「黄疸50日「長嶋茂雄」緊迫の特別病室」「爆笑問題「太田光」の日大問題」「強姦魔を野に放った「大阪府警」大捜査網は穴だらけ」&、「球場使用料も放映権もタダ!「高校野球ビジネス」はこんなにおいしい」渡邉哲也(IRONNA若干書き起こしメモ)


球場使用料も放映権もタダ!「高校野球ビジネス」はこんなにおいしい『渡邉哲也』 




渡邉哲也(経済評論家)


 一般的に「夏の甲子園」といわれる全国高等学校野球選手権大会であるが、その位置づけはよくわからないものである。主催者は営利企業である朝日新聞社と公益財団法人日本高等学校野球連盟(高野連)であり、公的なものとも私的なものともつかない状態になっている。


 これは1915年、前身となる全国中等学校優勝野球大会を大阪朝日新聞社が始めたという大会の歴史にも関係するが、第2次世界大戦後、大会の運営主体として高野連ができた時点で、もともとの役割は終えたといっても過言ではないだろう。しかし、いまだに朝日新聞社は主催者であり続け、大会を企業活動の営業活動に利用しているわけである。


 ご存じのようにプロ野球はスポーツではあるがあくまでも興行であり、球団選手はそれを興行として行い、ビジネスとして成立させている。各球団は営利企業であり、企業活動の一環として、選手を雇い球場などを運営し、テレビに放映権を販売し、選手や球団のブランドライセンスで稼いでいる。では、夏の甲子園はどうなのか。


13.出場選手の旅費、滞在費補助規定


全国大会 1校20人(選手18人、責任教師1人、監督1人)を限度とし、次の通り旅費と滞在費補助を支給する。


(イ)旅費は代表校の所在地から大阪までの往復普通乗車運賃(新幹線、特急、急行料金を含む)、船舶利用の場合は普通二等の乗船運賃を支給する。ただし、沖縄、南北北海道代表校は航空運賃を支給する。


(ロ)滞在費は抽選日(8月4日)から、その学校の最終試合日までの日数に対し、1日1人4,000円を補助する。


(ハ)前年度優勝校が全国大会に出場できなかった場合、優勝旗を返還する主将と同伴の責任教師に、規定による旅費、滞在費と滞在雑費(1人1日2,000円)を支給する。


— 第99回全国高等学校野球選手権大会 開催要項


 大会規定ではこのように記されており、開催費に入場料を充て、過不足が出た場合、大会準備金を充てるとしている。そして、昨年の夏の甲子園の収支決算を見ると、1億円近い利益が出ている構図になっている


収支決算上は「1億円程度の黒字」となっているが、この黒字は最低限の補助金だけで参加する学校側と選手と地元企業などの負担により生まれている。大阪の平均的なホテルの宿泊費は1泊1万5千円程度で、甲子園開催期間ではさらに高騰することが予想される。高野連はホテルや旅館と提携し、1万円以内で宿泊できるホテル(1校当たり35人まで)を用意しているが、これはホテル側の善意と協力で成り立っているものでしかない。そして、食費を除いても1日6千円程度の差額は生徒や学校が負担している計算になるわけだ。ちなみに第94回大会の滞在費補助が7500円であり、現在の4千円という補助は収益からの逆算で割り出されたものであろう。


 また、主催者である朝日新聞社や高野連は甲子園球場の利用料も払っていない。これは甲子園球場の所有者である阪神電気鉄道の「善意」である。甲子園は全国中等学校優勝野球大会を開くために作られたという歴史があり、甲子園が利用されることで所有者である阪神電鉄に間接的な利益があることに起因するが、当然運営費はかかるわけであり、それは阪神電鉄による寄付的行為で成り立っているにすぎない。


 現在、NHKも朝日新聞社のグループ会社であるテレビ朝日も放映権料を払っていない。しかし、これは最低数十億円の価値を持つものである。先日獲得合戦で話題になったJリーグの10年間の放映権料が2000億円(2017年から2026年)、年間200億円であり、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で放映権とスポンサー収入で80億円程度だといわれている。プロとアマチュアの違いがあるとはいえ、ファンの多い高校野球ではさらに多くの収入を得られる可能性があるといえる。そして、それを開催費用や生徒への補助、学校への助成に利用すればよいのだろう。


 現在の高校野球は非営利という建前で、すべてが人の善意で成り立っている。そして、ここに最大の欺瞞(ぎまん)と利権が眠っているわけである。


 非営利であるのであれば、営利目的企業である一新聞社にすぎない朝日新聞社が主催に名前を連ねるべきではなく、高野連が単独主催すればよい話である。また、非営利であったとしても、高野連が放映権を販売するのは問題なく、一方で甲子園球場に対して適正なコストを払うことも可能である。アマチュアビジネスの商業化の是非はあるものの、人の善意に付け込み、それを朝日新聞社やNHKが「タダ食い」している現状を許すよりは格段に良いと私は考える。



◆週刊新潮 2018年8月30日秋初月増大号



「秋篠宮家」に軋轢が生じても


「小室圭くん」のフォーダム大「VIP生活」


▼「配車」「高級アパート」「お付き職員」のおもてなし


▼「紀子妃」「眞子さま」冷戦解消の特使は「佳子さま」


▼「国母」の悲憤が生む「悠仁さま」への心的影響



黄疸50日「長嶋茂雄」緊迫の特別病室


▼「腎臓機能」も低下! 感染症で一時「危篤状態」


▼次女「三奈」が厳戒の不寝番


▼病床に近づけない長男「一茂」に「世間の目」



「NGフレーズ」リスト付き!


 「パワハラ告発」されない大人の「怒り方」



【特別読物】


カマキリを入水自殺させる虫 アリの脳を支配する菌類


リケジョ博士の「パラサイトする生き物」講座




【ワイド】黙ってられるか


(1)「北川景子」が一度も語らない実父の「職業機密」


(2)強姦魔を野に放った「大阪府警」大捜査網は穴だらけ


(3)契約金が1億円に高騰した金足農「吉田投手」に勝負メシあり


(4)「ハシケン」を略奪した「今井絵理子」の“収支報告”


(5)誰からも求婚されない「大塚家具」かぐや姫は月下美人


(6)「鈴木保奈美」とコンビ復活に「織田裕二」が激怒したワケ


(7)「麻原死刑」と「女性信者殺害」もネタにした「上祐史浩」独演会


(8)「元日航CA」がぼろ儲けする「御巣鷹山」のトンデモ本


(9)不正人事と指弾された「山根明」前会長が人事不省!?



危ない実名リスト! 第3弾


 「愛猫」「愛犬」が食べてはいけない「ペットフード」


▼これが主食なら「短命」という衝撃データ


▼ヒトには使用されない「廃棄肉」商品一覧


▼穀類主体で「胃腸炎」「アレルギー」多発


▼「抗生剤」「女性ホルモン」が恐い製品


▼初心者にも簡単な安心「手作り食」講座



「手造り」はテレビ用で従業員もビックリ!


 「田中義剛」の完全機械化「生キャラメル工場」




笑い飛ばせばそれで良かった


爆笑問題「太田光」の日大問題


本誌の裏口疑惑報道にえらい剣幕で応じたご本人。しかしそもそも裏口入学はそんなに恥ずべき過去なのか。所詮この世は人間関係がものを言うコネ社会。どこの家庭にも縁故で潜り抜けた狭き門の一つや二つあってもおかしくあるまい。投じたお金が税金と無縁の私財であれば、世間の潤滑油の一種とも言えよう。


■■■ コラム ■■■



【長期不定期連載(9)】


 豚は太るか死ぬしかない/矢作俊彦



日本ルネッサンス/櫻井よしこ


変見自在/高山正之


TVふうーん録/吉田 潮


 十字路が見える/北方謙三


この連載はミスリードです/中川淳一郎


 生き抜くヒント!/五木寛之


だんだん蜜味/壇 蜜


スジ論 わたしのルールブック/坂上 忍


 冒険ゴルフ/倉本昌弘


 科学探偵タケウチに訊く!/竹内 薫


 誰の味方でもありません/古市憲寿


 寝言は寝て言え!/KAZUYA


医の中の蛙/里見清一


この素晴らしき世界/東野幸治


 大家さんと僕/矢部太郎


 気になる一手/渡辺 明・吉原由香里


 私の週間食卓日記/馬場典子


 管見妄語/藤原正彦


 週刊鳥頭ニュース/佐藤 優・西原理恵子


■■■ テンポ ■■■


 ▼ロビー/夏の過ごし方で「安倍晋三」「石破茂」総裁選占い


▼スポーツ/“メジャー容認”「西武」と「菊池雄星」それぞれの算盤


▼ビジネス/売上げ1兆円「ドンキホーテ」が狙う「西友」不動産


▼マイオンリー/蘭華「書道」


▼グルメ/「北欧」由来の“比類なき”コース料理「イヌア」


▼エンターテインメント/“サヨナラ特番”をモノにしたNHKの熱狂的「安室ファン」


▼スクリーン/グレゴリー・スター『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』


▼タウン/「読売」上層部に激震が走る「ナベツネ主筆」の頸椎骨折


Bookwormの読書万巻/豊崎由美


▼新々句歌歳時記(嵐山光三郎・俵 万智)


▼結婚 ▼墓碑銘 ▼ガイド


▼文殊のストレッチ ▼テレビジョン


▼オリンピック・トリビア!(吹浦忠正) ▼掲示板


■■■ 小 説 ■■■


湖の女たち【新連載】/吉田修一


 染着/貴志祐介


 欺す衆生/月村了衛


黒い報告書/勝目 梓


■■■ グラビア ■■■


・続・蒼穹から名建築


・野生動物こっけい生態図鑑


・優越感具現化カタログ


 ・世界を食す大使の食卓



おまけ







 とんねるず木梨妻



RUIですが柴崎コウ