ニュースが好き

政治でも経済でもアニメでもニュースなものが好きです。

★週刊新潮最新号(8/9)目次『「GACKTコイン」の「野田総務相」夫妻はお友だち!「文科省解体捜査」でも浮上したフィクサーの正体』『昼夜逆転「雅子妃」と離れる「愛子さま」留学の成否』&「文科省“底なし”腐敗体質 今度は770万円横領も職員の氏名公表せず」(ZAKZAK)




文科省“底なし”腐敗体質 今度は770万円横領も職員の氏名公表せず… こんな腐りきった役所に教育任せられるのか



文科省の腐敗体質が「底なし」の様相を呈している。局長級幹部による一連の汚職事件に続き、今度は課長補佐級職員による横領行為が発覚したのだ。フジテレビは7月31日午前、独自ニュースとして、JAXA(宇宙航空研究開発機構)をめぐる汚職事件で、同省の戸谷一夫事務次官も、東京地検特捜部から任意で事情を聴かれたと報じた。「魚は頭から腐る」というが、この組織に「自浄作用」は期待できない。識者は、幹部の総入れ替えによる綱紀粛正が不可欠だと指摘する。


 横領行為が発覚したのは、京都教育大(京都市)に出向していた40代の課長補佐級職員。保護者らでつくる教育後援会の会費約770万円を着服したとして、懲戒免職処分となったのだ。


 職員は、2015年4月から今年3月末まで出向し、教育後援会会費の管理を委託されていた。15年10月ごろから複数回にわたり、口座から会費を無断で引き出し、飲食や衣服の購入などに使ったという。


 大学側によると、職員は全額を返済し、後援会側は告訴しない方針。同省は、個人が特定される可能性があるとして、職員の氏名や役職などを公表していない。組織で身内をかばって、子供をどう教育するのか。「大甘」と言わざるを得ない。


 一方、JAXAをめぐる汚職事件でも、新たなニュースがあった。


 文科省前国際統括官の川端和明容疑者(57)=収賄容疑で逮捕=が昨年、「霞が関ブローカー」と呼ばれる医療コンサルタント会社の元役員、谷口浩司容疑者(47)=贈賄容疑で再逮捕=に、当時スポーツ庁に出向していた局長級幹部を紹介していたという。


谷口容疑者が関係する団体は昨年7月、スポーツ庁から調査事業を約400万円で受託した。谷口容疑者が「得意な会社がある」と進言し、事業の一部をJAXAの関連会社に約130万円で再委託することになった。


 また、前出のフジテレビは、特捜部が戸谷氏の事情聴取に加え、文科省の事務次官室も家宅捜索したと報じた。同局記者の「聴取を受けられてますよね?」との問いかけに、戸谷氏は無言だったという。


 前川喜平前文科事務次官が引責辞任に追い込まれた組織的天下りをはじめ、文科省では不祥事が続発している=別表。こんな腐りきった役所に、教育行政を所管する資格はない。


 元通産官僚で評論家の八幡和郎氏は「前川氏が『貧困調査』と称して、新宿・歌舞伎町の連れ出しバーに通っていたことへの批判や反発が、組織内で起こらなかったことが、同省の腐敗体質を象徴している。利害関係者との飲食にも警戒心がなく、職員やOBも忠告しない。もはや救いようがない。次官や官房長、局長などの幹部を、ほかの省庁のクリーンな官僚と総入れ替えして、綱紀粛正を図るしかない」と話している。




★週刊新潮 2018年8月9日号


親子電話も禁じられて…


昼夜逆転「雅子妃」と離れる「愛子さま」留学の成否


▼髪型・ファッションも「内親王」が倣う「佳子さま」


▼ふくよかな近影が懸念を生んだ「エコノミー症候群」


▼初めての「愛娘不在」で「皇太子ご夫妻」の寂寞


▼「次期皇后」に訪れる空の巣症候群の初期症状


「GACKTコイン」の「野田総務相」夫妻はお友だち!


 「細野豪志」の5000万円ヤミ献金も仲介!!


「文科省解体捜査」でも浮上したフィクサーの正体




「橋下市長」をもっても大阪城から排除できず…


「たこ焼き屋のおばちゃん」が3年で5億稼いだ「鉄板ネタ」




新潟県知事ものめり込んだ!


 親は知らない「パパ活」女子の売り手市場




【ワイド】台風一家


(1)「岡田准一」が「宮崎あおい」と5億円新居で「マスオさん生活」


(2)「小林麻耶」生殺しからの解放に一番安堵したのはあの女性


(3)「大谷翔平」手術回避を秘かに喜んだチームの思惑


(4)道ならぬ恋、妊娠…「有馬稲子」が恨みを綴った有名監督の名前


(5)『池の水ぜんぶ抜く』が子どもに「外来種駆除」は教育上よろしいか?


(6)当地にハーレム!? キルギス柔道の総監督になる「内柴正人」




【特別読物】高校野球「100回」記念


 監督たちのバイブル『甲子園の心を求めて』をめぐる物語


スポーツライター 小林信也



危ない実名リスト!


 「愛猫」「愛犬」が食べてはいけない「ペットフード」


▼野放しだった「1兆円市場」


▼「発がん性」が警告される「主食」「おやつ」全21商品


▼アメリカで使用禁止の「添加物」入り商品


▼犬猫は色弱なのに「着色料」は必要か!?


▼「胎仔死亡」を招く有害物質のメーカー名


▼着色料&相乗毒という「ワースト14商品」


■■■ コラム ■■■


日本ルネッサンス/櫻井よしこ


変見自在/高山正之


TVふうーん録/吉田 潮


 十字路が見える/北方謙三


この連載はミスリードです/中川淳一郎


 生き抜くヒント!/五木寛之


だんだん壇味/壇 蜜


スジ論 わたしのルールブック/坂上 忍


 冒険ゴルフ/倉本昌弘


 科学探偵タケウチに訊く!/竹内 薫


 誰の味方でもありません/古市憲寿


 還暦も文化/石田純一


 寝言は寝て言え!/KAZUYA


医の中の蛙/里見清一


この素晴らしき世界/東野幸治


 大家さんと僕/矢部太郎


 気になる一手/渡辺 明・吉原由香里


 私の週間食卓日記/外山滋比古


 管見妄語/藤原正彦


 週刊鳥頭ニュース/佐藤 優・西原理恵子



■■■ テンポ ■■■


▼マイオンリー/香納諒一「キャンピングカー」


▼グルメ/油脂を厭わないモダンな日本料理 南青山「てのしま」


▼ロビー/青木幹雄翁が掻き回す「竹下派」の“総裁選”厄災


▼ビジネス/あの”迎賓館”も槍玉に「パソナG」季節外れの株主総会


▼スポーツ/ノーヒットノーラン快挙でも「山口俊」にチラつく“放出”話


▼エンターテインメント/深~いワケがある「大地真央」真夏のディナーショー


▼スクリーン/白井佳夫『運命は踊る』


▼タウン/iPS細胞を脳に移植 16万人「パーキンソン病」の応募者


Bookwormの読書万巻/東 えりか


▼新々句歌歳時記(嵐山光三郎・俵 万智)


▼結婚 ▼墓碑銘 ▼ガイド


▼文殊のストレッチ ▼テレビジョン


▼オリンピック・トリビア!(吹浦忠正) ▼掲示板



■■■ 小 説 ■■■


染着/貴志祐介


 欺す衆生/月村了衛


黒い報告書/内藤みか


■■■ グラビア ■■■


・続・蒼穹から名建築


・野生動物こっけい生態図鑑


・優越感具現化カタログ


 ・コウケンテツの日々是好食【最終回】