ニュースが好き

政治でも経済でもアニメでもニュースなものが好きです。

★「朝日新聞とNHKは憲法改正阻んできたのに、朝日は『なぜ安倍総理は憲法改正発議しないのか』と盗人猛々しい記事。…まるで立憲民主党の政党機関紙、ネタの出し方は憲法改正させないため…」「トランプ大統領が戦後世界叩き壊すなか、日本も改憲が必要」【7/23虎ノ門ニュース】青山繁晴(若干書き起こしメモ)



00:03:49 本編
00:09:17 安倍首相 総裁選へ意欲示唆 改憲論争
00:38:31 原発テロ対策に大型巡視船 東京五輪に向け
00:59:18 EEZに中国海洋調査船 沖縄 7日連続
01:06:20 斬ってへんわ!
01:09:26 お知らせ(DHC海洋深層水はオンラインストアで!)
01:10:20 お知らせ(“コレ聞き”スペシャル 夏 8月13日月曜日〜8月17日金曜日)
01:12:23 お知らせ(第10回 8.6平和ミーティング)
01:13:10 お知らせ(第80回 独立講演会)
01:14:37 お知らせ(海の学び舎 わくわくキッズパーク)
01:16:07 青山繁晴 著「ぼくらの死生観-英霊の渇く島に問う-」
01:17:52 トラ撮り!(自由民主党部会 治安・テロ対策調査会)
01:27:14 トラ撮り!(国防部会・安全保障調査会合同会議)
01:37:59 米政策で貿易摩擦激化と懸念 G20
01:42:32 日本が米の車輸入制限反対 公聴会で
01:47:30 日本のGDP0.6%減 IMF試算
01:48:21 米 制裁逃れ対策強化要求 北朝鮮資金封じ
01:53:34 プーチン氏に今秋訪米要請 トランプ氏が指示
01:57:48 イラン原油10月にもゼロ 米禁輸要請で調整
02:00:11 再雇用拒否 君が代不起立の元教諭 敗訴
02:01:30 大リーグ エンゼルス大谷2本の二塁打


(自動文字起こし 編集前)

共同通信によりますと通常国会の閉幕を受け自民党は9月の総裁選挙へ事実上を突入し自民党総裁の安倍総理大臣は連続3回目の当選を目指して基盤がためを急ぎます安倍総理は初日の記者会見で憲法9条に自衛隊を明記する憲法改正への決意を訴え総裁選挙では大きな争点になると強調しました。
 どうして安倍総理が記者会見したかはご存知ですよね。
  総理っていうのは節目にしか会見しないですね。
  官房長官は毎日午前と夕方に会見するんですけど、総理というのは、安倍さんに限らず、歴代みんな節目にしか会見しないんです。
  なぜ総理は会見したか。
  通常国会終わったからですね。
  長かった延長国会が終わりました。
  国会終わりっていうのはだいたい総理は会見するわけですけど。


  それで7月の半ばに通常国会終わってこれからお盆。
  で、この後は9月に自由民主党の総裁選があって、たぶん、まだ決まってませんけど、たぶんその後に秋の臨時国会をやるんですよね。
  だからその国会が終わったのを受けて、まず通常国会では憲法改正の国会発議ができなかったんですよね。
  総理は本来やりたかったわけですから、それなかった事について触れるのは当然だし、それからますますね、自由民主党の総裁選挙で各候補の憲法改正についての意見が戦わされるのは当たり前なんですよね。


  これね、この共同通信の記事は淡々とした記事だけど、たぶん、今日お見えの(ギャラリーの)方々は朝日新聞読まないと思うから(一同笑)、毎朝克明に読んでる僕から報告するとですね、
  まあこれ朝日新聞はすごく長い記事を書いて、記事のニュアンス、僕も元記者ですから、記事のニュアンスは正確につかむつもりですけど、記事のニュアンスはね、なんと、けしからんと。
  この長い通常国会で憲法を改正、発議できたできなかったのけしからん。
  総理の言ってきたことと違うじゃないかと。
  それはひとえに安倍総理が悪くて、「もりかけ」で説明が不十分だからずるずる行ったんだと。
  こういうのをですね、また問題発言すると、こういうのを盗っ人猛々しいって言うんですよ(一同笑)。


  これよく言うわですよ。
  阻んで阻んで阻止して、議論させなかったのは朝日新聞とNHKと、組んだ野党なんですよ(一同同意)。
  毎日新聞その他もなさってましたが、影響力は小さいので。
  影響力のあるところで言うと、ま、順番に言うとNHKですよ、やっぱりね。


  未だに忘れられない、若い事件記者だった時に徳島の山間部で事件あって、そこに取材に、毎日新聞の人と一緒に行ったんですよ。
  そしたら毎日新聞知らなかった、おばあちゃんが。
  それで共同通信知ってるかって聞くのやめました。
  おばあちゃん、何をご存知ですかって聞いたら、NHKと徳島新聞。
  あれから何十年だけども、どうもNHKの影響力ってそれぐらいあるんですけどね。


  NHKの報道ぶりも困ったもんだけど、朝日はもう徹底しててですね。
  盗っ人猛々しいってのはまあ本来は言わない方がいい下品な言い方かもしれないけど、やっぱり、別の言い方するとマッチポンプなんですよね。
  マッチポンプって古い言い方ですけど、要するにマッチ擦ってこのパソコン燃やすと。
  で、自分で燃やしておきながら、早く消せ早く消せって…。
  マッチポンプでもあるんですよ。


  それで、憲法改正がいいか悪いかについては、当然、国民の間で議論しなきゃいけない。
  そのために憲法の第96条に、国会で決めるだけじゃなくて、国会で決めることは単に提案すること、これ難しい言い方で言うと発議って言ってるわけですよね。
  これ、いい言葉だと思うんですよ。
  というのは、議論をするってことですよね。
  だから国会だけで決めないで国民で議論してもらって、最終的には国民投票で決めると。
  ということは国会で必ず議論しなきゃいけないわけです。


  ところが朝日新聞の記事ですね、皆さんがいやいやもう一回読まなくてもいいように、僕から丁寧に説明しとくとですね、朝日新聞が特に大問題だって書いてるのは、憲法審査会でほとんど議論できなかったと書いてあるわけですよ。
  国会っていうのは皆さんご存知の通り、委員会っていうのがあって、委員会でまず決めて、カジノでも何でも委員会で決めて、それで本会議に上げて、最終的に決めるわけですけど、憲法だけは重要だから委員会のことを憲法審査会って言って。
  で、それが衆参両方にあって、この委員会と同じように過半数で本会議に上げるわけです。
  本会議に上がった後は、憲法以外の全ての法案は過半数で決まるんですけど、賛成が半分超えたらそれで成立するわけですけど、憲法だけはご承知のように、3分の2以上っていう、厳しくなってて、しかもそこから、発議するだけで国民投票に行くわけですよね。


  話を元に戻すと、その憲法審査会で議論しないと、そもそも始まらないわけです。
  これは別な規定があって、衆参でそれぞれ100人以上、50人以上の議員の賛成があったら発議できるってあるんですけど、これは山田宏さんとか僕と考えが近い人が頑張ってて、僕も基本的には賛成だけど、でもこれで無理に国会に出しても、たとえば公明党とか乗ってこなかったら結局3分の2取れないから、なかなか難しい面もあるんですよ。
  試みるって事はいいと思いますけどね。


  もう一回話元に戻すと、憲法審査会で議論することが大事で。ね。
  で、その議論しなかった理由っていうのは本当は「もりかけ」関係ないんですよ。
  一切関係ないんですよ。
  憲法審査会で森友学園事件とか、いわゆる加計のことをやるわけじゃないんで。
  これ朝日にもそうは書いてあるんですけど、要するに「もりかけ」で野党が、こんな内閣と憲法の話するわけにいかないと言ってできなかったと。


  だから朝日の論理だと、だから安倍総理が悪いになるわけですよ。
  あるいは公文書の改ざん問題も書いてあるわけですけど、公文書の改ざん問題は極めて深刻なことだけれども、でも憲法改正とは関係ないんですよ(一同同意)。
  で、もっと言うと、その時の総理大臣が誰か、あるいは何内閣かによって、憲法改正ってことが完全に左右されてしまって、入り口に入れないんだったら、それ全く本末転倒であって、話にならない、逆さまの理屈なんですよ。
  で、しかも「もり」も「かけ」も、あえて言うと公文書偽造森友問題、改ざん問題も、全部、朝日新聞の仕掛けなんですよ。
  そうでしょ。


  それで国会終盤にはですね、国会終盤の前から、まるで政党機関紙として働いてるにしか見えなくて。
  というのは、これは真相解明しなきゃいけないけども、議院運営委員長の古屋さんのこととか、総務大臣の野田さんのこととか、朝日新聞は否定するかもしれないけど、僕なりに朝日新聞に知友いますから、そこから、そこはかとなく伝わってくる情報によると、要するに、急に国会終盤にそういうネタが入ってきたんじゃなくて、準備しといてタイミングを見ると。
  明らかにずっと政治的に動いてるわけですよ。


  その目的は、政党の機関紙と言わざるを得ないのは、もう明らかに二つあって、一つは憲法を議論させない。
  憲法をちゃんと議論して、朝日新聞や共産党や、立憲民主党の主張するように、憲法は一字一句永遠に変えちゃいけないんだっていうのは、本当だと、ね、いう主張をすればいいし、僕らが普通に言ってる通り、それは占領下の日本で決められた憲法であるから、占領は遥か前に、僕のような年齢でも生まれる前に終わってるわけですから、新しい憲法を子供たちのためにも作るべきだっていうのは、どっちが本当なのかってのを丁々発止議論するのが当たり前で、そうじゃなかったら何で国民は1日3億円も、国会審議に使わなきゃいけないんですか。


  僕は国会議員になる前に、国会に会期があるのも良くないと、通年国会にすべきだとずっと言ってきたわけですけど、これ現状で通年国会にするとですね、あのような国会をさらに続けるんですか。


 (居島一平:そうなりますよね)


  それ考えたら、まずその国会の審議をまともにすることが先決であって。
  で、もし国会に任期がなかったら、要は採決もいつまでもいつまでも延ばされることになってしまうでしょ。
  十分もう議論しましたから採決しましょうにならないんだもん。
  自由民主党の方も問題があって、もうそれが前提だから、審議時間はなるべく、いや、これは国対はなるべく長くしようとしてるけども、雰囲気としてはそんな長くやっても同じだっていうふうに、もうなってるじゃないですか。
  それ与野党ともに問題がはっきり言ってあるわけですよね。


  で、それを踏まえて言うと、現状で通年国会なんかできないけれども、でも何を一番議論すべきかと言うとあくまで憲法なんですよ。
  それは、いつも同じことを言ってるわけではなくて、トランプ大統領が世界を叩き壊してるでしょ。
  トランプ大統領が壊してるのって英語で3文字が多いんですよ。
  例えばWTO、そうでしょ、世界貿易の仕組み。
  NPT、核不拡散条約、実際は北朝鮮、核保有国にこれでなってしまうから、今のまま行けばですよ。
  NPTであり、あるいは新しい仕組みだけど、TPPであり。
  それは全部で合わせて言うと、国連が作ってきた仕組みを壊すことであり、国連ということは、つまり先の大戦で唯一本当に勝ったのはアメリカだけだから、アメリカが作ってきた敗戦後の仕組みを、全部トランプさんは、もうこれはいわば賞味期限切れだという主張をして、全部叩き壊してるわけですよ。


  ということは、日本は敗戦国に甘んじてきたんですよ。
  いつも言ってる通り、敗戦国が利権になってるわけです。
  戦争に負けて資源のない国だから、アメリカの言うことを聞いて石油、天然ガスを高く買いましょうと。
  それでしょうがないでしょうと、国民もむしろ賢いから、確かに戦争に負けて資源がないからしょうがないってことを受け入れてきたでしょ。
  日本国憲法もその仕組みの中にある。
  あるいはそのおおもとなんですよ。
  だからこれはイデオロギーとか護憲派、改憲派とか、もう懐かしい言葉は全部要らなくて、要は世界が変わってしまってるんだから、それに合わせて作られた日本国憲法も変わらなきゃいけないっていうね、小学生が中学校になり高校になるというように、経ていくのと全く同じことであって、何も憲法だけが特別なことじゃないんですよ。


  したがって話を元に戻すと、総理が秋の総裁選挙で、この国会で発議できなかったからこそ、総裁選挙ではちゃんとまず自由民主党の中できちんと意見を戦わせないといけないっておっしゃったのは、全く当たり前のことであって。
  で、それをとらまえて、総理はけしからんっていう長い記事が書かれるっていうのは、もう本当に、中立公平を掲げてきた日本のオールドメディアは、もう仮面をかなぐり捨ててるとも言えて、朝日・毎日を中心にそう言えて。
  むしろ産経新聞は右寄りだって言われるけど、国際基準から言ったら全く普通の新聞ですからね。


  このあとニュースもありますが、君が代、ちゃんと先生は子供に教えましょうっていうのは、それ、国歌を子供に教えない学校の先生っていうのは、日本国以外には全くありませんからね。
  で、敗戦国は、世界中敗戦国なんですよ。
  アメリカだってベトナム戦争で負けてるんです。
  アメリカはベトナム戦争で負けた後に、教師が国歌を教えなくなったんですか?
  僕が言ってるのは、ごく普通のことをやむを得ず言ってるだけなんであって。


  このニュースから、ま、朝日新聞読んでない人には、ある意味新鮮な情報だったかもしれませんけれども、改めてこの延長国会、延長までした国会で憲法が、憲法審査会で、野党が嫌だ嫌だって言うだけで、全然、ま、ほとんどと言いたいけど、本当は、全くと言っていいほど議論できなかった。
  その事とやっぱり結びつけて、有権者はきちんと考えて欲しいんですよね。


  だから全ての法律について本当はそうですけど、まあ残念…、今は僕は国会に出てるわけですけども、残念って言ったのは、みんなの側にいたかったわけですよ、死ぬまで。
  みんなの側っていうのはですね、主人公なんですよ。
  代理人ですからね、国会議員は安倍総理も含めて。
  したがって、本来はどんな法律作るかとか、カジノを含めて、あるいは公選法改正を含めて、今国会で問題になった法案を含めてですね、本当は国民の側から声が出るべきで。


  そうすると例えば、今日のニュースの項目にないけど、公選法改正で言うとね、ますます分かりにくくなったじゃないですか。
  本来はこれも憲法改正で自由民主党はやろうとしたわけですよ。
  そのことは僕は断固支持します。
  というのは、ちょっとまた話がお子達には(今回ギャラリーに小学生がいた)難しいかもしれないけど、分かることで言うと、どんどん人口が減ってて。
  例えば小学校で言うとクラスの人数が減ったり、クラスが少なくなったりしてるんですよ、どこの小学校でもね。
  ま、東京は別として、東京を除く所はそうなってるわけです。


  そしてたとえば日本海の沿岸とか、四国とかでそれ厳しいから、今まで参議院議員が、島根県と鳥取県、徳島県と高知県、それぞれちゃんと出てたのが、もうそうしてると一票の格差がどんどん大きくなって、最高裁からいろいろ厳しいこと指摘されてるし、やむを得ず合区ってしたわけですよ。
  だから鳥取・島根と、徳島・高知をそれぞれ一つの選挙区にしてしまって、例えば地元の候補が落ちると、よく知らない人みたいになるってことをね、憲法改正して、参議院についてはどんなに人口が減っても、一県一人は参議院に代表を送り込めるようにしましょうという憲法改正をやろうとしたのが、9条だけじゃなくて、緊急事態にどうするかも全部含めて、とにかく憲法改正って言った瞬間にですね、まるで、世の中で一番悪いことするみたいに言われて、何も議論できないから、この件も全然議論できなかったわけですよ。


  ところが来年7月に参議院選挙あるわけです。
  ちょうど1年後に。
  で、選挙制度どうするかって、必ず1年前に有権者に知らせないといけないんです。
  そうすると、もう1年切るでしょ。
  憲法改正できるんですか?全くできないじゃないですか。
  で、しょうがないから、まあ苦肉の策で今回のようなような非常に分かりにくい選挙制度になるわけですよね。


  で、その選挙制度の詳しい話は今日省略するけれども、これもですね、ちょっと有権者にもちょっと厳しいことを申し上げるとね、2年前に僕が出た参議院選挙を考えていただくと、自分が候補者になってよーくわかったんですけど、あれ参議院選挙ってね、僕が出た選挙の時にね、比例代表は政党名書いてもいいし個人名書いてもいい、どっちでもいいと。
  こんな分かりにく話はないんですよね。


  ちょっと自分のことを申し上げて申し訳ないけど、でも自分に起きたことだから一番よくわかるのは、投票日7月10日だったですけど、前日の7月9日にですね、たくさんテレビ局と新聞から電話があったんですよ。
  それまで全然ないんですよ。
  それまでは僕という候補者はこの世に存在しないことになってたんです。
  今、議員になっても存在しないことになってるけど。


  突然、前日にむちゃくちゃ電話かかってきたのは、その日までにね、期日前投票で出口調査やってるじゃないですか。
  投票は翌日だけど。
  期日前投票で比例代表はどうしましたかって聞かれた時に、出て来られた方が青山繁晴って人を書きましたという方がものすごく多かった。
  で、ちょっとここまで言っていいのかなと思いつつ、ま、起きたことだからありのままに言うとですね、シミュレーションすると、要するに100万票から120万か130万票ぐらいになると。
  それであなたは公示日の直前に出馬表明して、それは全員聞きましたね、で、一部の記者はちゃんと取材して、団体支持も断りましたねと。
  それでどうしてこんなに票が出てると思いますかって聞かれたから、知りませんと(一同笑)。
  普通のことを言ってるからじゃないですかと。


  で、中にはそうは言わないけど、言いたそうに、こうニュアンス伝えてくるのは、あなたみたいな極論が何でこんなにたくさんね、支持があるんだみたいな、そうは言いませんよ?僕もだから記者出身だから相手の手の内よく分かるんで。
  答え引き出したいんだなと思って、まあ逆に答えてあげようと思って、いや、普通のことを言ってるだけですと、普通のこと言ってるからじゃないですかということ言ったら見事に全く記事にされませんでしたけどね。


  これなんでこの話したかというとですね、ところが実際にフタ開けてみると48万1890票だったわけですよ。
  それで、これもはっきり言って申し訳ないけど、同期で申し訳ないけれども、既得権益の団体の支持を受けた人が、一人だけですけど上にいらっしゃったんですね。


  これどうしてかっていうことをですね、これは良心派の記者だと思うんですが、フォローアップした記者も少数だけどいらっしゃるんです。
  フォローアップは非常に難しいんですけど、だいたい出口調査って住所聞くわけじゃない、非常に難しいけど、こつこつ取材した人がいてですね。
  で、結局そういう人も記事にはしてもらえないんだけれども、会社の中の問題っていうか、青山繁晴はいないことにしなきゃいけないから、予算委員会の質問もなかったことにしなきゃいけないから。
  でもきちんと取材した人からたまたま最近、複数、話、僕が聞いたんじゃなくて向こうから話があったのは、つまり自由民主党あるいは自民党と書いて青山さんに入れたつもりだったと。
  どっち書いてもいいってことは、まあそういうふうに受け止めたわけですよ。


  よく考えると自民党って書いただけで青山と結びつかないってのは分かるかもしれないけど、でもこんな一覧表が貼ってあって、僕は3番目ぐらいに書いてあったかな、その合区対象の人が先に書いてあってね、名簿の。
  3番目か4番目ぐらいに書いてあったんですが、もう表まで出てると、自民党と書けば振り分けてくれるのかと、とっさに思う人がいっぱいいらっしゃってもおかしくないどころか、おそらく推定4~50万、本当は60万票前後まで、可能性はあったわけですよね。


  もう一回言いますよ、僕の話をしたんじゃなくて、これつまり、僕の選挙はもう終わってますし、仮に2回目あるとしてもまだ4年後ですから、それ言いたいんじゃなくて、今の制度自体がこれだけ分かりにくいわけですよ。
  ところが今国会で成立した公選法改正によるとですよ、どっちを書いてもいいことは変わらないんだけど、政党が好きなだけね、有権者が個人名書いてなくても、例えば居島一平って書いてなくても、この居島一平さんを特別枠にすると。
  居島一平って書いた人がそんなに多くなくても、これは特定枠だから当選するっていう枠を作ると。
  それも作る作らないは政党の自由だと。
  だから国会で揉めたから自由民主党は作ると言ってるけど、野党はみんな作らないと言ってるわけですよ。
  すると政党によって制度が違うってことにも実はなっちゃうわけですよ。


  それで自由民主党が言ってるのは、ていうか僕ら議員にも突然説明があったんですが、参議院の議員総会っていう場で突然説明あったから、先輩の人々みんな質問しないんですよ。
  これ聞いたら悪いのかって雰囲気が明らかにありました。
  こういうのも実は党内では問題発言なんですよ?
  でも明らかにあったから、逆に僕は失うもんないですから、手を挙げてですね(一同笑)、元気よく手を挙げて、僕が聞いたのは、これは今は合区対象の方で、例えば人口が少なくなった県でも送り出さなきゃいけない、そういう人を特定枠にするって言っておきながら、例えば参議院は僕だけじゃなくて、はっきり物を言う人多いんで、自由民主党の中ではコントロール効かないとなってるわけですよ、だからコントロール効くように党がですね、例えば青山くんはほっといてね、こういう問題児はほっといて特定枠つまり言うこと聞く人をこうやって広げる、だって法律はそれ自由なんだから。
  そうすると今度は制度をみんなが理解して、例えば僕に100万票入っても、青山くん落選、ま、それは極端だけど、そういうことはしませんね?と聞いたら、しませんという答えだったんですよ。
  絶対にという言葉使ったかな?ニュアンスとしては絶対しませんだったんですよ。


  ところが国会の審議にかかったらですね、これは政府じゃなくて議員立法ですから自由民主党の人が答えるんですが、真面目な議員ほどですね、いや、これは制度としてはあり得るになったんですよ。
  だからうちの政策秘書なんか大変心配してですね、例えば僕を信頼してる有権者を裏切ることになるんじゃないかと。
  で、いや、僕はこれからも党に対して、議員総会で言ったことはちゃんと守ってくださいって言うよと。


  この話って、こういうのってメディアに出てこないから、今あえてお話ししたんですけど、根っこを辿ればですね、そもそも2年前のあのわかりにくい選挙を経てね、自分は青山繁晴と書いたつもりなのによくわかんないから自由民主党と書いた、これは制度が問題で、どっちかにせんかいと。
  特定枠とか、そんな逆方向に行くんじゃなくて、わかりやすい話にしろと。
  それからその合区問題も憲法改正でちゃんと国民に問えと。


  わーっと投票有権者の側から、これは昔と違ってこの炎天下にデモする必要なくて、いつも言ってる通り、SNSっていうね、これは子供たちにとって友達関係壊したり、僕自身もSNSって短いメッセージだから、お互いに言葉足らずになってちょっと人間関係おかしくなって、僕もつい最近もありましたよ、何だこういうこと言ってたのかと、お互いに、顔合わせないと分からない。
  だからインターネットは必ずダークサイドがあるんですよ。


  でも良き面もあって、とにかく手間をかけずに、で、総理官邸は実は来るやつはみんな読んでるし、それから各政党も全部読んでます。
  返事が来ないからってがっかりしないで下さいね。
  自分が報われようって事じゃなくて、国のため、国民のためを思ってできれば投稿して欲しいんですが、それが山のように来てて、サーバーがパンクするように来てたら、やっぱりこんな公選法改正で、一回だけ乗り切ろうとする、一回だけならいいけどそれが永続化すると僕はおかしいと思う。
  やっぱり憲法改正でちゃんと、参議院、僕は本当はもっともっと人数少なくていいと思うけど、例えば47人でもいいじゃないですか、本当に。


  話を元に戻すと、やっぱりお互いに足りないと思うんですよ。
  みんなの中にいたかった僕があえて国会に行ってみて思うのは、さっき自由民主党の問題点も言いましたけれども、野党の方が憲法の論議を避けようとすることもおかしいし、それから自由民主党がとりあえず、当面の策で乗り切ろうといつもすることもおかしいし、それから国民の側から何が国民の希望なのかっていうのが声としても、手段があるのに上がって来ないっていうね、何もかも込みでこの今国会で憲法改正はもう全然放り投げられて、そのために例えば9条の改正が遅れて拉致事件の解決に悪影響を間違いなく及ぼしているし、それから来年の参議院選挙で僕は経験した2年前よりもっと分かりにくい参議院選挙が行われることになってしまったし。
  これぐらい悪影響が及ぶっていうことですね、例えばこういうニュース一つからも汲み取れるってことをね、一番分かって頂きたいんですね。




◆◆
共同通信によりますと原子力発電所のテロ対策を目的に海上保安庁が来年度から順次15基の原発が集中している福井県に大型の巡視船2隻を配備することが分かりました関係者によりますと新潟県にある東京電力の柏崎刈羽原発や島根県にある中国電力の島根原発図などでの有事にも対応が可能で日本海側の要にするということ



 もう一度根っこからお話ししますとね、この番組でも話したことがあると思うんですけど、まず原子力発電所、何とリスクは一切ないってことなってたんですよ。
  原発にはリスクがないので、立地、つまり造らせてくれということを、ま、特に日本海側が比較的多いんですけれども、そこの地元にお話してきたわけです。


  それで僕は記者時代にですね、これは政治部の記者になる前に経済記者だった時に、原子力発電所の取材に行く時にですね、とにかくおいしい話ばっかりするわけですよ、電力会社が。
  例えば原発にリスクは一切ありませんと。
  それで温排水っていって、要するに原子力発電所を海水で冷やすでしょ、取り入れて冷やしますよね。
  で、温まった水が出ていくんですよね。
  ということは今までの海水温と変わってしまいますよね。
  で、それを聞くと、海水温が変わったから違う種類の魚が来て、漁民の方々喜んでるんですと(苦笑)。
  そういうのもゼロとは言わないけど、そういういい話ばっかりするっていうのは、嘘つきの証拠だと。
  世の中に万事よい事なんてないんですよ。
  それはそうですよ、全てそうじゃないですか。


  原発にはリスクがある、そのリスクはこういうものだ、そういうリスクに対してこうやって守ってる、その上で原子力発電はエネルギーのベストミックスで日本には必要なんですと。
  それからCO2の排出量は極めて少ないですと。
  これは幸か不幸かメタンハイドレート燃やすよりも更に少ないですよ。
  そういうことをちゃんと言うべきだって事を記者時代に言い、原稿を書いたけどボツになった。
  青山君、こういう原稿書きたいんだったら社会部行けって言われてですね。
  だからメディアがこうやって縦割りにしてるから世の中のことをちゃんと捉えきれないんですと。
  世の中のことは縦割りで動いてるんですかと言ったら、デスクからそれは君、問題発言だよと(一同笑)。


  45歳でペルー事件をきっかけに記者を辞めて、その時にまず思ったのは、一つはこの原子力発電のリスクの問題。
  特に事故のリスクももちろん大きいんですけれども、一番大きいのはテロなんですよ。
  それで日本海側に多いこともあって、実は北朝鮮はこの特に日本海側だけじゃなくて、ね、例えば瀬戸内海の原発もありますが、太平洋側も含めて北朝鮮は調べてると思いますが、特にあっという間に来れる日本海側の原子力発電のテロを北朝鮮は調べてるっていうか準備をしてて、ま、拉致事件はいろんなケースがあるんですよ。
  手に職があるってことを調べた上で拉致したケースもあれば、実は原子力発電所を調べに来て、帰りがけの駄賃でたまたま遭遇した人とか、例えば工作船見られた人とかを、暴力ふるって拉致したケースも1件や2件じゃないんですよね。


  それでこれはもっと具体的に言うともう10年ちょい経ってしまったんですけども、北京で中国人民解放軍の将軍とギリギリの対話した時に、その中国人民解放軍の将軍は、北朝鮮は地下施設で、地下に日本の日本海側の原子力発電発電所、これ実は具体名言いました、今は伏せますけど、具体名を言って、しかも正確に、紙を見ないでその将軍は正確に、ま、通訳介してですけどね、彼は英語できなかったから、でも正確に言って、その地下にそれを作って突入訓練とか、あるいは突入だけじゃなくて、作業員に化けてっていうか、作業員に普段から潜り込んでおいて、原子力発電所って定期点検が非常に多いんで、しかも関連会社ってたくさん、要するに、いわゆる、はっきり言うと下請けも含めてたくさん来られるわけですから、それ全部正社員にしてたら電力会社ももたないんで、だから臨時で入る人もいて、それでスイッチを逆に捻ったり、それでどうやってテロを起こすかっていう準備をずっとやってると。


  はっきり言って人民解放軍は、だから日本は自衛隊が強くても敵と思ってないと。
  原発があるからそこ狙えばいいんだと。
  同時にもしも北朝鮮が、この将軍は北朝鮮に非常に批判的な人でしたから、ていうかもっとはっきり言うとですね、この将軍ってのはむちゃくちゃ有名な人で、朝鮮戦争が休戦に入った時に中国人民義勇軍の代表で板門店に来た人です。
  とてもフェアな、すごく背が高い立派な紳士で、話、最初はお互い喧嘩腰ですけど、だんだん人間の根本、信用できると分かって、信頼関係がわずかな間にできた時に、その話をなさったんです。
  で、北朝鮮は信用できないと。


  彼はこう言ったんです。
  これはちょっと余談ですけど、今後北朝鮮が、侵略されたとしても、我々は南下しないと。
  あの朝鮮戦争でどんな目にあったか、中国の若者が。
  まるで代理戦争をやらされたようなもんだと。
  私は信用しないと。
  で、青山さんはこれから中国共産党の幹部とも会うようだけど、共産党は何を言おうが、私の目の黒いうちは我が軍は南下させないって言ったんですよ。
  これはもう重大情報で、僕が民間人時代に調べた中で一番大きな証言の一つですよね。


  ちょっと話はそれたようで実はそれてないんだけど、なぜ将軍が僕にこれ言ったかというと、北朝鮮はそうやって原発テロやった時に、偏西風だからもっぱら被害は、関東とか日本に及ぶけれども、しかし風が巻くこともあるから、中国の沿岸部を中心に被害を受けるおそれがあるんで、これを、あなたを信頼するから、あなたはきっと自由な立場で、こう言いましたよ、通訳付きだけど、自由な立場で日本政府に言うだろうから、ごまかしたりしないだろって言われたから、絶対ごまかさないと。
  私は利益のために来たんじゃないって、そうだと思ったからこれ言ったんだと、日本政府に注意してくださいと。
  で、これ僕は報告書にまとめて実は出したんですよ、日本政府のあるところですね。


  で、話を元に戻すと、そういうことを踏まえて、とにかく原子力発電所のテロ対策は必要だと。
  何と、その時は民間のガードマンがいるだけなんですよ。
  民間のガードマンにしては非常によく訓練されてて、日本人ですから真面目に本当に日にち毎日ガードされてるけれども、相手は朝鮮人民軍ですよ。
  警察でも実は十分には間に合わないわけですよ。
  重火器も持ってるし、それから赤ちゃんの時からってのは大げさに聞こえるかもしれないけど、本当に乳幼児の頃から訓練されたような人が工作の最前線にいて。原子力発電所はやっぱり全ての社会施設の中で、一番防護がしっかりしてますから、それを破るだけの能力を持ってるわけですよ。
  それ民間ガードマンが対応できるわけないし、逆に民間ガードマンがこんな短い警棒みたいなの持ってるけど、それで打ち殺したとしたら日本では、警察官や自衛官がやっても罪に問われかねない憲法の下の法体系でしょ。
  民間ガードマンなんか人殺しにされてしまうじゃないですか。
  守れるはずがないじゃない。
  どんなに訓練したとしてもですね。


  だから僕は三菱総研というところに、最初、共同通信、ここの共同通信から移って、そしてすぐ提案したのが原発テロ対策をやりましょうと。
  だからまず政府側と電力会社の協議を始めることも大事だけれども、もう記者を辞めて研究者になっての提案としては、とにかく自衛隊をすぐ出すのは無理なので、警察に専従部隊を作って、それもこのニューナンブ式って拳銃じゃなくて、あれは撃たないための拳銃ですから、そうじゃなくて軽機関銃、MP5って軽機関銃を、これも適当に言ってるんじゃなくて、英国とかそういうとこ行って調べて、これ全部もちろん、独立総合研究所まだ発足してないから、三菱総合研究所だけど、三菱総研から恐縮ながらお金出なかったんで、自分でまたこれ個人借金もして、調査に行きまして。
  英国、スイス、スウェーデン、ドイツ、フランス、それから韓国、そういうところの原発全部調べて、どういう防護してるかも全部調べた上で、日本の機動隊にMP5を持たせて、特殊訓練もする。


  それから海上保安庁が原発の前に巡視船を配備して、それも海上保安庁っていうのは、これは言える範囲で言いますとね、水中が分からないんですよ。
  全部海面より上しか分からない、海上保安庁っていうのは。
  それは基本的にアメリカの沿岸警備隊でもそうです。
  水中が分かるのは海上自衛隊だけです。
  海上自衛隊は、逆に世界で一番水の中、分わかるわけですけど、海上保安庁は上しか分からないけど、まずこの上を固めましょうと。
  というのは僕が提案したことがもし実現するならば、機動隊の諸君が、優秀な若い機動隊の諸君がMP5という軽機関銃を持って陸地を守れば、陸上から入るのが難しくなるから、当然海から来るじゃないですか。
  そして日本の原発は全部海に面してるわけですから。
  だから海上保安庁にお願いしますというのを、実は最初に提案したんですよ。


  それで僕は正直、日本を見直したんですよ。
  国会議員になる遥か前ですよ、ただの民間人で、それもこないだまでただの一記者だった、それも45歳で辞めてるからまだ政治部長にも何もなってない、その程度の存在で、三菱総研の一研究者にすぎない、それがですね、粘り強く電力会社を回り、それから警察を含め、海上保安庁を含め、政府機関も、この辺りですよ、この辺りをもう本当によく覚えてますけど、こういう暑い日も寒い日も本当に回りました。
  回ってるうちにだんだん向こうが、民間の電力会社も、それから政府側もだんだん本気になってきてくれて、そして結果、海上保安庁の常備警備、それからなんと機動隊がMP5そのものを導入して。


  そして最初はですね、それでも見えない、地元民には分からないようにしましょうと言ってて(笑)、僕はそれは話が逆で、今こそ地元の方々と、実はリスクはあるけどこうやって守るんで、そして必要だから誇りを持って原子力発電所を、賛否両論あっても誇りを持って支えてくださいってこと話しましょうって言って、僕自身も地元をずっと回っていったんですよ。
  それで、実は世界で初めて、24時間、武装機動隊の常備警備、世界で初めてです。
  で、実は英国はこの日本を参考にして、何年か様子見た後にそれを始めたんですよ。


  だから僕は痛感したのは、敗戦後、安全保障に関して、危機管理・安全保障に関して、敗戦国日本の真似を戦勝国がしてくれたのは、これが初めてなんですよ。
  それで今も武装機動隊、どういう態勢かはこれは手の内見せないためにも言えませんけれども、私たちが提案した内容をもとにして、シフト制で今もずっと24時間守っていて、福島で災害が起きた時もずっと守り続けていた。
  混乱に乗じて北朝鮮初めテロリストが入ってこないように、被曝のリスクも冒しながらずっと機動隊の諸君が守ってくれてた。
  表に出てませんけれども。


  で、その中でですね、海上保安庁は尖閣で非常に船が必要になる。
  しかもですね、原発の沖合に船を停めておくと、これ予想してたんですけど例えば貝殻がいっぱい付いたりですね、船の運航に難しくなるんで、具体的な年月日言えないですけど、ある時相談があって、この目の前に置いとくのを止めて、やっぱり動きながら、時々やって来るっていう態勢にせざるを得ないっていって、僕は実はそこにいる巡視船がいなくなるだけで大きな抑止力の損失になるとは思ったんですけど、残念ながらそれを受け入れざるを得なかったんですよ。


  それが今回、やっとこのニュースに戻ってくるんですが、東京五輪をきっかけに、しかも大型の巡視船を、それも僕たちと一緒にやってた時みたいに、まんべんなくではなくて、ある程度絞ってやりましょうという対策は取られるようになったっていう、実はそういう背景のニュースなんですよね。
  今の僕のちょっと長めにあえて申し上げた話でくみ取っていただきたいのは、これやっぱり地元の方々や、あるいは地元の方々だけじゃなくてそこから電力いただく私たちの有権者の意識っていうのが、どれくらい大事か。


  日本は戦争に負けた後ですね、例えば今申し上げた、この紙の裏表ね、いいことと悪いことは必ず合わせ鏡になってますと。
  そういうそのリアルな世界を、子供たちに教える教育が、本当に廃れているんですよ。
  美辞麗句だけなんですよ。
  で、したがって、リスクがあって、いろんな危険性があるけど必要な事ってあるんですよ。
  人との出会いもそうでしょ。
  人と出会うことによってチャンスも生まれるけど、リスクも生まれるんですよ。
  恋愛でもそうだし仕事関係でもそうだし、それすべてのことなんです。
  それを伝えるのが本来は教育なのに、とにかく、問題にならないこと、論争にならないことしか教えないんですよ。


  ほら、僕の話、全部繋がってるの、お分かりいただけるでしょ。
  国会ってそっくりじゃないですか。
  とにかく論争しないんですよね。
  憲法を巡って意見が対立するなら、憲法審査会で必ず論議しなきゃいけないでしょ。
  当たり前じゃないですか。
  小学校で何か問題起きたらホームルームで必ず子供たち同士と先生と話し合うんでしょう。
  でもそこでも結論は、要するにどっちつかずの、ほら、そっくりでしょ。
  公選法の改正も全部同じじゃないですか。
  それが私たちの敗戦後生きてきた、世界じゃなくて日本なんですよ。
  世界の中で孤立した日本なんです。


  それがいわばトランプさんという悪役に見えるけど、あの人の大きな働きもあって、アメリカ自身は自分が作ったものが壊れていくから大変だけども、これ明らかにトランプさんが非常に変わった人だからそうなったんじゃなくて、アメリカが作った仕組みが70数年を経て、もう賞味期限が過ぎたってことなんですよ。
  それをトランプさんは乱暴な言葉で言ってるから、非常に非難もされるけども、実は根幹はそうですから。


  このニュースもだから全部繋がってることなんですよ。
  ということはこんなに生きがいのあるね、日本国民でいがいのある時代ないです。
  2600年を超える歴史があって、手作りで憲法も変えられる、選挙制度も変えられる、それから僕は選挙期間中ずっと申し上げ続けてきた通り、選挙制度と政治資金の問題は、国会でやるべきじゃないんですよ。
  それは今も信念変わらないですよ。


  だからそれを議論してもらおうと思って、僕は全部自費で賄うっていうのは正直大変は大変ですけれども、政治献金1円も受け取らないとか、政治資金集めパーティーは絶対開かないとか、それはかっこつけて言ってんじゃなくて、法律が保証してるそのお金の決め方ってのは、その法律は、利益を得る人間が作ったんだから。
  さっきの古屋さんの問題も含めてですね。
  これ僕は古屋さんが朝日新聞に狙われて書かれたようなことは、実はみんなやってますよと言われて僕はびっくりしたわけですよ。
  で、自分は政治資金集めパーティーやらないから知らないけども、向こうもそう言いましたよ。
  青山さんはやらない唯一の人だから知らないだろうけど、あれみんなやってんですよって。
  で、僕は、噴火ですよ。


  でもこれは、選挙中、2年前にもずっと申し上げたとおり、第三者がやらないといけないんですよ、選挙制度とお金は。
  それで、三権分立も学校で教わった頃だと思いますが(ギャラリーの小学生に)、誰も彼も法律つくるようになったらおしまいなんですよ。
  だから国会でしか作れないと、国の法律は。
  地方の条例は別として。
  それも大事なんですよ
 でもこの件だけは第三者でやるべきなんですよ。
  それを考えて欲しいから、どんなに背伸びをして、相当無理は、この2年間続きましたけれども、政治献金受け取らないってことはどういうことかと。
  実際できますから。


  これまた他の議員から猛反発、この野郎、てめえは本出したりしてお金が入るからいいけど俺たちは入らないんだということも、いっぱい言われましたよ、こないだ。


 (居島:ずいぶんあけすけな…(苦笑))


  でもね、やっぱり政治献金もらっちゃダメですよ。
  政治資金集めパーティーもやっちゃダメです。
  それはだから敗戦後の教育と同じように、清い志もありますよ?
  でもこういう風に誘導してほしい、この法律はこう作ってほしい、この業界をこうしてほしい、業界の規制を、逆に既得権益守るために、新参者来ないように強めてほしい、逆に既得権益を守ってほしい、だから献金します、ありますよもちろん。
  原発のリスクと同じだって。
  あるものをないことにするなって。


  だから国会議員は数少なくていいって今回言ってるの。
  特に参議院は。
  衆議院はひょっとしたら今多い方がいいかもしれない、地域の声をくみ上げるために。
  でも衆議院はそうやって地元の利害とか全部絡んで出してくる法律を、参議院はいい意味での大所高所で、ということは政治献金や政治資金集めパーティーやらなくても政治活動できる人、じゃあそのお金は親からもらったのか、自分で刻苦勉励してやったのか、公開する覚悟がある。
  だから人数少なくていいし、僕は一県一人っていうのは正しいと思ってるから、だから47人でいいというのは基本的に思うんですよ。
  で、そういうことも自分を通じて、皆さんに問題提起というよりは、そんなかっこいいもんじゃなくて、ケースを見せてるだけですよ。



◆◆
共同通信によりますと沖縄県与那国島ん周辺の日本の排他的経済水域eez で僅か中国の海洋調査船科学がワイヤーのようなものを海中へ投入して航行しました。海上保安庁の巡視船が確認し同船外機内で確認されるのは7日連続です。中野第11管区海上保安本部によりますと豆乳は午前6時10分ごろから、同8時ごろまで続きました。巡視船は日本の同意が得られていないとして調査中止を求めました。と


 産経だったかな、今朝の新聞で大きく扱ってるところもある。
  扱うこと自体はいいが、記事のニュアンスや扱い方が何か異例なことだみたいな雰囲気になってて。
  日常的に海洋調査の現場に出てる人間から見れば、中国が好き勝手に日本の資源を調べてるというのは、もう常識中の常識。
  それですまなくてこちらが邪魔される。中国は否定するでしょうが。


 資源調査するなら、日本の排他的経済水域だったら日本の同意が必要ですが、これそもそも日本のEEZであること認めてないから、中国は。
  これは海洋調査船だが背後に中国の海警局、海上保安庁沿岸警備隊と同じことになってるはずが、実質、軍に所属するように変えられた。
  後ろに中国海軍がいるとわかってるから、日本は相手の土俵に乗るってことを警戒してるんで、特に尖閣については領土問題ありませんから。
  武力衝突になったら領土紛争があることに国際的になってしまうから、それも足元見られて、好き勝手やってる


 憲法9条の改正は、拉致被害者の救出に焦点を僕は絞ってるが、実は日本が海の中にたくさん持ってるメタンハイドレート、熱水鉱床とかたくさん資源ががある。
  一番実用化できると言い切れるのはメタンハイドレートしか今の技術ではないけれども、チャイナとかあるいは韓国とか、北朝鮮は能力ないけど日本の周辺国はもうすでにそこに入ってきてる。


  今この瞬間はとりあえず外国から買って僕たちエネルギーをしのいでいるけれども、例えば20代の方が中年世代になった時の資源などを考えると、憲法を今変えないことの悪影響ってのはこういうところまで及んでいる。


  海の現場で見てることが全く国内では常識じゃないってことを自由民主党の部会で何度も何度も指摘した。
  参議院は優しく、礼儀正しい人が多い。
  間違いを意外に認めてくれる。
  自分たちは知らなかったと。
  でも、真面目に考え、間違いを認めるところが、全然プラスになってない。
  これは日本の全てに言えること。
  日本の潜在力は自衛隊の中にも警察の中にも、サービス業や製造業やITの中にも潜り込んでいて、それが大きなひとつの力になってない。
  その根幹にあるのは、日本は敗戦で国を否定したから。
  国がひとつにまとまって頑張りましょうってことを否定したからそうなってる。


  そこが変わってくると、今までばらけてたものが統合されてくると、必ず、例えば中国の独裁主義を良い意味で戦争せずに阻める、唯一の力。
  トランプさんじゃない、アメリカじゃない、日本だと思いますよ。


◆◆





写真配点のぞきみのコーナー。ドンな今車位ホラー笠利いうことでやってまいりました。頃から、は顧客王様大変恐縮。がコメンテーターの皆様方がご自身の頭になった写真を拝見ジェッツプライベートの一面だったりあれば貴重なお仕事先のワンショットガッツリと若干覗き見お月様は若干ところじゃない。がを有しいただくコーナーと今思わず本当に頭をポリポリしちゃったけど、これ。さっき2.8の感想なし言いました。があっこのトラ鳥はあティっ0.1たい9.9の反応があって。ぇー9.9は幸いたっぷり見たい0.1はこのとラドリーのコーナーを止めるかそれとも枚数少なくしてくれとあーー0.1もないから、一人だけけど、ソフトして一人だけけど、できるだけいろんな人の意見聞きたいから、今日はほんと3枚だけにしました。きてみました。 jagda 賞はしげこちゃん抜きで残念何かあっつぶらな瞳今日は拝めませんか入りましょう。た鳥一枚目。どうぞおっこれはいう場面は結構今。でもていただいた。がこの自由民主党の部会内で深いの中身を紹介するはたぶん今まで一度もなかったことだと思いますから、僕なに意義を感じている。がこれ何かというとこれはの非公開となってませんのでここでいつもご紹介しています。がちゃーんテロ対策調査会って普通通称テロちょというものは実はある。調査課になってます。が深いの一種。で大臣はよりになった森昌子さんが開帳されててデジ部局長は福井出身の若手 s の竹と木南さんがやってらっしゃる。がこれは見ていただくと新幹線の安全対策それから、オウム真理教関連のあるこれ国民の重大関心事。れ例えば。5された資料で言うとやって逆。新幹線の恐ろしい殺傷事件を受けて新幹線で緊急に講ずべき透明の対策どんなものあるかということを説明されているけれども、まず。限り時間の中で大事なことだけ申し上げると僕のこれに乗ってこの番組で運ばれ書くのと同じで時間がないんで移動日になってけど、は会計って書いて。赤池さんっていう参議院議員がこれはの雑事てあげた。承認わーっと音とくれ僕は入って開けるけど、僕ではなくて、竹中武ナミさんはきっと僕のことを嫌いなのか冗談。僕はこの調査会でい最初夏のたことはない。が赤池さんにまずあたって若木さんがおっしゃったことはあまりにも印象的なんで自分の発言じゃないけど、皆さんに紹介すると何のための0長男か。とっえぇなんだかというとこの新幹線の安全対策国交省とか警察今日から、説明があったんだけど、も説明の対策で3度目の事件これ実は一度灯油のようなものを巻いて1人女性が亡くなったりそれから、この間のひどいの刃物を使った事件新幹線の時間ってこれだけじゃないけど、も特に二つがあってひどい3回目がこれこれじゃあ起きても不思議じゃないとこれテロちょちゃーんてる対策調査会で取り奈美さんやこの森昌子さんの努力でやってるんだけど、他の方も含めて努力してやってるんだけど、もこれでは要は前にあった調査会の時に赤ゆぴさんも僕も非常に厳しい質問した。わけ。他の方もなさったわけけれども、それはなんとなく後表面的なゼルだけであって本当の対策とは言えないというお話があってそれで一人置いてか次館への僕にもちろん先の冗談から、竹山さんが公平に当てていただいたのでまず赤城さんがおっしゃった通りでこれだけ森会長をはじめ森昌子勝ち始め努力しているのに出てくる答えは要するに表面的な答えばかりだとってこれは一面は本当のことはこのでの対策は手の内を全部見せるわけにいかないという本質はまず一くん。でもこれも彼カメラをご覧持って。でもこの本質が僕はこの番組で部会の仲も紹介することに意義があると申しました。が同時にこの部会は要するに議員に言いたいことを言わして官僚の方はそれをさらっと受け流すだけで本当に大事な中身を変えることに果たしてつながっているのかという問題もあるわけ。ことを赤池さんも指摘されたんだって感情的におっしゃってるんじゃなくて、僕のそれが正しいと思う上で。僕なりに具体的なことを申し上げたのは様はキンタンっていいけど、も略して金属探知機。それで飛行機に乗る時は必ず僕ももちろん善意の金属探知機の下徹でしょ。それでこれを新幹線に全く導入しないわけ。だから、あれだけ大きな葉ものを持ち込ん。でも普通にボスを貼っか何か入れてればこれわかるわけじゃない。で新幹線の駅かれるとホームに上がる前に警察官がした。台の上に立ってらっしゃでしょ。で警察官は日本人から、真面目に一生懸命にて。挙動不審の人がいないかどうお金それ。でも無理。それは雨の中にレンタ件ダメがあるわけじゃないんだから、ただ目の前はレントゲンがなことはないんでのは無理なんでだから、金属探知機は実は感度を自由に挑戦できる。だ皆さんた食べるとがある空港で引っかかってある高校では引っかから、ないと経験されたでしょ。でそれは実は事前情報に応じててきたなってんじゃなくて、事前海外だと結構適当やってるんだ係員が楽した。いから、感度ずっと詐欺じゃに本当にある。これを日本ではありませんそれは事前情報で感度の上げ下げをしてそしての乗客に迷惑はかから、ないな無理だけど、かかる台を少なくすると工夫やってるわけ。そうすると新幹線の駅。でもそういうことは全く可能じゃない。それが。前回以上に厳しく言ったところ前回も前々回も行ったところ今回は例えば交渉から、名前言いませんが国交省の人から、は海外で調べているところ。僕は海外の事例言いました。から、調べてる所っていうと位置まで調べてるか。とってこんなのは僕自身が海外調査ずっと言ってるわけか。海外調査って気になったら2日間でできます。子さん子さんを無視してんじゃないか加工で行くんだったら一人パンチラにできる。5番手くらいをやってんだとしかまわの講義を使ってこんな恐ろしい方をしてませんよ。でも内心はそこでいろいろ手の内を見せられないってことはあるにしてもできない理由を探す。うなことではダメでどうやったらできるか必要だから、どういうふうにやったら出来るかっていう調剤なきゃいけないっていう話をしましてそしてさっき恭子変わってるのに議員バッジを付けているはこの後番組あったらすぐに国家に行く。がそこにこの警察庁や国土交通省が待ってるわけこれは深いの紅葉の一つで深いで厳しいことを言うともちろん方針もあるでしょうが官僚が実は本当はということを説明に来るわけそうするとこれぐらいの距離で目を見てお互いに市場を浴びながら。官僚の方も立ち向かっていきます。それ典型は今度新潟県の知事になられた花火たら墨さんが一番。そんなことをおっしゃいます。がいやー今ない方じゃないけど、地は国は患者さんの方がます。があっててええ。当時か山ちゃん次長。で僕があなた本間じゃないでしょって保管来てる人本館なす都合から、別に明治村なってもしもらえます。みんな書いてるんだけど、本館法案家紋があなた本感じないでしょ。今患者ないから、そんな事言えるんだなんてありがたいといって。から、ズミさんが非常に抵抗されたのでそれはちー選挙に行ったんだんスプーンやリアはれた。がこれが正しい。国家議員だから、銀盤につけてるから、って履いているそれこそ前川喜平さんのような問題問題のある人は年中服入ってことを子供たちに絶対言えない言葉。年中深い顔が従っててハロー。背くんだとそれが多い。実際にだから、それをスローガンにする人がもっとにする人が時間になってる住んで多い駆除よろしくやぁけど、そういう日も事故っていく子っていうパナ済み三方が偉い。なおきちんと塗るべきを言って立選挙でみんなに一番印象に残った僕の変節はそれかもしれない話は元に戻すとそういう調査がある。じゃあ次何か。あとリーマンしかないラーメンドア4 aこれ歳発揮のテロ長に比べて人数が多いって言うのは勝手知ったる消すにはこれ実はこの怪魚通り回かというとこれ。小久保深いと梅西安全保障調査会の合同会議これ。これは全然していない。ガラガラと同一がこれ国会が最終日ってことも多少あるしテーマが。防衛白書について全体にやりましょうということから、さすがに出席者が多い。がかりゆしでおいでの方もいらっしゃいます。がここに来てる人は普段から、意識の高い人だと僕はそう思います。それで。これはの相手てあげると思います。ビジネス極上ではありませんってところ。でまたかっていうか矢沢大勢県にゲンさん何であるなかったらさんはじめ駅のした。がここで僕はつ話した。の。これはまず言う結構の分厚い説明があるけれども、これはたらしい某役者自体はもっと分厚いから、木の方も防衛アクション新聞の全部読んで本当は11分びすべき。でここにええ見ていただきますかここ。米朝首脳会談後の現在においても北朝鮮の核ミサイルの脅威についての基本的な認識に変化はないとトラップ担当を金正恩委員長が握手しても防衛省自衛隊としては北朝鮮の核ミサイルが脅威であることは変わりありませんとこれは僕はこの次の写真出してますかましょう。当てていただいてこれはたまたま佐藤さんの方途中退席されるところ。が僕はこれ今発言しているところ。が写真は今日も声だけしかないけれども、僕申し上げたのはこれは偉い。生地ながら高く評価しますとより申し上げました。そうすると上げままに言い過ぎだけど、防衛官僚の顔につまり青山な野郎がどーせてあげるんだけど、この2年間深いで発言しなかったことは布団度ありませんから、12巻あけど、それはむしろ注目することに意味があると思ったんであとは全部発言してるわけでそうそういたなぁって感じでしょ。それで後4屈託空。うしませんよ。でも雰囲気としてクックッというファイティングポールそれを好きなんすけど、僕てこれはこれはランディ4アンダーな。ぇーソーニャペックなるところはなかなかいい。が僕は表ブービー以下は c とかあっあーっといい子さあ所。全部カタカナで申し訳ないけど、イージスというのはギリシャ神話の破らないたてのことイージス艦とかあります。アショアは沿岸部っていう意味もあります。がエイジス寛舟の上に乗っけている ag systemどんなミサイルが来ても撃ち落とす飛行気持ちを落とすというのを陸上におきましょう。でこれが怒鳴ったと言わないけれどこの出席者の中にも前違う5回の時にやめろと北朝鮮はも今日じゃないとトランプさんがそう言ったじゃない。これは地元特にイージスあ所はを配備計画まだ計9計画段階けど、計画してるところで沢山の活動家も乗り込んで来られた時ももちろんある。そこでどんどん盛り上げるわけ。自治体や技官孫巻き込んでそういう何もあっぱれをせざるを得ないから、地元出身だとだから、良い子さん sure 所はやめろという人もいて時の防衛省自衛隊の回答は胸ミナルっておいたわけ。で防衛白書でちゃんと教委は変わらないと言っている以上はこのエイジス足はの必要性と頭胴皆さんお分かりいただけます。北朝鮮だけが理由って言っちゃダメ。根本的には中国ちゃん家の核とミサイルの脅威が最大の問題。で部会ではそこまで中村してませんが皆さん参考までに言うと僕はこの上の共同通信の広告今日の本社だったから、不思議。人生は巡り巡ってくる。が来たかった時に聞こえない聞こえないよいたしません。国は本社けど、ここある切手外務省が、そこの記者から、切ったときに河野洋平さん。日本がおそらく嫌いなのかなと思う河野洋平さんが、外務大臣時に中国人民解放軍がて平場で軍事パレードだった時に日本の30万以上の都市には全部小人合わせているとみられる核ミサイルが初めて登場した時に河野洋平外務大臣は日本国民の費用ではず方え。費用で香典。公式電報で祝電打って中国の新しい活力を感じるって言う電報ってはこれ何。でも言いました。が僕は当然この辺から、分化した。い。中立公平の記者だから、うんかするんでしょ。え日本の30万円の投手に全部照準を字れててとで噴火しないというのは中立公平か。中立公平だってこれ絶対うん化します。
それでも日本国民から、で日本はじゃあチャイナーを攻略する核兵器を持ってるか。アメリカの核の傘と言いながらあんまりのアンバランスであって、
この外務大臣が日本国民を代表して勝手に光年っていうのシュクレうん許されないと河野洋平さんいない人になって僕は言ってるのは時にいう声を上げたのは僕一人だけん申し訳ないけど、産経新聞を含めて全然そんなことなかったでしょ。だから、そんなことは深いじゃないけれども、深いで申し上げたのは北朝鮮る今日よりも根本的中長期の特に長期の教育というのは中国だから、 a nail 日間だけで核ミサイルに対抗しようとするとものすごく無理があって今も守りがある訳 j 間にも実はうきよう対効果。でも無理があるから、当然地上発射型を置くのは当然のことであるとろりろ組み立てをこの防衛白書できちんと出来てないから、それを入れるべきだということを申し上げたわけ。でいうことがさっき部会で言っていることはがスネ家みたいにされる恐れもあるけれども、。でもそうとは限らないと言うの。最後に時間がない中で紹介するとまずや山日報ちん本がある。でや日本から、何も頼まれてませんよっていうか社長さん僕があったことけど、でこれを議員会館で撮って。これ家や日本声で起こってボクってくるんじゃなくて、自分たちで撮ってます。このやや日本はもともとは沖縄本島には届かない新聞だったのが沖縄の琉球炭素大きな沖縄タイムスと琉球新報オート違うえ捕手と言われてるけど、むしろ中立の中立公平を目指してると思うけど、そういう新聞。この新聞に例えばこれらの写真じゃなくて、写真紹介と思ったけど、わざとらしいことしなくてもいい現物でいいと思った。が俺女今日小学生をここに来られているけど、も高校指導要領で前田して k尖閣国有の領土にと音で面文科省は2022年度の新入生から、切っ室するう指導要領。それを前出しで3年前倒しでやりますとそれは竹島と尖閣が固有の領土とちゃんと教えると教えなさいこれはソロ。学習指導要領というそういうもの前倒しでやるとこれは実は成立ながら深いで僕だけではないと思います。が何。でも主張しそして今日と同じように深いにそれを言ったら官僚から、説明に来るから、これをやって下さいと言ったり家に僕の方から、要求しない。
だから、僕は最も関連なく中堅の文科官僚が前川さんと考えの違うつまり決して資料じゃないマイカーさんのような反日等修理なんスもん箇所文科省は日教組ちゃんとコントロールするになって癒着してきたのが本当の旧文部省現在は文部科学省。
そうじゃない若手中堅官僚が育っていてだから、例えばだけ島であったり尖閣であったり日本の領土だということをちゃんと上になってからけども、
子供たちに教えるって事を前倒しでありますってことを説明来られた。で方。後実は文科省が黙れたこれが現実。源氏だけど、僕はきっと彼は戻ってくると思う例えばそういうことがの全部国会議員の仕事だと僕は思ってますから、
彼を戻すための公平な構成なアパティも含めて変な裏で5着るって事じゃない。
でもいうの虎ノ門ニュースでしかできませんから、ドラマ news は僕にとってもいいなぁとっても存在価値大きいと思うんでそれをくみ取って頂ければと思います。



共同通信によりますとアルゼンチンで開幕したG20の国と地域の財務相中央銀行総裁会議は21日初日の討議でアメリカの通商政策で貿易摩擦が激しくなることに対し、ほとんどの国から懸念の声が挙がりました。これは麻生財務大臣に増法する関係者が明らかにしたものです。麻生大臣によりますと討議で麻生大臣は自由で公正なルールに本ずつ貿易で経済成長を保つよう主張しました。
トランプさんはアルファベット3文字の仕組みを壊そうとしているとたいで自由な貿易中貿易っていうのを担保してきたのはWTOよう。
それでこれは一番中立的な言い方をすれば。まず第一次世界対戦があって1914年から、始まった第1次世界対戦があって得髪や戦車が初めて登場して人が人を殺害するときにものすごく機械的で効率の良い黒血形になったので信じられな被害が出たわけ。犠牲が出たわけ。で二度と世界対戦をお子さんないようにと思って国際連盟を作ったりしたんだけれども、1929年。1929年から、世界恐慌が始まって日本。でも2年後から、省は大恐慌が始まったりしてみんなの守りに入って自由な貿易っていうのをとにかく全部止めて全部ブロックやそういうグループで固めてしまってそれが第二次世界対戦に結局つながったと1930年代から、以降にで日米戦争は1941年だけど、世界対戦自体は1930年代から、実質始まってたんだ。ゆーらは一番普通の味方。あるいは子供たちに覚えてほしい大人にも老いと死大きな流れなに売ってるかというとだから、第2次世界対戦の後15110某いくと僕のブログには重爆やめてくれ tp てやめてくれというのっぱいくるけど、tpp も日本が主導してアメリカじゃなくて、日本が主導し立ち見た非常に大きな意味があってamこのブロック経済というのが戦争の一つの要因になっていることはこれ客観的な事実から、それをそれが。トランプさんはこの世界対戦のリスクよりもこの自由な貿易ってことは人件費の安い国で作ったものがどんどんアメリカ製品を駆逐してしまうから、アメリカはも十分行きやらないとそれで直ちに戦争になる時代ではないけれども、少なくともこの世界経済のあり方が変わってしまうってみます。だから、 g と nt はのいラバー世界の国連加盟国でいっても200近くあるわけ。国も全部国連加盟してないことも全部合わせると240暗い世界に国がある。が中で20カ国という意味は g 7首脳会議ではないにしてもやっぱ勝ち組ということは今までの仕組みがいいとあるいは中国をはじめとして要するにこれから、もっと出てくる国は充電ルールでないとやすい全員を出せないとだから、僕にいただく括弧もよくわかる。日本が重爆やってたらじゃあ人件費の安い国々の成否に負けてしまうんじゃないかという懸念は当然のことけど、ば何してもこれは g 10%程度は景気は歩くなるという話だけしてるけど、本当は今までの仕組みが壊れるとそれはとりあえず困るという話をしてるんでで日本は今までに行っ買ったとしてこの国連であれWTO であれさっきの npt 核不拡散条約であれ今までの配線をアメリカが作った仕組みは全部正しい前たらしいということで行ってきた。特に自由民主党は安倍政権もそう。でそれで行くと今の麻生さんの発言にしかならないわけ。しかしこれは当面世界の景気に大きな影響を与えることは間違いないけれども、しかし今までの仕組みだけでいいのかっていう問いかけにはなってるって事は日本は客観的に考えるべきだと思う。
◆◆
共同通信によりますとアメリカのトランプ大統領が検討を指示した。自動車や部品への輸入制限について商務省が19日公聴会を開催し出席した。日本政府の代表者は輸入制限に強く反対を表明しました。公聴会で際アメリカ日本大使館の鮎川和寿特命全権公使は日本彼らの車や部品の輸入はアメリカの安全保障の脅威ではなく将来もそうならないと述べ日本政府として輸入制限に強く反対しました。また eu ヨーロッパ連合増体の代表は輸入制限に対抗して報復する構えを示した。ほかメキシコ韓国台湾などの出席者も相次いで販売がいるにしました。


僕はアメリカ批判することは大変多いわけけれども、でも日米同盟は絶対にとって必要でそれが対等になるべきだとだが例えば安全保障ままじゃなくてもTPP のように日本が主導した。仕組みというのは少なくても決定今口もあります。けど、航空して日本の農家を守りつつ発展させるべきだと思っているわけけれども、このアメリカに対する批判を僕もよく言う訳けど、とりあえず広聴課開いたはなんか8カ所だけだと思う。アメリカが勝手に家の関税高くするだけじゃなくて、どう税反対意見ばかりだけど、も意見を聞く場を作ったってのは評価すべきでこのニュースで一番大事なのは実はどこかというと今のほとんど4段ぐらいの話けど、一番大事なことは何かというと今一平ちゃんが選んで頂いた部分。
でも出ているのは要は日本とほかの国の姿勢が違う。僕の国の姿勢はこの場ではないにしても中国も欧州もこれ歩調が一致しちゃってるのは報復何報復アメリカが中国やヨーロッパや日本から、輸入しているものに関税をかけて20から、25パーセント完全かけて値段を高くして売れなくするというだけじゃなくて、言うだけじゃなくて、じゃなくて、移されたら中国やヨーロッパは逆にアメリカが輸出しているもので中国でいるとアメリカ製の車などなどに歯科医師報復として高い関税をかけるって事をやってるわけっていうか日本いないはジェンドそうしてる。日本だけはそれしないってこと行った。それは型ザク砂共同通信のキーだけでなくて、この件については全体に居る止めでみんなそうけど、日本だけが報復しな一斉に出てるって事はものすごく大事な判断で良い悪いも含めてでしょ。だから、日本アメリカの言いなりだと多くまで行かないんだって見方も十分公平に見て可能だし。でもこのまま行くとフォームくんのしっぱなしででトランクさんはおそらく朝日新聞などは産経もそれしケニーとラムさんうち膝起こしてやめるだろうと感じ和気言ってるけれども、トランサーにしたら、とにかく中間選挙だけじゃなくて、再戦が目標なんだから、あと2年半ずっと少なくともこの交換で続けてそれに報復してるだから、と要する殴り合いしてるだけで物事をかけ全然ならない中で日本は降伏せずに言うべきは言ってやってるわけだから、僕はこれは日本の性としては一定の評価すべきだと思うし安倍政権の本音に結びつく。アメリカの言いなりだけだと実は日本が変わることはできないと安倍さんの野党時代。ーこれも言っていいと思うんだけど、僕とたまたま中3社が野党だから、安倍さんもやば何物。でもなかった時。第一に過ぎないときに安倍さんのメタンハイドレート実用化したら、カタールから、の天然ガスの輸入は同7どれくらい変なって言ったかいやーゼロ。ゼロでいい。生まれ100%減列といったらそこマルヌ俺日本語る友好議連の会長であっあっん安倍総理って。そういうことを正直に言ってそこから、少しずつ前に出てくる人ででメタンハイドレートの自慢資源を持つってのアメカントって呼ん都合の悪い話。今までの請求10月業界にとってだけじゃなくて、アメリカはシェルガスシェルを日本に解く乗り込みたいんだから、自慢資源物ってのはまずか競争力日本から、こちら10枚もある。別に誰かいないのかいませんって言う力を持つでしょ。安打完投都合が悪い話。だから、安倍総理が積極的だけ。でも困る。でも足引っ張られて来なかっから、引っ張られているそれが無制限の現実。でもじりじりと前に出ようとしているそれがこの広聴課にも現れる。でただ犯行遺産があると

共同通信によりますとアメリカの残部政権が仕掛ける防衛キー戦争で日本の gdp国内総生産が0.6%減少するという見積もりよっ imf国際通貨基金が18日発表しました


この子さんが当たるかどうかわかりませんがんいうことも予想しなきゃいけないということがある意味面白いの。国際通貨基金 imf というのは本当アメリカもの。これがアメリカのに対していることでこの世界の景気がいいもんい悪くなると体ででもそれがアメリカであってそこが中国と違うって事は言えるわけ。

兵頭通信によりますと北朝鮮との非核化交渉を率いるアメリカのポンペイを北長官が僅か北朝鮮の石炭などの密輸による制裁逃れを完全に封じる必要があるとして国連に加盟する各国に対策を強化するよう求めました。


このニュースが本当に意味するものは何かというとんアメリカこのキャンペーンを国務長官。それから、親分のような打たれている今北朝鮮にズルズルに譲ってでしょ。6月12日にシンガポールで首脳会談を行われてそこでこれから、実務者で協議しますと約束した。だから、こそ首脳同士の合意は抽象的で本当に何するかわかんないっていうものにとどまってるわけ。であれから、どれが勝ちました。が今日7月の23から、一つもひと月半ぐらいに立ってるわけ。1月は実務者協議て行われたかというとパンペロさんがなかなか北朝鮮いけないのがやっといったところの本人はファンペルさん自身は帰国の時に成果があったと言ってるけど、北朝鮮の外交つまり外務省は強盗みたいなこと言ってきただけだったつまり全然実務者協議って言ってもほとんど1点が見つから、あんなことになって全く見つから、なって今何とか遅れに遅れたけど、約束一部だけやろうと者の遺骨返すとそれもアメリカは200体200人のアメリカ兵の方々がようやく1953年の朝鮮戦争の休戦以来やっと家族のところに戻るって言うから、200て4話だったから、200体のを缶を用意した。度画像を受けたりに現れないそもそもで受け取り現れないから、困ってパンペアを国務長官で楽ないけど、結構なアメリカの政府高官がわざわざ太平洋を越えて煩悶ていって約束の地か約束した。北朝鮮は待ってたら混ぜて暮らせど来ないで来ないって連絡もないとっ男と女の別れ話じゃないんだから、無茶苦茶。こんなことが移行でき治らない。で朝から、の止まってこないから、午後に6しょうがないから、また帯を越えてアメリカ帰ったわけっでおかんはまま後置き去りになっちゃうでこれが突然入ってきたのが北朝鮮が日本のあんまほどされないけど、を女が入ってきたのは50人から、55人で買えあと200てきたら何秒60時になるのかそれから、そもそもこの塀のご遺骨は非核化となんら関係ないわけ。この前から、一体いくらでアメリカ金払って受け取ってるってのは10ズルズル少しずつ付いていた上でこれは一体何なんだとそれ。でもトラムさんは多くひとつ言わずツイッターで北朝鮮信用できるとうまくいってるでしょ。ところが。北朝鮮の一番やってほしい制裁解除がやらない。このニーズはここなんんだ口ではツイッターでは秋田世界は医者がやってんだとか色々言ってるしドラムさぁお礼におたいと散れに200人も帰ってきたと twitter 会社だおいこんなにいろんな場所プレイス近くなっただけで会うモードラム覚められてるから、何か見えるセブならないんだけど、本当はたら種が帰ってきたできた上で全然帰ってないわけ。でも一方で一番きた冗談やってほしい制裁解除というのは中国やロシアが買ってやろうとした。から、ものすごくトラム政権はきつく対立して手小暮にも要求してるんで何を言っているかと言うと戦争準備もだから、変わってない。
◆◆
共同通信によりますとアメリカ政府が目指してきた日た朝鮮の早期の非核化に実現の見通しが立たないことから、交渉の長期化を視野に次善の策を練る必要性を指摘する声が強まり始めています。北朝鮮に非核化の約束を守り具体的措置を取るよう促しつつ制裁による圧力をさらに強めるのがを守られる入って


が日本のオールドメディアだけじゃなくて、アメリカのオールドメディアもなんとのいう感じ。米朝の実の交渉が全然始まらないから、どうしたら、いいのか次善の策うんさあそうでしょうか。偽善の策でなんか動くか。これ。このニュースが一番表しているものは実はアメリカのオールドメディアもトランプ政権の家がは本当は何を話し合っているかボルトンさんも含めてないほとんど把握できてないなとこれ共同通信の記事けど、本当はアメリカのオールドメディアの報道ぶりをベースにしてるんでそれがわかる。残念ながらトランプ最近の動きというのは日本の頃で目ではもちろんのことを恐縮ながらアメリカのオールドメディアシエナの一投にほとんど信用できないいうことことに関連してどうだから、


◆◆
共同通信によりますとアメリカのトランプ大統領がボルトン大統領補佐官に対しロシアのプーチン大統領に今年秋のアメリカ訪問を要請するよう指示しました。
これプーチンさんとの問題でトランクさんが今アメリカで大炎上してるわけ。日本。でもある程度報道されてるけど、そら報道の量が全然違っててこれわば中立国のフィンランドの首都ヘルシンキでトランプさんとプーチンさんが会談した。時に例のアメリカの大統領選挙でロシアがというかアメリカの当局は司法当局はロシア人10人を起訴したんで器症状起訴状にはっきり書いたがロシアの軍のロシア軍の参謀本部の情報部門がハッキングをしてヒラリークリントン陣営からメールすごい出会う今年で問題だと思いますけど、
4カラーの八尾。世の中に出してひらり3ヶ岳受けるにしました。という希少した。
ただしこの記者でわかるのはアメリカ人が関与してないってことロシア人が勝手にあったんでっていうことになってる。でこれ例の特別検査官のもらーさんも絡んでるんで結局民主党の言ってるひらりジェンが入ってると藍さんがロシアに頼んだんだって話はもちろんに打ってしまってる。状況だから、トランク3別に大きなことを言う必要ないのにプーチンさんなんと2人で記者顕現した。時にいつもに応えてロシアはそこでやってないという趣旨のことを言っちゃってそれでしかもこの辺がもトランプさんを光栄にゼリーで見てるだけ。がトランプの大決定なのはというか勉強不足で勉強以前の問題けど、アメリカの情報機関がドランさんが今まで重く扱ってきた試合も含めてあんまりから、情報機関全体はロシアはアメリカ人が関与した。かどうかは別にしてロシア人がロシア軍あるいはロシアが介入した。ことは間違いないと手帳のだしたら、部公演をしているのはドラムスんとしちゃ知らないって頭がどう空飛んじゃったって聞いてないはずはないけど、とんだってロシア関与してないといった理由当然これはオールドメジャーになって来ニューメディア。でも女狩りにドラッグさんは自国の情報機関を信用せずにロシアを支援するのがたらてなる。ぇそしたら、この後アメリカン帰って来働くさんがこれはうん。うんつぶってこれも英語の足だけコマン止めます。がない言い間違えたんだっていうんだから、余計にうわーってなっているわけ。それでキャンプさあどういう行動に出たかというとプーチンさんティ秋にアメリカに来てもらうって話になっててこれは僕はプーチンさんはこの阿部さんとの繰り返してみた階段に分かるようにめちゃくちゃ戦っていうか行為だけに両ずの前から、。トランプさんにとってはこれはのこれトランプさんに中間選挙はも当確。あれは議会の選挙だから、あくまで再戦ができるかどうかっていうことで初めてのこれのいわゆる赤信号点滅。今までの事じゃないこれがロシアとの関係がだアメリカ人の気持ち考えてください冷戦終わったといえ第二世界た人が終わったから、アメリカはの国費税金を使ってどれくらい長くソ連ロシアと対峙してきたないの。それがハッキングって新しい技術を使ってついに大統領選挙民主主義の根幹にアメリカ民主主義の根幹に関与するようになってれアメリカの情報機関はそうだと言ってるのにドラムさんちがうって言ってで今度秋にポジさんあまりかけてもらっていい結果が出ると思います。あまり思えない。だから、僕はのトラップ3歳戦計医院デイケアがいい大統領てから、最善されるから、最初は間違いないと思ったがこれは分からない。まだ2年あります。



◆◆
共同通信できますとアメリカがイラン産原油の輸入停止を各国に求めている問題で日本の石油元売り大手各社が輸入停止に向けて最終調整していることが分かりました。10月にもイラン産原油の輸入量はゼロになる見通しです。
僕はこれ反対。なんでアメリカとこんな聞かなきゃいけないか。でアメリカ練ってから、トランプ政権とランプ大統領がイランに対して厳しくに出てるの僕は理解します。はまたいらんセルから、またにがすでに生れたけど、ドモーまた睨まれるでしょうがイランが核開発を続けてきたのは事実だと専門家の端くれとして考えてる4位から、大町政権が欧州とを組んでイランとの核合意をやってそれがゆっくりやってください皆ためのやってくださいそしたら、確保できますって合意だと僕は解釈してました。から、日本では全く多分いってのは僕処理だったけど、世界でっぱいそれで何かいる。でトランプさんがイランの核多いはまやかしだっ特に北朝鮮とイランの関係深いから、ことから、入ってるは正しいそれで制裁を復活させるあるいはだから、イランの原因を買うなと買わないとアメリカが考えるのはそれは理由はわかる。でもそれをなんで日本に一定数の日本が言うこと聞かなきゃいけないか。あこれはじゃあ日本はイランの核開発を手を付けするのかという議論何当然になるけれども、しかし日本もずっと苦労してイランとの特別な信頼関係を築いてきたんでこれはのアメリカとイランの止めた武力衝突まで懸念されるこれはアメリカに入れます。こもってもチャーハンじゃなくて、アメリカもいらに詰め込むてなくて、例えばあペルシャ湾で醤油自体があり得るわけ。てるションにラーメンしてますから、でペンションで何かあると日本への原油輸出も止まってしまうわけじゃない。それを考えたら日本が世界のためにも本当アメリカのためにもイランとの信頼関係を維持すると大事なことなんでアメリカ抜くとや言うことを聞くしてはないと思います。


◆◆
共同通信によりますと卒業式などで起立して君が代を歌うよう指示した。職務命令にファンした。ことを理由に再雇用を協議した。のは違法だとして東京都立高校の元教諭がとに損害賠償を求めた裁判の上告審判決で最高裁第1小法廷は19日元教諭の請求を棄却しました。

裁判の文書で難しいけど、簡単にいうとみなさんご存知の通り東京都立高校で先生方が君が代を歌うときに立たないとで東京都が先生にしませんと言ったところが不満だという裁判が2入ってたけど、最高裁が最終的にいいこれはトナーということは当然だと実はそうなんだこれ内閣府のホームページやといい皆さん見てます。これ国旗国歌法なぁちゃんとここに日の丸があってねっだから、学校付きで君が代があって要するに君が代は不利な音だって法律で決められてるんでそこでキーチロとは法律に書いてないけれども、子供たちに法律は守ることを教えるんだったら当然技術で経営示すのは当然なんで火土曜日の問題じゃない。

がもちろん見出しだレディースが安全です。多さに配本のに脱いだこれはこれだけ別れいろいろ議論あると思います。が頑張ってピッチャーも続けていただきたいと思います。調べてほしいです。彼に対する対策をこれで隔離して続けてほしいなとんね。横綱大関が戻ってきてもいた懸命頑張れ入っていうことも含めて