ニュースが好き

政治でも経済でもアニメでもニュースなものが好きです。

★週刊文春(6/28)最新号目次「ジャニーズHey! Say! JUMP岡本圭人電撃脱退!」「『W杯キャスター手越&日テレ軍団がロシアパブで酒盛り』「「脱退後2年活動禁止」NMB48“奴隷契約書”を入手」「ドン・ファン妻(22)を操る<イケメン>弁護士と<タカリ>記者」&「大阪地震よりモリカケ?こんな野党は邪魔なだけ (新田哲史アゴラ)

★大阪地震よりモリカケ?こんな野党は邪魔なだけ --- 新田 哲史
6/20(水) 16:44配信 アゴラ



大阪北部地震で被災された皆様、心よりお見舞い申し上げます。また亡くなられた被災者の方々、ご遺族の皆様にも心よりお悔やみ申し上げます。



 最大震度6弱の一報を聞いたのは、羽田から地方出張のフライトに飛び立つ直前だった。後ろ髪を引かれる思いで東京を丸一日開けざるを得なかったが、昨晩遅く帰宅してからたまたま目に入ったネットニュースに目を丸くしてしまった。地震直後に開催された参議院の決算委員会で、野党は相変わらず「モリカケ」追及に精を出したというのだ。



“野党は相変わらず「モリ・カケ」…有権者冷ややか 国民、社民の支持率は0.8%に(産経ニュース)(https://www.sankei.com/politics/news/180618/plt1806180030-n1.html)”



先述の記事はFacebookのいいねの数が約2200(19日未明時点)の大反響。未読の方は、原川貴郎記者によるオピニオンを兼ねたレポートがよくまとまっているので、ご覧いただきたい。



 地元の新潟知事選で敗れたばかりの立憲民主党、風間直樹氏はさすがに政権批判一辺倒だった反省からか北朝鮮問題に絞る変化を見せたそうだが、同じく新潟県出身で国民民主党の石上俊雄氏(比例選出)は、相変わらずのモリカケ。ちょっとゲンナリさせられた。



しかも昨日は大阪での大地震。政府が震災対応に全力を注ぐ為に、そもそも国会審議をやること自体に疑問に思うが、石上氏の質疑の動画を一応みてみると、産経が煽るほどの「モリカケ一辺倒」ではない。質問の冒頭で被災者への見舞いの言葉を述べてもいるし、震災の次は米朝首脳会談や骨太の方針も取り上げている。



それでも、なんだかバツが悪く思えて残念なのは、先日の党首討論で同党の玉木代表が先日の党首討論で、モリカケを見送り、安倍政権の対米外交を追及したことで、独自色を出して一目置かれつつあったばかりだったからだ。全体の印象としては、「結局モリカケかよ」と思われてしまい、産経にも書かれて、玉木さんの工夫がはやくも「台無し」になりそうでなんだかな、と思えてならない。



 玉木さんや国民民主党の所属議員は最近アゴラをよくお読みいただいているそうなので、念のため、誤解されないように申し上げると、モリカケを取り上げること自体を否定はしない。独自調査で新事実を発掘でもしたのであれば、まだ少しは理解する余地はある。



あるいは、玉木さんがすでに提案している特別委員会の設置をあらためて迫るなど独自色を出す工夫もあればいいのだが、産経の記事でも指摘されているように、すでに報道されている公知の事実の繰り返しに過ぎなかった。質問の最後に「重要な局面です、外交も。そういった中で国内の問題は積極的に解決するように要請いたしまして質問を終わります」と締めたものの、目新しい話はない。果たして取り上げる意味はあったのか極めて疑問だ。



 折しも今週発売の「新潮45」7月号(https://amzn.to/2K28TVP)で、野党政治家を厳しく批判した特集「こんな野党は邪魔なだけ」に寄稿させてもらった。枝野氏や福山氏、蓮舫氏など、おなじみの左派政治家の多くが槍玉に挙げられていて、国民民主党からは民進党分裂の戦犯として前原さんが追及されたくらいで、特に国民民主党のスタンスについては問題視されていなかったが、しかし、産経に社民党と並び称されてしまって「邪魔者」扱いされてしまうのは、なんだかもったいない。



ちなみに私が寄稿したのは、「女難『細野豪志」の終わりなき迷走」。編集部がつけたタイトルが実に辛辣で(汗)、いまは孤高の無所属の細野さんに辛口のエールを贈らせてもらったが、安倍政権を消極的に支持する中間層から一目を置かれ、あるいは安倍首相の支持者たちにも「敵ながらあっぱれ」と好敵手にみられる野党は出現するのだろうか。


.


新田 哲史




★週刊文春2018年6月28日号


3選への最大リスク


森友「無反省音声」公開



安倍昭恵夫人独演会


 「私は変態コレクター」



6月14日、美魔女セラピストと胎内記憶を唱える産科医のトークショーにサプライズゲストとして登場した昭恵夫人。「変態コレクターは私へのほめ言葉。変わり者と付き合うな、と言われても、バカだと思われても、そこは本当に譲れない」森友問題への反省はなく、周囲に「籠池さんと話したい」と。



トランプに脅され、金正恩にタカられ…


シンゾー・アベは220兆円のATMか



ワイド特集 ロシアンルーレット


W杯キャスター手越&日テレ軍団がロシアパブで酒盛り


ジャニーズHey! Say! JUMP岡本圭人電撃脱退!


「脱退後2年活動禁止」NMB48“奴隷契約書”を入手


英国留学からご帰国佳子さま小室圭さんへの「第一印象」


「ブラックペアン」打ち上げで竹内涼真が「みんな大好き!」


新幹線のぞみに飛び込んだ52歳介護士の“動機”


「ひよっこ」以来の連ドラ有村架純演じる“禁断の愛と性”


四年生で小学生名人藤井君2世父が明かす「天才の育て方」


新視聴率女王波瑠「未解決の女」鈴木京香にベッタリ


金髪不倫、酒浸り…両親が語る千鳥大悟の武勇伝


小出恵介負債5億円棒引きと新会社設立のカラクリ


西城秀樹告別式からAKB総選挙まで 徳光和夫「名調子の極意」


キャバクラ豪遊<栄和人監督>を更迭<谷岡学長>掌返しの理由



THIS WEEK


政治 「カイロ大首席卒業」のウソ 小池百合子の言い訳


経済 最後は官邸に見放された森金融庁長官退任劇


社会 暴力団暗躍のナマコ密漁で水産庁が抜本対策へ


国際 米韓軍事演習中止 日本への悪影響を米識者警告


スポーツ  イニエスタでとばっちり? 楽天・梨田監督辞任


芸能 前川清が語った元妻・藤圭子


新聞不信・食味探検隊



グラビア


原色美女図鑑   髙橋ひかる


不肖・宮嶋の米朝会談トホホン滞在記


田中圭「おっさんずラブ」を語る


野球の言葉学   大谷翔平(ロサンゼルス・エンゼルス)


飯島勲の激辛インテリジェンス(237)



「ストーカーとの七〇〇日戦争」(7)   内澤旬子



浜松看護師(29)拉致殺人 闇サイト「自殺男 芥川豊史(39)」の正体



「照明上手な家」で元気になる   笹井恵里子


●認知機能 睡眠 血圧改善に日光を


●睡眠中は豆電球でも肥満リスク


●リビングはLED 寝室には白熱球 ほか



ドン・ファン妻(22)を操る<イケメン>弁護士と<タカリ>記者


▼坂上忍インタビューを工作 遺産相続も担当「ずるい」弁護士


▼あご足取材 印税1対9 本買い取り“講談社ドンファン商法”


▼妻ぞっこんバイキング出演弁護士が本誌に販売差し止め


▼「会うたび野崎社長から百万」と吹聴する記者は死亡編も進行中



連載


夜ふけのなわとび   林真理子


本音を申せば   小林信彦


悩むが花   伊集院静


そこからですか!?   池上 彰


ツチヤの口車   土屋賢二


いまなんつった?   宮藤官九郎


パンタレイ パングロス   福岡伸一


考えるヒット   近田春夫


人生エロエロ   みうらじゅん


川柳のらりくらり   柳家喬太郎


言霊USA   町山智浩


この味   平松洋子


時々砲弾   宮崎哲弥


ヘンな食べもの   高野秀行


0(ゼロ)から学ぶ「日本史」講義   出口治明


週刊藝人春秋Diary   水道橋博士


人生論ノート   万城目学


美しき愚かものたちのタブロー(新連載)   原田マハ


フィデル!   海堂 尊


ロッキード    真山 仁


司馬遼太郎 漫画化第二弾 新選組血風録 菊一文字(新連載)   森 秀樹


阿川佐和子のこの人に会いたい   江本孟紀


新・家の履歴書   園 子温



文春図書館


『ファーストラヴ』   島本理生


『ストレッチ』   スコット・ソネンシェイン


私の読書日記   酒井順子


著者は語る   安田峰俊


文庫本を狙え!   坪内祐三


ミステリーレビュー   池上冬樹


漫画の時間   いしかわじゅん


ベストセラー解剖/新刊推薦文




見もの聞きもの


テレビ健康診断   亀和田武


尾木のママで   尾木直樹


木曜邦画劇場   春日太一


シネマドリフター   松江哲明


クローズアップ   U字工事


言葉尻とらえ隊   能町みね子


シネマチャート/DVD/ピックアップ



マンガ


タンマ君   東海林さだお


沢村さん家のこんな毎日   益田ミリ


日々我人間   桜 玉吉


てこずるパズル/ぶらりわが街[離島編]/淑女の雑誌から


この人のスケジュール表   DOTAMA、山中千尋、宮崎吐夢


伊藤理佐のおんなの窓/読者より/表紙はうたう(和田 誠)