ニュースが好き

政治でも経済でもアニメでもニュースなものが好きです。

★週刊新潮最新号(6/14)目次『「紀州のドン・ファン」事件が急展開!実母も結婚を知らなかった「悲劇の幼妻」プロファイル 未亡人は葬儀で叫んだ!「夫の墓なんて守らないもん」』&『おごりと欺瞞の末に不祥事…やはり財務省の解体が必要だ 「予算」と「徴税」分離せよ』(高橋洋一ZAKZAK)&特別番組「財務省への政治介入の歴史」山村明義 倉山満(若干書き起こしメモ)

特別番組「財務省への政治介入の歴史」山村明義 倉山満【チャンネルくらら・6月6日配信】



おごりと欺瞞の末に不祥事…やはり財務省の解体が必要だ 「予算」と「徴税」分離せよ



事務次官のセクハラ発言や、文書改竄(かいざん)が発覚した財務省だが、出直すためには何が必要なのか。


 おごれる平家は久しからず。先人たちの教訓は生かされないまま過ちは繰り返された。予算編成権と徴税権を盾に政治家やマスコミ、他省庁をひれ伏させ、“最強官庁”の名をほしいままにしてきた財務省で、常識では考えられない、次官のセクハラ発言や文書改竄などの不祥事が連続した。


 “官庁の中の官庁”といわれる財務省に入ったエリート中のエリートたちが、なぜここまで稚拙な不祥事を繰り返すのか。多くの人が憤りを感じ、理解に苦しんだことだろう。


 「官僚の劣化」を指摘する声もある。しかし、財務官僚として長年その中枢で働いてきた筆者にしてみれば、財務省の「おごり」と「欺瞞(ぎまん)」は今に始まったことではない。「セクハラ、改竄、口裏合わせ」という不祥事の形でようやく表面化してきたにすぎない。


 財務省の「欺瞞」が最も顕著なのが、長年にわたる消費増税をめぐる議論だ。財務省は国債と借入金、政府短期証券を合わせた「国の借金」が1000兆円を超えたと喧伝(けんでん)し、増税を煽り続けているが、これは政府の負債だけに着目する実におかしな議論だ。


 本コラムで指摘してきたが、世界標準の考え方では国の財政状況を正しく見るためには日銀を含めた「統合政府」としてのバランスシートが基本だ。それで見ると、日本はほぼ財政再建が終わっている状態だ。


当の財務官僚は自らのことを「悪者になってもいいから、あえて国民に不人気な増税という選択肢を突き進む国士」だと勘違いしている。この思い上がりに財務官僚の決定的な「おごり」があると思う。


 財務官僚の忖度という構図もあった。財務省に忖度したマスコミから流れたのかもしれないが、本コラムで筆者はありえないと断言した。時の政権をも脅かす財務省である。2度目の安倍晋三政権下でも、「財政再建」と「金融緊縮」を至上命題とする財務省は、「経済成長」と「金融緩和」を中心とする官邸と暗闘を繰り広げている。


 こうしたおごりと欺瞞にまみれた財務省が、前代未聞の不祥事を立て続けに起こした。筆者は、信頼回復のためには「財務省解体」という荒業が必要だと考えている。それほどまでに取り返しのつかないことを財務省はしてしまったのだ。


 財務省解体とは、国税庁を財務省から切り離し、日本年金機構の徴税部門と合併させて、新たに税金と社会保険料の徴収を一括して行う「歳入庁」を新設することだ。


 他省庁は予算を求め、政治家は徴税を恐れ、マスコミはネタを求めて、財務省にひれ伏している。世界を見渡しても「予算編成」という企画部門と「徴税」という執行部門が事実上、一体となっている財務省のような組織はまず見当たらない。詳しくは新著『財務省を解体せよ!』(宝島社新書)もご覧いただきたい。(元内閣参事官・嘉悦大教授、高橋洋一)




★週刊新潮2018年6月14日号 
反響続々! 食べてはいけない「国産食品」実名リスト 第4弾
▼米国・台湾・カナダで許可されない「有害物質」!
  危ない「パン」の「ワースト30」商品ランキング
▼「まるごとバナナ」「ランチパック」にこれだけの「トランス脂肪酸」
▼なぜ女性は「菓子パン」を避けるべきなのか
▼「食品安全委員会」が危険物質を野放しにする
▼あの「だしの素」「ドレッシング」を再点検
▼味覚破壊の「めんつゆ」「ふりかけ」に高血圧リスク
▼「成人病まっしぐら」使ったらいけない「調味料」全58商品



「紀州のドン・ファン」事件が急展開!
 実母も結婚を知らなかった「悲劇の幼妻」プロファイル
▼未亡人は葬儀で叫んだ! 「夫の墓なんて守らないもん」
▼ホスト大好き「美人妻」が出演したビデオ
▼「新宿マンション」ガサ入れの令状は殺人容疑だった!
▼「家政婦は見た」鏡台の微物とガレージの注射針
▼「ルノワール」も所蔵する50億円「遺産目録」
▼夫婦を引き合わせた「女衒」の動機



「元文科省次官」が乗っ取った「城西大学」理事長の椅子



【特別対談】 「舘ひろし」vs.「黒木瞳」
 「定年後」夫婦に贈る「10万時間の生き方」



【ワイド】 五月雨は 露か涙か ほととぎす
(1)「キムタク次女」デビューを3年早めた「工藤静香」の勝負勘
 (2)有働アナの後継「桑子真帆」がバースデー離婚の深いワケ
(3)世論を怖れて不起訴を釈明した「女特捜部長」
 (4)「GACKT」主催の「鎌倉BBQパーティー」が怪しすぎる
(5)棺を蓋うて「コマツ社長」生前葬の式次第
 (6)「石橋貴明」ドサ回り営業で「鈴木保奈美」が出ずっぱり


ホストに転身!
 元巨人「笠原」が袖を濡らした「Gユニフォーム」接客



逮捕の「15歳少年」が激白!
 今どき100兆円「山下財宝」発掘に駆り出された理由


■■■ コラム ■■■
日本ルネッサンス/櫻井よしこ
変見自在/高山正之
TVふうーん録/吉田 潮
 十字路が見える/北方謙三
この連載はミスリードです/中川淳一郎
 生き抜くヒント!/五木寛之
だんだん壇味/壇 蜜
スジ論 わたしのルールブック/坂上 忍
 冒険ゴルフ/倉本昌弘
 科学探偵タケウチに訊く!/竹内 薫
 誰の味方でもありません/古市憲寿
 還暦も文化/石田純一
 寝言は寝て言え!/KAZUYA
医の中の蛙/里見清一
この素晴らしき世界/東野幸治
 大家さんと僕/矢部太郎
 気になる一手/渡辺 明・吉原由香里
 私の週間食卓日記/今野亜美
 管見妄語/藤原正彦
 週刊鳥頭ニュース/佐藤 優・西原理恵子


■■■ テンポ ■■■
▼ビジネス/「近ツリ」社長が“無配”を口走った「旅行業界」大苦戦
▼ロビー/「安倍カラー」極力控えめに 自民が苦しむ「新潟県知事選」
▼マイオンリー/吉田玉助 水天宮前「京屋」の粉もの
▼スポーツ/ノーサプライズ「西野ジャパン」のレシピは“反ハリル”
▼エンターテインメント/梅雨空を吹き飛ばす爆笑熱唱「小林幸子」のギャラ
▼スクリーン/白井佳夫『ゲッベルスと私』
▼タウン/「世界の王」78歳再婚に親友“張さん”からの「祝辞」
▼グルメ/イタリアン大御所が心機一転その名は「テストキッチンH」
Bookwormの読書万巻/香山ニ三郎
▼新々句歌歳時記(嵐山光三郎・俵 万智)
▼結婚 ▼墓碑銘 ▼ガイド
▼文殊のストレッチ ▼テレビジョン
▼オリンピック・トリビア!(吹浦忠正) ▼掲示板


■■■ 小 説 ■■■
染着/貴志祐介
 血の雫/相場英雄
 欺す衆生/月村了衛
黒い報告書/内田春菊
■■■ グラビア ■■■
・続・蒼穹から名建築
・野生動物こっけい生態図鑑
・優越感具現化カタログ
 ・コウケンテツの日々是好食