ニュースが好き

政治でも経済でもアニメでもニュースなものが好きです。

★「小池都知事の大迷惑、豊洲移転の件につき万葉倶楽部に納得いく説明せず、また五輪の計画も大きく狂わす。注目の住民訴訟は本丸小池都知事へ集中」「実は海外移住者受け入れが多い日本。骨太方針で門戸広げる可能性は大ニュースなのに朝日1面『正恩氏の涙 引き締め図る』、立ち位置は日本の国益にないのか」【虎ノ門ニュース】5/31(木) 有本香、長尾たかし(若干書き起こしメモ)



00:01:56 本編
00:14:22 金正恩側近 訪米へ 首脳会談向け大詰め協議/日米首脳 6月7日に会談 拉致や核で結束確認へ
00:22:15 豊洲市場観光拠点 事業者側 都に実施可否示さず/水産仲卸業者ら 豊洲移転訴訟取り下げ
00:36:53 朝日新聞「トランプのポチではいかんぞ」
00:40:59 「移民流入」日本4位に 5年で12万人増
00:52:59 以毒制毒(日本は「移民大国」 外国人の「医療タダ乗り」に“救急策”を)
00:55:32 朝日新聞 6年連続減収 広告収入下落/中国が李登輝氏の慰霊祭出席に反対
01:07:55 尖閣諸島のお天気
01:08:55 強力ありもと(長尾たかし衆議院議員)
01:12:54 強力ありもと(井本勝幸さんと議員会館にて)
01:17:34 強力ありもと(本日のテーマについて〜追加質疑について)
01:21:36 強力ありもと(働き方改革法案)
01:33:30 強力ありもと(医療制度問題)
01:58:59 視聴者からのメール(オーストラリアでは国民と永住権保持者のみ健康保険が使えます)



(自動文字起こし 編集前)
◆有本香
シンガポール北朝鮮の関係者ンって奴は段取りを個積める吸って吐い中身を詰める
このキム4町村はワシントンをゆうちょ
 
それから日米 sure 6月7日に開催明日12日お米庁前につまり総理が行くワシントンへね。有名な本当の最終確認見たりする。
3番枝野氏党首討論した。
3番と4番はですからそれに関連もするけれど国民民主党の伴い代表が生ん代前半に生原稿のないを目指しと正引き技良しという感じだですけどの木10分2頑張ってるなんだったらお手伝いしましょう
昨日の投手トーンでは枝野さんは森かけ一本槍だったので共産党とですからほとんど強度も超ですけれども、玉木さんは違いました。
使用者の重要な国策と思われる項目については聞いていただけど質問が甘い。あれじゃ本当手伝いしてあげたいわ安さ心をいれ替えてをかけ問題については私も場合イチボ間勇者でしたってことを争ってくれたらいつでもお手伝いします。支持率はぐっと上がること請け合いですニュースで応援すれば奇跡の超 v 字回復みてはえね。えなるかどうか辺も合わせてお伺いしたいところです。
5番朝日新聞6年連続の減収広告集に下落な。仏教頑張ってが多いです。
豊洲市場観光拠点事業者側とに実施鍵閉めさ万葉倶楽部参加した。この万葉倶楽部さんの国県だけが場所を報道されていますが
今日はこれよりも大変ゆゆしきこれよりもっとがこれに近いいい形で醤油色報道がありましたのでそれを合わせて後願いします。
移民流い2本用意line で12万人増す。事実上の移民大国という。の目北深くすっごいアップわかんないです。
中国が8番李登輝氏の慰霊祭出席に反対沖縄での台湾腎臓慰霊祭に李登輝さんが出席されるということについて中国が文句を言って台湾人の亡くなった方もイレーサーに李さんが出資することに反対が多く1回家族ん銀二世杯の正当化だとか。
り時さんは民カーブ1個人です。恒例の人が何し大きなお世話で所カップ無事何かでそれだけで伊藤毅さんの動向を気にしている。
ということです。にーすごいです若干リフォームてくださいね。港に居るさあ染まった92歳で首相に返り咲きましたから
アジアの
北朝鮮のサイバー攻撃を警告FBIなどアメリカティ
射殺されたと思われた記者が生きていた。
韓国で徴用工像も強制鉄橋もとあります。が市民団体と協議決裂がなそうです。
これについては一応ね。やってこの現政権も日本側にはちゃんと気を遣っている。というかそうですかそういうハイロスんですけれども、と言う。
それから前からずね。中下では大騒ぎが続いてます。の泥の日大のアメフト問題で被害者選手の父親が一定の区切りと言うことを真 sns 上で公表されたという様は子かいいっけんです。で oc は次選挙に出ないとでこの息子さんのことを a子マイルールとを突き詰めて活動されていくということを宣言されてるけど、
おそらくこの一定の区切りというのは処分が出たということで、
あんまりマスメディアが大騒ぎをしてしまうと学生さんそれに一台のまえは
選手法指導部というかぜです。初めの方にだいぶ問題が根深くということですから、
これ以上マスメディアでの差は気になると学校分に対して脳です。他のずっないですから人たち
そうな中ですからなないですから人たち
それから学生数がすごく多い学校じゃないです。卒業生まで含めて相当な影響あります。
就職活動の学生さんの影響だしこれから受験に死体を強化っていう受験生の方も駄目よ
なんか加計学園も岡山理科大のだられさんの就職に影響が一部でたっていう報道もあります。
責任重大です。マスメディアは。
そして最後ですが豊洲移転訴訟の取り下げ水産仲卸業者らということですけどこれじゃ6番と受像年で合わせ
 
 
◆◆
共同通信によりますと北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の側近で史上初の米朝首脳会談に向け対米交渉を主導しているキムヨンチョルと副委員長は30日北京から空路でニューヨークへ出荷しました。ホワイトハウスは29日ポンペイオ国務長官が今週内にキムヨンチョルと会談すると発表。
6月12日にシンガポールでの開催を目指す。首脳会談の焦点となる非核化や見返りの態勢武将などを巡る大詰めの協議が行われる見通しですとなっております。

そして一つ共同通信によります。と安倍総理とトランプ大統領が6月7日にワシントンのホワイトハウスで会談する日程が決まりました。これはサンダース大統領報道官が30日2名に発表した。ものです6月12日にシンガポールでの開催が再浮上している。米朝首脳会談も2ラン情報共有を図り日本人拉致問題や核問題での結束対応を確認するとみられます。安倍総理は米朝首脳会談で拉致問題の解決を訴える用トランプ大統領に重ね。て求める考えです菅官房長官は記者会見で米朝首脳会談を前に核ミサイル拉致問題の解決でつながる階段になるようありとあらゆる準備をするのが大事だと強調しました。ということです

 
これでほぼ12日の米中首脳会談はやるんだなとということ
直前まで何があるか分からないということも言われていますけれども、準備をしていると。
シンガポールにいっている北朝鮮のチーム。現地での段取りを確認していると
会談の中身に関して詰めているアメリカへ行っているキムヨンチョルさんがやっている。
それにつけても日本の安倍総理が7日にワシントンに行って直接会って直前の電話今まで何度もしてますけれども、
直前の詰めをするということですから、日米首脳の間は非常に緊密。


これに対して韓国に対してアメリカの不信感はかなり強まってます。
トランプ大統領と文大統領の間でやりとりありましたけれど、かなりの不信感があるなっていうのがはっきり見て取れました。
それから昨日おとといぐらいですか、アメリカが北の非核化に関して「韓国があんまり深入りするな」というようなことを言ったという報道もありました。
ですから各国の役割というのが、今回むしろ最初に南北首脳会談をやった時点では、
日本のメディアは「ムンジェインは素晴らしいと、これこそが歴史的な慶事だ」とすごい持ち上げて
「 日本の安倍総理は蚊帳の外だ」と 。やっぱりそこは違いました(日本のマスコミは間違えてました)。
日本も単純にアメリカと協調してるって言うことだけで満足できない。
今回結果を出さなければいけません。特に拉致問題を最優先として、まずアメリカ大統領に北朝鮮に対して「一発かましてもらって」それでどういう反応が出てくるか、
それから、日本の政府筋、おとといぐらい話し聞きましたけど、日本人の拉致問題の解決には日朝首脳会談をやるしかない。
ですからそこに向けて、いい道筋をまずつけてもらうという必要があります。


でこの非常に大事なシンガポールでの米朝首脳会談、これは歴史上初めてということもあります。
しかもそれを第三国のシンガポールでやる。そこを日本がある程度リードしてここまでの流れをつくった。
なぜならばそもそも去年の夏ぐらいの段階ではこういう状況っていうのは全く見えてなかったでしょ。
北はひたすらを核やミサイルの脅威を煽っていたという状況でした。
けれども、本格的に去年の9月の国連総会以降国際社会で協調して北朝鮮に対する圧力を強めていった結果、
北が対話に応じてきたわけです。
ですからこういう流れを日本が主導したということに関しては少なくとも私は評価をすべきと思います。
で、虎ノ門ニュース木曜日としてもこのように大きなことを黙って見てるのはなんだなと。こういうことで私シンガポールに行こうと思います。女性のプロデューサー。ー緒に行くと。


一応メディアとして向こうにプレスとして取材に入る許可をもらうために私今エントリーしました。
しかし今世界中のメディアがエントリーしている最中なので私たちが認められるかどうかはまだわかりませんよという状況です。


しかしちゃんとパスをもらえれば向こうに行って、生なことをお届け出来るかも知れない。空気全然それ違ってきますからねえ。
プレスセンターそこらあたりも雰囲気を伝えできたらいいなと思っています
そして私たちとしては何としても拉致被害者の方々が日本に帰ってくるという一報に米朝首脳会談がいなってくれればいいな


 
◆産経新聞の記事の概要をお伝えします。豊洲市場の観光拠点『千客万来』施設の着工の見通しが立たない問題で、運営事業者の万葉倶楽部は28日東京都代わり現場では事業実施の可否を判断できないと回答しました。ただしこれまでの経費を保証するは改約検討は可能としております。小池都知事は万葉倶楽部の回答を受けて開催した。会議でこれまでのとの説明を事業者にご理解いただけなかったことは残念とした。上で交渉を継続についての結論は先送りにしました。近く結論を出すとみられます。が交渉を打ち切り事業者を西再公募すると判断する可能性もあります。万葉倶楽部の担当者は報道陣に対し築地の再開発をどうするのかきちんとしてほしい私たちは前向きに進めてきたしこれからも進めたいと述べたということですというわけです。
◆そして一つ共同通信によります。と東京都の小池知事が築地市場の移転を延期したため豊洲市場の維持管理費が不当に支出されたとしておよそ3億7000万円の損害賠償を知事らに請求するよう都に求め提訴した。水産仲卸業者らが訴えを取り下げたことが30日分かりました。
業者らは築地市場の改良費の支出も不当だとして知事と都の幹部におよそ6千万円を請求するようとに求める訴訟も起こしています。
都の幹部については請求を取り下げました。原告側の代理人弁護士は主張の整理のために一部を取り下げた今後も知事の責任を追求すると話した。ということです東京都側の代理人弁護士は知事の判断に違法性はなくとの勝訴としての集結だとしております

 
最初のニュースですけれども、これの伝え方に私は異論があります。
というのはこれだけを見るとあたかも万葉倶楽部さんの千客万来施設っていう豊洲 市場本体ではなくて周辺を人が集まる施設、
ここに出るはずの業者さんがなんか少しゴネてるっていう風に見えなくもないですか。そういうことじゃないわけです。


一方的に2年も移転が延期されたら当然どんな事業者だって自分たちの事業スキームが狂うわけですから、
このことに対しての業者が強く反発するというのは当たり前の話です。


その業者の反発に対して「東京都が一応説明をした」ということになってるけど、
非常に無理筋なモンスター的なクレームを言ってる人は別ですが、
そうじゃない場合、(基本的に)こういう業者の反発がでたときには、相手が納得しなければ説明をしたということにはならない。仕事ってそういうもんじゃないですか。ある程度納得。あるいは説得できて初めて説明をしたと言えるわけであって、
いや自分は説明したんだと自分の スタンスを言ってたってしょうがないでしょ。


しかも(万葉倶楽部の反発の原因)はもともと東京都が勝手に事柄を変えて様子ちゃぶ台を返しちゃったわけです。
それに対して(東京都側は)万葉倶楽部側はまったく納得してないのに、「説明したんだけど分かってもらえないんだからしょうがない」みたいな態度、これは普通はないでしょということです。


それから今年10月に移転が迫っていますけれども、仮に千客万来施設の着工見通しが立たないままだとすると、10月の移転そのものが危ぶまれます。前にも申し上げたように受けいれ側の江東区としては、もともと何年前にこの豊洲への移転を決めた段階で、
食料品市場というのは大規模であれば尚更ですけれども、みんなの生活にとっては大事な施設だけど、
地域にとってはややもすると迷惑施設になりかねないわけです。
明け方にたくさんのトラックが集中し、明け方非常に忙しくしていて…逆に昼間になるとほとんど人がいなくなっちゃうわけです。
ですからそこの広大な土地、特に銀座一丁目から7丁目に相当するほどの広大な土地を商業利用すれば、もっといろんな形で、
にぎわいやらお金が落ちるのに、そうじゃない施設に使うということには、それなりの住民に対する説得材料が必要なわけです。
ですから条件の1つとして観光拠点を整備してくださいと、それによって賑わいも一緒に築地から連れて来てということだったのに、
知事が去年の都議選の前に自分の選挙を有利にするために、『築地も豊洲も両方生かす』ってことを言っちゃったわけです。
そして築地を再整備すると、そこに食のテーマパークを作るなんて言っちゃった。
そうすると築地と豊洲はわずか2キロしか離れてない。こっちにも何か新しいものをまた整備するんだったら、豊洲に出るメリットが業者としてはなくなる。
 もともと築地から豊洲に移る元の計画でも築地にも一応築地魚河岸という飲食街は整備する予定はあった。
ところが知事が言うように築地にも市場機能も残し、新たに食のテーマパークなんて、そんな壮大な計画なんだったら、豊洲の方は霞んじゃうんじゃないかっていう話になる。
そんな、ごちゃごちゃにしてしまって収拾不可能な状態になってしまっている。
(だから万葉倶楽部からの反発というのは)このことについて一度きちんと明確に説明をしてくれと。
じゃないと自分たちも今後のことが決められないよという話です。


ですからこれは小池知事ご本人が一度、業者さんの元に出向いて、
そして謝罪すべきは謝罪して上で、築地をどうするのかこのことははっきりさせるべきです。本当に私たちも知りたいです。
都合が悪くなるとそこを言わないというのは行政の長としては問題があります。


そしてこの小池知事のそもそもの混乱の発端であるところの築地から豊洲への移転を一方的に延期すると決めてしまった。
この決定によって様々な不利益が出ている。
このことについて築地の水産仲卸の業者さん、具体的に言うと「生田よしかつ」さんですけれども、
生田さんが中心となって住民訴訟を起こしている。
共同通信のニュースではあたかも「住民訴訟そのものが取り下げられた」かのようなイメージに取られるが…違う。
訴訟は継続してて、ここからが佳境です。
実はここには書いてありますけれども、原告の弁護士さんは主張整理するために一部を取り下げたって言ってる。
一部を取り下げたのは事実ですけど、これはどういうことかというと、東京都知事と都の幹部に対して請求をしてたわけです。
だけど都の幹部を責めることは別には本旨じゃないわけです。都の幹部職員というのは知事の決断や命令があって動いてたものであって、何の意図があったわけでもないわけで、この人たちを責めてもしょうがないでしょ。ということで、裁判所からの指導もあって、
そこを取り下げて本丸である小池知事一本に絞ると。それで裁判をきちっとやろうよと。
ですから、こんな伝え方はないです。
共同通信さんとしては両方の言い分乗せたから、これでいいと思ってるかもしれませんが、これは事実が全く歪められて伝わってしまうので一度きちんと取材をし直して訂正記事を出していただいた方がいいというふうに思います。


これは最近よくあることですけど、ネット上でこういうものが出てて、みんながクレームするじゃないですか。生田さんご本人もツイッターでいってますから。そうそうネット上に出た情報を書き換えるっていうのがみられる。例えば虎ノ門ニュースの面々が『こんな見出しはない』とかで文句言ったりしたら、いつのまにか変わったり。これは私書き換えないより、書き換えた方がいいけれど、誠意のない対応だと思います。訂正したら訂正とかって出した方がいいです。これだけ見ちゃった人はそういう印象を持って終わりですから。
今こそむしろメディアは、ご自分たちのこの間違いを含めて、この小池都政の今まさに問題になろうとしてる事を、かつてと同じような情熱で報じてくださいというふうに私は思います。
なぜならばあと800日ぐらいに迫った東京オリンピックパラリンピック、これには相当悪影響でます。
環状2号線が予定通り通らない、つまり道路が予定通りに交通量を裁けない。


それだけじゃなくて今の段階で輸送ルートが決まっていません。
でこれは築地市場が移転を予定通りできなかった。だから築地の解体が間に合わないこともあって、
あそこは4000台の車両基地にしようとしていたけれども、4000台停められない。いいとこ半分ぐらいだろうって言われている。
その残りの車はどこに駐車場持っていくのかまだ決まっていないから、
当然輸送ルート決められないので警備の計画を作れない。
たまたま建設会社の社長さんと話をしたけれども、東京商工会議所の会議があって、東京五輪の話が話題に出たんだけれども、輸送計画も決まってないわけじゃないですか。しかも都内でいろんなところで工事ってあるわけです。それはどうなるんだと。
例えば都心に工事現場あったとします。でも大会期間中はそこにいろいろものを運んだりとかすることを制限されちゃった場合、工事ができないわけです。これはどうなるかと。補償されるんでしょうかとかです。


あるいは環状二号線というのを通してそこを専用道路にするって言ってたから、それ以外の道はスタジアムとか選手村に近いところは別として、そこそこ通常通り我々生活道路として使えるというふうに思ってたものが、使えないから、これどうなるかということがものすごい皆さん恐怖になってるわけです。
だけど東京都は一切それに対する回答が今のところできない状態だと。
こんな話だとオリンピックの準備という点では極めて不安。
ですから私はこれそろそろ国が何とかすべきだと思う出番が…。
それで昨日たまたま自民党のこの小池劇場の中でさんざんぱら悪者にされた挙句、
ひょんなことから国会議員になった高木啓さんにもチラってあったけれども、
彼は多分近いうちの 文部科学委員会でこの東京オリンピックのことを質問するそうです。
だから国会で問題にしてもらわないとそろそろこれはまずいと思います。
輸送計画が決まらない、それに伴って工事の人だけではありませんね。様々な…交通の規制というのはどうなるのか、
それにともなって不利益を被る人って明らかにいるわけですですから、これをどういうふうに補償なりなんなりをするのかどうするのか、
そしてそもそものを輸送計画をどうするのか。車両2000台はどこに止めるのか…
小池都知事は一体何を考えてんですかって話ですけどで、残念なことにマスコミはこんなことを全く伝えていない。
そればかりか昨日の産経新聞なんか2面ぐらいで都政関連を大きく扱っているけど、禁煙をどうするって話です。
いやー産経新聞さんそこじゃないと思うよという感じがいたしました。
この番組朝日の批判だけをしてるわけじゃないよ。あくまで不偏不党ですかということで。


朝日新聞で触れておかないといけないこと。
中の方でなんと朝日新聞がこんな記事を載せていました。4面です。「トランプのポチではいかんぞ」
石原慎太郎さんと亀井静香さんってお友達ですけれども、
この2人が官邸で安倍総理にあった。そしてこの進言をしたと。
「トランプのポチみたいな扱いをされちゃ」という風に言って、
で総理が「そんなことはありません」と応じたと。で1時間ほど外交や憲法について意見交換をしたということで、
「同胞を取り返せないようなら日本国の首相じゃねえ」と。拉致問題の解決を求め…
…あなたたちだってできなかった。これはどちらがいったんでしょう。
亀井さんが言ったのか…亀井さんは首相をやってないけど、じゃあ(出身の)警察は何やってるかって話でもあったりすると思うんだけれども、で総理は具体的なルートでいろいろやってます。ということで、
石原さんが持論の憲法改正を訴えたところ、待つよ意欲を示して「改正すればいいぞというもんじゃない」とクギを刺した。
ときね。なんか。別に朝日新聞が現役だったときにこの二人を応援してたわけじゃないと思いますけれども、こういうことになるとちゃんとこうやって扱う。狙いがはっきりしてていいです。石原慎太郎さんは私が2月も終わりぐらい話をした時に、
この憲法改正についても9条についてはかねてから石原さんの持論もあったし、それから石原さんは国政に一度復帰された時、安倍総理に対して憲法改正前文の助詞でもいいからそこからでもやろうよということを言ったりね。あるいは本来だったらこの憲法無効だというふうに言いたいんだってこともちろんを言ってました。
けどそれに加えてー地方自治に関する憲法の決めをこうしたらいいと言うご自身の案を話していらっしゃいました。
で私はそれは聴き始めのアイディアだったのでへえと思った。んで時に私に安倍くんに伝えてよと言われましたが、それは直接お話しくださいっていう感じだったけど、おそらくその話はされたんだと思います。
だけど朝日新聞の記事の中には、中身のことは全然書いてなくてとりあえずアメリカのポチになるなよと重鎮2人が言ったということだけど朝日新聞に出ていました。違う表現がある気がしますけど
 
◆西日本新聞の記事の概要をお伝えします。oecd 経済協力開発機構の加盟35カ国の外国人移住者統計で最新データとなる2015年の日本への流い者は前年比でおよそ5万5000人増の39万人となりました。に別の順位では前年の5位から韓国を抜いて4位に上昇しました。これは oecd の国際移住データベースからわかったものです。
ちなみに2015年度の上位は1位がドイツにアメリカ産イギリス4 in 日本5位韓国となっております。
日本は2010年の7位から次第に上昇し外国人流い者は5年間でおよそ12万人増加しています。2015年の日本への移住者のうち国や地域別で1万人を超えたのは多い順に中国ベトナムフィリピン韓国アメリカタイインドネシアネパール台湾でした。
政府は建前上は労働移民の存在を認めていませんが、現実には途上国からの留学生を含めた外国人労働者が欠かせない存在となっていて生活者として受けいれて支援する共生政策の充実が求められている。と西日本新聞は報道しております。

 
私たちが気がつかない間にと言いますかです。これは私たち自身がだいぶ洗脳されてきたってことあると長年にわたって。
日本は外国人の受けいれが少ない非常に点、立ち遅れているんだというような、ある種の洗脳を受けてきたと思います。そんなことはまったくなかったってことです。
日本全国今や例えばコンビニとか外食とか外国人に普通にいます。
地方でも外国人が働いている光景っていうの普通に見るでしょ。むしろ見ない日はないぐらいの、そうなって久しいけど私たまたま都市に住んでるがお休みの日につまり公を務めで人がたくさん来てるという日じゃない日つまり10人しかいなくなる姫です。そういう日になっても住人として都心に住んでる人って外国人かなり多い。ですからある一瞬であれどこにいる。のかなシグプロにいる。のかなってぐらいのこともあります。ですからそういう点いやみんな体感してたはずです。でこれ良いか悪いかということじゃなくて
私はそもそも年間35万人の移民が流いしてきている。それであるにも関らず、これだけで社会はみたいなものが起きていないというのはそれなりに高日本のまる種の民度というのかな、こういうものに支えられている。ところもすごく大きいと思います。
なぜならばなぜシンガポールという国名出したかというとはシンガポールみたいに基本移民を受けいれて、ことで国を成り立たせていく。
だけど国民の利益がまず最初だよと大事だよということで労働力として入ってくる人たちに関してはかなりいろんな制限をかけている。
それは日本みたいな。完全な民主的な国じゃないからそういうことができるわけですけれども、。でも日本そんなことできませんから。
例えばメイドさんだとかあるいは工事現場で働く人だとか入ってきます。
こういう人たちに日本みたいに労災を適用するとかです。あるいは国民健康保険に加いができるとかです。そういうことはないわけです。で要するに例えば女性がえメイドさんでいってくる仮に管理です。妊娠しました。あるいはエイズにかかりました。こういうことになれば強制送還ですから、ルールになっていて兄じゃなくって妊娠検査と映像検査は定期的に受けなければいけない。そしてに神の理由がま軽いです。メイドさんとして言っている。家の人に例えばレイプされたとそういうような理由であっても理由の如何を問いません。強制退去しかも例えばインドネシアから来た書く人だとします。そうするとインドネシアってすっごく広い範囲に島が散らばってるんでしょ。
ご本人は例えばシンガポールから相当離れた島から来た人だったとしても、シンガポールからフェリーで30分くらいで行けるバタム島までのチケットしかし休止ません、そんなことにはできないでしょ。つまりそれだけの割り切りを持って移民を受けいれて運営している。という国であればまだしも、日本はそうじゃないわけです。
ほぼ国民と同じような待遇が受けられるもちろんね。研修生関してろいろ問題はあるというふうに私も思いますけれども、そうじゃない人に関してはそれぞれ権利を行使できるように保証されている。そういう中で a 35万人。受けいれて今の状態っていうのはそれなりに受容力があるなということは言えると思います。


そういうところでしかし今後さらにこの受けいれを増やしていくということになると、
今のままでいいでしょうかということです。昨日の朝刊これが隠し結構取り上げ方がずいぶん特徴が出てまして、
日経新聞今紙面がグッズ化の現物がないけどえっところ外国人の単純労働にも門戸。経済新聞ですからこれ重要なところです。政府の案としては25年には50万人超とこれね。政府がよし来月出す予定になっている。いわゆる骨太の方針というやつです。経済財政運営の基本方針これにこういう中身が歌われている。ということが29日の良い bringスクープで出ている。とでこれが翌日の朝刊の1面トップでした。どーんと大きく。
読売もこれの内容を伝えていまして社会保障費の数値の目標がないとかです。この骨太の原案が判明した。ということでで人材確保のために新しい在留資格ということを言ってる。これよいよです。今までごまかしがあったわけです。研修生だとか言って実際は労働力ですけれども、そうではなくて単純労働分野に外国人を受けいれると出ないと人手不足でなかなか立ち行かない業界があるんだという理由によるけれど新たなビザを発行して農業とか介護とかそういう分野に人を受けいれると農業建設それから介護あるいは宿泊業造船業です。というところです。
 宿泊に関しては例えば外国人の観光客が増えれば、それに対応するための外国人スタッフと一部あるのかもしれませんけれども、
建設に結構外国人がいます。


だけど介護。私例えば台湾なんかは介護に結構外国人がいっていますけどこれはどういうことをやらせるのかベアの国日本語能力がそれほど高くなくてもごく簡単な言葉を知っている。というだけでも現場では使える場面があるという風に言ってる。
ですから農業でも農作業でも本当の単純作業アレ持ってきてぐらいがわかれば出来るというような作業をしてもらうと。


介護でもそういう場面はあるのかもしれません。
ですからそういうところにいれていくということなんだけど、
であるならば後から長尾さん来た時に色々説明していただきます。がさまざまな社会保障せ制度について、
今のままで果たしていいのかっていうところです。
ですからこれは今前振りをしておきますけどヨミウルと日経はこの骨太の方針がの中身がとりあえず早めに分かったよということで伝えている。けど朝日は全然これについての記事がない。
なんでなんでしょう。だって私ね。日経と読売がこれを掴んでるってこと麻ひもてると思うけど全然ない。


朝刊一面は何ですかというと「正恩氏の涙 引き締め図る」
米朝首脳会談があるって言うことでそれに向けていろんなそれ関連の記事が増えるのはわかるが、どうも立ち位置が…
朝日とかいて「ちょうにち」と見えます。
ここがロヒンギャ難民の苦悩の70万人とかです。
いやそれも大事なんだけど、外国人に外国人の労働者分野で門戸を開くというのはこれ大ニュースだと思うんだけど、
全然扱いがないというのは何だろうなというふうに…
私が見落としかもしれませんけどでも、それぐらい小さいということです。


そして実は産経新聞もこれを扱ってない。だからなんだろうなというふうに思うけど私両方に対して疑問があります。
朝日と産経右と左へ今じゃ正反対のなぁあるけれども、ですかこれを見ると日経は経済誌だし、
それから日経はどちらかというとこの外国人労働者受けいれは大賛成だと思いますから、そういうスタンスがはっきりしてるけれども、
これを見る限り読売が一番的確に今日本におけるを一番大きな問題を捉えているのかなというふうには感じます。
感情に訴えるようなところを得るんじゃないであとじゃないですかありました。移民や難民にそ日本は冷たいとか。前向きでないといいとか。うんそうです。それでアレだしてもらっていいですか企業ってますか、
・・・きょう午後発売の夕刊フジが毎週木曜日に私書いておりますけれども、以毒制毒。
でこの日本はすでに移民大国だという西日本新聞の報道も受けつつうそれで言って1本対外国人の医療制度にへのただ乗り的な。えばこれカギ括弧付きですけれども、これにも警鐘を鳴らしている。6他のメディアが記事があります。ですから中で救急策が必要じゃないですかと今高層ね。これ以上降格だしていくんであれば救急車が必要です。とぜひ蓮舫さんにお願いしたいとかいうことです。
だってこの骨太の方針というのは現政権が諮問会議の諮問を経て出すんです。ですからここには国会がほとんど関与してないです。
ですからこういう多様性とか愛して以上に日後牛根で特にもし外国人がもっとたくさんいってかーいろんな軋轢ということも生じる可能性がある。ですからそういう点でぜひご自身で「私は多様性の象徴だ」というまでおっしゃったから、蓮舫さんにそこのところ私はぜひむしろ深掘りして追求していただきたいそうです。渾身のキャラが体現されているわけですから。ぜひお願いしたいです。
それやったら立憲民主の支持率上がるように…蓮舫さんの支持も上がると思います。
ですからぜひお願いしたいなっていう内容で色々書いています。。
◆◆
産経新聞の記事の概要をお伝えします。朝日新聞社が28日に発表した。2018年3月期の連結売上高は前期比2.9%減の38904億円で6年連続での減収となりました。これは発行部数の減少に伴う広告収いの下落が響いたということです。一方で最終利益は35.9%増の120億円で2年連続の増です。前年は早期退職制度の割増退職金で特別損失を計上していましたが影響がなくなったための数字だということです。
◆◆そして一つこれも産経新聞の記事の概要ですが中国国務院台湾事務弁公室のアン報道官は30日の記者会見で6月に台湾の李登輝元総統が沖縄県の台湾人戦没者慰霊祭に出席することに対し、植民地統治の美化だと反発しました。太平洋戦争末期の沖縄戦では台湾人を日本兵として犠牲となりました。が沖縄の慰霊祭では李登輝元総統が揮毫した。台湾人戦没者慰霊碑の除幕式も行われるということですアン報道官が侵略戦争と軍国主義を支持するような行為には断固として反対すると述べたということですになっております。

 
朝日新聞に関してはもちろん部数が落ちていってそれに伴って広告収いが減っていくとこれは当たり前って言えば、
当たり前の話でただこの傾向というのは朝日には限らない。
新聞自体がみんな総じて部数を落としていって言って zとして全体としてで広告収いも落ちたり伸び悩んだりというところだと思います。
ただ朝日はこの落ち方が非常に大きいわけです。他社と比べた。
それと最終的には利益っていうのは一番最初にわけです。一番最初有明のところでは前年に比べれば良かったという風に言ってるけれども、全然何があったのというと特損が言われてました。特別損失で割増の退職金消器退職する a そういう大丈夫ですけど。
ですからこの早期退職者を募集して割増の退職金を出すというのは本来だったらば今辞めたら退職金はこれだけっていうふうに計算できるわけですけれども、それに割増たくさんつけますからやめてくださいなわけです。
早い話ね。中高年の人たちにこれをやるというのは企業としてはかなり ek が厳しくなっていという表れです。
でそしてある程度人を辞める人は辞めてもらうということをやる企業は今日本でも結構多いですけれども、
これがいい方向にいく会社と悪い方向会社っていうのがある。
まず早期退職の募集をやると能力であるとからやめてしまうっていうこともある。自分は他に行っても大丈夫だと残ってて欲しい人がむしろ残ってて欲しい人がむしろ出て行って黒茶こともまるこれは少なくないです。
それが一つそれから一つは辞めた人の顔グラがどうかこうかということじゃなくてこういうことをやるとさ内の空気というものは変わる。
モチベーション下がる。だんだん自分たちも邪魔にされていくんだなとか。
あーあるいはなんかもが辞めていくって寂しい単純にそういうのもあるそれからこれでいいとものって様子希望要するに早期退職の希望者を募りだではなくお給料も下げてる。そう考えるとどんどん心細くなるわけです。社員としては。世間の他の会社に比べればよすぎたきらいはあるけれども、でも人間っていうのは今まであったものがなくなると心細くであるじゃないですか。ですからそういう点で社内の空気というのは非常に悪くなってるんだろうというふうにはっきり想像します。
ちなみにDHCさんも何か朝日新聞に広告出稿を取りやめた。そういうこともだんだんボディブローのように効いてくるということです。新聞いろんな論調あっていいです。私たちにしてみればいや朝日もある産経もあるそういう選べるっていうことはとてもいいことですから、別に朝日が少し立ち位置が我々と違ったとしてもそれはそれで良いことだというふうに思います。立ち位置はは日本におきましょうよということです。日本人にとっての大問題をまず優先していただけませんか。ということを申し上げて頑張れと言う間ですかっ配備野党にも頑張れです本当に迷います。頑張ります。


そして2本目のこちらのえ李登輝氏の開催出席そうですけど8ね。この様子に李登輝さんの慰霊祭出席に反対というこれは中国のさっきのコメントです。息ミンチ試合を美化している。とこれね。二重三重に何言ってんだって話でしかないけれども、
そもそも李登輝さんという今は政治家を引退された一民間人ご高齢のこの方がどこに行って何をしようが4件もそうでしょ。
でもそれだけ気になるんだなということですって。
それはなぜかというと李登輝さんがまだまだ台湾の国内や国内だけではなくて日本も含めた周辺諸国にも影響力を持っている。と
影響力というのは政治的に何をするっていうことじゃなくて、気持ちの上でのこの影響力というのが非常にあるということを警戒してるんだと思います。
で特に台湾の中では台湾を中華民国から台湾というふうに国号変更な運動も起こされてますから国民投票を呼びかけたりしてます。ですからこういうようなこともあって登輝さんの動きというものを非常に注視してるんだなという表れでしょう。
それからマレーシアでマハティールっていうすごい懐かしい名前が復権した。92歳。でも マハティールさんって若いね。映像見ててもとても90すぎているというふうには見えない。
行きなり 消費税廃止。いきなりの中国とプランを要するになしにしようとかです。高速鉄道計画に関しては高速鉄道計画ものを白紙にするけれども、ただ前政権でマレーシアも中国との中国の影響力が強くなりすぎたということに対して、1回戻そうということではあります。ですからこの90を過ぎてもこの傑物と言われる人たちは年齢のハンディが当然全盛期に比べればだいぶ色んな事頃に衰えばおありなんでしょうけれども、それでもまだまだというところがありますから中国としては非常に注目をしているという表れだと思います。存在感がそれから考えると李登輝さんとかも貼っている。安倍さん若いわけですから子供の世代ですからまだまだ。野党とメディアに何と言われようと憲法改正までは少なくとも頑張っていただくとじっくり腰を据えて。
それから今回のこの局面では拉致被害者を取り返すとこういうところをやってもらわないと。
◆◆
有本香さんプレゼンツ。強力有本ドーンということで中身はあくまで若者でございます。
本日のスペシャルゲスト御紹介申し上げたいと思います。このコーナーではティ教育ネットワーク強力な純役濃厚な人脈を駆使した。情報発信をコーナーでございます。本日ご登場いただくのは自民党の真顔高衆議院議員でいらっしゃいます。なもなも産後数杯ご搭乗使ったらお願いました。ました。ん思います。ブーバー資金ヌーあっはっよろしくお願い致しません今日どうもありがとうございます。高さyeahさて改めまして虎ノ門ニュースには初めてのご登場ということで視聴者の皆様に長尾たかし衆議院議員のご紹介をさせていただきたく存じます。長尾充議員は昭和37年の生まれで立命館大学をご卒業後明治生命に入社されました。退職後の平成21年衆議院議員に初当選を果たされ拉致問題等に関する特別委員会理事や衆議院厚生労働委員会理事などを歴任されました。超踏破日本の領土を守るため行動する議員連盟で事務局長を務められていた時には尖閣諸島漁業活動を計画後怪魚釣り終えも赴かれていらっしゃいます。現在は衆議院厚生労働委員会憲法審査会決算行政監視委員会拉致問題特別委員会に所属され社会保障と安全保障全般にわたり幅広く活動されていらっしゃいます。
・・・
1コンしていいまご荘櫂がありました。うになろうさんっていうとです。尖閣諸島に5回いった男とやっ800校野蛮なことを何度も a year の沖縄にも度々沖縄選出の議員でもないのにそうです。と私が言うと50人くらい so 集まってきますからそういう人です。えですから圧彼方でいろいろ活動されている。方々界隈ではいうした。有名な人ですけれども、ページがあります。が実は今の受け子軽々にあったように農産元明治生命にいる。と目の勢ものスペシャリストです。ですから構成ロード族議員と言っていい。だからこの厚生労働の問題に関してはいつかなろー山にきていただいてじっくり論なお話をしていただきたいパティから持っておりました。けども、ヒアロスねっに白すっそうです。そういうようなそうそう100たさんの発言が炎上した。ほら私がいらっしゃった。を棄却かさしーは sanaa 韓杯房覚えやね。ぇなるはず会を引き出した。人100度さんは民間の方なんね。小倉行人がいわれるね。の勉強会のドアの勉強会ですけど私が質問が原因だったそうでした。とに前は何ですがな子さんの名前も週刊誌に載ったとかそういうことだった。ぷっくぷれいすにもいろいろやるけどあーいう人でもあります。なるほどで写真を一枚出していただけますか。これと鳥のコーナーです。ございます。妹3年前です。またしましょうです。この番組に来られた時のことですけれども、時にな子さんのお部屋にいってアヌ2人で2人でって私が一方的ですけど1は母叱られたっくんあれやってるのよこの人が旬とされてる時のをそう。主やっほぉ少し出し治ったこれぞやないから私たちがやるわよ詳細な話かのご遺骨のないそうですヤンマーのスっていうっで私はなどさんと初めてお目にかかったの一体いつだったかというとさっきありました。にネット平成21年に初当選されてそれから間もない頃だったと思います。頃だったので2010年くらいだったと思う。頃にいば無所属になられた松原仁さんの部屋に私が言ってましてそこに長尾さんが来られてそう当時女子3民主党の人だった。民主党の人だったけど後長尾さんは民主党安倍派って言われるぐらいっと同時野党でいらっしゃっう自民党のんん姉今の総理です。雨 sorry と近いマギーのグループ o の自民党です。この方たちとインドに一緒に出張に行かれたりとかです。金で言われてました。後長尾さんはどこ行っちゃうんだろうってドーマー自民党に移られたということですけれどで実は間に一度ね。防災落選中出しダメ狙いお願いしまして2年の落選中に私は実は名護さんとあることを一緒にしてそれはのウイグル人のが上の日の母と呼ばれるラビアカーディルぐさんの日本にお招きして日本の前国防カ所で講演会をやろうという時に私と長尾さんとで一応実行委員会と面白いの教えてあげるけど全高ちゃいましたいろんな妨害もありました。ありました。時には自民党政権になってたけれども、この番組でおなじみの黒や刑事さんがなんかこう延長ででそこにお願いに一応行ったりです。色んなことがあってまだまだ時に落選中だったので一緒に現役の b のところに行くというのは大変悔しいそうでした。けれども、たっぷり時間がありました。んだよただ時に私は非常に実はこれは個人的なことなが長いって申し訳ないけど時になおさんとの関係ってのは非常に高私の中じゃこう深くなった変な意味じゃなくてというふうに思ったのは時に落選長だったとえです。元代議士です。で私なのでは実は同い年です。昭和30隻閉鎖仏性積弊さんも一緒です。それでまま同い年ででももっと大事だったたまたま今ちょうど落選中だという人がらびあさんを呼ぶ実行委員会をやると行った時になおさがあなた実行委員長やってとって言うあなたがこの問題とそれからビアさんとの関係も一番深いんだからあなたがやってっ俺は後でいいから何でも言ってくれたらあなたがいってくれた通りに何でも動くからと飯使えるようにか。これなかなか言えることりませんよしかも男性でもっと大月ですからそれなかなか言えることじゃないけれども、本当にそういうふうになんて言うのかなこう影のように黒子の国に覚えてくださったしそしたらこれも午後に絶対言わないからし言いますけど時落選中だったのに名護さんは自費で全部行きました。大きな門門門ペンポーがぇそうです一応実行委員会として資金はあったけれども、一応というか少しはあったけれども、女子さんはそれを使わないで自費でいきました。そういう点で私は非常に信頼できる方の一人で時々文句も言いに行くとファンの方も多いみたいです。なぁぞメールをいただいてます。有難う御座いいつも楽しく勉強させていただいてます。初めての投稿です大阪府藤井寺趣味も長尾先生生放送頑張ってください40代大事なことがありがとーございます。よ山です。あとかいい番グリーンさせていない散々ここでなおさを挙げたけど夏そう。今日ね。お話しする問題は方に2つあります。が一つはまず働き方改革帰っこれがまず私疑問があるけど働き方改革法案はボスでに衆議院で厚生労働委員会衆議院を言う採決がおはサイすぅ顔したのに終わったぶりです。昨日なんかついてか次ってのやって次回あったあれは何どうかを補充し次をやってで5月の例えば普通科に委員会をやりましょうと委員長が声をかけたけれども、一緒除く野党の委員は出てこなくていいから知ってそれまでやりました。あしてなれ辛い。ずーっと座ってるだけですからやっとは地時間ではとの待ち時間をずーっとでこれをやって後採決を120時間狩りに行っても投稿採決で a に言われるんでしょうけれども、採血をしたのでから正氏の時間を取り戻させてくれるということでに直した。んでしょ。した。した。黄金へ与党の方針てな野党に優しい。色々ご批判はあろうかと思いますけど与党はあ法案を提出するがはぇてたってさんざの法律を作る段階に議論をしています。a 国会で提出されたということになると僕らは時点で賛成なのでそう量とした。わけです。だ野党においてろいろと主義をしたいだろうからということで基本中審議時間があるとすると4棟2割ぐらい残りの8割は野党さんに差し上げている。んだけどこの8割の時間もが審議拒否があったりあるいはから回しをした。りというようなことがあってだけれども、やはり参議院にも送らなきゃいけないでしょ。出てくる質問みんな同じ質問で同じ質問であれば同じ回答になるので心理はおそらく尽くした。だろうとことで採血をした。けれども、花がそれがお気に召さなかったというのが先週の金曜で昨日2時間やっやだけどそれおかしくてから回しとか要するほら柔軟連休でしたっけいうこともあったけれど後につい1週間か2週間か前だったと思いますけれども、総理がいってーやりましたらやりました。厚生労働委員会でこの働き方改革の件で1時間45分くらいやりました。うちのえっ1時間15分くらいは野党が質問時間持っていたんだってどう青カツ盛り上げばっかりそうなのよなんだいぞうでやらないかっていう話でしょうな子じゃなくてもしょうがないですけど某からながら本当になんと x セントリックだろうなと思っていやあね。そんな。大声を出して叫びたくなります。員としてえ総理がせっかくそこに出ていらっしゃるんだからむしろホントに働き方改革法案の核心の部分をやるべき時に守りかけをやっていて採血しちゃってから1回追加でって訳が分からないと思いませんでそれ以外の進言も相当森角やりました。んでからこれは名護さんに行ってもしょうがないことかもしれないけど自民党の国対もいいか気にした。方がいいと思います。安い。まずは野党にっていうことなく時間を差し上げるというのが国会の高慣習みたいなところでいいわーるある。で時間サシャエレンがいいです。でも採血終わってからまたにこりゃ俺の家僕らもびっくりした。本当にびっくりした。本当は昨日の本会議で弟だったら採血をする予定だったけど昨日かいやーそれ先送られています。もしかシート今日やるかどうかっていうそういうところです。
今日は本会議よって36な言えない参議院に行くかもしれないという今日タイミングです。さてそれでそれを働き方改革法案の中で野党側が特に過労死をされた方のご遺族会うの方々が傍聴に見えられたり鳴らすといってそこでいろいろ野党側はこれを瀬尻をさというふうに私は見ていますけれども、でこの過労死という非常に悲しむべき事態がこの法案が通ると芸寄贈すると言ってました。で特にコードプロフェッショナル制度これは大変悪いものだという風に言っていました。けれども、そうですかっていうまの合計8本の法律を一括して審議をしている。けど長時間労働によって過労死の方がありいらっしゃると思いこれはやはり防いでいかなきゃいけないということでちょうど4年前に過労死防止推進法という法律を件立法で作った書道の時私もずっとそれから僕の実は関わらせてもらってるけども、労働基準法70年間まったく改正をされてなかった部分の中に残業時間の上限規制というものがまったくなかった。会長はの労働基準法36条に三六協定ってのがあって労働者と要は労使の座まで例えば繁忙期の時には残業たくさんね。それ1日55も60時間も万能じゃ100時間くらいやんなきゃいけないこともとうとうこともあるから時は皆さんよろしくねっていう労使の協定をする通称三郎を探ると言っている。けども、中でもやはり残業時間が100時間とか場合によって120時間何を糧としている。ことについてはこれやはりずっと今の働き方のながらの中でただでさえ日本人というのはの労働効率生産性が悪い長時間労働が問題になっている。ということであれば初めて上限規制と後罰則規定まで今回は行っただ全体から見るとすごく画期的なことです。で合わせていろいろな働き方があるだろうとで残業時間とかそういう概念を取り除いてある程度の年収今回は1075万円以上当然対内的にも対外的にも交渉能力のあるいわば非常にまのプロフェッショナルな仕事をしている。人からするとです。例えば無我夢中で働きたいあるいは今日はに3時間くらいは仕事を終えたい有用な子それ多様性ある働き方もやってほしいという要望があったのでおそらく全体のそれが対象になる方というのが2%から3%ぐらいだけども、2%3%の対象になる方の勤めている。会社があろう労働委員会っていうのを開いてちゃんと規則決めて健康管理もちゃんとやってあとは会社と後働く側の本人がどういうした。上でということになる多分何の方がコードプロフェッショナルで語らうかっていうのはこれからの話ですけども、新しい働き方というものを新しいが犬をいれようということだけを捉えて残業代をゼロにする残業ゼロの産業大する方過労死造酒増加法案見たようなことをやられるとです。議論しなきゃいけないことではなく先ほどありもさん苦心された。これ過労死問題っていうのは本当に深刻な問題なんだけども、これを政局に利用してるんじゃないのっていう風に言われてもしょうがないような議論が多かったそうです。これはな以上です。ですか今おっしゃったようにコードプロフェッショナル制度って最初に私この問題出てきた時にをたユーザーアクションとかっていう風に言ってました。一体これでどれだけの人が対象になるかあってなーさんにも聞いたことがあるそれを確かにそういう人もいる。けどまんまりないんだけどおっしゃるようにそういう働き方の人もいいていい。どだからそういう制度を新たに一応箱として儲けようよたことしても受けるんでそこにいる。いらないということに関しては個人は当然選択のを自由があるわけですしで嫌になったらやめればいいはそれちょっやめるってのは会社を辞めるんじゃなくてそこから降りればいいだけ今回修正案をそれだったそうです。あげてあります。やめようという風に言った時にやめられるような修正案を出した。けど反対派の方々はやめるというふうに会社に言えばすぐクビになっちゃうんじゃないかって言うけどよく考えてみると1075万円以上もらってる方っていうのは会社に対しての対外的にも交渉モールがきっとある人だと思うし一戦75万払ってるってことは会社にとっても有用な人材であるからそんなに経験いないお前じゃクビだなんて言うことにはーならないだろうということを言うがなかなか。それはさておきそんな簡単に日本の会社は社員をクビ切れないじゃないですか難しいです。あとさっきをシャッターホワイトカラーエグゼンプションと違うのは市が生んですかあるあるあれは健康管理時間という概念ない。つまり働き方の中にちゃんと健康管理というものをしなきゃいけないよと完成なので会社側は高プロでも1004日以上の休暇を義務付けるとかあと色々な鍵交換についてのことがあったんでホワイトカラーエグゼンプションとは違う違う。同じように言われてる。大薗いずれにしてもコードプロフェッショナル制度というのは今回の働き方改革法案の一部であるんでそれがすべてであるかのように大きく言ってしまうというのはかつてまん前縫製の時に安全保障法制の時にこれは戦争砲弾とかで言ったのと非常に似た匂い殴っします。時は徴兵制が始まったてれば地球の裏側に待ってそうなぜ言ってーいうとかあと特定秘密保護法の時も我が国は監視国家になるぞ登場を持って滑れました。自在言われました。けどどうでしょう。徴兵制はありませんし地球の裏側まで行って戦争をやっておりませんしこうプロについてもやはり犬事故をいくつかあります。それで修正した。ことはあります。じ子は正直あります。だけども、これから運用する中で過労死が出さないようにということで水曜寝ていただければなというふうに思います。それで一番のボリュームゾーンです。働く人の最も多いところここに関してさっき言ったように残業にキャップをかけたば様子に上限を設けたコレは確かに画期的なことだと思う。日本においては感じ的なことを今まで踏み込めなかった分野に踏み込んだしかもそれを要するに正組合の団体です。これも方しようって言った。画期的だった。この合意が得られたというのもかなり大きなことでまたりっこなるのは残業時間を持って残業代を想定した。タワー車や住宅ローンをーやってる人も結構いる。で残業代を減らす残業を減らすということいが残業代も減るわけです。経済全体のパイがどのぐらい減っちゃうのかって話だろだいたい残業代を根拠とする金額たらだって銃3丁くらいあるけど今回の法案でまだ数字はあやふやですが6兆円なり7兆円くらいのんいわゆる経済の残業代の分が減るんじゃないかっていうから山が減らして経済がことを収縮するようなことがあってけない県だけど大事なのは仕事のプロセスと仕事のボリュームの中で健康管理をどれだけやれるかっていうことを考えようというのは今回の法案の1便の議論しなきゃいけないことだったけど高プロのことだけあるいは厚生労働委員会で森かけたとか防衛省の日本問題までやってました。から厚生労働 in せよですから私ものどうせもまる程度年数サラリーマンを経験したのでそういう意味からするとこの残業代に条件を設ける働き方を変えていこうだけど一方では今おっしゃったように残業代を自分の収いとして未婚者って生活プランを立てちゃってる人がいるっていうかの実態もガイド気がします。のでさあこれからこう言ったルールの中でまた私たちの働き方が本当に変わっていってでより労働生産性が上がっていきでできぱ本当の意味での賃金の上昇というサイクルに乗れるようになればいいです。ただおそらくです。これは私の勝手見方ですがこの種のままよる労働に関する法制の正規みたいになってた部分に踏み込んだ今回要するに残業代で上限をかけたということによってこれは本来は旧民主党系の人たちがやるべきことだったんじゃないかどう同組合から支援を受けている。政党が一番やらなきゃいけないことを安倍政権が作業リ車これが憎たらしいんじゃないかなというふうに私は若干さこれね。政権の戦略として僕はあったと思うそうでしょう。間違いなくそうとなります。ズルいと嫉妬ですかチャッヒットってことですかいやー今日連合の方も自民党本部でいろいろレク受けた6らもそう多分連合の方々もこれほど与党とのやりとりを命じたことさは今じゃってだから僕にとっては非常に新鮮でした。だから連合が今や自民党と色んなことを話し合う調整するようになってしまったと総理の賃上げような3波総合職だって言うんる。んです。そうです。ですから一連のこの安倍政権5年間の中でこれは一番象徴的ですけれども、それにより女性活躍とか。要するに本来だったら旧民主党勢がやりたくてたまらなかったことの丘も貼ってしまっている。とこれはけっこうでリクたらしいって思われる一つの原因と思いますっパリコレ欠落している。議論があって便53も弊社と大企業の労働組合そうです。また経団連も大企業になります。ので気をつけなきゃいけないな中小零細企業の社長さんのところで働いている。従業員の働き方をです。今回の法律に編みがさっとかけるとです。果たして労務官僚やれる規模の組織のある会社ならいいけど10人とか20人とかいうようなところじゃたして労務管理という場所があるのかないのかとかいう話なんだろうがね。経過措置を取って少しずつやっていこうという話になった例えば長時間労働っていうのけないっていう風にも言われていてたしかにあんまり良くない面は多いけれども、ただ日本人って独特の労働観みたいなものありますから本音そうだね。仕事ね。単なるマージどんどん生活の糧を得るための生業だという風に考えられないところがある。そういう点でどうしても長時間労働に陥りがちな。ところがあるそれを必ずしも全否定はできないと言うところがまたあると思います。で all or 労働を要するにこの畑方改革のてはそういうことですけど一つ今日です。


◆(ぼやきくっくりさんより)


有本香
 「もうひとつ今日ですね、ちょっと非常に由々しき問題があります。で、実は前半もちょっとお伝えしたんですけれどもね、昨日の日経新聞の朝刊一面で、とうとう、日本がですね、単純労働の分野に、外国人を受け入れるという骨太の方針をですね、ま、6月におそらく骨太方針が出されるんでしょうけれども、これ昨日の日経新聞の朝刊一面でしたね、で、25年にはもう50万人超だと」
有本香
 「それから一方でですね、さっきの夕刊フジの紙面、もう一度出すことできますか。今日午後発売のですね、夕刊フジに書いたんですけれども、実はさっきニュースでも取り扱いましたが、日本は既に世界で第4位の移民大国になっているという報道がですね、ありました。これOECDのデータを基にしてます。昨年1年間で、35万人超の外国人が日本に移民をしてきていると。ま、移民の定義というものはね、色々ありますけど、国連の定義だと、ま、短期間の滞在の方もかなり含んでいるんですが、35万人という数はかなり多い。その一方で、で、私たちほら、もう日本が移民大国になってるってこと自体にかなり衝撃を、衝撃っていうかね、要するに驚きを持ってるぐらい、日本は外国人の受け入れが遅れているのかと思い込まされていましたが、実はそうではない。そして特に今週月曜日に発売の週刊誌でですね、週刊現代で記事になったんですけれども、外国人が、ま、具体的に言うと中国人だという風に書いてあるんですけれども、日本の医療にタダ乗りしてると」
 有本香
 「ね。つまりその移民という人たち、ま、日本に来る人たちを日本社会は労働力としてすっかりあてにしてるという一面があって、ま、その多くは善良なね、居住者として日本に生活している人達が大半なんですけれども、しかし一部に非常にやっぱり悪い人たちがいたですね、タダ乗りをしてると。こういう記事が出ました。ここに、実は長尾さんのコメントが実名で載っていましたけれども、この件をちょっと伺いたいということで、まずちょっとですね、このことの概略みたいなことから説明をしていけたらという風に思いますが、ちょっとパネルを出していただければと思います」
有本香
 「しかしあれですね、週刊現代は3週連続でね、これをやって…。まずこれは我が国の医療制度の概要ですけど。こういう3者で成り立ってるっていうことですね。被保険者、ま、我々ですね、みんな保険証持っている、そして患者として医療機関に行く。そして保険者、要するに国民健康保険とか、あるいはそれ以外の保険に入っておられる方もいて、そこで保険料を支払って、そして病院にかかれば、受診した時にその一部を負担して、そして診療を受けて、で、ま、保険によって負担される部分があると、こういう仕組みですね。そして、その次お願いします。この医療保険ですけれども」


有本香
 「はい、適用要件ですね。このね、健康保険の適用要件というものですが、これ、適用事業所に使用される、ま、要するにこれは社会保険ですよね。社会保険だと、会社がかけるという保険ですね。で、適用事業所に使用されるものだと」


 長尾敬
 「外国の方が日本の企業に、ま、社員として勤めれば、国籍問わず、社保に入れると」


 有本香
 「そうですね。会社の保険に入れますと、いうことです。でもこの場合は当然、社員ですから、お給料から保険料が天引きされますので、ま、取りっぱぐれるということはないわけですね。まあそういう風な形で健康保険が成り立っていますということなんですけど、ま、医療保険には他にも種類がありましてですね。今回問題になっているのはこの国民健康保険なんですね」


有本香
 「国民健康保険と言いながら、日本国内に住所を有する者は国民健康保険の被保険者になると。国民健康保険法の第5条」


 長尾敬
 「これ実は経緯がありまして、昭和60年までは、日本国籍を有する者、で、ま、あと、難民条約に、要するに難民の方であるとか、あるいは永住者の方々については、適用しましょうということで、ある程度の規制がかけられていたんですけれども、昭和61年から、国籍問わずですね、住所があれば、住所を有する者は、国民健康保険の被保険者となると、いう風にまあ、開放しちゃったんですね」


 有本香
 「そうですね。で、この昭和60年というのは、まあ私や長尾さんはすでに大人だったんですけれども、1985年ぐらいですか」 「プラザ合意の年ですね。そしてこの時にはですね、中曽根政権で、まあ市場アクセスをね、もっとしていこうと。つまり国をもっと開いていこうと、いうようなアクションプログラムというものが出された」


 長尾敬
 「そう、ちょうどね、ありとあらゆることが、市場開放しようっていうそういう時代だったんです」「つまり、ま、言葉は悪く言うと経済至上主義というか、ま、大店法の改正をして、ま、昔はお薬屋さんやお米屋さんは、ある一定間隔がないと、あるいは街の真ん中に巨大ショッピングモールを作れないように、大店法の改正があったけれども、ショッピングモールがどんどん入り込めるになっちゃったとか。あるいは、ま、私が元いた業界なんかは、ま、死亡保険、年金保険、あと医療保険、この医療保険、第三分野って言ったんですけども、いよいよ第三分野を、ま、いわゆる単品で、今までは死亡保障の特約という形でしか販売することはできなかったんだけれども、医療保険を単品で売れるようにってことで、規制緩和を始めたんですけど、これをですね、日本の保険会社に2年ちょっと売らせないで…」


 有本香
 「外国…」


長尾敬
 「外国の、いわゆる、ね、ガン保険で有名なああいう会社が、どんどんどんどん先に入ってきて、僕ら当時現場で、どんどん外国入ってくるのに、何で俺たちは売らせてもらえないんだよ、日本政府はどっちの味方なんだと、日本の生命保険会社になぜ売り止めをさせるんだなんてことを、当時、会社員としてものすごく疑問に思って。で、話戻ると、当時やはりあらゆること、で、実は土地もそうなんですね」


 有本香
 「うん、そうですね」


 長尾敬
 「土地問題を話すとね、また長いんですけれど」


 有本香
 「長いんですけどそうなんです」


 長尾敬
 「実は土地規制も、ある一定時期までされてたんですね。昭和54年までされてたんです。政令があったんです。外国人の人あるいは、外国政府、外資には、財産を取得する時には許可を取らなきゃいけないっていうそういう政令、生きてたんですけどね」


 居島一平
 「ああー、あったん…」


 長尾敬
 「1985年のプラザ合意から、だいたい1995年ぐらいのGATT条約ぐらいの間にですね、どんどんどんどん経済至上主義の中で、日本人のために作られたものが、もちろん外国の方にね、善良な外国の方に使っていただくならそれはいいけれども、ま、全部こう開放してしまって、何か、逆に悪用されていくんじゃないかという、きっかけになった時代であったわけですね」


 有本香
 「そうですね。経済至上主義というのは、長尾さんはそれでもオブラートに私は包んでると思いますよ。やっぱりね、プラザ合意の時期、あの時代の空気ってものを知ってる者からすると、やっぱりものすごかったんですから、日本に対するバッシングが。で、そのプラザ合意ということで、突如日本円がね、円高になるという事態が起き、で、私もね、その頃はまだ若かったんで、気楽に考えててですね、日本が強くなると外国に行く時には有利でいいなぐらいのことは考えてたんですけれども、やっぱり経済界にとっての大逆進ですよね。ですから日本の企業も国際化を迫られ、で、逆に日本にも要するに、ま、海外の資本がですね、どっと入ってきたり、あるいはその保険会社のように、日本企業が割を食わされて、外国が入ってきてまず先に商売するみたいなね」


居島一平
 「はいはい、私もうっすら覚えてますよ。牛肉・オレンジ交渉とかね」


 有本香
 「ありましたねー」


 居島一平
 「85~6年の頃ですよね」


 有本香
 「そうですそうです」


 長尾敬
 「あと建築基準法も変えられちゃったんですよ。仕様規定から性能規定っていう風に変えられて、ま、この結果、どうなるかというと、外国の資材が日本に入りやすくなっちゃった。ま、いっぱいありますよ、数えると」


 有本香
 「ですから近年ももちろん、どんどんどんどん規制が緩和されていって、ま、その国際化するとかですね、あるいは自由化するという非常に耳聞こえのいい、一見ですね、ことでやられている規制緩和たくさんあるけれど、源流をたどると、一つの源流というのは、はっきりとやっぱり1985年前後にあるんですよ。あの時のトラウマですね。要するにすごいバッシングを受けてしまった。で、日本は閉じられていると。身勝手だみたいな感じに言われて、世界中から非難を受ける、このことにトラウマを、ちょっと違う形で、解消しようとしちゃったっていうところがあるんですよ」


 長尾敬
 「必死だったとは思うんですよね」


 有本香
 「必死だったとは思いますね。だって日本企業も必死で、やっぱり外国に拠点を作ってね、生産拠点まで全部移すってことやったわけですから。それは大変な生き残りをかけたひとつの策だったとは思うけれど、でもその時に、もう開放することはいいことだっていう哲学が、刷り込まれちゃったと思う」


 長尾敬
 「で、健保もたぶんそうなんじゃないかなと、これは私の推測です」


 有本香
 「そうですね、健康保険ね」


 長尾敬
 「これを背景とする条約は今のところ存在してなかったです


有本香
 「で、それは土地問題ほどは、ある意味厄介じゃないってところはあるんですね。で、まあこれは後期高齢者の医療制度ですけれども、ま、これも一部悪用とみられる事例もあるということなんですが。さて、それでですね、今回問題、ま、週刊誌や何かで問題になりましたことで、ひとつ言われているのがですね、海外の、要するに、ま、外国籍で日本に居住している人達が、海外での療養制度、これを悪用していると、いう事例ですね。で、特にね、週刊現代がかなりセンセーショナルに書いていたのは、中国から来られてる方が、中国で出産をする、で、これ海外療養制度って使い、それから出産の一時金ですか、これが要するに支払われている」


 居島一平
 「ああ~…」


 有本香
 「で、海外で出産した人に、その支払われた額がですね、要するに海外で、ま、出産をされた方の件数というのは200数十件あるんですけれども、そのうちの、ま、かなりの多くの部分が中国の人に払われてたと。だからこれは日本人のための制度じゃないのかと、いうようなことから話が起こされているわけですけれども。ま、それ以外にかなりその悪質なタダ乗り事例、というものがあると」


 長尾敬
 「これはね、本来、日本人のために作られた制度で海外療養費制度、支給制度って言うんですけど、2001年に健康保険法の改正が行われて作られた制度で、これはどういうことかというと例えば、ご家族がいる、ま、私は日本国内で仕事をしている、私も実はいま国民健康保険なんですけど、国会議員、国民健康保険ですね。それで、ま、例えば家族が旅行に行った先で、あるいは留学した先で」


 有本香
 「あるいは駐在行った先でね」


 長尾敬
 「駐在した先で家族がですね、で、その家族が、ま、私の場合はそうですね、社保じゃなきゃいけないですね、扶養ですからね、国保じゃない(くっくり註:国民健康保険には「扶養」という概念はない)、私が社保に入っているとした場合に、その先で、病気になった。海外旅行保険に入ってなかった。ものすごく医療費かかっちゃった。それではあまりにも気の毒なので、まあそちら側で、米国なら米国でかかった医療費を、支払いを、これだけ済ませました、病院でちゃんとこうやって治療を受けました、そこの病院はこういう病院ですと、ちゃんとした書類を日本に持って帰ってきて、現地で一回払って、一回払って、こちらで還付をするというのが、本来の目的だったわけですね。で、いま有本さんがおっしゃったのは、この制度を悪用をしようと思えば、現実にできるわけで、海外の方が日本企業に勤めていて、向こうで手術をすればいいじゃないかと、いうようなことであったり、あるいは、扶養家族ですから、日本に来てなくてもいいわけですよ。日本に来てなくてもいいので、向こうで治療をしたことにして、で、2012年に堺市に、その申請に行った中国の人がいて、で、この書類はどうも筆跡がおかしい。で、たまたま窓口の役所の人が、本当かどうかっていうことを中国に確認をしたら、これが嘘だったということで、検挙されたという事案はあります。ただ、これ実際、検挙されてないので、あくまでも疑いの領域を出ない」


 有本香
 「実相が分からないわけですね」


 長尾敬
 「実相が分からない」


有本香
 「で、これね、ですからこれちょっと見て下さい。この海外に居住する被扶養者の認定についてと、いうのがあるんですけどね。要するに、ま、健康保険が、結局まず日本人以外でも入れますというさっきの話ありましたね。で、日本に例えば留学とか何かいろんなことで、ま、留学はしれないけど、お仕事で来ている人、この人の扶養家族ですね、海外にいる、扶養家族にも、この日本の健康保険が、使われると。こういうことなんですよ」


長尾敬
 「で、ここに、同一世帯であること、現在はそういう必要はないという風に赤字になってますけど、ま、このところぐらいはですね、外国人に関しては、やはり必要だと、いう風に、改正できないかなっていうようなことをちょっと議論し始めようかなと、個人的には思ってるんです」


 有本香
 「ですからね、この住んでない家族というのを、ま、扶養家族だという風に言って面倒を見るというのはね、要するに、そもそもは日本人のためにできた制度だったから、要するに日本人が、要するに世帯主が例えば日本にいます、で、扶養家族がたまたま外国に留学とかいろんなもので出ました、でもこの人は扶養家族なんだから、向こうでかかったものについても、まあ保険の範囲にして下さいねって。ま、これならまだ分かりますよ。だけど向こうから来た人にしてみれば、扶養家族が何人いるかなんて、だって申請し放題みたいなとこがあるじゃないですか」 「ねえ。これは駄目ですよ」


長尾敬
 「いちおう書類の提出をね、義務にして、ここんところに色々、こっち側か(「被保険者より生計を維持されていること」の項)、ありますけれど、果たしてその書類が本物か偽物かなんていうことは、窓口で分からないですよね」


有本香
 「そうですよ。で、しかも見て下さいよ。これね、被保険者の直系尊属、それから配偶者、子供、孫及び兄妹姉妹ですよ。で、それね、日本人、まあ日本にずっといる人であれば、自分がね、兄弟姉妹やあるいは孫を、扶養家族にせざるを得ない状況がある人もいるかもしれない。しかし、外国に今まで住んでましたっていう人が日本に来てですよ、いや、この人は自分のね、兄妹姉妹なんですとか、そんなこと、本当かどうかって証明できます?って話なんですよ。ですからこういうね、これについてやっぱり日本にいなくてもいい、いない家族まで面倒みるということになるとやっぱりかなり不正が、そこに不正が起きやすくなるし」


 長尾敬
 「相当あるんじゃないかなっていう推定」


 有本香
 「それから聞いた話によれば、どうやら10人ぐらいざらに申請してるらしいですね、扶養家族として」


 居島一平
 「はぁ~、10人」


 有本香
 「たまったもんじゃないですよ、それになったらばね。それからね、さっきまあ堺で、そういう不正がね、たまたま、おかしいという風に窓口の職員の方が思ったから、調べてみたらって話なんだけど、ま、こう言っちゃ何ですけど、国によってはね、やっぱりそういう書類の不正なんていくらでも、偽造なんていくらでも、やり放題だって国もあるわけよ」


 居島一平
 「お手の物というかね、ええ、ええ」


 有本香
 「それから経歴やですね、あるいは家族関係偽るなんて、もうお茶の子さいさいっていうような、所の人も少なくないんです」


 長尾敬
 「ちょっとね、フリップを作ってこなかったんですけど、この海外療養費制度の支給状況っていうの、今これ、厚労省に調べてもらったのがあって、ちょっと口頭で言いますけど、今、国民健康保険に加入している人が、被保険者数が3,480万人いるんです。で、うち、外国の方は97万人で全体の2.8%います。にもかかわらずですね、どうも、海外療養費支給を申請している件数が、まあ、全部で35,605件あるんですけど、うち外国籍の方が14,212件ってことで、28.5%なんです」
 長尾敬
 「で、支給額は35.4%あるんです。2.8%の被保険者数の割に、割に、さっき申し上げたように日本人のための制度だったんですけど、もちろん外国の方が正しく使っていただく分には何ら問題ないんですよ、色々ご異論はあるかもしれませんけれど。その割にはちょっと件数が多いから、これは、自然ではないなというような、ま、疑いは出てきますよね。ただね、これね、なぜ、ま、あとで高額医療費の話も出るんだと思うんですけど、これね、何で分かんないかっていうと、判定するのはそこの保険者なんです。市町村健保であれば、市町村、窓口なんですね。でもおかしいなと思ってるのは医療機関なんですよ」
長尾敬
 「医療機関の現場の方にはね、えっ留学生?留学生の割には、えっ40歳?場合によっちゃ50歳なんていうこともあったりやなんかするんですよ。医療現場では何かおかしいなーという声がすごく多い。ただ、やはり医療機関というのは、ま、医師法に応召義務っていうのがあって、私ちょっとお腹が痛いんですけどって言ったら診なきゃいけない」
 居島一平
 「もう現に目の前で苦しんでる人がいればね」


長尾敬
 「そうです。ですから、これはね、当然、日本の素晴らしい制度なんですけれど、外国の方であれ、日本人であれ、どうぞそれは遠慮なく使っていただければいいんですけど、それを悪用する人たちが、医療機関の実感としてちょっとあるんじゃないかということが、この保険者たる市町村の側で、あまり把握がされてないと。で、ここにあるように、4番の請求、5番の支払いというこの書類のやり取りしかないんですね。ですからちょっとここのところのね、その情報交換を密にしていけば、実態は分かってくるんじゃないかなという風に思いますね」


 有本香
 「だからまずはね、この実態すら把握できない仕組みになってるっていうことも、かなり問題なんですよ。で、それはこの市町村なり何なり窓口になってる所の責任じゃありません」


 長尾敬
 「国の責任」


 有本香
 「システムの問題なんですね、やっぱり。ですからこれはね、このルールそのものを、少なくとも検討していただかなきゃいけない。その役割は国会でしか果たせません。でね、やっぱり特にね、週刊現代に書かれた、荒川区の事例ですけれども、東京の。その荒川区で、ま、この海外療養制度が、ま、かなり悪用されていると。で、過去にですね、帝王切開で出産をする人に対して、ま、この海外療養の一時金が支払われていたんだけれども、これがあまりにも件数が多いので、ま、中国人に対してですね、やめたと、いう過去があるということを、何かその匿名の人のコメントとして書いてるんですけど、週刊現代が。そういう事実はないという風に荒川区に私、確認しました」


有本香
 「ですから記事の中にはちょっとやっぱり不確かな、話を盛った部分があることも事実なんですけれども、ただ問題はですね、その種の悪用というものが、分かりにくい仕組みに、分かりにくい仕組みになっている。それから、やっぱりそういう風に、要するに扶養家族というものを、ま、何人でも受け入れられる。しかも日本にいない人まで全部受け入れられるということになれば、これはやっぱりね、不正を呼び込んでるみたいなところがありますよ、どうしても。ですからこれは制度面を、まず考えなければいけない。で、これ、窓口になる市町村や何かの責任というよりは国会の責任ですから、できればこれを国会で議論していただきたいと思うのだけれども、なかなかそうはならないということですね」


 長尾敬
 「もしかするとですけど、明日(6月1日)、厚生労働委員会でこの質問をするかもしれないし、僕が」
※決まったそうです!長尾さんのツイッター参照。


 有本香
 「あ、なるほど。じゃ、是非お願いしますね」


 長尾敬
 「まだそういうことも夕方にならないと分かんないですけどね。明日の予定がだいたい分からないのが国会なんで(笑)」


有本香
 「なるほど。それとですね、この国民健康保険、さっきの、ま、日本国内に住所があれば外国人でもOKという話があったんですが、さらにですね、この下の部分ちょっと見て下さい。この、ここですね、短期の在留外国人、これ滞在が、要するに3カ月未満だと、さすがにその対象者にならないんですよ。対象者にならないんですけど、逆の言い方をすると、3カ月以上だったら健康保険に入れるんです」


 長尾敬
 「これちょっとお話ししましょう。以前ですね、例えば留学をする、ま、方々がいらっしゃる。で、これは入管法、入国管理局の中でやるわけですけれど、いま有本さんおっしゃったように、以前は1年だったんですね」


 有本香
 「そうですね」


 長尾敬
 「1年以上滞在しないと、国保には入れなかったんですけども、ま、ちょうど住民基本台帳に、外国人の方をどうしようかという時に3カ月、ならばじゃあこれも3カ月に合わしちゃおうと。そういうちょっと短絡的なところがあって」


 有本香
 「そうですね。で、その住民基本台帳法っていうのは改正されたのは、今から10年近く前、自民党政権の時です。だけど、実際にこのね、要するに3カ月以上滞在者は国保に入れるということが実施されたのは、民主党政権の最後の時で、その時に民主党の中にいた長尾さんや…」


 長尾敬
 「2012年ですね」


 有本香
 「2012年ですね、長尾さんたち、ま、民主党の中の保守派と言われた人達はだいぶ文句言った」


 長尾敬
 「大騒ぎしました」


 有本香
 「文句言ってたんですけど、その時やっぱりそれは実施されてしまったんですよ。で、そこから、その3カ月の滞在で、3カ月滞在しますと、あるいはそれにかなうビザを持っていれば、国保に入れるということになったんで、ここから、これを糸口にした悪用というのも、最近事例としてある」


 長尾敬
 「これは高額療養費制度というのがありまして、例えば外国の方がですね、ちょっと何かもうガンになったらしいと、これ治療しなきゃいけないと。お医者さんもいない、医者もない、もうすごくお金かかるらしい、あ、そうだ留学しようと。3カ月留学しようってことになれば、留学の手続きとって、で、入管が了解すれば、留学生として受け入れられると。そうすると、留学生であれば国保に加入できる。そこでガンの治療をする。ま、オプジーボみたいな1500万、こないだまで3000万したんですけど、1500万の治療を受けて、治った。だけれども、高額療養費制度ってのを使えば、まあ所得によりですけど、50万なり60万円でガンが治って、治ったらば帰っちゃおうと。こういうことをやろうとすればできる状態になってるんで、いま入管の方にはですね、やはり留学をする方については、例えばご本人の健康な留学生活を送っていただけるように、健康診断を義務付けるとか」
有本香
 「まあそれはありますよね」


 長尾敬
 「あるいは医療保険で困らないように、民間の医療保険に加入してから」


 有本香
 「加入してから来る」


 長尾敬
 「留学生として受け入れるとか。こういうことはね、入りの所で、やはり防いでいく必要はあるかなと思ってます」


 有本香
 「あとやっぱりこの3カ月っていうのを、もう1回考え直すという必要もありませんかねぇ」


 居島一平
 「非常に重要なメールを頂戴しましたので読ませていただいてよろしいでしょうか。オーストラリア在住15年という女性の視聴者の方からいただきました。
『毎朝オーストラリアから視聴しております』」


 居島・有本
 「ありがとうございます」


 居島一平
 「『私は現在日本での住民票を抜いておりますので、一時帰国の際に、健康診断や歯医者にかかる場合は実費を払っております。しかし数年前に外国人の短期滞在でも、健康保険加入が可能だという情報をネットで知り、何だかモヤモヤした気持ちを持ちました。オーストラリアでは、健康保険制度は国民と永住権保持者のみ適用されます。移民の国オーストラリアでさえこうなのですから、外国人を多く受け入れるのであれば、それに見合った社会保険システムなしに、見切り発車するのは非常に危険だと思います』
  という、叫びのようなメール…」


 長尾敬
 「これはね、いいご指摘だな。オーストラリアの話が出ました、もうこれほんとに運命ですね。オーストラリアとそれやってるんですよ。これを日本はやはり、やる必要があるんじゃないかということは今、ちょうど今、やり取りしてます」


有本香
 「でね、ついこないだもね、長尾さんがやっぱりオーストラリアの事例を参考に、これからちょっと話をね、色々検討していけばいいんじゃないかと。で、私はね、その前にちょっとですね、台湾のこともちょっと考えてほしい。というのはね、まずですね、私たち日本国民も含めて、一番不正の第一歩というのは、健康保険証の使い回しっていうのがあります。これもけっこう外国人の間で多いという風に聞いています。ですから、台湾は、医療カードみたいなものに、顔写真とICチップが入ってる。これ日本では可能じゃないんでしょうか」


 長尾敬
 「日本人も使い回しがありますよね。あと健康保険証にね、写真がないのは皆さんおかしいと思いませんか」


 有本香
 「そう、そうなんですよ。そういうことも含めて」