ニュースが好き

政治でも経済でもアニメでもニュースなものが好きです。

★5/27サンデー・ジャポン「日大アメフト」&月刊Hanada7月号【総力大特集 安倍政権はなぜ強い】「国民が安倍晋三を選ぶ理由(長谷川幸洋)日本は今、「お笑い恐怖社会」(小川榮太郎)バカ野党の象徴、国民民主党・柚木道義議員(藤原かずえ)」(若干書き起こしメモ)

サンデー・ジャポン 2018年5月27日











◆月刊Hanada7月号


7月号、総力大特集は100ページで「安倍政権はなぜ強い」。
 第二特集は「天下分け目の米朝会談」。



 目次
 【総力大特集 安倍政権はなぜ強い】
 長谷川幸洋 国民が安倍晋三を選ぶ理由
 小川榮太郎 日本は今、「お笑い恐怖社会」
 長谷川熙 朝日と野党は総理に謝罪せよ
河井克行 安倍総理こそノーベル平和賞だ
阿比留瑠比 国民が呆れたメディアと野党の茶番劇
 藤原かずえ バカ野党の象徴、国民民主党・柚木道義議員
 鈴木宗男 あらゆる難局に対応できる大宰相
 堤堯×久保紘之 〈蒟蒻問答〉麻生「セクハラ発言」、その通りだ



【総力特集 天下分け目の米朝会談】
 櫻井よしこ×西岡力×田北真樹子 安倍外交は拉致で一歩も譲らない
島田洋一 金正恩を追い詰める「リビア・モデル」
 重村智計 〈連載:朝鮮半島通信拡大版〉 危ない橋を渡る金正恩と、習近平の「百日計画」



 【沖縄秘話】
 恵隆之介 ナカソネ大将と沖縄



 【ニュースの焦点】
 村山雅弥 新潟知事選 野党共闘の弱点
 笹井恵里子 生前・遺品整理の過酷な現場



 【御社の決まり手!】
 舞の海秀平×相原輝夫(ファインデックス社長) 「仕方ない、はビジネスチャンス」



 【新連載】
 工藤美代子 影の画帳「サザエさん」と長谷川町子②



【巨弾新連載】
 平川祐弘 一比較研究者(コンパラティスト)の自伝③



【新シリーズ】
 平野秀樹 略奪される国土①



【集中連載】
 鄭大均 朝鮮人は不幸だったのか⑨女たちの体験4



 【グラビア】
 大谷翔平―It's 翔 Time!!



 -------------------------------
【好評連載陣】
 青山繁晴 澄哲録片片
 佐藤優 猫はなんでも知っている
西村眞 日本人、最期のことば・幸田露伴
 福島香織 現代中国残酷物語
 室谷克実 隣国のかたち
D・アトキンソン 二つの島国で



加地伸行 一定不易
 山際澄夫 左折禁止!
 九段靖之介 永田町コンフィデンシャル
田村秀男 常識の経済学
 門田隆将 現場をゆく
有本香 香論乙駁



 勝谷誠彦 復活! 築地をどり
蛭゛芸子 電脳三面記事
 河村真木 世界の雑誌から
堤堯の今月この一冊 ルーク・ハーディング『共謀』
 坪内祐三の今月この一冊 新秋出版社文芸部編『文壇出世物語』
 向井透史 早稲田古本劇場



みうらじゅん シンボルズ
岡康道 すべてはいつか、笑うため。
 高野ひろし イカの筋肉
 秋山登の今月この一本+セレクション
 なべおさみ エンドロールはまだ早い グレゴリー・ペック②
なべやかん ユネスコ非公認・なべやかん遺産「リック・ベイカー」
 小林詔司 コバヤシ鍼灸院
 白澤卓二 大切なのは病気にならないこと
村西とおる 人生相談「人間だもの」
 爆笑問題 日本原論



 編集部から、編集長から




※休載
 瀬戸内みなみ わが人生に悔いなし
堤堯 ある編集者のオデッセイ




参考

 
★  森友の交渉記録のPDF出たか・・・さすがに900枚分は読みたくないけど 
★  おーし、読んでみるか。近畿財務局、モンスタークレーマー籠池相手にかく戦えり&財務省、近畿財務局との内紛勃発までの経緯 
★  へー。最初は森友学園の土地、豊中市が公園にする計画はあったのか。しかし、思った通り最初の方はあんまり面白くもないな。 
★  36枚目まで読んでみたけど、ここまではほぼスムーズだな。大阪府の方に近畿財務局が照会する流れもとくに不自然ではないというか、やっぱ認可受けられるかどうかは、大阪府に聞かないとわかんなかったわけか。 
★  すげー。官僚が「絶対にダメ。」って表現使うのはじめてみた 
47枚目 ていうか「今のうちに幼稚園に植樹されてある木を予定の土地に植え替えちゃっていい?」はさすがに無理あんだろうと 
★  54枚目。大阪府と近畿財務局の職員がお互いに「なんか話がかみ合わないとこあるんですけど、大丈夫ですかね」的な雰囲気になってるのが興味深いな(PDFの方のページね 
★ 
大阪府「籠池氏、地代は自分で決めるとかいってんですけど、大丈夫なんですか?」
近畿財務局「そんなこといってない」
怪しくなってきたぜ 


★  大阪府の職員マジで困ってて笑える 


★  籠池すげー・・・あの土地100万円くらいで借りようとしてたんかい。 P58    
★  P63 いよいよ森友学園側がわけのわかんないことをいいはじめたぞ(面白くなってきた 
★  P73豊中市「森友学園から相談受けてるんですが、なんか強引で対応に困ってんですよね・・・」近畿財務局&大阪府(わかるわあ) ← 書いてないけど目に浮かぶ 


★  P75籠池、なかなか人脈あったみたいで、かなり市会議員も動いてたんだな
★  これやっぱし大阪府の中で乗り気だったのがかなりいたんだろうという感じ 
★  P85
籠池「計画書大阪府に提出したで」
近畿財務局「森友学園からそういう報告あったんですけどしてる?」
大阪府「してないよ。相変わらず計画書がいい加減なままで困ってる」
担当者の人たち大変だなあ 
★  P88
大阪府「学校名『安倍晋三記念小学校』でいく、とかいってんですよあの人。
これ、大丈夫なのかうちも苦慮してまして」ですよねー 


★  P90
大阪府と近畿財務局が
「この計画もうこのまま流れてくんないかなあ」という雰囲気で泣ける 


★  P95
大阪府「籠池氏、都合の悪い話になると怒りだすから困るんですよ・・・
しかも勝手に保護者向けの新聞に『小学校はじめるで!』とか載せちゃってるし。ご存知でしたかそれ」
近畿財務局「マジで?」 


★  なんかもうこのあたりでバッドエンドになるの読めてきたんで、誰か止めてあげてくんないかな 
★ 
おお! 96枚目に籠池が保護者向け新聞に載せた記事もちゃんと掲載されてる。
これ籠池の対応してた担当者がどんな顔で見たのか興味あるわ 


★  P98ついに担当者の心証が追加される 


★  P101
近畿財務局「森友学園と契約してるコンサルタントに説明しにいったら
『詳しいこと何も聞いてないんで、はじめて状況わかりました』といわれたでござる」


★  P102
大阪府「今回のコンサルの人は話が通じそうなんで、ようやく進展しそうなんですよ。助かってます」いいコンサルはいるもんだな 


★  しかし、ところどころに「籠池氏が怒り出して話が進まない」と担当者たちが言い合ってるのがモンスタークレーマー味が強い。
野党、こんなの味方にしちゃって大丈夫なのか 


★  P104籠池氏、ついに勝手に寄付金を集めはじめる 
★  P106
 どうも籠池、勝手に市議会議員とか、かなりの有力者に寄付金募集の用紙と学校開設のお知らせみたいなの送りつけたみたいで、豊中市が困惑してる 


★  P119あたり近畿財務局も一応学校を建てる前提で協力的には動いてる 


★  P122ついに籠池妻がきた 
★  P123あ、この黒塗りの部分、
たぶん籠池が「卒業後に推薦もらえる」とかいってた学校関係者だな
 
★  P125に昭惠さんの影が(すごい杜撰に書かれてて笑える)
 
★  P126-127
すごい。ここまでとまるで口調が違う、
モンスタークレーマー籠池がついにその正体をあらわした 


★  P140このときの森友のコンサルはえらい優秀だなあ  
  とりあえず近畿財務局が頻繁に大阪府に連絡してたのは、森友学園の認可を急がせるとかじゃなく「これ認可されそうなの?(できれば流れて欲しい気もするんだけど)」って感じだな  
しかし、何ものなんだこのコンサルタント。めちゃくちゃな計画で「これ無理じゃね」と担当者が思ってたのを、ほんの数か月で具体的な計画にして資料もそろえてきてる。えらい有能だぞこいつ P146 


★  おお・・・P153にある寄付金って、後で虚偽だとわかる2億円のやつか
このあたりですでに籠池虚偽の書類を提出してたんだな 
 
★  P159
籠池もすごいな。
「2億円の大口の寄付金があったから、借入なしで小学校開設できるで」
と計画を修正して大阪府と近畿財務局を納得させたのか。まさに詐欺師よ・・・ 
 
★  少し休憩しよ。160枚読んだら疲れた 
★  P182
財務局が相手のコンサルに「貴社は全国的に複数の大学設置実績をお持ちと聞いている」といってるのが興味深い。そういうプロもいるんだなあ 


★  うーん、206枚目まで読んでみてるけど、
大阪府の私学認可の基準は当初から意外と甘かったみたいだな。
それでも籠池が騙してるんで、資金面なんとかなってる感じなんだけど 


★  財務局はどうも籠池の経営計画をあまり信用してなかったみたいで
「貸付契約の成立はあくまでも私学審議会の結果が出た後」、
「10年間の期限で貸し付けを行い、その期間に購入できない場合には土地を更地にして国に返すこと」という二つの条件にかなり拘ってた感じ(P200枚あたりまでの感想) 


★  P239 
平成26年12月の私学審議会で、判断保留となると。
このときも理由はやっぱり経営計画と財政状況が問題視された・・・
まあ、当然だよな。ここからどうなったんだろ 


★  P240 
はあ、なるほど。
1月に臨時の会議で結論出すことになったのは、財務局側の都合を考慮してたのか。
2月に国有財産の審議会があるから、ここまでに結論出さないと森友と契約が締結できない可能性出るんで 


★  P247。
ここまでくると、どこ(財務局、大阪府、豊中市)も経営計画通りにとりあえずいってもらわないと困る感じになってきてるな。 


  ありゃま。
ここに来て近畿財務局が「2月まで話まとまんないと困る」と大阪府をせっついてるな。このあたり松井知事が「財務局も親切だと思った」とかいってたけど、
実際は早く決定してもらわないと近畿財務局が契約できないんで困ってたんだな。
ここまで進めちゃうと後にも引けないし P254 


★  P254 おお、ここで産経新聞WESTの記事が籠池との間で話題に出てる。近畿財務局、かなりおこだな。私学審議会の判断が保留になったのに、どんどん計画が進んでるみたいな取材受けてるから 


★  P258 ここから籠池が頼んだ政治家の秘書による「土地の値段安くならないですか」攻勢がはじまるのか 


★  P308-309 平沼議員秘書の陳情をまず軽くかわす近畿財務局有能
  もう興味なくしてる野党の代わりに森友文書320Pまで読んでる私 


★  P326 えらいぞ近畿財務局。訪問してきた鳩山邦夫秘書も納得させた 
★  P330
籠池妻「あんたら、いじわるや。死んだら地獄に行くぞ」夫婦怪獣カゴイケン吠える
 
なんでや。なんでこんなにがんばってる近畿財務局の担当者たちがあんな悲惨な最後を迎えなあかんのや・・・という同情を禁じ得ない流れになってきた 
 
★  P383あたりから、
籠池側が「とにかく安くしろ、そうじゃなきゃいうこと聞かん」という態度になってる。担当者大変だこれ 


★  P385
籠池妻「もう止めだ。鬼、悪魔。あんたらばちあたるで」
野党、こんなの庇ってて大丈夫なのか 


★  P387
近畿財務局は「原則として賃料を安くしたりはできない」といってて、
籠池夫妻は「なんとかしろ」と騒ぎまくってるという地獄のような構図 


★  P404の3億9000万の寄付金の入金というのはたぶんこれだな mainichi.jp/articles/20170… 


★  P410あたりから、
まず第一回目の値下げの根拠になった「ボーリング調査の結果、軟弱地盤だと判明したから、その工事にかかる費用を安くしろ」の交渉がはじまったのか。 


★  やれやれ。460Pまで読んだものの、ここからが本番か 
★  P480あたりからは、
価格面での合意はできたものの、
署名する段階になって籠池夫妻がごねまくって、すごい内容になってんな 
  このあたりになると籠池妻の暴言ばかりだな 


★  P494「副園長(籠池妻)の罵詈雑言は延べ約一時間程度に及ぶ」おおう・・・ 
★  P497「この後、副園長は興奮し、前西統括官にコースターを投げつけ、嘘つき、お前なんか信用できない、帰れ、等の暴言を吐く。」
野党のみなさん、がんばってこの人の援護してあげてください 


★  P521籠池妻の暴言が1P近く記録されている。コワい
 
★  P546
平沼議員の秘書から
「籠池理事長はご存知の通り大変個性的な方」
個性的とおかしいを一緒にしてはいけない   
 
★  P549。まあ、ここまでにしておくか今日は  
  あ、基本的にPDFファイルの番号(上に出てる)で読んでるんで、下のページ数じゃないよ  


  しかしこの記録読んでると、籠池夫妻の行動の異常さと、近畿財務局の行動がいかにルールに則って交渉を行っていたかの正当性を示すものになってるは非常に重要な部分で、それがこれが「残ってた」最大の理由だろうと思う。個人的な感想は最後に書くけど、たぶん野党やマスコミの思惑とは違うもんがある 


★  P551「
副園長が一方的にまくしたてる、例によって罵詈雑言が続く」
もはや「例によって」と認識されてる籠池妻のモンスターぶり 


★  P552 副園長の行動について記載されてるが・・・もはや何もいうまい 
★  P559 自民党の柳本議員の秘書から
「うちに毎日籠池氏から電話来るんで困ってる。今日うちが連絡したことちゃんと伝えといてね」といわれる近畿財務局(関係者全員迷惑な人なのはわかってたったぽいなあ 


★  P561籠池妻、公証人役場で騒いで公証人から怒られる 


★  P562
理事長「昨日は自民党幹事長(谷垣貞一氏)にお会いしてきた」
副園長「前西と三好(注:案件担当者の名前)を更迭するための相談や」
理事長「そのようなことは言ってない。・・・」
谷垣さんもこんなとこで名前使われてるとは思うまいな 


なお、契約書とか打ち合わせメモは大体読み飛ばしてるからね。契約内容まで吟味すると、法律とかの知識いるから無理。打ち合わせ、交渉の部分でも弁護士入ったりしてるから、大よそはわかるし  


 まあ、地方公務員というのはこういうものなのかも知れないけど、とにかく資料やらなんやらは細かく資料として出してるもんだ 


★  P614あたり。
このあたりからどうも実際に工事がはじまって、
地下の様子がわかって航空局が十分調査しなかった部分があったようで、
近畿財務局が不安視してるのがうかがえるな 


★  P641 
ついに安倍総理夫妻の名前が籠池妻の口から出る。
しかし、夫婦とも「阿部」になってるあたり大丈夫か、と思う 


★  P655に森友学園の今後の予定として安倍昭惠夫人の講演会があることは書いてあるな。とはいえこの時点で価格交渉は大きな動きなし、と
 
★  P658-659
ああ、これかな。
細かいゴミまで処分する必要はないんじゃないかと、近畿財務局、大阪航空局が業者と相談してる。とはいえこれは「小さいガラスゴミとか全部やると期間が長くなるし、予算もかさむから森友と相談して。ただ、国は全部費用出せない」みたいなこと書いてある 


★  P663副園長(籠池妻)の罵詈雑言が続く 


★  P680
埋め戻しどうのはたぶんこれかな。ガラス交じりの土の処分費用がかさみそうなんで、埋め戻しに利用した方がいいんじゃないかと業者が提案してる  


  そうか。ゴミを隠すために埋め戻すんじゃなくて、基礎工事の後の埋め戻しにゴミ(小さいガラス片とか)混ざった土使うのはとくに問題ないから、場内で処理できるものはその方向でやるのがいいんじゃないか、という案から出たんだな。ゴミの埋め戻しどうの 


★  P682「今回問題となった個所は一旦埋め戻しの上、工事を続行させることとした」これなら埋め戻し報道があったのはわかるな。隠すために埋めたんじゃなくて、処分費用とゴミ交じりの土の活用を別にまとめなきゃいけないから、校舎の完成急ぐために一度埋めたのか 
★  P685理事長、副園長から航空局への罵詈雑言 約30分 
★  P687このあたりで森友学園から要求されてる、有益費(工事にかかってるお金のうち、国が出せる分)を早急に出せと要望されて、今年度の予算(平成27年度)では無理だという話になって、航空局と近畿財務局が困ってる。国土交通省に相談したのかな 


★  P719枚まで読んだ。
ここまでの交渉を見るに、籠池夫妻のいってることはかなり無茶ではあるものの(籠池妻はおかしいんだが)、とくに交渉過程で近畿財務局が大きな譲歩をしてる感じは一切ないな。 


  昭惠さんが谷さん通じて電話で聞いたのもこれか。他の政治家のとこからも問い合わせが来てるけど、内容としては「森友がやってる土壌汚染とかの工事が今年度中に終わるんだけども、航空局が出す有益費(国が必要な工事に出すお金)の予算が組めないと籠池が困ってる」という感じのやつね 


★  P729森友側は議論に困ると大臣とか上の省庁にいうとか、そういう傾向が強いんだよなあ。弁護士はまあ割と理解してるみたいなんだけど 
★  P730・安倍総理夫人に国の賃料が高過ぎると伝えている・総理官邸秘書にも財務局のちぐはぐな対応の件は文書により伝えている(秘書からの回答はない)・このほか、副園長からの罵詈雑言が延べ30分程度あり。笑いどころなのかこれ(一応昭惠夫人の名前は伝聞で出てるけど 


★  P731 安倍総理夫人付 谷様からの問い合わせ(1件目)
 内容は社会福祉法人に対して、定期借地権の一部優遇する検討がなされてるという報道があったので、それを森友学園にも適応できないかと総理夫人に照会があったので、今後学校法人にも対象が拡大されるのか方針を教えていただきたい 
★  P732 谷さんへの回答(国有財産管理室長) この福祉法人への優遇は、介護離職者ゼロの実現に向けて政府が議論してる中で、財務省として国有地活用の面から検討してるもの。なので学校施設まで対象とするものではありません。(続きあり 
★  P732谷さん「了解しました。他に何点か森友学園のことで確認したいんですが」国有財産管理室長「貸付、売り払いについてはうちも現行ルールでは最大限の配慮はしてるものの、相手が納得してくれてない。27年度内に土壌汚染対策費などが下りないので、それは28年度予算になりそう」 
★  P733 「事情はわかりました。相手に伝えておきます」 と谷さんがいって終わり。とくに「要望」は伝えてなく、照会と事実関係の確認だけだなこれ 


★  P734「後方で副園長が激昂していた」もうそういうもの扱いになってる感 
★  P750ここまでで、汚染土壌の撤去やらの工事が無事に終わってる。谷さんのFAXに対する回答も淡々としてるし、近畿財務局もだいぶ安心してるような感じ。この後何が起きるんだろう 
★  残り200枚 


★  P776
国が出すと有益費を年度内に払えという森友に対して、
近畿財務局と航空局が「予算の問題なんで無理」という問答がひたすら続く
 
★  P777
籠池妻「うちに優遇して安くせんか!」
近畿財務局「そういうのは無理だともうしあげてます」
財務局、ここまでがんばってんのになあ


★  P780の、森友の弁護士が黒塗りされてる「参考」の部分があるけど、もしかすると稲田大臣の旦那さんの可能性もあんのかな 


★  P782同席してる弁護士、いい人っぽいな(常識があるというか 
どうもこれ、あれなんだよなあ・・・
政府、政治家(これまでマスコミで名前が出てる人たちや関係者)に迷惑かける気がぜんぜんない感じでまとめられてる。
内容はほぼ籠池氏への対応に苦慮してる近畿財務局になってるし 
 
★  P784やっぱこの同席した弁護士、稲田大臣の旦那さんみたいだな。
籠池妻がその人と大ゲンカしたとかで、ひたすら文句いいまくってる 
 
★  P784副園長「公務員なんて全然だめだ、弁護士もダメ、公務員の子供は全然仕事をしないのは有名な話だ・・・、公務員の親が徳をすべて吸い取ってるから子供がダメになるんだ・・・」籠池妻の熱いヘイトスピーチだ 


★  P818 埋蔵ゴミの話が出た。ここからかな 
★  P819鴻池秘書「なんかもう話がめちゃくちゃでよくわかんないけど森友から苦情があったよ。財務省に乗り込むとかいってるけど、正直意味ないんだよなあ」 
★  野党の議員、これ読んだ方がいいぞ。籠池夫妻から電話受けてる議員とその秘書、みんな困ってるから。今度それが野党にいくんだからね 
★  P830なるほど。ここから雲行きが怪しくなってきたな。ゴミが思ったより大量に出た上、山積みになっちゃってるんで、その処分費用が一部分だけで4000万もかかる、と
◎ ぱすかる・フォン・アライグマ
アーアーきこえなーい。という感じじゃ無いですか。野党の大物せんせい方は。このご夫妻を聖人君子のように擁護したのですから。 
 
★  P842お。きたきた。森友側が「これ以上事業を継続するのは難しいかも知れないんで、場合によっては計画をやめて、かかった費用を国に賠償するよう求める訴訟を起こすぞ」といいだした 
★  P850おー。今回の弁護士は優秀だな。たぶんこれが森友の代理人になった人かな 
★  P851いや、上手いやこの弁護士。これだと確かにこれ以上の交渉が難しくなる 


いやあ、最初に出てきたコンサルタントといい、今度の弁護士といい、同じ肩書でもえらい優秀な人はいるんだなあ  
  やっぱりこれ全体としては近畿財務局のミスか 
これが酒井弁護士なんでしょうかね?   
でしょうねえ。交渉が段違いに上手い 


★  P888 どうやら終わりが見えてきたな・・・ 
★  P890籠池妻「弁護士の先生から時間換算で63万円も請求された・・・」
やっぱ優秀なのは高いんやな eiouzi @EiouziQqkp5k9a9 
★P858なんて大阪航空局を巻き込んでますものね。
★森友問題は「財務局のチョンボと籠池被告のゆすり」「野党や朝日の追及は的外れ」 財務省OB・高橋洋一氏インタビュー - 産経ニュース これが当たっていたようですね。 
★  P909ここで近畿財務局から森友側の弁護士に売却金額を伝えているんだな。1億3400万。当初の契約金額(見込み)だと9億3200万だったんだから、めっちゃ下げてるものの、これはもうなあ 


★  読了。疲れたあ 



★  おかげで全体の話がわかった。
まず色々揉めてた「新しくゴミが出た云々」は情報が錯綜してたんだけども、どうやら「土壌汚染処理をやったら大量にガラス片やらの混ざった土が出て、これが校舎建てる予定に敷地に山になっちゃったもんだから、建設業者が作業できなくなった」という話までは書いてある 
★  さて、問題となるのは政治家の関与だけど、今回出た資料の内容はむしろ政治家の秘書からはたくさんの問い合わせがあったものの、結論からいえば「値引きとはまったく無関係な問い合わせばかりだった」。むしろこの資料は政治家、及び秘書の問い合わせを近畿財務局が説明して納得してもらってた記録。 
★  で、8億円の値引きに関しては、読んだ感じでは「それほど無茶苦茶な値引きではなかった」。早くいえば森友学園と国の妥協策として、国が提示するほぼ最低ラインの金額で、土地を売却する代わりに、今後土地から出るゴミなどの処理費用、対策費の一切を学園側が負担し、国に求めないとするもの 
★  金額面の話からすれば、森友学園側が最初に地質調査を行った結果、土壌汚染対策や、軟弱地盤で杭を打つための工事が必要であるために、総額で1億円少しかかってる。これを森友学園は、貸し手である国が負担すべきといい、国も「有益費」として支払うまでは合意してたものの、支払時期で揉めてた。
 
★  安倍昭惠さん付きの谷さんが財務省に問い合わせたのはこのくだりの話で、森友学園はこの有益費がいつ支払われるのかを気にしていたので、その催促のために昭惠さんに照会して、財務省側に問い合わせてもらったわけね。もう一点他に、福祉法人としての優遇についてもあるけど、これはさっきつぶやいた。
 
★  森友学園との交渉がこれだけ膨大な量残ってる理由は、森友側が「土地の値段があまりにも高過ぎる。安くしろ」といって、あれこれ色んなとこに連絡したり、何度も財務局に来ては「あんな値段設定おかしい」と主張してたことにあって、これに近畿財務局がその都度「安くするのは無理」といい続けてたから 
★  面白いのは、弁護士や政治家の秘書は、近畿財務局の説明に概ね納得して、むしろ「そっちも大変ですね」と同情してるような節があること。つまるところ、近畿財務局が進めてきた契約内容には、ちゃんとした法的な整合性もあり、国の定めた原則論から逸脱したような形跡が見られないんだまるで 
★  では、それがなぜ急に8億円もの値引きを行ったかといえば、これは明らかに近畿財務局、大阪航空局の落ち度と、森友学園が新しく雇った弁護士が優秀だったのが原因。当初、もっと簡単に済むと思ってた汚染された土壌処理が、想像以上のゴミが出てきたことで処理が追い付かなくなってしまったのが最初 
★  次に「明らかに大量のゴミが出て、工事が進行できなくなったのは国がしっかり土壌調査していなかった責任。このままでは費用がいくらになるかもわからないので、学校の建設そのものを取りやめる考えもある。その場合、国にこれまでにかかった費用を損害賠償として求める」と森友学園側が言い出した 
★  この論理展開が実に上手くて関心したんだけど「本来なら裁判した方がもういい状況なんだけど、籠池理事長はそれでも学校をやりたいという意思があるので、かくなる上は土地を買いたい。なので国にはこうした事情を考慮して最大限の努力をして」という感じで、国に妥協を迫ってるんだな。 
★  ちょっと不満なのは、この交渉以降の部分がどうも欠落してる印象があること。この弁護士の提案を近畿財務局、大阪航空局は受け入れるんだけど、その過程で本省(財務省、国土交通省)に相談してたのかとか、金額面でどういうやり取りがあったかは書いてないんだよね。 
★  とはいえ、この交渉の中で「籠池氏が納得する金額を提示できないなら話はまとまらない」と何度となく弁護士が釘を刺しているんで、おそらくは内々で金額の交渉が行われたのは間違いないだろうね。というわけで、この1億3000万という金額が妥当かはともかく、政治家の介入等で行われたもんではない 
★  以上がまあ、大体の書いてある内容を968枚か、読んだ結論ではあるんだけど、おかげで色々わかったことがあるんで少しまとめてみる 
★  ・森友学園の小学校建設計画は当初かなり杜撰なものだった・大阪府、近畿財務局共にあまり実現の見込みがあるとは思っていなかった印象・しかし近畿財務局としては国有地の活用は好ましいものだったので国側から断ろうとはしなかった・結果、私学審議会の判断がどう出るかが大きなポイントだった 
★  ・大阪府の私学審議会の基準はそれほど高くなかった・しかし森友はほとんど資料を用意できず、認可判断を受けられる可能性は低かった・このため私学審議会で認可の判断が下りた場合、森友への土地貸付を行う方向で近畿財務局は動いていた・結果、近畿財務局と大阪府は緊密なやり取りをすることに 徹底的に仕事 @uraotya 
★  @iiduna_yutaka ゴミ撤去費用だけの値下げで行けるはずなのにそれ以上の値下げしているのが気になりますね 
★  @uraotya いや、それが難しいところだったんですよ。「相手が納得しないなら中止、裁判」という話になってしまったので。ようするにこの時点で負けたんです 
★  ・正直なところ、大阪府の担当者も籠池氏の性格には困っていた感じ・近畿財務局、大阪府の印象では「このまま認可されるかは怪しい」といったところ・ところがここで森友はえらく優秀なコンサルタントを雇うことに成功し、一気に認可に近づく・最後に残ったのは経営計画と資金の問題 
★  ・ここで籠池氏が実は虚偽なんだけども大口の寄付金があったといい、資金面をほぼクリアすることに成功・大阪府もほぼ森友の認可に前向きな判断を出すに至る・ここから森友と近畿財務局の契約交渉が本格化する・しかし近畿財務局は森友の財務状況にどうも不信感があったようで条件を設定 ポンで獣王 @pondejuo 
★  @iiduna_yutaka こんな案件で本省の手を煩わせないために地方局はあるんです。相談されてもそれどころじゃないんです。実際毎年のように人死ぬんです。過激な物言いで失礼しましたが、それくらいの無理筋案件はまず本省には来ないですね。それこそ忖度があれば来るんでしょうが 
★  ・近畿財務局が森友に求めた条件は「10年以内に土地を買うこと。できないなら更地にして返す」・ここからいよいよ土地の貸し付けをめぐって森友と近畿財務局のやり取りがはじまるものの難航・森友側は「土地の貸付金額があまりにも高額だ」と主張。「安くしろ」と迫り、政治家等にも働きかける 
★  @pondejuo いや、そこなんですこれ。近畿財務局が不満でこの一連の騒動を起こした理由 
★  ・近畿財務局は政治家の秘書などの問い合わせにすべて「原則として無理」で解答・これに政治家の秘書たちも納得。というか法的に当然な話なので、むしろ同情さえしてる感じ・そんな中、森友が行った土地のポーリング調査で土地が軟弱地盤だったことが判明。・追加工事が必要だとわかる。 ポンで獣王 @pondejuo 
★  @iiduna_yutaka うーんこれは元公務員の本省の人間の立場で憶測になっちゃうんですが、地方局にいくほど国家公務員法で制限されている組合活動が活発で、その支持母体は共産党です。いいネタですよね、この連絡の遮断具合。私らからすれば、地方局権限の話、ましてや怪しい話を本省に上げてくるなっていいますから 
★  ・これを受けて近畿財務局は土地の評価額から対策費相当分などを値引き・結果、年間2000万円強程度で交渉がまとまる(土地の評価額想定は9億3000万)・しかし籠池夫妻はこれに不満しかなく「もっと安くしろ!」とその後も頻繁に財務局に押しかけて迫る 
★  ・ここから二度目の政治家の秘書などからの問い合わせがはじまった模様・しかし近畿財務局は「評価額は国が算出するものだから勝手に安くしたりできない」として拒絶・以下、この状況が続く・一方、小学校建設予定地では土壌汚染処理の工事がはじまる 
★  ・ところがここにかかる費用でも森友と近畿財務局の間で意見対立が発生・森友が費用を払い、後で国が「有益費」として支払うものは支払うとするがその時期をめぐっても対立・航空局が予算を組むが、平成27年度内に間に合わないため翌年度予算で対処することに・森友がこれに反発して抗議   
★  ・こうした中、工事中の敷地からは想定以上に大量のゴミが出る事態となる・財務局、航空局は業者になるべく費用のかからない方法で処理して欲しいと提案・ところがその結果、学園の敷地内に大量のガラス片などの混ざった残土が山積みになる事態となる 
★  ・この残土のために校舎建設の計画が一旦ストップする事態となる・森友側からは「国が処分しろ」と航空局、近畿財務局に催促・そうした中、森友学園が新たに雇った弁護士から妥協案が提示される・このままでは想定以上に費用がかかり小学校建設が困難になるので計画中止も考えている旨伝えられる 
★  ・森友学園側の弁護士から1.土地の早期売却2.その代わりに以後のゴミ処理費用などは国に求めないという妥協案が提示される。・大阪航空局、近畿財務局ともにこの案を了承。・双方の間で売却金額を含めたやり取りが行われた形跡・結果、1億3000万円で国は森友に土地を売却以上 
★  という、全体の流れだった。結論としては・財務局側は政治家秘書などからの質問にはしっかりと回答していた・籠池夫妻のモンスタークレーマーっぷりが実に見事に記録されている・全体として政治家の関与、背任などの行為に類するものが行われた形跡はないといえるね 
★  森友側の弁護士の主張も筋が通ってはいるし、計画そのものを中止にして、その責任を国に求める、というのは実は籠池が思いつかなかった方法で、近畿財務局は籠池が「絶対に学校をやるんだ」という意思で動いてるのを前提にしてたため、これに対処できなかったのも仕方がない。 
★  減額の理由にしても、とどのつまりは土地の状態をきちんと調査していなかった国側の責任は過失と見られることは間違いないし、そのあたりを含めた土地金額の見直し、おそらく今後ますます増えるであろうゴミ処理の費用等の賠償。そして裁判のリスクを踏まえれば、まあ「負けた」としかいいようがない。 
★  さて、ここからは私の推測になるけれども、なぜこうした交渉資料が残っていたのか。さらにあの財務省の改ざん前の文書はどこから流出したのか、という点についていくつか思うところがあった。 
★  まず、あの財務省の改ざん前の文書、そして今回の交渉記録を見た印象として、これは安倍総理夫妻をはじめ、関わった政治家たちにとっては「自分たちの関与が、土地の値引きにまったく影響していなかった」という根拠ともなる記述が非常に多い。これが早くに出ていれば今ほど森友問題も揉めなかったろう 
★  さらにこれらの文書の記述は、その性質上のものもあるけれど、いかに近畿財務局が法的に、そして国としての原則論を重視して、交渉に当たっていたのか。そこに法的な瑕疵となるものはほぼ見られない、ということを証明しようとしている側面が強いんだ。つまりは「現場としての意地」みたいなものかな。 
★  しかし、これが改ざんされた後の文書になると、細かい交渉記録は一切省かれてしまい、淡々と「法的にしっかり対処しました」という文言に代わるか、また大部分が削除されている。ここから感じられるのは、近畿財務局とは対極のもの。つまり、あくまで事務処理として扱おうとする「本省の意志」だね。 
★  おそらく、財務省の方は近畿財務局のこうしたやり取りにまったく関心がなかったんだろう。彼らにしてみれば、近畿財務局の案件なんていうのは、全国にあるひとつの部局の出来事に過ぎないわけだし、そこでどれだけ現場の人間が真剣に仕事をしていたとしても、そんなことにはあまり興味がない。 
★  私はずっと「佐川元局長がこうした報告をすべて受けているとはとても思えない」といっていた理由もこれなんだけど、おそらくはその下あたりで「なんだか揉めてる案件があるらしいが、現場がしっかり処理しろ。上には最低限の報告でいい」と切り捨てていた雰囲気が感じられたからね。 
★  しかし、財務局としてはあたかも自分たちが政治家の圧力に屈したり、何かしら上の圧力で背任行為を行ったのではないかといわれるのは、苦痛でしかなかったと思う。この地方の不満がおそらく爆発したのが、あの文書の改ざん問題だったんではないかと、私は思うんだ。 
★  財務省とすれば今回の一連の出来事は一地方部局のミスからはじまったものであり、それに本省が煩わされているという不満しかなかったんだろうけども、それが結果的に近畿財務局の主張と努力とを封殺する形になっていたのは確かだろうからね。しかもその記録そのものを財務省はなきものにしようとした 
★  おそらく彼らはなんとかして「自分たちがやってきた仕事の記録」を残したいと考えただろうし、またこうした地方の声に耳を貸さない本省への怒りも当然あったろう・・・どうも不思議だったんだけど、なぜ改ざん前の文書が外部に流出したのかも、このあたりからするとひとつ想像はつくんじゃないかしら。 
★  ようするに地方局の財務省に対するある種の反逆、か。どうもそういう印象がある。以上が、私の勝手な推測になるんだけども、正直なところ事実がどうというのはわからない。森友の問題をこれ以上調べようとは思わないけれども、大体のところはそんなもんだったんじゃないかな。 
★  以上です。 
★  個人的に、籠池夫妻が小学校を経営するという事態が避けられたのが森友問題最大の功名といえるかも知れない(笑)