ニュースが好き

政治でも経済でもアニメでもニュースなものが好きです。

★「国民民主党初日早々からサボり?英語表記を和訳すると『人民民主党』」「拉致被害者家族の椅子をどけさせたオバマ、逆に親身になって聞いたトランプ」「李克強来日 どうなる日中関係」【Front Japan 桜5/8有本香・福島香織(若干書き起こしメモ)】

【Front Japan 桜】GW 議員は何をしていたか? / 李克強来日 どうなる日中関係 / 国会、ようやく正常化~野党“嫌がらせ戦術”の限界[桜H30/5/8]


有本香福島香織


福島 カリーニングラード


◆国会がきょう正常化するとどこの発展途上国のです。日いうすごい寂しいと思います。けど、ね。1回します。。でこれで結局与論を自分たちの方に味方につけようというふうに野党側を持っていたわけですけれども、



ん豈図らんや野党に対して与論が厳しくなってきたということで私楕円前に自分の sns 書いたんですけど、枝野さん。立憲民主の代表ですけれども、


枝野さんは猫の辻本国対委員長と甘いところで手を切らないと大変なことになるんじゃないかっていうことを書いたの熱地元産のやるこの嫌がらせ実っていうのは一に嫌な意味で女性的でもあるし、これは一般の人から見たときにその底堅い支持っていうのをウルっていう本もではないです。どう考えてもだからでしかも言動を知らずに多分やっていくだろうなというふうに思ったら案の定で最終的には辻本さんはなにやらそのこれは圧力をかけた結果その対話が。出せたとつまりその対話のための圧力だったんだと守るまでのその18連休はと言ってるらしいんだけど、も、


それほとんど吉本新喜劇の世界。なんか自分たちがボコボコ何と言ってなきゃ。


いけのめだかさんそうけど、恋愛してルアー未来。話といっしょでしょうダイナー聞くところによるとこれは連休の前からですけれども、


マークの野党が野党6党の議員たちが地元の支持者なんかに水文書のいい加減国会サボるのやめたほうがいいんじゃないのと言われていたという事があるわけですね。で a今国民民主っていう新しい政党をスタートさせた玉木さんなんかは親に言われたから国会に戻るっていうね。そういう幼稚園みたいなこと、登校拒否の小学生かというようなことを平気で言っているわけですけれども、


結局これは野党側に聞いてきてしまったとこの範囲外先日が。そういうことなんですが一応審議に戻るということになっています。


これまでどういう経過だったかって言うとこのずっと国会の委員会そのものは何もかも止まっていたわけではなく野党の審議時間を一応空回ししてで重要な法案については採決をしてしまったというようなものもあります。からやとがもこれでさすがにこれ以上出ないということになると本当にまずいということになったんでしょう。


そしてやなせさんの参考人招致が10日でほぼ決まったというようなこともあります。それからこれもくだらないニュースですけれども、


国民民主党ですかそれが発足した。というようなことの中で明日、日中韓首脳会談ですね。ということで中国と中国の李克強首相とムンジェイン大統領が来日するということになります。これ日中韓の首脳会談というのも初めてかな。安倍政権になるのは2年半ぶり。


そうか馬にセールでやったからいいがちょっとは行ってそうですね。阿呆1地帯はインチとか来日ですね。第二次隊は8阿部種政権になって初めてじゃないですかね。そうですね。で宴会でご協賛は公賓待遇でくるという事ですし。アドマー日中関係を改善するというような今方向に来てます。けれども、


江戸あるでしょ習近平国家主席の来に家も日本が要請してます。


年内あるかもしそういう感じです。で北朝鮮対応をやるかどうか課題です。これちょっといろいろ他にもに日中韓でも相当厳しい問題がたくさんあるので。


それは後半に福島さんにちょっと伺いたいというようなところです。


そこで今日のトークのテーマ


ゴールデンウィーク議員は何をしていたか


そして後半は李克強来日どうなる日中関係の2つのテーマでお話をしていきたいとおもいます。


それでゴールデンウィーク中なんですけど、まずちょっとひとつゴールデンウィーク明け早々にニュースがありました。これをお伝えしたいと思います。


先ほども、触れましたが国民民主党という政党がスタートした。この記者会見昨日やつでしょ。記者会見…その発表をするということでメディアに取り上げてもらいたいっていうことで時間帯を設定したんでしょうけど、昨日の午後2時、設立の総会をやって設立大会をやったということでまたきのう国会出なかったじゃないのったの話もあったりします。


そういうことをやってできたこの国民民主党ですけど、私はちょっと笑ってしまった。この読売新聞の今朝の朝刊です、この国民民主党というのがまず日本語でのこれリアクションは国民党って確か言うらしい。念頭に謝れ見て知られるたじゃ民進党だったのがここみん党になるって一体どういうことがみたいな話なんだけど、と笑っちゃうどんな冗談だよって何時、で好ま国民党っていう国民大うどう考えても、この人たちが普段あんまり国民のことを考えてると思えないんだけど、そういう名前をつけました。


読売新聞の朝刊でそのことは扱ってるんですけど、左下の方がいいですね。ちょっと面白い囲みがあります。右派みたいな英語名はどうだとんこの新党国民民主党は党名の英語表記democratic party for the peep ですね。に決めたとえ当初は国民民主党ですからナショナルデモクラティックパーティー ndp という風にする案を検討した。が党内から右派政党を想起させるなどの意見が出たたため bp fp に落ち着いたというとしかしこれね。 democratic party for the peopleだったラバーこれ人民民主党にしないとちょっと変じゃないってその政治おごってあるわけです。そういう点でそれわかっていながら国民ってつけたんじゃないのっていう気が。山東菜そうそう1波買っても生まれちゃうけど、その通りだって言うんです。っていう言葉をつけね。なんとなくそのじゃあ和らげてるんですかっていうんだけれども、


これかなり左をむしろイメージさせる名前だと私は思う。だからそういう点でこの人たちのこの感覚っていうのもよくわからないだけではなく、常にこの人たちでこういう看板ありき歩きなんです。本当に何をしたいかとか透明に自分たちの何回考えていること理念だとか理想だとかその意思だとかそういうものを込めてなくてなんかこれは耳で声がいいんじゃないかということだけでいつも看板を掛け替えてる。


わずか7か月前にみんなで希望の投入は at いったわけですけれども、


で希望の頭に入ったと思ったけれども、


希望が賞味期限が切れてきたなんとなくチューインガムの味がなくなってきたと思ったらばそれパッと吐き捨てて今大事分たちは国民は創薬でね。すると政党の名前が。覚えられないわけですかね。仕方がないですね。じゃあ一体さあ総選挙の前になっていきなり名前をぇ連行とかその違う島に行っちゃうとかっていう時点でも全く政治センスがないでしょっていう。


いくら頭を絞って考えてもすぐ忘れるからいいよ。


いいよって感じです。これアレなんでしょうね。でも回人も一緒になりたいっていう気持ちでいるんでしょうけれど、例えば野田元総理だとか岡田か茶山だと過去の辺の人たちはも参加をしなかったとかよ子達もともとね。選挙の時も無所属でで戦ってました。から坂ちょっとね。このなんかあまりにも頼りない2人の共同代表のもとに自分たちが下に入るってのはちょっと難しいと思ったんでしょうけど、このまま行くとおそらくで立憲民主は多分ですね。この国民民主党と一緒にならない路線で行くと思います。で多分その立憲民主って言ってみれば共産党のソフト路線みたいな感じにも見えるじゃないですかで今の社民党というのもほとんど。政党としてはまず存在意義がないみたい感じになっている.


そうすると昔でいうところの社会党みたいな役割を立憲民主がになってそれでたぶんこの国民民主党はあちこち行ってわけわかんなくなってる間に瓦解するっていうパターンじゃなんじゃないかなというふうに想像します。


それでそういう18連休などをとっていた野党6党の日本維新の会を除く野党6党の人たちというのがいるわけですけれど一方で正国会議員も本でウイーク中ですね。地元に帰ったり色々していたそれ以外に少し活動を色々をしていた人たちもいます。というお話をちょっとした。いと思います。ちょっとこれも新聞の報道から少し見ていきたいとおもいます。



産経新聞です今朝の産経ですめぐみさんの拉致被害者横田めぐみさんの弟さんである横田拓哉さんそれから飯塚浩一郎さんというのは田口八重子さんの息子さんです。この方たちがアメリカワシントンを訪れましてアメリカ政府に北朝鮮による拉致被害者全員の即時一括帰国頃の協力を訴える歌目にワシントンを訪れていました。これは毎年実は入ってるんですね。でこれには拉致議連と通称される超党派の拉致問題取り組んでいる議員の人たちというのも毎年一緒に行っていいんですけれども、


今年もですね。木そのものはいろんな活動があります。からちょっと五月雨式に入っていたという風に聞いています。で例年そのように願いに行っているわけですけれども、


で今回その帰国の模様はテレビなんかでも少しは報道されていました。ただこの感ですね。ちょっと日本のテレビの伝え方ひどかったですね。この南北の融和っていうことをなんかあたかもお祝いみたいにして伝えててほとんど拉致問題なんて無かったかのように誰も何にも言わないみたいな場面もあってですね。お怒りのテレビの前でお怒りの方も相当いらっしゃると思います。けれども、


で今回このなんとなく毎年恒例みたいになって本来であればこの拉致被害者の人たちがワシントンに頼みに行くこと自体が普通じゃないわけですけれども、


ね。でもこれの恒例行事化していたんですがa今回も行きました。とで連休の最終日5月6日脱ぎですね。この日の朝にですね。私のところに山谷えり子参議院議員の秘書の方から連絡がありまして、山谷さんはまだその時はアメリカにおられてちょうどその日の何時間に帰ってくるという状況だったんだけれども、現地から連絡があってそれで帰ってきたらすぐに何かきちっと発表して伝える機会を作ってくれないかというふうに山谷さんおっしゃっているということなので分かりました。まず帰ってきてから私もゆっくり話を聞かせていただきたいということをお願いした。


それはどうてたかというと例年とは違う対応だったっていうことです。でその詳しい内容というのは実は強豪5を聞くことになってるもんですからこの収録に間に合わなかったんですけれどこう言うね。その今までってもごく一部の人が対応してくれたり多分過ぎなかったと思う。おそらく今回はトランプ大統領が日米首脳会談でもあれだけ拉致問題これの解決に自分を全力を尽くすと、あらゆることをするということまでいったわけです。


その点でおそらくその国務省やへアメリカ政府側の対応というのが相当違ったんだろうというふうに思います。産経新聞の。これは五月六日の連休最終日の記事ですけれども、


これをみますとワシントンで国家安全保障会議のポッティんじゃアジア上級部長シャノン国務次官と個別に会談をした。とこれは拉致問題担当の加藤勝信大臣ですけれども、


そして拉致問題の真の解決をすべての被害者の一日も早く帰国だと言って協力を求めました。というようなことがあります。


でおそらくそういうふうなことも受けて多分向こう側で拉致被害者のご家族の方々やあるいは実際にいった国会議員の人たちとを今までにないちょっと深いやりとりはあったんだろうというふうにちょっと期待思っていきたいとおもいます。


それからちょっと。別のすしから聞いたことは米 nasa でこの記事にやはりえっ拉致議連のメンバーによるとポッティんじゃあ氏が大統領から拉致問題にしっかりと取り組むようにという指示を受けているという一言もある。


ですからこれは大統領の非常に強い思い入れがあるというようなことです。


去年の11月にトランプ大統領が日本に来られた時にこの拉致被害者の家族うご家族の方々と面会しました。その時の映像絵っていうのは非常に私も印象的なものとして見てたんですけれども、大変近い距離で奥様と一緒に本当にも膝を交えるような感じで。お話を聞かれたでこれは。今だから波形申し上げますけれども、


実はオバマ大統領時代にも同じような場面をセッティングしてる。拉致被害者のご家族の方達が直接アメリカ大統領来日した。アメリカ大統領に自分たちのことを訴えるという機械を作りました。で日本側がそれセッティングしたんですけれども、


その時アメリカの政権側つまりオバマ政権側は着席はダメであると椅子はダメで立ったままにしてくると会うのつもに立ったままってことも短時間ってことです。で日本がだいぶ粘ってですね。被害者その親御さんなんか高齢でもあるからぜひその座った形であってもらえないかという風に言ったんだけれども、


それはダメだということをいい歯科モアレ私が迎賓館だったんですけれども、


そこで会うことにしてその日以上あるじゃないですか本場所でありましょうということにした。でそこにオバマ大統領が来て出たって面会するという段取り一応決めたんですけれども、大外そういう広い場でですから。椅子ってだいたい壁際とかに置いてあるでしょ何脚会で当然もその横田早紀江さんも含めてご高齢の方もいらっしゃるから何かあった時にサッと座れるように椅子を置いてあるって当たり前のことなんだけれども、


実はその面会の前にアメリカ側のスタッフが入ってきてその椅子全部どけろと。


音たってママって言ったじゃないかと約束違うという風に言ったと私は実はこの裏話を最初はちょっといろいろ聞いたね。一人で入るマって言わなかったんですけど、も、


うこれはその trap さんが来てああいう形での面会が実現した後。これ言って行ったほうがいいなと要するにアメリカの政権ももちろん大統領によっていろいろこういう問題に対する個々の問題に対するその関心の向け方って違うわけですけど、


私はマスコミの作り出す像というものの罪深さってあると思うんです。オバマさんが決してその人道主義者でないとは言わないけれども、


人も人の子の親であるにも関らずその場面でどうしてそこまでそのオバマさん自身の石田どうか分かりませんよしかしそのどうしてそこまで問題ゆず家の被害者のご家族にの話を親身力いくということをそこまでして避けたのかっていうのはちょっとわからないで彼は非常にその例えば核なき世界とかね。音階ごとに関しては熱心なんだけれども、


いろんな点で私オバマ時代のアメリカっていうのはかなりアジアにいろんな影を落とした。そして特に彼のそのまま人道主義的な人でありで人権を大事にし家族を大事にする人だっていうこのメディアを作り上げてきたかわかんないけど、イメージみたいなものと実際に実像というのはためかけ離れたんだなというふうに思います。それで一方でとランド大統領は英もちろんその座って面会するそして子夫人も一緒にということであって冷蔵至近距にで話を聞いてその時にも非常にある意味心を動かされたっていうような印象だったというふうに同席してた人を言ってるんです。でへそれから以後そのいろんな機会を捉えてこの拉致問題のことを口にするようになっているこれは必ずしもアメリカ側がこの問題をこの北朝鮮に対して何らかのカードで使おうというよりは私はおそらく人間としてね。えちょっと心を動かされた面があるんだろうというふうに思います。ですからやはり猫の政治家あるいはその一人の人間と言った方がいいかもしれませんけれども、


そういう人がメディアによっていろんな形にその描かれてしまうあるいはその実像とはかなり人間って画面的なものなので一面的にだけは言えないですけれども、


でもかなりね。その違うイメージを作られてしまう。


同じことは今日本の政治方どうや特にテレビを使った世界においては非常に大きくあるんだなというふうにやらためと思います。


でそういうことでアメリカの政権もかなりこの問題については熱心に取り組んできているで、一方で山谷さんというのは今どういうお立場かというともっと拉致問題担当大臣をやりました。でレッド今現在は参議院の拉致問題特別委員会の委員長そして自民党の拉致問題対策本部の本部長をされています。ですからその北朝鮮に対する拉致問題を中心に来たに対してどのような圧力をかけていくか。どういうようなことについても政権側に今まで提言をしてきた立場ではあります。でその山谷さんからあと数時間後にちょっと私も少し詳しいお話を聞くということになっています。で加えですね。この拉致問題については超党派の議連ですから今今どこに所属しての形ともわからないんだけど、松原仁さんなんかもおそらく言ってたんじゃないかというふうに思います。


だけど、ちょっと今足元がしっかりしてない様子に私たちでも人どこの政党に無所属してるだけみたいな感じだから実のある活動がこの件に関してできるというふうにはちょっと思えない。


誰が帰ってくるんですかアメリカの人質と一緒にセットで。


今言われてるのはアメリカの人質とセットって言うことが正しいかたかわからないけど、おそらく近いうちに動きがあるだろうとんいうことです。


ただしこれはその日本の国内でまたろんな議論を呼ぶと思います。。特にほ者の人たちからかなり厳しい声も出るかもしれないけれども、


北朝鮮の要求を一部のことをセットで失わね。お金も入ります。金の問題ですね。でこれを拉致被害者のご家族の方々にもある程度その納得をしていただきながらということじゃないかという情報も今飛んでいます。


で政権側はそれは全く今のところ認めていない。


で政権側としてもあくまでも今の制裁というのを緩めないという姿勢を崩さない形でいくんですけれども、


水面下ではそうじゃない話を直接北朝鮮がとしているという情報があります。


で日本も何もアメリカでのみとか韓国だのいっていうことではまったくなくて、


実際のところは日本の政府とそれから北朝鮮との間に直接のパイプがあって。


そこでそういう話をしていてことが動くんじゃないかで


拉致の方が帰国するんじゃないかというふうに言われています。


それも全て米長会談が実現しそれなりの成果が狙いでイエスいいと言うそうですね。そのセットですね。そこはどこまでいわゆるリビア方式とかって言ってますけれども、


どこまでそれが実現できるかっていうのは核に関してのその罹病方式っていうのは北朝鮮の一番それを嫌がっています。。ね。かだみさん殺されてるんすかそれとね。そのリビアと違って北朝鮮の場合リビア方式果たしてできるのか説もあります。というかちょっと時間的にも爪部時間がないです。その自爪時間も無いのとその北朝鮮の情勢とかある地勢とかいうことを考えると何かそうじゃない世セレビィみたいに完全にそれをオープンにしてないよっていうことを検証できないんじゃないかっていう風に言ってる人もいるんです。だからその辺をどういうふうにアメリカの政権が考えているかということと一方では全くゼロじゃないんだけれども、


何らかの作戦を展開する可能性もあるとこれだからそのかなり大規模な軍事行動というよりもなんらかの作戦を展開することも準備してるんじゃないかということも言われています。


昨日のたまたまちょっと複数の韓国側の人。それと韓国の情報を非常に深く持っている日本が人ても話しましたけれども、金正恩という人も比較そうは言ったって彼の現実的な人間ではあって父さんとかそのおじいさんとはまったく考え方が違う人間だという風に言ってる。だからその全然違う展開ということは十分あり得るんだというようなことを言っていました。ですから全く今の段階でははっきりしたことは言えないんですけれども、


ちゃんの音不確定要素が。大すぎます。います。で目関西圏は確かに今までと取り組みは違います。。だって国務省はほとんど体制が違うんですからだけど、おそらく近いうちに何らかのこの拉致問題に関しては動きはあるこれは間違いないでしょというところですね。でそういうふうな形で議員で動いてた人もいました。山谷さんとは別に今自民党のこれもなかですけれども、古屋圭司さんという人ももっと拉致問題担当大臣で自民党の拉致問題対策本部長もやられて、今は議運の委員長をやっているので国会の中に結構られることが多いんですけれども、


古谷さんは。去年おととしから去年にかけての約1年ちょっとの間にフラさんと後塚田さんという議員が2人してだいたい6回ぐらいは神道に入ってる。出ないし言ってたかっていうとこの実は今アメリカでも3人北朝鮮に拘束されている人がいるそういう中の一人のデービーとスネドンっていう人この人はその北朝鮮当局による拉致だろうと飾磨中国の国内から中国の雲南省から連れ去られたというふうに言われている人でこの人のことをそのアメリカ政界でもっと拉致問題北朝鮮による拉致問題として問題にしてくださいと、で日本と連携しましょうということの陳情のために6回裏目で入ってるんで、


この辺も結構高そうしてきたっていうかですね。だんだん実を結んできていてレアのこれにはマルコルビオ上院議員。このぐらいの大物もこの問題にはちゃんと直接耳を傾けてそしてこれはアメリカ国民が北朝鮮によって拉致されたという大問題だとで日本と正強調していたのを境としていくべき問題だっていうことで議会の中にその問題を持ち込んだりというようにことも実現してましたから。ちょうどこの1年ぐらいでだいぶワシントンの意識というのはこの拉致問題に関しては変わったということは言えます。これはですから間違いなくトランプ政権になったことでの日本にとっての一応良かったことです。いいんではあるわけですね。ですからトランプさんのいつものついてやる前から強くわからずぼやかれているけれどで今も一生懸命アメリカ側もね。


そのたくさんの過去の女性スキャンダルみたいなことない王子繰り出そうとしています。けれどそれはそれとして日本にとって良い大統領であるかどうかっていうことはあしっかり見ていきたいと思います。


それとマーレーのそのロシアゲートなんて言われていたのも曲トランプさんよりもクリントンさんクリント歳のがやばいんじゃないみたいな話になってきて、なんとなく沙汰止みになってまた次のトランプさんに関するね。そのスキャンダルをメディアが探しているという状況になっているわけですけれどこうのあたりも非常に日本と似てるなとメディアっていうのはそういうもんなのかもしれね。アメリカも。もっとその伝えるべき大事な問題はそれは効果にあるんだろうというふうに思います。けど、とにかくトランプ大統領の足を引っ張ることでトランクさんの過去の政治家じゃない時代のことまでいちいち言及した。ってしょうがないと思うんだけれども、


そういうことでしょ懸命高をイメージを悪くしようというような報道が非常に目立つと。日米がなぜか共通してそういう状況にあるということですがしかし結果はまだ出てませんですが成果は出てないんですけれども、


この拉致問題にこと拉致問題に関する限りアメリカの全部伊藤亮と今の大統領では真っすぐですね。親身になり方が格段に違う。


そして日本のゴアの国会議員もですね。一応ゴールデンウィークも仕事をしている人もいらしだということ。


仕事してない人の方が多かったりは仕事してないその野党議員ってのはかなりいました。ということですけれど




後半です第8麻李国強がくると李国強というのは中国の首相ですけども、


できたらどうなんだって言われるとこの人すでに中国政治において影響力ないので s 体も歩いで処分体も悪いし心もちょっと病んでるかなっていう感じがしないでもないんで私としては私自身は自在に公共さんに対する印象はイメージってな決して悪いものではないね。意味優しく迎えてあげてくださいなんて思うんですけれども、


朝日新聞にこの李国強の結構運っていうのが乗りました。さすが朝日新聞。どういう意味で言ってる買われたんですけど、も、


で見出しからしてあるんこの全文を掲載するのいんですけれども、


よかったこのパッチ平和友好事業という見出しを9にこんなに大きくたてるってさすが朝日だな時はさすが。中国が言ってほしいことをちゃんと急い下さる。


これ一面見出しで当然ね。中国の首相の寄稿文ですから一面にのちゃんと解説文あって金融教育への投資枠っていうのを付与すると勝手に偉そうに言うなって思うんですけれども、


いろんなお土産もトキも連れてくる子っていう感じで8用意して。日中を正常軌道に戻した。いという意欲を李国強は打ち出した。でこの日日中関係のなるのっていう話から言うとちょっと記事も後で紹介するんですけど、歳結論的に言うと。習近平政権は明らかに日中関係改善路線にかじを切りました。そういうふうに去年段階だよね。まだわかんないなーみたいな迷っていたところなんです4月以降ですね。理由簡単。アメリカor の貿易戦争というがかなり本気で長期化するという覚悟を決めたわけです。


でちょっと新聞の方を簡単に紹介します。まず朝日新聞の一面でり師匠日中を正常軌道に立って本誌 mikiko 吸入協力会投資枠という風なことを言ってて


8日から始まる初の日本公式ホーム前に朝日新聞に寄稿したということ。こういうふうに姉中国の国家指導者が自分の文書もちろん秘書っていうかスピーチライターが書いてあんのライターさんが書いているんだけれども、


それをに寄港するのというのは余りあることではありませんね。2013年の首相就任以来初めてで両国関係について正常な発展軌道に立ち戻る交差点にあるというふうには今回の来日を位置付けているということ。安部晋三首相との会談に弾み 関係改善を進める力を示した。ということ。


お土産としては金融機関などが人民元で中国本土の証言に投資できるように人民元適格国が行き交いarchi担当しか RQアイアイっていうやつですね。うの投資枠を日本に付与すると表明した。ということですどんな経済今日の他にもね。いったイチロー能に対するラブコールも8市場に対するダブコールもやってきています。しと象徴としてね。いう日本人民の有事を示す象徴として新たに2羽のトキを提供するということで


尖閣春問題が。そんな時よりも尖閣とか思うんだけれども、


それについては別物で8実際に尖閣会議にと船が入るということは今常態化しています。からそれは別ですけどね。本文の方も見るを中日平和友好事業の再出発ということで非常に中身見てみると当たり前のことしか言ってないんですけれども、


君はかなり気を使って8色々と入っています。で若い世代の総合訪問を推進するということでえ何ですかね。相互交流とかそういうことも力を入れていきますと言うことを言っています。でこう書いていることは当たり前のことっていうかさほどなんていうのかなすごいぞっていう中身でもないしで国境さん自身が今の中国の影響力を行使できるほどの存在になってないのでこのラインに家今回の8一連の北海道にも行かれるそうですけど、も、


ね。北海道は今中部中国人の取られるドっていうぐらいの勢いで土地や不動産買われていると言う問題もあるんだけれども、


中国としてはえっ北海道一番中国人の邂逅人気だし釧路は一体イチローの起点になる子みたいな感じとか都市で8存在感をアピールするためにも行くのか北海道も来てほしいとインバウンドで聞いてほしいというふうにラブコールも出していただくか省庁会議に出るんでしょ来て欲しいんです。そういうところも回ってえーっ8が今回の両方の日程っていうのは相当組まれているんですね。私ちょっと前にに国境その温家宝さんがキャッチボールした。時みたいに何かこういいイメージ作成はありませんかね。みたいな感じで日本の政府がわー関係の人に何か言われたことがあっていやそこまで中国のイメージアップをで日本側が考えてあげることね。それは変更が考えるとかが思うだけですうんっていう話なんですけど、も、


日本としては非常に日中関係を正常化した。液体した。いって改善した。いという期待に盛り上がっていうことは盛り上がっていると思います。でそれが夜について言ってるか4がついて言ってるからついててないかっていうのは別なんですけど、も、


dayじゃあ日中関係なんで今改善にしようというふうに今習近平が風を切ったかということがむしろ重要なんです。でこれがどのくらい続くかとかこれを民の部下するかっていう日本の選択という問題があって実は結構今回のその日中関係改善路線にその中国舵を切ったということに関して日本ろんななんていうのかな選択し今後の選択肢って言うのに含めて考えなきゃいけない時にきたかなっていう気がしてます。でこれは背景にはやはり4月になってからそういう航空機っていうのは9人乗り上がったということを考えるとどう考えても米中の貿易戦争です。これがなんていうかな寒気で済むかなとか8最初はトランプの中間選挙が終わるぐらいまでで我慢すれば何とかなるかなとかって中国がも甘い生きたよちょっと持ってたんだけど、どうやら本気の打ち合ぶちかまし愛になりそうなところがそういう感じになってきた。これはまだわかりませんっていうのはアメリカもたぶんこの買うことにどういうふうにこの貿易戦争を進めるかというかっていうのは意見が分かれてるんじゃないかなという気配もするんですけれども、


でも3日だから あれがありました。スーパー代表と肺が的にで英米中通所ってこれかなり険悪だったと思う縁からの様子にいうどう考えてもね。なくそうだ今日もできないみたいな一応アメリカが2000億ドルもね。貿易黒字減らせみたいなこと言って中国じゃあそれが hydeそうします。というふうには言えないしいわゆる参丸一追加関税とかa だと中皇帝ゼットピーって音で名前で知られているスマホメーカーに対するそのアメリカのね。えぇいわゆる精密ペンチップを売るか売らないかなあっていう7年か売らないというふうに決めたし市場も使うなって言って指示を占めたしっていうのも決めたしファン a に対しても調査が入ってし女子明暗の締め出しを進めているという状況でなんていうのか完全に中国の技術派遣の野望をつぶすと技術派遣だけじゃなくて偉大なる中華民族の夢っていうね。習近平さん自身で野望を潰すまでやるんだみたいな気配も見せてるわけです。なんでそういう気配が出てくるかといったら今回のその2種競技にナバロさん来てるじゃんっていう話なんです。ナバロさんっていうのはピーターナバロンっていうのは一時期ちょっと姿存在感を消してました。けれども、


ここに来て82肩書き忘れちゃったややこしすごく通称会館へそういうふうに lsc の経済版ですね。えてみればのます。汽車として参加してでピーターナバルのそのピートなバラさんが書いた米中も下だから待ってなるの風に中国物布施って話なんです中国脅威なるランスレイヤー中のドラグをするよね。だから人が今回の通称競技に来てるって事はそういう事だよね。って今中国がそういうサインを受け取ってるわけです。で中国はね。多分 zt 救えないと思うんです。 zt はこのまま破綻するかなパワー a は生き残るかもしれないですけれども、


っていうぐらいにもでが zt もも辞世の句の社長が年ツイッターで辞世の句じゃないんですけど、も、


嘆き節を言ってるからちょっとこれは難しいんじゃないかなと言うつまり zp のために中国が物販の通称協議で妥協アメリカにだけをしですっていうような選択肢っていうのを今今のところは選んでないでこれからどうなるかっていうときなども、


お互いがい機ので目とネメアはで戦うしかないね。っていうぐらいの緊張感を持っているんですけれども、


中国としてまーただ経済基盤の強さとかあとつい関税の象のが規模とか考えると中国の方が弱いと弱いというかっていう立場弱いという風に普通の人が見るんですね。で中で中国としては生き残りのためにそこでアメリカと日本なんてですかパートナーシップを持っていながらもなんていうのかなアメリカに東亜かつてアメリカにの通称貿易戦争で苦しめられた日本とこう組というような空気が実は出てきてるんです。それどうこう言うところに見れるかというと人民日報が4月の8が上旬かなぐらいに確か福田さん紀行文を育てるんです。で風邪さんというのは某青フォーラムの理事長とかやってるんですけど、も、


要するにそこで泳動何を言ってるかというと日本のそのバブル崩壊時代の音8今日金を組んでくださいみたいなことも言ってるけど、タイトルはどぅ本拠人類運命共同体の南海みたいなことが入れてて中国の習近平政権のスローガンの中に人類うん勉強代とか言っててそんなある中国重心の神中国と人類運命共同体した。くないよっていうような話なんだけれども、


福田さわりとそれをを肯定的に自民日報に希望してそこからスタブそのあたりぐらいからものすごくその中国のネットメディア8普通の公式メディアも含めて皆その中国の日本のそのアメリカに勝つていじめられたえーっ思って81年のトヨタの音自動車の自動車の音喫茶の自主規制の話からプラザ合意からそのその前後に至るそのアメリカの日本いじめみたいな話を子一斉にみんな書立ててで今こそその日本の音教訓を汲み取ろうこの戦争この米中貿易戦争に負けてなる前とかで重宝した。ら終わりみたいななんかそういう論を盛り上げているわけです。でそれは私ふっと思い出すのはオバマ政権の時に習近平推移では共にファシ世界橋ず反ファシズム戦争を戦った米中はながらみたいな日本の軍国主義と実になったたかったからた同市だよね。みたいなそういうイメージ作戦を打ち出しているわけでね。それで米近道米をコリアの離反させようという作戦を立ててたんだけど、も、


ここそれが相撲トランプ世紀になっても全然効かなくなってしまーた阿部さんは立ち回りも割と上手かったと思うんですね。アメリカに対するなので日米離反にならなくても知れ日米同盟強化っていう形になってで今度はじゃあトランプ成犬になった時に最初はトランプ政権というのは中国と組むかなクマないのかよわからないけれども、


どうやらトランプ政権は本気で中国と喧嘩する馬本腰で中国の野望今潰してやるみたいなところに来てるとした。らこれは転換しなきゃいけないつまりアメリカに来た近づいて日本孤立させることで日米を離反させるのではなくて日本を取り込む形でえ8日病に反さんしてアメリカと対応した。にアメリカに対抗しなければいけないで本気で戦った場合例えば経済戦争をした。場合ぐわー中国に悪いですね。経済規模からそのいろんな状況を考えるとただ中国に一つ強みがあるとすると痛みに強いんです。ってか人民が韻文入られてるからソース人民が痛みをその犠牲になっても人民には政府を転覆させる力がどっかない球に苛め抜いた時に革命おごるくらいでだから革命が起こらないいい上以外は要するに人民がその政府を県北させる方法というのはないわけですね。だからそうなってくると選挙とかよ論とかメディアとかそういったものが的に回りやすいアメリカよりは厳しい状況に耐忍ぶことができるだからホットひょっとするとこの貿易戦争っていうのい勝負になる可能性はアメリカが結構先に音を上げるんじゃないかという見立てもあるここで重要になってくるのが日本を含む国際与論というか国際情勢というか要するに外国が困った中国に助けを手を差し伸べる形助けるかっていうところがポイントになってくるではないなとそう考えるとこのラブコールを日本は単純に喜んでいいのか日中改善もちろん政治的なリップサービスでえーっと日中改善というのは大変良いですしこのいうこのようにその米中にその非常に厳しい対立が飽きた時歩い貿易戦争が起きた時いかに立ち回ってその日本がその利益を得るかっていうことを考えるべきなんだけれども、


全体の流れから見ると今本当に国際秩序とか国際学群が大きな転換点にているわけですね。麻雀の cpi という状況でみんな s に例えてます。けれども、


今までアメリカ一極のパックスアメリカーナみたいな世界秩序があってそれが中国の台頭とアメリカの霊夢抱く始めまオバマ政権の時のアメリカのレームダックの時にが始まって手間欧州もああいうブログじっととかいう動きがあってで seesaa イスラムの台頭というものがある中で揺らぎ始めてそこに中国が主に漬け込んで8存在感を増している阻止で偉大なる中華民族の野望っていう復興という硬派県の野望というのを打ち出してきてね。2000兄11世紀の半ばまでにアメリカと方をならthe 並べるぞというようなこと言い始めたその状況の中でキーマンっていうのが日本になってくるのではないかなというふうな中でんじゃあ日中関係での何でもケンカする必要はないんだけど、も、


日中関係この日中関係というものを改善というものにどういう思うことで中国が近づいてきているかというのはちゃんとわかってフィリップ対応しないと自分の首を絞めることになるんじゃないかなという風に思われます。あれですね。この例えばにに前から中国が入ってるんですけど、ね。この日中韓の fta範囲外の構築ですね。これはちょっと無理でしょという話ですがないんです。で例えばその確かに貿易赤字っていう点ではアメリカ側は日本に対しても言って来てるんだけれども、


台本とアメリカのその貿易赤字の関係止まっ中国たん多分違って中国はがその日本の80年代に学ぼうってます。がいいんですけど、少なくでも一番違うのは日本は時現地化した。んです。それによって全部会社は向こうに持って行って向こうで生産できる line は全部無効に置くということにした。からアメリカ側が今は例えば米国パンがなんかものすごい何百万という人そのまで含めれば雇用してるでしょそれによって日本の企業はグローバル化することで生き残ったんだけれども、


中国企業というのは中国国内にあるその豊富なマンパワーです。労働力これを支えにしている言ってみれば国際競争力なんで日本なのよ細金変わってきて今のアリアのいわゆる it 関係特に重心アリババアースこらへんっていうのは本社本社ではないですけど、も、


シリコンバレーね。研究して作ってユースにそこらへんの技術者とりあえず金でかき集めるぜみたいなことも知ってるんだね。非常にハイテク化した。コードなぁもので食べていけるグローバル企業というのは中国に当然あるんだけれども、


中国社会の構造としては今まで経済成長していくことで結構民主を黙らせてたでしょね。えかこれそれのを擁する雇用を確保するための中国側のその産業が。ヘタをすると成り立たなくなることを前提にしないと日本みたいな形でも転換はできないからだから同じことは中川のらしいんだろうなという日本みたいな転換をするという意味での凶行真鍋ではなくておそらくうかわせ安心さぬ編為替政策で日本の鉄を含むなっていうことと要するに万字合意があったときのような目にあわさ流されるなっていうことと要するに頃って日本は一つ譲歩すれば次に次にと喉アメリカに譲歩を迫られてたからここで譲歩しちゃいけないっていうそういう教訓ではないかと思います。でそれはがんばってくださいとしか eu 編を描くした。らね。アメリカの狙いっていうのはなぜここでっていう風な中国もそれを自覚してると思うんですけれども、


やはり2000中国ね。あ made in china 2025でアメリカをわわるっん所詮雨メディチェーンだろうっていうふうにはアメリカ自体が笑ってられなくなったっていう状況があるんだと思います。。でね。 zt なんてね。行うもともと悪くイランとかに売ってたわけですから8それなりの制裁を受けるのは致し方なしと思うんですけれども、


やはり建前以外にの知恵の子世代へのご g 尾根の子女っていうのがこのままでは間違いなく中国に奪われるうのは世界市場にかで中国のうん者の方が増えてしまうみたいな機関がそこにあって要するにそういう通信機器情報機器っていうのは全くもって軍事力に直結安全保障とが情報機関とかウンジ力に直結するものですかここで何て言うのかな中国の台頭絶対許しちゃいけないっていうアメリカの各部っていうのもアメリカのおくなんていうのは1子っていうのも相当強いと思うんです。中国は中国でここを取らなければここを退社のばなければとてもとてもその21世紀半ばにですね。ダメリカと肩を並べる大国になれないって言うなあそこで8人民が上様が半分くらい死のうがa戦争が起きようが頑張らね。ばっていうようなところまでひょっとするときてるかもよさにそこに年っていうのが妥協っていうかいいところ落とし所疑い見つめが見つけましょうっていうのではなくていよいよどっちが派遣取るかっていうようなそういう高シナリオも含めたね。アメリカとしては今なら中国叩き潰せるという自信自信というかそのぷ称賛だけど、これを逃すとその機会はないかもしれないっていうようなところまできている可能性はあるわけです。でたぶんアメリカのそのトランプ政権の中にもナバロ的なその主戦ドン者もあればいいところで落としどころを見つけて例えば2000億円のくるね。黒字を削減しろと言うんだとそれそこで止めといて8お互い win-win の関係を構築するようにしましょうよというようなその緒絶なんていうのは正鏡像米中京増設ではないですけれども、


そういう考え方もあるのではないかと思われます。。じゃあそうなると何て言うのかな本当に今8日本は選択を迫られてるんじゃないかなと日本側のは彼にいわゆるハンチントンの文明の衝突じゃないですけれども、


日本が結局アメリカにつくが中国分に着くかで世界地図が変わっちゃうみたいなそういうキーマン的な役割を言うよ日本が担わされているかもしれない日本が根本的にどっちにもつかない独自の文明でいいと思うんですけど、ね。要するに今日本ががアメリカ側に非常に強く言ってるのは tpp に入った方がいいよってことです。そうですね。やはその2国間での頭上の音関係強化を望んでいるんだけれども、


そうじゃなくて tpp の枠組みにあ一回復帰しませんかというようなことを言いていてこれは中国に対する大きな牽制になるだろうということがいっしょ目的がそれだったのに今ダメで受けてしまうのでこの国境さんっていう人が一字をおっしゃってみたいにほとんど力がないこの人を中心にした。あるが人民日報のその論調中心にした。ま中国がの思惑っていうのは当然見えるわけだけれども、


集計たいっていうのもってひょっとすると全然違うことを考えているかもしれないなっていうところもあんなにいいあんまり常識的な人じゃないとは思うからね。今までのその今までの米朝間米中関係あるいは日中関係の常識っていうのだ全くひょっとした。ら違うことを考えているかもしれないというのは一つと初夏一つは一体イチローに対してヨーロッパの国々が結構警戒監視鯉持ち味ます。気を阪急とか要するにこういろいろ警告してるでしょそういうふうな状況が出てきていることもあるしそれから南シナ海です。道東南シナ海にそのミサイルを配備した。というふうに caれるまでもが報じているわけです。中国よりなその ocn のもはっきりとそれを報じていてで政権がアメリカの政権側はそれを認識しているといういう風に言ってるから右になるはずです。戦争しないと取り戻せないってことなんです。南シナ海をそういう状況のままアメリカこのまま尺するかっていうところの方がむしろ大きいのででこれにほんとっても大問題なんだけど、日本のメディアほとんど報じないでこのありさまです。の方に好況が来るからって何かこう関係改善しようみたいな話になっててで財界の声とか言って天気に期待しているとかって言ってそれはどういう声なのかなと思ったらその経団連の会長が一対一の構想など日中韓以外の国での協力について議論した。いと言ったとかね。あれは中国で有料老人ホームを経営する会社の代表者の話とかそんなのはかなり部分的な話です。日本全体が今後どういうふうになっていくのかで中国との関係をどうするのかそれによっちゃ日本の浮沈がかかってるって言うような話のレベルじゃないことで国民の目を非常に何かあー話を矮小化させることで国民の目を違うところに揺動させようとしてるけど、今一番日中関係で重要なのは南シナ海と東シナ海だと思います。。尖閣の状況もそうだけれども、


この回ように出てきていることとこの障害の関係においては日本と中国は今は別にあんまりやるよーなきゃいけない喫緊の問題ってそんなに害それはー商売の人が考えらればいいことなんです。アメリカみたいにその日中で何かその経済戦争をやらなきゃいけないという局面に今ないけれどむしろこうやって経済を使っていや同じような立場だからアメリカに対しては一緒に戻ってきましょうみたいな感じの仲良しモードを醸成されるというのはキュアでまずいと思います。よしに一番ようにとって大変な問題が近づいていることを国民の目からに下げてしまうっていう元このファクターっていうのはば半島問題なんです。挑戦ってね。南シナ海の問題っていうのははっきり言うとアメリカが本気出さない限りはマイペース動く画面動きません東シナ海は日本頑張ってくださいと船々に来たら追い出せと追い出すだけの力をの持つその3歳でも入りするなど8やれることはやってるみたいだからそれを着々とやってくしかないとそんな法律の生理とか8もあれは自分で守らないと予算の尖閣を含めて東シナ海は自分の国で守んなきゃいけない部分ですからそれはできることを着々とやっていくしかないんですけれども、


やはり日本が直接タッチできないでおそらく日本の浮沈を一番基金で左右する問題っていうのは半島なんです。で米朝階段をどういうところでその目的その着地でもどこに持っていくかっていうのが全然見えてないなかね。ぇちょっとね不確定要素が多すぎてなんとも言えないんですけれども、


じゃーん中国はこう考えているわけです。もしそんなハウスこう考えてるわけです。っていうのはアメリカのシンクタンクがこう考えているんです。っていうふうにまっすとあるフォーラムで8席示してたんですけど、今まではいわゆる北朝鮮秒黒んでずっと聞いてた北朝鮮があったほうがアメリカ直接対峙しないか直接対峙しないからで確かにアメリカ途中中国これから冷静新冷戦構造で対立していく中で北朝鮮の屏風論っていうのは再燃してて重要だけいう話があるんだけど、今この半島のその米朝階段の動きいかんでは北朝鮮屏風論ていうのが北朝鮮があってもなくても屏風論通用しない可能性もあるあと結愛してじゃあ半島が統一されるという過程でそろそろものを考えないといけないなっていうのが中国の中の研究者の中でも言い出す人も出てきてアメリカのシンクタンクなも中国はそう考えているだろうって分析する人も出てきてどう考えているかと言うと要するに半島統一した。時にもし the bear 在韓米軍が全部徹底するんだったらそれはそれでいいじゃないかとでその代わり会でそれとも資材米海軍在米かある在韓米軍が全部撤退したら半島をコントロールするのは経済の力なわけですけど、も、


そうなっていうことは中国が圧倒的に有利なわけです。


もう一つはこの半島がその統一された時に核があるかないかというのはまだ今の段階では分からないはひょっとすると完全に核廃棄させることをアメリカが諦めてある程度の核保有というのを認める形にあると核保有した。統一ははんとができた時っていうのはもちろん中国にとってもいろいろ懸念があるわけです。


例えば東北の朝鮮族あるいは軍部の挑戦が東北のあなたの軍部の朝鮮族が北京と対立するかもしれない。


中国というのはそういう国なんで8国民国国家意識のない国なんで民族は盟約に中国と敵対する関係になるかもしれないという心配になるけれども、


一つはもし統一が実現したって言ったらその例を持ってあるいはそれに統一に協力した。という例を持って民族統一っていう理由で台湾統一バーターに認めさせる。


例えばアメリカが主導で例えば半島を統一したとしても、それのバーターでそれに協力するというそのバーターで台湾統一を進める見方も出てきているわけです。


ちょっといくらなんでもいいんあまり下落や早いと思うんですね。私が入ってるわけじゃないもんなんですね。いわゆる保守系のシンクタンクの討論大できるまでた意見なんですけども、


でも昔から90年代から半島と台湾のバーター論っていうのはあります。。


ずっとあって中国都市は半島の統一に反対できない一番の理由というのご飯となドイツに反対すると台湾統一もその主張っていうのにがよくなってしまってところがあるね。半島の統一を認めるかも知れので一つは統一半島が統一できたときは半島弾頭5判党と統一朝鮮とその連携して日本の様子に軍事力というか軍事拡大を抑えるっていう狙いもあるわけですね。


そう考えてくると半島の問題というのはどんどうなるかよくわからないけども、


拉致問題だけではなくて日本の安全保障直接なんて言う名の安全勝負はふみーとかそのなんていうのかなやり方っていうものを直接何か大きく変えざるを得ないような大きな道そうなんですね。それ大きな要素が今全然なんかん見えてないというか


深くていいんどう何がどうアメリカの考えも見えてないし


中国は中国でアメリカが後期たら足を行使聞いたら足をというそういう行為論ななんていうのが各論は私も調べることができるけれども、


中国としても割と傍観なんです。パッシングっていうふうに韓国が湧いているけれども、


そのとりあえず。で方が見えてから対応しなきゃみたいなところで今防寒状態だと思うんですけれども、


そういうことが。周りでいいまちょ着々とお手がものすごくいいがハゲ速い動きで起きている時に単純に日中友好でもないわな。



全然違います。で半島の統一ってのはそんなに簡単ではないので、台湾と半島ってのはまったく状況が違うから台湾が台湾人の国であるのに対して半島は半島んno 1た朝鮮人の国だから朝鮮人が望むの骨董によって統一ってのはある程度進むかもしれないけど、


でもこれも大混乱を伴うから作っても今のムンジェインもそれをある意味望んじゃあ一つね。そこの大混乱が起きた時ね。アメリカが出てくるか中国が出てくるかっていうことでね。もっと大きいの左になってしそうですね。朝鮮戦争を終わらせない方がいいんじゃないですかっていうそういうことでもある。そんなことでちょっと今後もなかなか目の離せない a 5月になりました。