ニュースが好き

政治でも経済でもアニメでもニュースなものが好きです。

★「テレ朝女子社員のしたことはオフレコ録音じゃなく、盗聴じゃないのか!ルール違反。普通ならクビ。報道局長も更迭、テレ朝は社員研修やり直すべし」「野党はセクハラで騒ぐが、これは国会で審議すべき案件なのか。いい加減にしてくれ。」【Vlog】テレビ朝日のお粗末な情報管理(池田信夫)

◆【Vlog】テレビ朝日のお粗末な情報管理


(自動文字起こし 編集前)


今週は財務省の福田事務次官のいわゆるセクハラ騒ぎでいろいろマスコミはもう大変な騒ぎになってますけども


あれは彼はやめるっていうふうに入っちゃったわけですけども
僕はこの話最初にあの音声がネットに出てきたときにちょっと変ななと思ったのは
あれまーす何かあっぱり下がると金なんかを楽器指定し国とかがくそーゆーこーまースケベな事言ってるわけだけど
周りはこうノイズがかぶってて、
なんか飲み屋で喋ってるような感じなわけです。
であれが5本と日本正面切って本人に何かおっぱい触っていいかっていうふうに財務省の事務次官が申し入れたとすれば、それはかなりの問題だと思うけど、あれ飲み屋での会話の中でこう一部切り取ってくれば男だったらその程度のことは言ってる覚えのある人はいると思うんですよ。
ちょっとオッパイサールっていうのはあまりないと思うけどまぁは浮気しようかとかからゆっ人いるんじゃないですかね。
それは冗談としてはその許される程度の話でましてね。
事務次官がこれで自民するほど話ではないわけですよ。
どう考えたってあれ予算編成に影響するわけないんだから。
ところがその話がどんどんそっちのほう入っちゃって本人も最初はその事実を否定したんだけどうんか新潮社に対してね。
草食って言ってたのに辞めるっていうアレは実に安倍さんが更迭したんだと思いますね。
えーんそれはいわゆるその国会審議に影響するっていうことが建前になってるけども
う航空でやめたらどうですか本人に民謡がないんだったらそれは裁判で決着つけるとでもうその交換1頭かね。
そういうことは関係ないっないでしょうこれこんな国会で審議するにょ教如登録等集まってこの辺が meet you とか看板出して騒いでるけどこんなもう国会審議で政府春の話する理由いい加減にしてほしいわけですよ。
こういうことが起こったそもそもの原因はその飲み屋の会話ですよ。
明らかにを振る語の音声をテレビ朝日の女性記者が週刊新潮に流したことが原因なわけですよ。
これこれらの山前年部類なんですよ。
オフレコっていうのはこの場合もオフレコというや盗聴ですよ。
ね。
オフレコってのはこれは触れこの懇談ですからって言って記録に残せないって前提話をするんだけどこの場合もそもそもって思ったかの記録するとか取材するとかって言ったこと全然違う文明でその服でホンダね。
このまふざけて言ったんだろうけどちょっと酒グセのある人みたいだからたぶん彼が透ける味であるってことぐらいはそうなると思うけどそれがどうしたっていうわけそれはないがこういう形でネットに出てくるとまぁそりゃさんを見ますよ。
みんな方でこういう風になってきて今度はテレビ朝があーてってね。
記者会見やって多い部署の音源を第三者に渡したら不適切だったんだよで不適正たですね。
自由正社員を特定してるわけだからその社員はどうするのどうするのかって言った処分はこれから考えると思うこれ本人がね。
もう情報を第三者に漏洩したってことを認めてるんですかね。
これはもう普通だったらクビですよ。
朝日新聞10年クライマーにね。
記者をそういう形でいる録音をね。
第三者に渡してそれがし尻をされたというので記者クビにしているわけですよ。
でその時は鄭州担当と編成編集局長と車科部長が更迭ですよ。
あこれじゃあ言及ですよ。
今度だってあの報道局長は鋼鉄ですよ。
どう考えたってこんな明らかにもそのと自分たちの取材先産んでね。
取材とも言わないで登庁してテープ第三者に間はたしてね。
腕事務次官辞職しちゃったんですよ。
これテレビ朝員の責任問題になるに決まってるでしょこれはヘタするとこれは社長の辞任ですよ。
それをなんか妙にとボケたこと言ってじゃあ務所に抗議するとか抗議する前に財務省の事務次官の首を取るのは自分たちの社長の首が危なくなるってことわかってるのはっきり言ってね。
えっテレビ朝いっていうのはね。
その程度のメディアなわけよだから事務次官だってね。
大する情報を出さないわけで朝夕者がね。
これはどうなんですかっていうとノーパーシャロウとやって話しはぐらかしてるだけな理由があればテレビ朝日の社員僕ね。
個人的には何人たくさん知ってて優秀な人もいるけどはっきり言ってこのも幹部の猫の体取るあるさってのはもうあの報道局長もその上の音役員も社長ももういっぺん全部止めてその社員研修も行ってね。
情報漏えいしちゃいけない積んだけど当たり前のことだけどちゃんと教育し直すください










★セクハラ問題:望月衣塑子も登場し“体当たり取材”の実態明らかに
2018年04月20日 22:00八幡 和郎

福田次官セクハラ事件はまことにつまらない問題だが、これだけ話題になっており、また、ネットに強い人とそうでない人で情報格差がひどいので、少しまとめておきたい。


まず、福田次官は辞職を決めたので今更だが、本件について私は、福田財務事務次官はしばらく謹慎が妥当だったと思う。何週間かのうちに真相究明が進んでから処分をきめればよかったのである。真相究明をそれなりにして、正しい措置をするべきなので無理矢理腹切らせてうやむやにするのはよろしくなかった。


どうしても、次官がいないとこまるような状況でないし、また、処分を急ぐ理由もない。「すぐにやめさせないのは感度が悪い」とかいう人もいるが、それは、面倒なことになると白黒つけずに切腹を強要していた江戸時代なみの酷い論理だ。


そもそも、マスコミはこういう情報の取り方を狙って体制を組んでいるのではないかと思う。


若くて何も知らない女子アナが大きな顔したり、政府要人のぶらさがりに若い美人ばかり群がっているのは日本の政治や文化の劣化しかもたらさないので、かねがねおかしいと思っていた。福田セクハラ事件を機にぶらさがり美人は消えることになるだろうし、その次は、若い女性アナを分不相応な仕事から外せば日本のために良いことだ。男女を問わず、ジャーナリストとしての本当の実力がある人がするべき仕事だ。


事実関係について、テレビ朝日の局長の説明はなんのことやら訳が分からなかったが、錚々たる関係者のリークでいろいろ見えてきた。


あの望月衣塑子さんのツイートによると、このような背景があったそうだ。
→アゴラ リンク


杉田水脈さんによれば
→アゴラ リンク



ということです。
なんでも、古賀茂明が暴言を吐いて報道ステーションをおろされたときに一緒に外れた人物だそうで、古賀茂明も、「出て来い、出て来いという状況になって本人脅えている。ただ彼女が言ってるのは、ひとつだけ心の支えは詩織さんだと。詩織さんが顔と名前を出して戦っているのを見てるから自分は顔も名前も出せなくて申し訳ないけどここで諦めてはいけないと…」などとこじつけているが、つまりテレビ朝日の内紛と言うことか。


それにしても、本来、得ることができる情報からはずされるならともかく、特ダネをとれるかもしれないチャンスを逃すだけのことである。


その特ダネをとるために、『取材を進めるため電話に応じ、夜の会合へ』というのは、上司が命じたのか、それとも、テレビ朝日という職場がそういうことをせざるを得ない雰囲気の職場なのか、本人がよほどポイントを稼ぎたいと焦っていたのか、それとも、そんなことは滅多にないと思うが、相手をはめるつもりだったのか、全く分からないが、どうであるにせよ、なんでそんな過去に嫌な目をしたというならのこのこ行くのかなかなか理解しがたいところだ。


それについて、藤原かずえさんは『テレビ朝日が女性記者に課す暗黙の了解というセクハラ』のなかで、まだテレビ朝日記者だと発覚前に、「報道ステーション」(2017年4月17日に出演した上谷さくら弁護士はこんなことをいっていたということを紹介している。



取材先にもいろいろな人がいるし、女性記者はセクハラ発言をする人に対してもうまくかわしながら上手に懐に入り込んでうまくネタを取ってくるということが暗黙の了解というか会社から期待されていて無言のプレッシャーとなっている。なのでそれができなくて、セクハラありましたと声を上げると、会社の期待にもそえないし、自分の会社と組織との関係がよくなくなってきて、その女性記者自身も会社に居づらくなるというケースが考えられる。

そして藤原さんは、「テレビ朝日は、セクハラの危機を認識しながらも『女性記者の弱い立場(上谷弁護士談)』を利用して、セクハラが疑われる人物の担当者として女性記者を起用し続けていた」と結論づけていた。


19日放送のテレビ朝日系「モーニングショー」は次のようなやりとりを公開した。これを見て、記者のほうも福田氏に媚びて、まさに上記のように『取材先にもいろいろな人がいるし、女性記者はセクハラ発言をする人に対してもうまくかわしながら上手に懐に入り込んでうまくネタを取ってくる』ことを実践していることが分かる。それを会社から期待されさせられて、セクハラを受けたと女性の上司に訴えながら配置転換もしてもらえないし、抗議もしてもらえないこの女性記者は気の毒と言うほかない。



福田氏「オレ、新聞記者ならいい新聞記者になってる」
 記者「そうじゃないですか?」
 福田氏「キスする?」
 記者「じゃ、キスする記者になんかいい情報あげようとは思わない?」
 福田氏「そりゃ思うよ」
 記者「ええ?本当ですか?」
 福田氏「好きだからキスしたい。キスは簡単。好きだから情報」
 記者「へえ」セクハラの全貌を明らかにした。

これはテレビ朝日が、意地悪いえば、嫌がっているそぶりを見せないように要求してたのではなかったか、福田氏のセクハラ発言を引き出すような指示はなかったのか?など、糾明する必要があるのではないか。


なにしろ女性記者は福田次官に対して以上にテレビ朝日の人間に対して弱い立場で真実を語りにくいと思う。ぜひとも、第三者委員会、それもテレビ朝日のサイドに近い人は排除してじっくり調査すべきであろう。


それから、米山問題についてだが、デーブ・スペクター氏が、新潟県米山知事の女性問題に「密告なのか。はめたようなことなのか。背景に何があるのか」と発言したという。


野党系の政治家についてなら、セックススキャンダルを何かの陰謀だとテレビでいっても許される。これが与党系の政治家や官僚についてコメンテーターは絶対にいわせてもらえない。日本では「造反有理」ならぬ「左翼は嘘をついても正義」という基準がマスメディアに存在するといわれても仕方ない。



テレビ朝日が女性記者に課す暗黙の了解というセクハラ
2018年04月20日 11:30藤原 かずえ



テレビ朝日・篠塚浩取締役報道局長(2017年4月18日)



週刊新潮で報じられている福田財務次官のセクハラ問題について、セクハラを受けたとされる記者の中に当社の女性社員がいることが判明いたしました。当該社員は、当社の聞き取りに対しまして、福田氏によるセクハラ被害を申し出、当社として録音内容の吟味及び関係者からの事情聴取等を含めた調査を行った結果、セクハラ被害があったと判断しました。皆様ご承知のように、福田氏は先程、財務次官を辞任する旨を発表いたしまして、その記者会見の場で週刊新潮が指摘したセクハラ行為を否定しておられます。しかし、当社社員に対するセクハラ行為があったことは事実であると考えております。女性社員は、精神的に大きなショックを受け、セクハラ行為について事実を曖昧にしてはならないという思いを持っております。当社は、女性社員の意向も確認の上、今現在こうして会見を行っております。当社は、福田氏による当社社員を傷つける数々の行為とその後の対応について、財務省に対して正式に抗議する予定です。



この社員ですが、一年半程前から数回、取材目的で福田氏と1対1で会食をしましたが、その度にセクハラ発言があったことから、自らの身を守るために会話の録音を始めました。今月四日に福田氏から連絡を受け、取材のために1対1の飲食の機会がありましたが、その際にもセクハラ発言が多数あったことから、途中から録音を致しました。そして後日、上司に「セクハラの事実を報じるべきではないか」と相談しました。しかし上司は、放送すると本人が特定され、いわゆる二次被害が心配されることなどを理由に「報道は難しい」と伝えました。そのためこの社員は、財務次官という社会的に責任の重い立場にある人物による不適切な行為が表に出なければ、このままセクハラ被害が黙認され続けてしまうのではないかという強い思いから、週刊新潮に連絡をし、取材を受けたということです。この社員はその後、週刊新潮からの要請を受けて録音の一部を提供しています。



当社と致しましては、先程申し上げましたように、当社社員がセクハラ被害を受けたことを財務省に抗議するとともに、今後セクハラの被害者である当社社員の人権を徹底的に守っていく考えです。一方で、当社社員からセクハラの情報があったにも拘わらず、適切な対応が出来なかったことに関しては深く反省しております。また、当社社員が取材活動で得た情報を第三者に渡したことは報道機関として不適切な行為であり、当社として遺憾に思っています。なお、セクシャルハラスメントという事案の性格から、当社としては被害者保護を第一に考え、当該社員の氏名をはじめ個人の特定に繋がる情報は開示をしない方針であります。報道各社の皆様においてもご配慮を頂きますようお願い致します。



このテレビ朝日篠塚報道局長の説明から女性記者の行動は次の3つのプロセスから構成されていることがわかります。




(a) 女性記者は、一年半程前から数回、取材目的で福田氏と1対1で会食をしたが、その度にセクハラ発言があった。



(b) 女性記者は、上司に「セクハラの事実を報じるべきではないか」と相談したところ、放送すると本人が特定され、いわゆる二次被害が心配されることなどを理由に「報道は難しい」と伝えた。



(c) 女性記者は、このままセクハラ被害が黙認され続けてしまうのではないかという強い思いから、週刊新潮に連絡をし、取材を受けた



素直に考えれば、これらの3つの行動にはそれぞれ不可解な点があります。



まず(a)については、なぜ会食の度にセクハラ発言する人物の取材を長期間にわたり許容していたのかということです。取材は能動的な行為なのでいつでも自分の意思で中止することができます。次に(b)については、なぜテレビ朝日は政府批判の恰好のネタとなる官僚のセクハラをこれまでに報じなかったのかということです。さらに(c)については、なぜ他社に取材情報を提供するというテレビ朝日内での自分の立場を決定的に悪くするようなリスキーな行為を行ったのかということです。



実は、これらの不可解な行動のメカニズムを矛盾なく説明できる言説があります。元毎日新聞記者でセクハラ問題を多く手掛ける弁護士という上谷さくら弁護士は、4月16日[参照映像]・4月17日[参照映像]の両日にテレビ朝日「報道ステーション」に出演して、次のように語っています。




「報道ステーション」上谷さくら弁護士(2017年4月17日)



取材先にもいろいろな人がいるし、女性記者はセクハラ発言をする人に対してもうまくかわしながら上手に懐に入り込んでうまくネタを取ってくるということが暗黙の了解というか会社から期待されていて無言のプレッシャーとなっている。なのでそれができなくて、セクハラありましたと声を上げると、会社の期待にもそえないし、自分の会社と組織との関係がよくなくなってきて、その女性記者自身も会社に居づらくなるというケースが考えられる。



マスメディアとセクハラを専門とする女性弁護士が語ったのは、マスメディア業界において女性記者の「暗黙の了解」という名の会社への【忖度 sontaku】が常態化していることを示す経験則であり、富川悠太アナも小川彩佳アナも強くこの考え方に同意していました。まさか、それが実際にテレビ朝日でも行われていたことが、この放送の翌日に発覚するとは予想もしていなかったでしょう。



上谷弁護士が提示した経験則を用いれば、上記(a)(b)(c)の不可解な行動を合理的に説明することができます。



まず(a)に示した「会食の度にセクハラ発言する人物の取材を長期間にわたり許容していた」という不可解な行動は、「女性記者はセクハラ発言をする人に対してもうまくかわしながら上手に懐に入り込んでうまくネタを取ってくるということが暗黙の了解というか会社から期待されていて無言のプレッシャー」のためであると考えれば説明がつきます。この場合、テレビ朝日は、セクハラの危機を認識しながらも「女性記者の弱い立場(上谷弁護士談)」を利用して、セクハラが疑われる人物の担当者として女性記者を起用し続けていたことになります。



次に(b)に示した「テレビ朝日は政府批判の恰好のネタとなる官僚のセクハラをこれまでに報じなかった」という不可解な行動は、「セクハラありましたと声を上げると、会社の期待にもそえない」という言葉に暗示されている「セクハラよりも情報重視」という会社の方針があると考えれば説明がつきます。事実、女性記者の上司は、女性記者の要請を断って「報道は難しい」と報じることを拒否しています。



さらに(c)に示した「他社に取材情報を提供するというテレビ朝日内での自分の立場を決定的に悪くするようなリスキーな行為を行った」という不可解な行動は、「自分の会社と組織との関係がよくなくなってきて、その女性記者自身も会社に居づらくなる」という心境変化に起因すると考えれば説明がつきます。



このように、テレビ朝日の緊急会見で判明した事実は上谷弁護士が提示した経験則とよく整合することがわかります。この経験則は、事実が判明する前にテレビ朝日自身がわざわざ看板番組の「報道ステーション」で紹介して強く肯定したものであり、今回のテレビ朝日の事案だけがこの経験則から外れると主張するのであれば、あまりにも都合がよすぎます。



テレビ朝日が上谷弁護士を起用してその経験則を事前に肯定していた以上、テレビ朝日が自らのセクハラ行為を否定するためには、上記(a)(b)(c)の理由を合理的に説明する責任が発生します。これは存在しないことを証明する【悪魔の証明】とは異なります。



おそらく「報道ステーション」は、財務省の顧問弁護士にセクハラがあったことを申告するという財務省の調査方法を批判するために上谷弁護士を起用して経験則を語らせたものと考えられますが、女性記者がテレビ朝日に事情を告白してしまったがために、すべての目論見は反転し、女性に対する人権軽視と言える自らのセクハラを追及される側に立たされてしまったと言えます