ニュースが好き

政治でも経済でもアニメでもニュースなものが好きです。

★3/9【上念司の経済ニュース最前線】財務省VS朝日新聞 森友文書書き換え疑惑に新展開・5月に米朝首脳会談開催か・安倍首相4月に訪米&3/8竹田恒泰「日本のソボクなギモン」&杉本七段、本音ポロリ…藤井六段の“恩返し”は「もうちょっと後で良かった」(スポニチアネックス)(若干書き起こしメモ)

【3月9日配信】上念司の経済ニュース最前線「財務省VS朝日新聞 森友文書書き換え疑惑に新展開・5月に米朝首脳会談開催か・安倍首相4月に訪米」桜林美佐【チャンネルくらら】




3/8木曜夜8時は、竹田恒泰の生放送!「日本のソボクなギモン」第273回※後半はニコ生、FRESH!へ!|【公式】竹田恒泰チャンネルのライブ ストリーム






杉本七段、本音ポロリ…藤井六段の“恩返し”は「もうちょっと後で良かった」


3/9(金) 16:09配信


スポニチアネックス




 将棋の中学生棋士、藤井聡太六段(15)の師匠である杉本昌隆七段(49)が9日、日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜後1・55)に生出演。8日の師弟対決を振り返った。



 杉本七段と藤井六段は8日に行われた第68期王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)1次予選2回戦で激突。千日手による指し直しの末、藤井六段が“恩返し”とも言える勝利を飾った。



  8時間に及んだ師弟対決について、杉本七段は「長い勝負だったが、いい記念になった。感慨深い対局だった」とスッキリした表情。MCの宮根誠司(54)からの「やりにくかった?」との質問には「実際(対局が)始まってみると、師匠としてはこんなにうれしい対局はなく、感謝の気持ちの方が強かった」としみじみ。自らは師匠と対局することはできなかったが「自分ができなかった夢を叶えてくれた。藤井を弟子にとってよかったとうれしく思う」と喜びを噛み締めた。



  対局後は藤井六段と一緒に新幹線で帰路に就いた。車内の電光掲示板に、自分たちの対局のニュース速報が流れた際には、お互いに苦笑いしてしまったという。宮根から「複雑でしょう?」と問われると「“恩返し”はもうちょっと後で良かった。思ったより早かったな」と本音をポロリ。さらに「また再戦したい」とリベンジに意欲を示しつつも「(藤井に)どんどん勝ち進んでほしい」とエール。最後は「藤井と出会えて幸せです」と締めくくった。


.