ニュースが好き

政治でも経済でもアニメでもニュースなものが好きです。

★【おはよう寺ちゃん】百田尚樹『逃げる力』&「事実を捻じ曲げる偏向報道はこうして作られる、朝日新聞が伝えた“安倍晋三小学校”問題」(若干書き起こしメモ)

★【おはよう寺ちゃん】百田尚樹と佐藤健志



(自動文字起こし)
「逃げる力」
PHP新書『逃げる力』。
日本の場合はブラック企業に勤めながら過労死したり、場合によっては自ら命を絶つケースもあります。端から見てたら、なぜ逃げなかったんだ、強制労働でもないのに。いつでもやめられるのに。日本人のある意味、真面目さと責任感の強さと、あえて言うならば弱さがある


実は『逃げる』のはすごく人生で否定的に見えます。
ところが人間戦う時ケンカするときアドレナリンが出る。
アドレナリンが出ると心肺機能上がるし血圧も上がるし、身体戦う態勢になる。
面白いことに人間は逃げるときもアドレナリンが出る。
ですからアドレナリンというのは英語では「ファイトフライトホルモン」=「戦うか逃げるかホルモン」って言う。
ですから、逃げるというのは実は戦う事と同じぐらいのエネルギー使う
日本人の多くは今逃げる能力を知られてるというのは同時にこれ戦う能力を失ってるんです。


逃げるが勝ちだとか負けるが勝ちだとかそう言い方もあります。
中国には昔から孫氏の兵法。中国では孫氏の兵法以上に読まれているのは兵法三十六計。
一番最後は逃げることは最高やという。三十六計逃げるに如かずの語源
これ以上戦うと致命的な打撃を受ける、
こういうときには戦力温存して逃げろという。
逃げることは恥でもないし
そのことによって再び自分が戦機が訪れた時に捲土重来して相手をやっつければいい


そういうことが『逃げる力』です。



「事実を捻じ曲げる偏向報道はこうして作られる」


安保法制につき反対の報道 報道ステーション95%(ダメな事例)



事実を曲げる偏向報道いかにして作られるか
放送法順守を求める視聴者の会の代表。

今のテレビを見て放送法があんまりも無視されてる あるいは守られていない。
で実際のテレビ番組を報道番組からデータを取りながら、いかに放送法が守られてないか
これを多くの人々に知らしめて同時にテレビ局に自制を求めていく団体です。チェック機能ってことです。


特に重要してるのは放送法第4条
この放送法第4条は賛否が分かれるテーマは両方ともの意見を公平に報道し、わかりやすく言うということです。
安保法制が国会で審議されている時に各局いろんな報道番組で安保法制を取り上げた
視聴者の会(以前の視聴者の会)のスタッフがストップウオッチを持って全局の主要な報道番組 チェックした。
そしたら87%が反対意見の放送。
番組によっては例えば、テレ朝報道ステーションでは反対意見の放送時間が95%。すごいでしょ。5から6%なら誤差の範囲。ところ90何%対数パーセント。これは明らかに偏向報道です。


それで実際国民の8割9割がそれに反対なら、国民世論を反映した放送という風に言えますが。
現実には。安保法制は国民の半分がほぼ賛成なんです。
つまりこれは完全で賛否が分かれている。そうすると公共放送ではそれを同じだけの時間を放送すべきだと思います。
放送法にそう書かれてる。


私は放送法4条は本来撤廃されるべきという気持ちがある。
私もクリエイターだから表現の自由、何を言ってもいいんだという気持ちがある。
で現実には新聞には放送法がありませんから もちろん捏造報道はダメです。嘘はダメですが、新聞は何を言ってもいい。
で私も作家で、作家も何を言ってもいい
ところが放送はそういうわけにいかないんです。なぜかと言いますと、テレビは東京ではわずか数局だけしかテレビ放送できず、
しかもこれが50年60年ずーっと、いろんな人は自分でも放送やりたいといってもできないんです。
テレビの電波は国民の共有財産、国民が等しくそれを使える権利があるにもかかわらず
わずか数局だけに特別に与えられている。電波の公共性も非常に大事と思う
私たち国民の共有財産であるテレビの電波をわずか数局が半世紀以上にわたって独占する状況です。
やはり放送法4条はしっかり守ってもらいたいというのは我々の考えです。


さてテレビ以外のメディアにも問題がもちろんあります。その報道内容に関することです。
例えば朝日新聞が『安倍総理が学校法人森友学園が安倍晋三記念小学校の設置趣意書を国に提出した』という間違った報道を行い。
安倍総理はその経緯を振り返った朝日新聞の検証記事について facebook で言いました。朝日惨めな言い訳というふうに。
これが(サヨクメディア中心に)波紋を広げました。衆議院の委員会でも取り上げられました。
安倍総理は過去に朝日新聞に捏造報道をされたと述べた上で、
朝日新聞は間違っていたと一度も書かない、一度も謝らないと語って、全く違ったが訂正していない
また趣意書の原本にあたり、裏付けを取るという最低限のことをしなかったと朝日新聞を批判しました
この安倍総理の発言については、公の場などで特定の報道機関のバッシングを続けるのはおかしいという批判もあったようですが
別におかしくないです。
朝日新聞は相当今回のモリカケ問題以前にもかなりひどい報道をたくさん繰り返してきたんです。


それに関して朝日新聞が本当に真摯な対応してきたかっていう疑問ですが
一番ひどいのは安倍晋三記念小学校です。
実は籠池氏が安倍記念小学校ということを出した後で結局そこが今回の森友学園の発端です。
つまり安倍総理が関与してるだろう。なぜかというとその小学校は安倍晋三記念小学校だからと。(朝日発の報道を他のマスコミ、とくにワイドショーでバンバン取り上げ、多くの国民はそう感じた)
ところがこれが真っ赤なウソ!安倍晋三記念小学校ではなくて開成小学校だった
安倍総理が怒って朝日新聞に真っ赤なウソ…。
普通新聞社が国会で総理大臣から真っ赤なウソと言われて普通ならどう反応します。
翌日の新聞で必死で言い訳があるとか。
私、朝日を見たんです。言い訳とか批判とか、一言も書いてない。2日目を一言も書いてない。3日4日5日6日何も書いてない
10日目になってからようやく言い訳したんです

それも、その言い訳っていうのはいろいろな細い情けない理由たくさんあるんです。が
その一番情けない言い訳が
つまりその趣意書の黒く塗りつぶされた部分に何が書かれていたかと籠池氏に聞いたんです。
そしたら籠池氏「あそこは安倍晋三記念小学校と書きました」と。それを記事してる。裏取りもないんです。
ただ本人が言うたからといってそれを書いてる。今の裏取とは言えませんから


(続く)
・・・
だけれどもその新聞報道でいきます。とです。
産経新聞がやっぱり先月沖縄で発生した多重事故について蓬莱た例の危険顧みず日本人救出し
意識不明のアメリカ海兵隊もと軍属判決の陰で勇敢な行動するなんて言うじゃあ簡単に言ってしまえば
地元の琉球新報と沖縄タイムズこんな話があるなんでは使わないんだという風に産経新聞が言った
だけれどもその事実は産経新聞の方がこの間違いだったというわけなんです。
でその産経新聞は謝罪をしたんです。
サライもしたしその企業を支えた大きなは市穀町に対してやっぱり罰則を与えましたよはいこれもちろん産経のミスです。
産経はそれなりにとらしく対応したと思います。
いいでしかも私もて産経の肩を持つわけじゃないでます。
ありませんけどたしかに永久焼酎に気がしたんではないとこれはどうも明らかなんです。
が彼が車から降りてそこを汚したということです。
彼は9その意志があった可能性あるんです。
どうもそういう話もチラッと聞いてます。
けどただ90中出なかったことは確かです。
得たなぁ今回一番私はわろたのは
この産経新聞の記事のミスに対して今産経新聞はもうそりゃあミスを認めてすぐに謝罪しましたけど
沖縄の2つの新聞がものすごい罵詈雑言。でも、それお前らが言うかという話です。
話聞いてて捏造ではないんだけれども、これが事実だと思って書いた。でもそれが誤りだったら、やはりそれは謝罪が必要です。
ええところ亞細亞例えば龍魂いや方の音吉田清治開き最終そうでなく叫ぶ庁前にいろんなをたくさん慰安婦にしたとこれを。
みとべるまで32年かかったんです。
これ32年後に新発見された新しい情報が出て間違ってたかじゃないんです。
もう何年も30年ぐらい前から嘘だろうて皆分かってた 吉田清治本人もあれはウソで小説です。
て買って家庭喋ってる
にも関わらず30年近くそれを訂正しなかったんです。



おまけ
野口五郎 19:00の街1983年