ニュースが好き

政治でも経済でもアニメでもニュースなものが好きです。

★現時点での個人的な流行語大賞は「そだね~」、月刊WiLL2018年4月号目次「やはり逃げたか、朝日論説主幹」(櫻井よしこ・川村二郎)「北朝鮮の「地獄の微笑」にハマった韓国」(呉善花)「相撲協会は伏魔殿だナ」(石原慎太郎)「コインチェック騒動 触らぬ仮想通貨に祟りなし」(渡邉哲也)、「週刊朝日」の室井佑月のコラムは相変わらずつまらない。(花田紀凱『週刊誌欠席裁判』)(若干書き起こしメモ)

◆「週刊朝日」の室井佑月のコラムは相変わらずつまらない。|花田紀凱[月刊Hanada]編集長の『週刊誌欠席裁判』




★月刊WiLL2018年4月号目次



◎学はあっても……


■櫻井よしこ・川村二郎…やはり逃げたか、朝日論説主幹



◎懲りず、学ばず、省みず――


 ■古森義久…朝日新聞の歪んだ安全保障観



◎史上最低“平壌五輪"


■呉善花…北朝鮮の「地獄の微笑」にハマった韓国


■藤井厳喜・古田博司…文在寅ルーピー政権で韓国はお先真っ暗


■阿比留瑠比…日韓合意「これは男と男の約束です」


■河添恵子…朝鮮半島をめぐる大国のソロバン勘定



◎防衛省トップに聞く!


■河野克俊(統合幕僚長)・ケント・ギルバート…幕僚長、米国は「北」を殺(や)りますか



◎貴乃花親方よ――


■石原慎太郎…相撲協会は伏魔殿だナ


■黒鉄ヒロシ…土俵も切り様じゃ失格 ヘマの参画隠して発覚


■久保武司…八角体制を支えるNHKと読売


■宗像紀夫…法理にかなった貴乃花の「言い分」


■やくみつる…遠からず危急存亡の土俵際



◎仮想通貨闘争


■渡邉哲也…コインチェック騒動 触らぬ仮想通貨に祟(たた)りなし


■深田萌絵…仮想通貨市場は中国人が七割支配している!


■古谷経衡…《ツネヒラの逆襲21》仮想通貨に群がったバカども



◎婚儀延期の余波


■加瀬英明…眞子内親王殿下と秋篠宮家の蹉跌



◎河野外相、それはちょっと……


■髙山正之・福島香…中国女性報道官に異常接近 河野外相はちょっと甘いよ


■河添恵子・宇田川敬介…暗殺に脅える習近平


■有本香・川島博之…アメリカ-キリスト教=中国人


■田中秀臣…中国 文化統制下のアイドル総選挙って何?



◎北朝鮮の難破船はまだ……


■山田吉彦…漂着船に残された黒い革靴



◎『慰安婦の真実』


■崔吉城…これが慰安婦の真実だ!



◎小泉親子よ――


 ■潮匡人・岩田温…小泉純一郎・進次郎親子に問う 君たちはどう生きるか



◎匿名性を利用して……


■杉田水脈・大高未貴…全公開! 「歴史の真実」を歪める脅迫者の手口



◎石垣市長選!


■仲新城誠…尖閣の安危を揺るがす“石垣の戦い"



◎トランプ暴露本!?


■島田洋一…『炎と怒り』――ここが見どころ読みどころ



◎軍艦の美しさに魅せられて


■菅野泰紀…鉛筆に鎮魂の祈りをこめて



◎グラビア 現代写真家シリーズ


岩合光昭…「ニッポンの犬」



◎エッセイ


■曽野綾子…《その時、輝いていた人々》「直助と雪」


■古田博司…《預言者の時代》王国は分裂し、預言者の時代が始まった


■馬渕睦夫…《地球賢聞録》トランプ一般教書演説の教訓に学べ


■中村彰彦…《歴史の足音》イギリス人リチャードソンはなぜ斬られたか


■西岡力…《月報 朝鮮半島》文在寅の異常なへつらい


■石平…石平が観た日本の風景と日本の美


■高田都耶子…《こころのエッセイ》老尼との想い出


■KAZUYA…《KAZUYAのつぶやき》○○かぶれみっともない


 ほか