ニュースが好き

政治でも経済でもアニメでもニュースなものが好きです。

★【週刊朝日目次(2/9)】「2018年は日経平均2万7000円へ、65歳からの老後資金を稼ぐ投資術」「次に危ない火山」「栃ノ心は料理上手なマメ男」「風前の灯の社民党」&1/29(月)【虎ノ門ニュース】青山繁晴【ザ・ボイス】長谷川幸洋、&藤井聡太四段は羽生善治竜王に勝てるのか?(松本博文)(若干書き起こしメモ)

【DHC】1/29月 青山繁晴×居島一平【虎ノ門ニュース】


出演:青山 繁晴



00:01:48 オープニングトーク


00:04:11 番組スタート


00:05:05 青山繁晴氏オープニングトーク


00:06:12 タイトル


00:08:56 日韓会談 来月9日平昌で 安倍首相


00:33:17 安倍首相 韓国に圧力強化要請 参院本会議


00:36:51 安倍首相「一方的措置受け入れず」慰安婦問題


00:41:28 日本政府 慰安婦問題で国務長官発言を問題視


00:52:04 五輪前日に北朝鮮大軍事パレード 「威嚇的」と韓国


01:01:04 渡部暁斗が連勝で今季3勝目 スキー複合W杯


01:04:54 斬ってへんわ!


01:08:00 お知らせ(第74回 独立講演会〜希望の祖国への、日々の歩みはこれだ!その11〜)


01:09:10 お知らせ(青山繁晴 講演会 赤崎青年会議所OB会)


01:10:22 トラ撮り!(国会対策委員会)


01:11:46 トラ撮り!(女性議員のお着物 自見英子議員・松川るい議員・小野田紀美議員)


01:15:20 トラ撮り!(日本の名誉と信頼を回復するための特命委員会)


01:22:14 トラ撮り!(ニュース:安倍首相 改憲の発議時期の目標を明言せず)


01:34:30 トラ撮り!(メタンハイドレートの会議)


01:35:28 トラ撮り!(近畿大学の教室)


01:41:37 日中が首脳往来着実に推進 外相会談で確認


01:46:45 トランプ氏「不正黙認せず」 中国に貿易制裁連発か


01:50:19 中国が空母建造能力を誇示 近く着工か


01:54:42 仮想通貨580億円分流出 返金・再開めど立たず


01:57:12 野中元官房長官が死去「影の首相」の異名



◆【長谷川幸洋】 ザ・ボイス そこまで言うか!




◆藤井聡太四段は羽生善治竜王に勝てるのか?



藤井聡太四段、佐藤天彦名人に勝つ



 「将棋史上始まって以来の天才」とも噂される、15歳の中学生棋士が、現代将棋界の頂点に立つ名人と対戦して、勝つ。そして、永世七冠の資格を持ち、将棋史上最強とも称される、レジェンドとの対戦が決まる――。ドラマや漫画ではない。夢のようなことが現実に起こったのが、2018年冒頭の将棋界です。



 2018年1月13日、14日。朝日杯将棋オープン戦・本戦トーナメントの対局が、愛知県名古屋市においておこなわれました。詳しい模様は主催の朝日新聞社の速報ページに詳しく伝えられていますので、ご覧ください。



http://www.asahi.com/shougi/



 朝日杯は、全棋士が参加しておこなわれる、早指しの棋戦です。持ち時間各40分(チェスクロック使用、切れたら1手1分以内)というスリリングな設定で、公開されることも大きな特色です。



 朝日杯は現在の2017年度で、11期目。過去10期のうち5期優勝と、圧倒的な強さを誇っているのが羽生善治(はぶ・よしはる)竜王(棋聖と併せて二冠)です。羽生竜王がつい最近、永世七冠の資格をコンプリートし、国民栄誉賞受賞も決まったのは、大きく報道されている通りです。



 13日の対局では、その羽生竜王が登場しました。1回戦では若手の高見泰地(たかみ・たいち)五段を相手に、さすがの指し回しを見せました。2回戦では、前年度優勝者の八代弥(やしろ・わたる)六段と対戦。何度も形勢が入れ替わる大熱戦を制し、準決勝進出を決めました。



 14日の対局では、佐藤天彦名人が登場しました。言うまでもなく、「名人」とは、長い歴史を誇る将棋界において、長い間、最高の称号として尊ばれてきました。同時代において、名人を名乗ることができるのは、わずかに一人。佐藤名人は、史上空前のレベルの高さを誇る、現代の将棋界のピラミッドの頂点に立つ存在です。



 またこの日は、藤井聡太四段が登場しました。愛知県瀬戸市出身の藤井四段にとってみれば、公開対局の会場である名古屋は、ホームのようなもの。会場には、藤井四段を応援する、多くの地元ファンも訪れていたようです。



 1回戦で、佐藤名人は若手トップクラスの永瀬拓矢七段に逆転勝ち。藤井四段は難敵の澤田真吾六段に勝って、2回戦進出を決めました。



「名人をこす」



 小学4年の時、藤井少年はクラスの文集に書きました。デビューから1年と少しの藤井四段は、公式戦の場において、早くも名人と対戦するチャンスをつかんだのです。



 2回戦の佐藤名人-藤井四段戦は、藤井四段の先手で始まりました。戦形は横歩取り。現代将棋の最前線であり、両者ともに得意とするところです。中盤の折衝において、藤井四段はリードを奪いました。そしてそこからは、次第に差を広げていきます。名人も決め手を与えぬよう、最善を尽くして粘ります。しかし藤井四段は崩れませんでした。最後は名人の玉の詰みを読み切り、きれいにフィニッシュ。



「負けました」



 佐藤名人がそう言って頭を下げたとき、場内からは大きなどよめきが起こりました。藤井四段は名人を倒すとともに、準決勝での、羽生善治竜王との対戦を決めました。



「名人に勝てたのは、自信になりました」



「羽生竜王は、私の将棋を始めた頃からの、憧れの存在です」



「公式戦、公開対局でもあるので、いい将棋をお見せできればと思います」



 対局が終わった後、多くのファンを前にして、藤井四段はいつも通り、しっかりとしたコメントを述べていました。



 朝日杯準決勝は2月17日におこなわれる予定です。対戦カードは以下の通りです。



 羽生善治竜王-藤井聡太四段



 久保利明王将-広瀬章人八段



 羽生竜王、久保王将、広瀬八段はいずれも、順位戦ではA級です。タイトル獲得数は、羽生99期、久保6期、広瀬1期。相撲に喩えれば、実績、実力ともに十分の横綱・大関クラスであり、この3人の中の誰が優勝しても、順当と思われることでしょう。



 一方で、藤井四段は、順位戦最下位のC級2組。タイトル獲得、全棋士参加棋戦優勝の経験は、いずれもなし。一人、平幕の新鋭がまじっているような印象です。もし優勝すれば、「番狂わせ」と報道される可能性が高いでしょう。



 では、藤井四段は朝日杯で羽生竜王に勝ち、さらに決勝戦も勝って優勝する可能性は、どれぐらいあるのでしょうか?



 羽生竜王と藤井四段は、昨年2017年に、非公式戦で2回対戦しています。その対戦を振り返ってみましょう。



非公式の羽生-藤井戦



 羽生竜王と藤井四段が初めて対戦したのは、AbemaTVで放映された企画「炎の七番勝負」(2017年2月18日収録、4月23日放映)での最終局でした。改めて、その勝敗を振り返ってみましょう。持ち時間は第6局までが各1時間。最終第7局は各2時間です。



第1局 ○ 増田 康宏四段(現五段)



第2局 ● 永瀬 拓矢六段(現七段)



第3局 ○ 斎藤慎太郎六段(現七段)



第4局 ○ 中村 太地六段(現王座)



第5局 ○ 深浦 康市九段



第6局 ○ 佐藤 康光九段



第7局 ○ 羽生 善治三冠(現竜王・棋聖)



 各年代を代表する棋士を相手に、6勝1敗という、瞠目すべき成績を収めました。特に、最終第7局の羽生三冠(当時三冠)戦は、藤井四段のデビュー戦以来13連勝中に放映され、その内容と結果から、大変な反響がありました。



 羽生-藤井戦は、藤井先手で角換わりに。戦形の分類的には「角換わり腰掛銀」になるのでしょうが、銀を前線に進める前に、手早く桂を跳ね出していく、現代将棋の最新形です。将棋は一般的に、価値の高い駒を手にした方が有利となります、藤井四段はその点においては損な取引をしながらも、攻めを続ける展開に持ち込みました。そして次々と、的確なパンチを続けていきます。



 最終盤。藤井四段は羽生三冠の玉を、上下はさみうちにします。藤井勝ちかと思われたその時、羽生三冠から、思わぬ反撃が飛んできました。誰の目にも絶望と思われる状況から、「羽生マジック」と称される、思いがけない手から、奇跡のような勝利を収めてきたのが、羽生三冠です。



 しかし、藤井四段は最後まで冷静沈着でした。羽生三冠のねらいをすべて見破り、間違えません。そして、歴史的な勝利を収めました。



 藤井四段は、羽生三冠に勝ったこと、そして6勝1敗という成績について、次のように語っています。



「自分の実力をよく出し切れたと思いますし、本当に望外の結果だったと思っています」



 一方の羽生三冠は、藤井四段について、こう語っています。



「非常に攻守バランスよく指されて、攻める時には攻めて、守る時には守って、ということで、非常にしっかりしている」



「今の時点でも非常に強いと思うんですけれども、ここからまた、どれぐらい伸びていくか、すごい人が現れたなあ、と思いました」



 その次に対戦したのは、獅子王戦の決勝(3月18日)です。こちらは羽海野チカさん作の大人気漫画『3月のライオン』とタイアップした企画で、ニコニコ生放送(ドワンゴ)で生中継で放映されました。4人によるトーナメント戦で、羽生三冠は加藤一二三九段、藤井四段は先崎学九段を破っての決勝進出です。



 先手番の羽生三冠は、四間飛車を選びました。そして、穴熊に組もうとする藤井聡太四段に対して、藤井猛九段創案の「藤井システム」を採用します。



 勝敗不明の終盤戦では、千日手模様となりました。そして、両者ともに、千日手にはしない、打開の道を選びました。きわどい攻防の末、最後に貫禄を見せたのは、羽生三冠の方でした。



藤井四段が羽生竜王に勝つ可能性



 藤井四段のこれまでの戦績を考えれば、このまま公式戦でも羽生竜王に勝ち、朝日杯で優勝したとしても、何ら不思議はありません。そう言っても、過言ではないでしょう。



 しかし何と言っても、相手は将棋史上最強を誇る、レジェンド中のレジェンドです。



 朝日杯は持ち時間各40分、使い切ると一手1分未満という設定です。持ち時間が長い対局は、2日制のタイトル戦であれば、9時間、8時間。1日制の順位戦は6時間などが挙げられます。それらに比べれば、朝日杯は早指しのカテゴリーに入ります。



 早指しは一般的に、若手棋士が有利とされています。若いうちの方が反射神経に優れ、手も早く見えるからです。



 しかし羽生竜王は、規格外の存在です。持ち時間が長くても強いのは言うまでもありませんが、短くても無類に強い。代表的な全棋士参加の早指し棋戦であるNHK杯(持ち時間は各10分、切れたら一手30秒未満・他に各10分の考慮時間あり)では、過去に10回優勝しています。



 1988年度。羽生現竜王は18歳で五段の時、大山康晴、加藤一二三、谷川浩司、中原誠(当時名人)と、名人経験者、現役名人を4連破して、世間に衝撃を与えました。特に、準々決勝の加藤九段戦で指した▲5二銀は、歴史に残る妙手の一つとして、現在でも語り草になっています。



 また朝日杯では過去10回中、5回優勝と、こちらも圧倒的な戦績です。



 戦形は、藤井四段はいつも通り、自分の得意な角換わりや横歩取りなど、居飛車系統の作戦で臨むと思われます。羽生竜王も基本的には居飛車が多いのですが、振り飛車を指してもめっぽう強い。もし変化をするとしたら、オールラウンダーの羽生竜王の方でしょう。



 羽生竜王が貫禄を示すのか。それとも藤井四段が、新たな将棋界の伝説を切り開いていくのか。



 筆者の個人的な見解では、後者の可能性は、そう小さくないものと見ます。



 いずれにしても、見逃せない大一番と言えそうです。



藤井四段の記録と今後



 14歳2か月での四段昇段(プロ入り)など、藤井四段は、史上最年少の記録を、次々と塗り替えつつあります。



 藤井四段は佐藤天彦名人戦での勝利により、金星(若手棋士が名人に勝つ)の最年少記録(15歳5か月)を打ち立てました。



 五段昇段の最年少記録(15歳3か月)は、1955年に、加藤一二三現九段が打ち立てています。その記録の更新は、現在では既に無理となりました。ただし、加藤九段の若手時代とは規定が代わり、現在では昇段できる規定が増えています。いずれ六段昇段時か、あるいはそれ以降、昇段の最年少記録を、追い抜かすことがあるかもしれません。



 藤井四段が所属するC級2組順位戦では、一年をかけて、全10回戦のリーグ戦がおこなわれます。参加棋士50人のうち、成績上位3人に入れば、C級1組昇級が決まります。藤井四段は50人中、ただ一人、8連勝。残り2戦のうち、1勝すればよい「マジック1」の状況です。2月1日の9回戦では梶浦宏孝四段と対戦すれば、昇級が決まります。



 現在の昇段規定では、四段の棋士はC級1組に昇級を決めた時点で、即日で五段に昇段します。まずは最速で、2月1日の昇級なるかということに期待がかかります。



 さらに、2月17日の朝日杯で優勝すれば、史上最年少での全棋士参加棋戦優勝です。同時に昇段も決まります。五段になっていれば、わずか半月での六段昇段となります。



 藤井四段の2017年度の成績は、対局数61、50勝11敗(勝率0.8196)、29連勝(1月29日現在)。今年度の記録四部門(対局数、勝数、勝率、連勝)の全てでトップに立っています。



 記録四部門1位独占は、過去に羽生現竜王しか達成していません。1988年度、18歳五段当時には、対局数80、64勝16敗(勝率0.8000)、18連勝という記録が残されています。



 藤井四段が記録四部門1位となれば、羽生現竜王の偉業に並び、さらに年齢的には史上最年少となります。



 その他、どれほどの最年少記録が更新され、またされつつあるのか。探してみれば、まだ意外な記録もあるのかもしれません。



 羽生善治と藤井聡太。両天才がぶつかる大一番を前に、改めて両者の新人時代の活躍、記録を見比べてみるのも、一興でしょう。




◆週刊朝日 2018年2月9日増大号


65歳からの老後資金を稼ぐ株投資


独占 黒柳徹子&久米宏/80代でも美肌を保つ/“お太りさま”の方が健康!




2018年は日経平均2万7000円へ


65歳からの老後資金を稼ぐ投資術



東証1部への市場変更見逃すな/買値を10%下回ったら損切り /ソフトバンク携帯子会社、メルカリが台風の目 /USJ、スマートニュース、マイナビ、ビットフライヤーなど続々




ワイド特集 ハレとケ


•はれのひ倒産で泣く人笑う人 振り袖1200着の行方


•草津白根山噴火で専門家が予測 次に危ない火山


•角界の“ニコラス・ケイジ”栃ノ心は料理上手なマメ男


•五輪主将小平奈緒 結団式で見せた涙の意味


•党首は決まったが…風前の灯の社民党




がんサバイバー特別対談


大林宣彦 映画作家 × 垣添忠生 日本対がん協会会長


 


短期集中連載 平成の皇室外交 


最終回 オランダ 反日感情残る広場にて



脳卒中リハビリのいい病院


本誌独自調査 全国561リスト


髙橋大輔と荒川静香が教える


平昌五輪フィギュア観戦術


羽生と宇野、実力十分 金銀フィニッシュに期待/ロシアの2強がリード 生まれ変わった宮原知子



ぶっちゃけ大放談 第2弾  国会議員女子会



野田聖子(自民)高木美智代(公明)西村智奈美(立憲)森ゆうこ(自由)三原じゅん子(自民)



メタボ上等! “お太りさま”こそ健康



データで実証!「ちょいメタ」が一番長生き 高齢の“痩せ”は危険だらけ


「ザ・ベストテン」 放送開始40年


グラビア 「ザ・ベストテン」が青春だった


独占ロングインタビュー  黒柳徹子&久米宏



100人に聞いた 人生でやり残したこと


南極で生活する男性公務員(49)/ミュージシャンになりたい!男性小学校校長(52)/ユーチューバーになって稼ぎたい男性無職(72)/国立劇場で日本舞踊を踊る女性年金生活者(74)…


 


グラビア


羽生・高梨だけじゃない!平昌ブレイクの“神7”


ナキウサギの冬支度



•ドン小西のイケてるファッションチェック


[平昌五輪日本選手団公式服装]


•表紙の人front+ [野村周平]


•人生の晩餐


•岩合光昭の今週の猫


•文豪の湯宿


•山藤章二の似顔絵塾


•山藤章二のブラック・アングル




連載小説


垣根涼介  涅槃


辻村深月  傲慢と善良



対談 林真理子 ゲストコレクション溝端淳平


司馬遼太郎と明治 西郷の時代 (11)


連載 平成夫婦善哉  [日比野玲・前田典子]


新・名医の最新治療 めまい(良性発作性頭位めまい症)



マンガ


•ヘルプマン!! くさか里樹


•パパはなんだかわからない 山科けいすけ


•ペコロスの母の玉手箱 岡野雄一


 


コラム


•田原総一朗 ギロン堂


•藤巻健史 虎穴に入らずんばフジマキに聞け


•内館牧子 暖簾にひじ鉄


•池谷裕二 パテカトルの万脳薬


•室井佑月 しがみつく女


•ミッツ・マングローブ アイドルを性せ!


•山田美保子 楽屋の流行りモノ


•カトリーヌあやこ てれてれテレビ


•帯津良一 貝原益軒 養生訓


•北原みのり ニッポン スッポンポンNEO


•嵐山光三郎 コンセント抜いたか


•東海林さだお あれも食いたい これも食いたい


•丸山茂樹 マルちゃんの ぎりぎりフェアウエー


•東尾 修 ときどきビーンボール


•春風亭一之輔 ああ、それ私よく知ってます。


•津田大介 ウェブの見方 紙の味方


•鈴木おさむ 1970年代生まれの団ジュニたちへ


•山田清機 大センセイの大魂嘆!




週刊図書館


•書いた人 [稲葉禄子]


•今週の一冊


『珈琲の世界史』片岡義男


•斎藤美奈子/亀和田 武 ほか


「目キキ」&「耳キキ」


•Key person [広瀬アリス]


•Cinema [スリー・ビルボード]


•パズルDE脳力測定[クロスワード]


•犬ばか猫ばかペットばか


•お便りクラブ/編集長後記