ニュースが好き

政治でも経済でもアニメでもニュースなものが好きです。

★12/15(金) 民進党、年の瀬に「解党的出直し」の断末魔(東洋経済オンライン)、【虎ノ門ニュース】須田慎一郎・上念司【あさラジ】石破茂【くにまるジャパン】佐藤優【おはよう寺ちゃん】施光恒&正論2018年1月号目次「『立憲民主』という虚構」ほか、FRIDAY(12/29)女性セブン(1/1)女性自身(12/26)(若干書き起こしメモ)

★民進党、年の瀬に「解党的出直し」の断末魔
12/15(金) 6:00配信 東洋経済オンライン

 年の瀬の永田町でまたまた民進党の「解党」論が浮上した。同党分裂で派生した立憲民主党・希望の党との民進系再結集のための「触媒役」を目指したものの、1%スレスレの政党支持率に不満分子の離党ドミノの動きが重なり、「解党して、新党として出直すしかない」との危機感が強まったからだ。
  調整力を期待されて代表に就任した大塚耕平参議院議員も解党・新党論に傾き、13日以降、常任幹事会、両院議員総会、全国幹事会などを連続開催して協議を続ける方針だが、党内には「単なる看板のかけかえでは出直しにならない」などの批判が根強く、年内決着は「至難の業」(党長老)とみられている。
 そもそも、9月末の衆院解散直前にいったん解党を決め、衆院選に国政政党として候補者を擁立しなかった時点で、民進党は「終わった政党」(自民幹部)だった。にもかかわらず、選挙後に「ゾンビ」(同)のように存続を決めたのは、同党に巨額の資金と事務局も含めた組織が残っていたからだ。いわば「廃業を決めたが、ビルも社員も貯金も残っているので営業を続けている」(民進幹部)のが実態といえる。にもかかわらず、分社化した立民・希望両党を再糾合して大野党復活を目指すのは「断末魔の悪あがき」(自民長老)としか見えず、「行き着く先は空中分解」(首相経験者)との声も出る。
■「新党結成」「党名変更」「現状維持」の3択を提案
  民進党議員の中でも「純粋中立派」を自任する大塚代表は、7日の記者会見で「党名も含めて新しく生まれ変わらなければまずい、という意見がある」と解党・新党論に言及した。小池百合子東京都知事が9月末衆院解散直前に希望の党結党を宣言した際、民進党は両院議員総会で解党・希望の党合流を満場一致で決めたが、選挙での希望の党の敗北で、選挙後の両院総会で存続が決まった経緯がある。ただ、国民の間には「過去の党」との印象が定着し、政党支持率も1%程度に低迷していることで、「座して死を待つわけにはいかない」(大塚代表)との危機感が解党・新党論につながったとみられる。
大塚代表ら党執行部は12日の「党の戦略・組織・運営に関する改革本部」という長い名称の会合で党再生への協議をスタートさせ、常任幹事会や両院議員懇談会での意見集約を目指している。一連の会合で大塚代表が提案したのは、(1)新党結成、(2)党名変更、(3)現状維持、の3つの選択肢だ。
  現時点で約70億円とされる「党の貯金」は温存し、今後の党運営や2019年夏の参院選の選挙資金に充てる、との前提があるため、党資金の国庫返還にもつながる「解党」という文言は使っていない。
 これに対し岡田克也、蓮舫両元代表らが党存続を強く主張する一方、若手からは「このままではジリ貧になるだけ」と新党結成論も出て、予想通り議論は紛糾している。「党内バラバラ」と揶揄された民主党時代からの宿痾も際立ち、決着時期を「できれば年内」として協議を続行する構えだ。
  ただ、年明け以降の党運営に大きな影響を与える「政党交付金を決める所属議員数登録」の基準日は1月1日で、党内には年内の立憲民主党入りを視野に「政党交付金分割のための分党」を模索する動きもあり、執行部が調整に失敗すれば「年内再分裂」の危機も現実となりかねない。
 10月の衆院選を、「小池新党」とも呼ばれた希望の党、小池氏に「排除」されたメンバーによる立憲民主党、どちらにもくみしない民進党籍を持つ無所属、という「3分裂」で戦った民進系の当選議員は、立民54人、希望51人、無所属14人の合計119人で選挙前の勢力を上回った。
  公明、共産、維新がそろって議席を減らしたことも考えれば、「民進系議員への国民の期待はなお大きい」(民進幹部)ともみえる。だからこそ、選挙直後から再結集論が浮上したわけで、2019年春の統一地方選、同夏の参院選で自民・公明の巨大与党に対抗するためには「大きな塊をつくるしかない」(大塚氏)のは自明の理でもある。
■「統一会派」で立民追い落としの狙いも
 しかし、「3分裂に至る経緯を振り返れば、再結集はそれぞれの党の自殺行為」(立民幹部)ともなりかねない。「理念や政策を棚上げした『数の論理』による野党結集に有権者が不満を示した選挙結果」(同)との分析もあるからだ。希望の党を立ち上げた小池氏や前原誠司前民進党代表の「政権交代を目指すもう一つの保守党を」という考え方からすれば「共産党とも連携するリベラル勢力」の排除は当然で、多くの有識者も「政治理念や政策の一致を目指しての希望の党結党は間違いではなかった」と指摘する。ただ、結果的に野党乱立・多極化を招いて、自民党圧勝に貢献したことが批判と不満の対象となっているわけだ。
今後の政治日程からみて、次の国政選挙は2019年7月に予定される参院選だが、有権者が政権を選択する衆院選は3年後の2020年秋とみられている。それまでに現状の野党乱立が解消されなければ、「余程のことがない限り、自民党政権は安泰」(選挙アナリスト)というのが大方の見方だ。政権交代を目指すなら、野党は「統一候補」で戦うしか選択肢はなくなる。
  そこで問題となるのが民進系3野党の主導権争いだ。もともと「自民打倒のための野党結集の軸は民進党」(小沢一郎自由党代表)だったが、現状ではどの党が「野党第1党」なのかが明確ではない。衆院は立民がわずかの差で第1党だが、参院は民進党が圧倒的第1党だ。しかも、国会運営上は「会派」が基準となるため、衆院で希望の党が民進党系議員が結成した無所属の会と統一会派を結成すれば、立民は第1党の座から追い落とされる。
 民進党の一連の協議で大塚代表が「立民、希望両党への統一会派呼びかけ」を提案したのも、年明けの通常国会で希望の党との統一会派実現を狙ったともみえる。小池氏から党運営を委ねられた玉木雄一郎・希望の党代表も「(統一会派の提案は)真剣に考えなければならない」と前向きの姿勢を示した。「合流には党内の抵抗が強いが、統一会派なら実現可能」(希望幹部)という対応には、統一会派も含めた連携にも否定的な立民への対抗意識がにじむ。
 一方、立民も水面下での勢力拡大を模索している。政党支持率では民進系3党の断然トップを維持するだけに、希望、民進両党に所属する「リベラル組」をターゲットに入党勧誘作戦を展開している。11日には民進党の有田芳生参院議員が大塚代表宛ての離党届けを提出した。ジャーナリスト出身で知名度も高い有田氏は「立憲民主党が最も自分の考え方に近い」として年内にも立民に入党届を出す考えだ。これに先立ち参議院の民進党会派所属の川田龍平氏も立民に入党届を提出した。

■「複雑骨折は間違って治すと余計悪くなる」
  さらに、参院民進党のリーダー格の小川敏夫参院議員会長も立憲民主党への合流を視野に民進党の「分党」を画策しているとされ、「数合わせには参加しない」と繰り返す枝野・立民代表もこうした動きに絡んでいるとの見方が広がる。ただ、特別国会の与野党攻防で、衆院側の野党代表として自民党と渡り合った辻元清美・立民国対委員長は、13日の講演で民進党分裂以後の野党の現状を「複雑骨折で、間違って治すと余計悪くなってしまう」と勢力争いのための離合集散の動きをけん制した。
 立民を「排除」した形での希望・民進連携の動きについてほかの野党は「落ち目の三度笠同士の傷のなめ合い」(社民党幹部)と揶揄する。とくに民進党が野党再結集の軸となることについては「解体したはずの党が再結集を呼び掛けても国民の支持が得られるわけがない」(同)と冷笑する。ただ、野党第1党に必要な「資金・事務局・地方組織」の3点セットを保持するのは民進党だ。玉木・希望代表は「代表就任以来、資金集めや事務局づくりなどが最大の仕事で、政治理念や政策づくりにはまったく手が回らない」ことを認める。枝野・立民代表も同様で、大好きなカラオケも「雑用が多すぎて行く暇がない」と嘆息しきりだ。
 政権交代可能な2大政党制を実現するための衆院小選挙区比例代表制導入を受けて、1996年に旧民主党が結成されて21年余。野党第1党としてのさまざまな変遷を経て2009年9月に政権交代による民主党政権を実現させたが、その後は党内抗争の果ての政権転落と党分裂で現在の混迷を招いたのが民進党(民主党)だ。
  その間の多くの年数を党リーダーとして過ごした岡田元代表は5日の会見で、この一年を「ひどい以外の何物でもない。せっかく二十数年間かけて作ってきた野党第一党が空中分解してしまった」と天を仰いで自責の念を吐露した。
■仏教派・大塚氏だけに「クリスマス決着」は無理筋
  この岡田氏や同氏の後任代表を務めた蓮舫氏は、大塚氏が提案した「新党」や「党名変更」に強く反対している。「苦しい時にじっと我慢しないで右往左往すれば、ますます政権から遠ざかるだけ」と判断しているからだ。
  たしかに、現状の再建論は「単なる看板の掛け替え」に終わる可能性は否定できない。次期国政選に向けて再結集しても、共産党との共闘や安保法制の可否といった路線対立が再燃して「ビデオテープでもう一度」(首相経験者)となるのは避けられそうもない。
 大塚代表はクリスマスの25日の決着を目指しているとされるが、党内には「政界のサンタからプレゼントをもらおうというのはそもそも無理筋」(民進若手)との声が広がる。仏教に造詣が深い大塚氏は、自らのホームぺージ(耕庵)に記した「学あり、論優れども、心貧すれば、任に能わず」とする耕学、耕論、耕心の「三耕探求」がモットーだが、今回の新党結党や党名変更による民進系再結集はキリスト教と仏教の合体のような「不可能な探求」にもなりかねない。
.
泉 宏 :政治ジャーナリスト

【DHC】12/15(金) 須田慎一郎・上念司・居島一平【虎ノ門ニュース】




2017年12月15日 あさラジ! 石破茂



0:16 小泉進次郎ってどう?


5:58 文在寅 訪中


10:42 個人中心に増税ラッシュ


18:18 沖縄の小学国に米軍ヘリ部品 落下



【佐藤優】 くにまるジャパン 極 2017年12月15日




おはよう寺ちゃん活動中 施光恒 2017年12月15日



9:41 与党税制大綱 個人中心に増税!


13:14 違法天下り6件 文科省 事務次官関与


16:35 中国 文在寅 冷遇


19:11 個人中心に増税ラッシュ!


25:11 AI関連に1000億円


28:29 道徳の教科化の問題点


37:18 エンディング






正論2018年1月号


【年末SP号 非礼国家 韓国の自壊】


【特集 非礼国家】


「独島エビ」「慰安婦晩餐会」は韓国・自壊への道 呉善花


なぜ米大統領に、みすぼらしい料理を出したのか 古田博司


文在寅の反日親北は止めらない 西岡力


文在寅とトランプ どちらが韓国大統領やら… 久保田るり子


誰がインド太平洋の覇者になるのか 湯浅博


習近平新政権はトランプよりプーチンに近づく… 河添恵子


北のミサイル 日本国民はここに備えろ! 兵頭二十八


横田滋・早紀江夫妻メッセージ


めぐみを奪われ40年 今も何も見えない… 月刊「正論」シネマサロンに寄せて


元産経新聞記者 阿部雅美 女優・気象予報士 半井小絵


拉致を放置したメディアの罪 今だから語る取材秘話


正論シネマサロン トークライブ詳報



【国士舘大学100周年記念事業 「東京裁判シンポジウム」】


櫻井よしこ 日本はいかに危機に立ち向かうか


日本の価値を否定した日本国憲法 西修


GHQに葬られた日本の「武道」 高橋史朗


自民党副総裁 高村正彦 議員引退で〝毒〟白 文句があるなら直接言え


あの山尾志桜里センセイが語った憲法論とは… 本誌編集部


毒舌放談 加地伸行×小川榮太郎「モリカケ〝人民裁判〟は国会議員の思い上がり」


座間大量殺人のブラックホール 竹内久美子


百田尚樹VS沖縄タイムス記者の一部始終 髙木桂一



【「立憲民主」という虚構】


「枝野幸男」は本当に筋を通す男か 阿比留瑠比


よみがえる民主党政権の悪夢 山村明義


リベラル 革命を捨てた左翼のなれの果て 筆坂秀世


こんなのアリ? 仁義なき政党助成金争奪戦 篠原常一郎


前原誠司独占インタビュー「枝野幸男と共産党の親密さ」


ホスピス落ちた 父が死んだ… 潮匡人



【歴史のウソがイチから分かる】


これが「南京大虐殺」のニセ写真工作だ! やっと見えてきた真実 中田崇


策略の真珠湾攻撃 米国で進む歴史見直し 江崎道朗


徴用工が韓国の近代製鉄所をつくった 安部南牛


明治を左翼リベラリズムから取り戻す 渡辺利夫/阪本是丸/松元崇/新保祐司


教科書が教えない危険な中朝関係史 茂木誠


平和は願うだけでは… 山口采希


これで国のために命を捨てられるか 自衛隊残酷物語 小笠原理恵


ひと往来 「北海道『正論』友の会」代表幹事・札幌商工会議所名誉会頭 伊藤義郎さん


シリーズ対談 日本が好き! 柿﨑裕治/井上和彦 特攻の〝舞台〟を演出するということ



◆FRIDAY2017年12月29日号


・欅坂46長濱ねる「きらめく美体」


・乃木坂46松村沙友理「可愛い」


・乃木坂46乃木撮 NOGI_SATSU


・滝沢カレンが六本木バーの店長と2年越しの熱愛


・金正恩が〝聖地〟白頭山に誓った「最悪のシナリオ」


・六本木で朝4時まで遊ぶチャンプ井岡一翔を直撃!


・富岡八幡宮刺殺事件でわかった「名門神社の金満事情」


・エンゼルス大谷翔平を待ち受ける「メジャーの壁」


・平昌五輪ショック!「消えたロシア美女たち」


・虫が大嫌い!? 野田聖子総務相の「セコい領収書」大公開


・羽生善治「対局中に10分間熟睡!」の奇人エピソード


・岸本セシル「美BODY解禁」


・女子大生水着美女図鑑 桜美林大学・田中南海子


・FRIDAYデジタル写真集 絶賛発売中!


・斉藤和巳の「エース脳」


・スポーツは人間ドラマだ! 室伏広治


・週刊「テレビのウラ側」


・国民的アイドル「シャンシャン」いよいよお披露目!


・宿敵もお悔やみ 野村沙知代さんが残した「猛女伝説」


・都議会のドン内田茂氏を直撃「やっぱり復活しますか?」


・岩手・岩泉74歳「キス魔町長」のイヤらしい手口と余罪


・芸能界「やらかし男たちの恥事件簿」厳選12連発!


・UVERworldTAKUYA∞が美女と密会の夜


・景子夫人「連日の段ボール箱搬出入のナゾ」


・澤北るな「純情LOVEボディ」


・筧美和子「ポップ&ダイナマイト!」


・NGT48北原里英「挑発ランジェリー」


・篠崎こころ「クールな仔猫」


・目撃! ハリコミ24松田翔太、柴田阿弥、稲垣吾郎、髙田延彦、仲里依紗、上地雄輔


・松田翔太 オシャレ眼鏡でイケメン度アップ!?/柴田阿弥 元『SKE』のフリーアナがコンビニでお買い物


・稲垣吾郎 愛車でドライブ/髙田延彦 六本木の飲食店ビルに現る!


・仲里依紗 ド派手な愛車で愛息をお出迎え/上地雄輔 上機嫌ディナー


・美人OL水着コレクション 伊藤あいり


・激うま! お取り寄せグルメ 「中村家」三陸海宝漬





◆女性セブン2018年1月1日号


・高麗屋三代襲名披露 冬晴れの浅草に三代の晴れ姿


・〝冬空〟に輝くヒロインたちの装い


・高橋一生 1/35億、光ってます


・連載 真矢ミキ 一寸先は笑み 『タートルネックと心の温活』


・皇太子妃雅子さま お誕生日に新たな誓い


・大谷翔平選手 和製ベーブ・ルースの「Sho-Time」開幕


・「激動の皇室」の真実/皇后美智子さま 最後の務めは「あの約束の地」


・「激動の皇室」の真実/皇太子妃雅子さまは泣いた!「感涙の作文」


・秘話公開 サッチー逝く 野村監督 寄り添い続けた老いの道行


・ハネムーン公開 紀香 密着番組で封印された義父とのホントの仲/まさかのパロディー 中居正広のエール!?「72時間ホンネの旅」


・出会ってわずか6か月 水川あさみ 今度は窪田正孝も!舌を巻く「同棲力」


・騒動内幕 紀子さんVS景子さん再燃! 花田家「女の因縁」


・田中美佐子 辻希美も! うちの旦那は「帰宅恐怖症夫」


・富岡八幡宮斬殺事件 姉と弟 凄まじい憎悪


・年の瀬の歌番組 炎上舞台裏が大興奮!


・えっ!?ふるさと納税でライザップできるってよ


・冬のアイタタッを解決!ぬくぬく健康法


・先生と生徒、恋に落ちてはいけないんですか


・コミック 柴門ふみ『恋する母たち』


・山田詠美『日々甘露苦露』


・元気になるみそ汁レシピ23


・セブンズキャッチアップ


・全国産業観光ツアー・ガイド 第10回 黒部市


・ボリュームたっぷり 汁もの&ほっこりスープレシピ


・気になる裏側 情熱大陸「密着」に密着


・何のマークかご存じですか?


・『法律相談事務所』


・コミック 細川貂々『お多福来い来い』


・鈴木敏夫『南の国のカンヤダ』


・大切な本に出会う場所


・高額当せん者に聞いた! 宝くじ、私はこうして当てました


・旬の逸品モノ語り/シャープペンシル


・目指せ!TOKO 投稿五輪


・深爪『立て板に泥水』


・誌上論争15 「子連れで居酒屋」


・お得も(秘)情報も 公式SNSが「いいね」


・思い出がいっぱい 我が心の遊園地


・毎日コップ1杯の「こうじ水」でキレイになる!


・菅田将暉 父が独占告白「あの日、この子の将来を直感した」


・歳末NEWS大売り出し 年末を彩る顔が揃いました!


・心がじんわり温まる 進化系イルミネーションガイド


・ジェジュン 1万8000人とすごした180分


・山田美保子の山田EYEモード


・ばぁば×グッチ裕三 おごちそうはひらめきと創意工夫が命




女性自身 2017年12月26日号


・祝54歳!雅子さま ボルドーは愛の色 誕生日WEEKの仲良しコーデが“夫婦円満”を物語っています


・竹内涼真 × 高橋一生 × おディーン様 反則級「“三大王子”の神スマイル!」


・撮り下ろし・高畑充希「マイペースな1年でした。」


・2017年“追悼”特集「“愛”を教えてくれたあなたへ——」 小林麻央・松方弘樹・野際陽子 ほか


・水晶玉子のオリエンタル占星術 経済が激変する2018年に向けて財運アップ 前編


・2017美容大納会 今年大ヒットした優秀アイテム総ざらい!


・花田景子さん 支援者に明かしていた貴乃花親方「沈黙の真意」 「封印されている事実があります……」


・米倉涼子 『ドクターX』未知子のマル秘変身「白衣の下がセレブ服に!


・高橋一生 15年間1日1食! 愛食するのは「特製タンメン」


・羽生結弦  「年末には復活のジャンプを!」 「孤独のリンク」で23歳誕生日の誓い カナダの過酷リハビリで劇的回復中—


・美智子さま 捧げた惜別の花束… 盟友と紡いだ「退位後の夢」


・NEWS 5連弾 人生は波乱万丈。 木村拓哉、解散後初CMは絆の「LINE」


・亀梨和也 「撮影中はギブスもNG」 骨折直後 激痛ロケ現場撮


・ダレノガレ明美 念願のアパレル起業は「ローラ先輩のおかげ♪」


・野村沙知代さん 「夫をもう一度監督に」 “激やせ”奔走した最後の夢!


・とろサーモン M-1優勝後、週刊誌初“素顔暴露”インタビュー


・スター・ウォーズ 最新作公開直前! ジェダイ級トリビアクイズ


・「怖い絵」展 特別監修者・中野京子さんインタビュー 「『怖い絵』の原点は子どものころ見たご先祖の遺影です」


・12月17日「未病の日」に病気のサイン40を総点検! 「耳たぶにしわ」は脳梗塞の可能性が…


・月8万円確実に稼げる 「60歳からの仕事探しガイド」


・美肌キープには「全身浴・40度・15分」が正解! 浴室で簡単エクササイズ + リンパマッサージ + 美容家電


・お知らせ (HERS)


・たまきちひろ 読切りマンガ 『ビットコイン買いました!』


・最旬デパ地下総菜“ドヤ盛り”レビュー 盛りつけで魅せる美味総菜いろいろ


・女性自身の「今週の本」 川上弘美 『森へ行きましょう』 ほか


・ピンスタ! 今年いちばん後悔してること! ほか


・今週の萌ンタメ 「桐谷健太」 インタビュー ほか


・うっかり切らした“調味料”簡単&節約代用術10


・家電「買い換え」タイミング早わかりリスト! 冷蔵庫は“劇的進化”真っ最中のいまが買いどき!


・もう後悔しない!「冬のセール」必勝7カ条 買っていいのは「今すぐ着られる服」だけ!


・孤立した家族を救うため— “つながり”配る「こども宅食」現場ルポ


・浅野忠信 怒鳴りあいのケンカも— 覚せい剤逮捕 実父への愛憎29年


・女性自身百貨店NEWS 眠るだけで温熱治療 炭100%の力が女性の大敵冷えを撃退!


・ナチュラル洗剤で家中ピカピカ大掃除♪ 天然由来だから、安心&エコがうれしいね


・女性自身百貨店NEWS 豪華絶品! 4号連続冬の祝い鍋 「合鴨鍋」


・水晶玉子のオリエンタル占星術 経済が激変する’18年に向けて財運アップ 後編


・パク・ボゴム 「ファンのみなさんは“一生の友達”です!」


・CATCH THE STAR!! あの人気者の1年は“こんな漢字”でした♪


・ひふみん&ブルゾンちえみ 「今日はおめかし」 2017年ブレークスターがとっておきの衣装で登場!


・“西洋美術の歴史”を変えた! 「HOKUSAI」伝説6 「北斎とジャポニズム」にみる葛飾北斎の偉大なる功績


・デートしようよ 「犬飼貴丈くんとおふろcafe」


・女性自身百貨店NEWS まとまらないクセ毛、縮毛……このブラシで 憧れツヤツヤストレート


・お知らせ(VERY)