ニュースが好き

政治でも経済でもアニメでもニュースなものが好きです。

★12/2胸いっぱいサミット!、新・情報7daysニュースキャスター、今田・八光の特盛 よしもと、12/3そこまで言って委員会NP、ワイドナショー「松本人志『情けない』モンゴル人力士に相撲協会あたふた(サンスポ)」、サンデー・ジャポン、サンデーモーニング、新報道2001、森友問題の本質は官僚のミス、裁量行政を温存なら国有地売却問題は再び起こる(高橋洋一ZAKZAK)

森友問題の本質は官僚のミス、裁量行政を温存なら国有地売却問題は再び起こる(高橋洋一ZAKZAK)



森友学園問題をめぐっては、会計検査院の指摘などもあり、特別国会の予算委員会でも野党が追及している。
 本コラムで筆者は9カ月ほど前から、この問題は財務省の地方組織である近畿財務局の事務的なチョンボであり、その背景には官僚に裁量を与え過ぎている現行の仕組みに問題があると指摘してきた。
 財務省OBの筆者としても、杜撰な事務処理に驚いた。今回の会計検査院の報告書でも、これらが確認された。
 もっとも、会計検査院の報告書では、筆者が指摘したような「入札」にしなかったという点には全く言及せずに、「随意契約」で合理的な価格算定など見積り合わせをしなかったことを指摘している。「入札」にしておけば、こうした手続きは不要であるので、やはり近畿財務局の事務的なチョンボであることは疑いない。
 こうしたこともあって、筆者の最初の直感は「首相などの関与はありえないだろう」というものだった。その後、国有地売却に関する「鴻池メモ」が出てきて、筆者は首相などの関与がないことを確信した。このような個別案件で、複数の政治家が絡むことはまずないからだ。
 にもかかわらず、マスコミと野党は首相などの関与に固執して時間を浪費した。特に、籠池泰典被告らが作ろうとした小学校が、安倍晋三首相の名を冠していたという前提でのマスコミ報道や野党の追及があったが、事実無根だった。


4月上旬には、財務省から、記録保存に関して決定的な虚偽の国会答弁もあった。その時、筆者はツイッターなどで答弁がウソだと書いたが、マスコミや野党は首相などの関与にこだわり、絶好のチャンスを逃した。


 そうして時間を浪費しているうちに、財務省は6月下旬に問題の国有地を売却価格で買い戻した。これで事務チョンボがあったものの、売却で国民に損失を与えたわけでなくなった。財務省のダメージコントロールである。


 財務省は、今後の対策として、合理的な価格算定や文書の保存について見直しをするという。要するに、官僚に裁量を与えたままという前提はスルーしている。財務省官僚の国会答弁にあった「法令に基づくもの」という「法令」とは、法律ではなく官僚が事実上決められる政令や省令などが含まれている。このままで、国会はいいのだろうか。


 そして、公共的な国有地売却について入札を使わない現行制度を見直すつもりはないようだ。これでは国有地売却で再び問題が発生するだろう。


 また、問題になった文書の「保存期間1年未満」というのは、資料が紙ベースだった時代の名残だ。電子化の時代に1年などの期間の限定があるはずがない。


 こうした点について、国会らしい追及をしてもらいたい。それとともに、政府においても、国会での虚偽答弁や現行法令内での懈怠(けたい)行為などは言語道断なので関係者の処分をきちんとすべきだろう。(元内閣参事官・嘉悦大教授、高橋洋一)




胸いっぱいサミット!2017年12月2日- 【田嶋陽子・安倍政権小池辞任に喝・壱成籠池嘘つきは誰!】




ワイドナショー 2017年12月3日

松本人志「情けない」モンゴル人力士に相撲協会あたふた


12/3(日) 10:49配信 サンケイスポーツ



お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志(54)が3日、フジテレビ系「ワイドナショー」(日曜前10・0)に出演。平幕貴ノ岩(27)への暴行問題を起こし現役を引退した大相撲の元横綱日馬富士(33)に対し「引退する必要はなかった」と擁護した。


  日馬富士は11月29日に現役を引退。日本相撲協会に引退届を提出して受理された。日本国籍を取得し、親方として相撲協会に残る夢も断念。鳥取県警の捜査や相撲協会危機管理委員会の調査が進む中、不祥事の責任を取る形で自ら身を引くことを決断した。



  松本は「日馬富士のことに関して、僕は引退する必要はなかったと思ってます」とキッパリ。「なぜ相撲協会はそれ(引退届)を受理したのか。根底にあるのは、この人(日馬富士)の正義感だったと思ってるんですね。もちろん酒の場で、物使ってやりすぎったってのはありますよ。でも一般人ではないし、人張り倒して投げ倒す世界。その世界で土俵以外のところで『一切、暴力ダメ』っていうのは正直、無理があると思うんですよ。『だったら稽古ってどうやってつけんねやろ?』って。稽古と体罰ってすごいグレーなとこで、でもそれで強くなる力士もいると思うんですね。僕は日馬富士に関しては非常に味方。(引退は)納得できない。もっとやらしてあげてほしい」と熱弁をふるった。



  さらに「これ言っちゃうと身も蓋もないんですけど、簡単な話、この問題全部ひっくるめて、日本人力士がもっと強くなればいいんですよ」と言い切った松本。「モンゴル人力士に押されちゃってるんですよ。相撲協会はがっつりモンゴル相撲にふんどしつかまれて、あたふたしてるのが、僕は見てて情けない。日本人力士がもっと強くなれば、モンゴル人同士が酒飲んでようが、どうでもよくなるんですよ」と持論を展開した。




サンデー・ジャポン 2017年12月3日 171203


そこまで言って委員会NP 2017年12月3日 171203



サンデーモーニング 2017年12月3日


新報道2001 2017年12月3日 17.12.03
やく相撲分


今田・八光の特盛 よしもと 2017年12月2日 17.12.02

板尾
大相撲
輿石且子
西内まりや



新・情報7daysニュースキャスター 2017年12月2日



おまけ



相川七瀬 - 夢見る少女じゃいられない