ニュースが好き

政治でも経済でもアニメでもニュースなものが好きです。

★週刊文春 最新号目次(12/7)「貴乃花が激怒した白鵬の『暗黒面』」「宮根誠司“隠し子”の母<激白>『もう我慢の限界です』」「韓国総力取材『慰安婦像』の正体を暴く!姉妹都市解消 サンフランシスコ市長は「名誉ソウル市民」」ほか、&無所属の会でも政党交付金!岡田克也氏の怪、元同僚批判「カネもらって無所属とは…」(産経)、11/29ザ・ボイス 藤井厳喜「北海道に木造船。数人が島に上陸の情報も」


◆無所属の会でも政党交付金!岡田克也氏の怪、元同僚批判「カネもらって無所属とは…」
11/29(水) 15:48配信 産経新聞


 民進党代表を務めた岡田克也氏(64)率いる衆院会派「無所属の会」(13人)が堂々と民進党の立場を主張している。「無所属」としながら民進党の役員になり、民進党の政党交付金を受け取って政治活動を行っているからだ。純粋な無所属議員との見分けが困難な上、有権者にも分かりにくい二重基準は、「ロボコップ」と称されるほど「まじめ」が特徴の岡田氏らしからぬ態度で、元同僚からも批判の声が上がっている。



  「民進党員のまま、民進党のお金で政治活動をしながら、表面上、無所属を取り繕うのはあまりにも無理がある」



  11月17日のブログでこう記したのは、10月の衆院選の際に民進党を離党し、新潟2区で無所属で当選した鷲尾英一郎衆院議員(40)だ。鷲尾氏は公示日に離党届を出し、現在も会派に属していない「完全無所属」で、ブログでは選挙後に「無所属の会」への誘いを即座に断ったことを明らかにした。「無所属の会と誤認されるのは正直嫌だ」ともつづった。



  元同僚への批判をブログに記した理由について鷲尾氏は産経新聞の取材に「有権者は、無所属というなら退路を断って孤独な戦いを挑むと考える。『実は民進党籍があって、カネをもらっている』とは、普通なら口が裂けても言えない」と述べた。さらに「無所属の会という名前は異常だ。世間が分からないのをいいことに、無所属という看板のイメージを利用するのはやめたほうがいい」と痛烈に批判した。



  「無所属の会」は、衆院選で希望の党や立憲民主党からの公認を受けず、無所属で当選した議員による会派で、10月26日に結成した。代表の岡田氏をはじめ、野田佳彦前首相(60)や安住淳元財務相(55)、平野博文元官房長官(68)、原口一博元総務相(58)、中川正春元文部科学相(67)、江田憲司前民進党代表代行(61)ら大物・ベテラン議員が顔をそろえる。ほかには、菊田真紀子(48)、篠原孝(69)、福田昭夫(69)、金子恵美(えみ、52)、黒岩宇洋(51)、、広田一(49)の各氏だ。衆院選は無所属で戦ったので、当然比例代表との重複がなく、いずれも選挙区で勝ち上がった強者揃いの集団と言える。



  鷲尾氏が指摘するまでもなく、「無所属の会」との名称の集団は無所属議員の集まりだと理解するのが一般的だろう。ところが、民進党組織委員会によると、「無所属の会」は民進党の政党交付金を受け取れるという。税金を原資とする政党交付金の交付額は、国会議員数と直近の衆院選や過去2回の参院選の得票数で決まる。民進党は11月上旬、交付金額を計算する根拠となる議員数を「衆院14人と参院46人」と総務省に届け出た。衆院選では民進党公認の候補が一人もいなかったのに、だ。



  「衆院14人」のうち11人は岡田氏を含む「無所属の会」の議員で、他はいずれも無所属で臨んだ衆院選で当選した玄葉光一郎元外相(53)と重徳和彦(46)、中島克仁(50)の両氏となっている。民進党は堂々と「無所属の会」の議員11人を衆院の選挙区ごとにある民進党の総支部の代表としたままで、11人は総支部に支給される政党交付金1000万円の受給資格がある。



  岡田氏は民進党の常任顧問、原口氏が副代表と、民進党の役職を持つ議員もいる。それだけではない。なんと岡田氏は、会派代表としての定例記者会見を民進党本部で行っているのだ。



  岡田氏は11月28日の記者会見で、「無所属の会」の名称について国民に分かりやすくすべきではないかと問われると、こう説明した。



  「われわれは無所属で戦ったことは間違いない。そういう意味で、素直に考えれば無所属の会ということになる」



  「無所属で有権者の審判を受けたのだから、無所属で国会活動を行う」という理屈のようだ。その理屈を通すならば、民進党籍を離れて活動することが筋だが、岡田氏は記者会見で「党籍があり、民進党の衆院における会派の位置づけであることもはっきり申し上げたい」と明言した。「当面、無所属の会という名前が適切だと思っているが、ずっとこの名前でいくか分からない。相談しながら決めたい」とも語った岡田氏だが、記者会見では民進党を「わが党」と述べ、何ら後ろめたさはないようだ。



  繰り返すが、無所属とは一般的に特定の団体や党派に属していないことを意味する。民進党籍を持ちながら「無所属」を冠する会派で政治活動することは、果たして有権者に理解を得られるだろうか。



  鷲尾氏はブログで、「無所属の会」を忌避する理由について「いろいろな思惑が隠されていると感じた」とも指摘した。岡田氏が会派結成時に「立憲民主党や希望の党との連携の結節点になりたい」と明言していることからすると、結局は民進党を復活させることが目的だと推察される。



  民進党は衆院選前、前原誠司前代表(55)が希望の党への合流、すなわち解党を提案し、異論もあったが、最終的には岡田氏らも含め全会一致で了承した。その後の希望の党の失速など、いろいろな事情があったにせよ、岡田氏らの現在の行動こそ有権者への裏切りと思えて仕方ない。 (政治部 広池慶一)



・・・
2017/11/29(水) ザ・ボイス 藤井厳喜 
ニュース解説「北朝鮮が“ICBMの発射実験に成功”と発表」「北海道に木造船。数人が島に上陸の情報も」など


≪取り上げたニュース一覧≫
1. 北朝鮮が“ICBMの発射実験に成功”と発表
2. 北海道に木造船。数人が島に上陸の情報も
3. 経団連、春闘で3%賃上げを要請
4. 在日米軍、再編で岩国基地を拠点化へ
5. イギリスとEU、離脱の清算金を6~7兆円で合意か?
6. 自衛隊、米軍の宇宙演習に初参加へ
7. ローマ法王がスー・チー氏と会談


≪フォーカス≫
北朝鮮情勢における中国の狙い


・・・
◆週刊文春 2017年12月7日号

貴乃花が激怒した白鵬の「暗黒面」


▼日馬富士暴行のきっかけは「白鵬の目配せ」殴打黙認
▼事件直後ホステスをナンパしていた日馬富士と白鵬
▼本当の体調は? 貴ノ岩に白鵬の呼び出し拒否の過去
▼白鵬のエルボー 変化 ダメ押しに貴乃花「品格非抜群」
▼巡業遅刻の白鵬に貴乃花は「バスを出せ」置き去り事件
▼白鵬の野望 前人未到の業績でモンゴル国籍のまま親方に
▼貴乃花巡る“場外乱戦”池坊保子 横野レポーター…


モンゴル力士が貪る「怪しい利権」
◆朝青龍「資産百億円」と豪語 兄は鉱山大臣 ◆旭鷲山 暴力団と揉めトラック突入で引退 ほか



ワイド特集 「告白」
安室奈美恵プラチナチケット70万枚争奪戦が勃発!
レコード大賞またも緊急事態 欅坂46の候補曲が変更
熊本子連れ市議の夫が「これは個人の問題じゃない」
がん治療断念コマツ元会長“生前葬”を決意した理由
菅野美穂を支える理想の亭主堺雅人の“イクメンハイ”
経団連会長企業東レよお前もか! 検査データ改ざん発覚
「私は鶴保前大臣後援会長に一千万円渡した」怒りの告発
「ぐるナイ」降板 二階堂ふみ「出たくて出てるんじゃない」
共同通信デスクが「女性社員8人盗撮」を全面自供
鉱山から宮殿までジンバブエ前大統領夫人の“爆買い”


高田文夫、亀渕昭信のトリオで伝説の番組が誌上復活!
「ビートたけしのオールナイト文春」



THIS WEEK
政治 枝野立憲民主党の“排除”で野党に「不協和音」
経済 ZOZOSUITで追い込まれるユニクロの未来
社会 「るろうに剣心」作者が捨てられなかったもの
国際 「キル・ビル」ユマ・サーマンがあの男に復讐
スポーツ オファーなしで巨人納会 “男・村田”はどこへ?
芸能 黒柳徹子ドラマに“熱愛”はあるか
新聞不信・食味探検隊



グラビア
原色美女図鑑   清野菜名
写実絵画の美女に恋して
ドキュメント 男の肖像   大泉 洋


野球の言葉学   孫 正義(福岡ソフトバンクホークス球団オーナー)
飯島勲の激辛インテリジェンス(214)
それでも社長になりたいあなたへ(32)   宋 文洲
欽ちゃんのボケないキャンパス珍道中(29)


韓国総力取材
「慰安婦像」の正体を暴く!
■姉妹都市解消 サンフランシスコ市長は「名誉ソウル市民」
■「米軍装甲車に轢かれた少女」慰安婦像モデルの真相
■慰安婦像を作り続ける彫刻家夫妻を本誌記者が直撃
■一体80万円で製作期間1カ月 慰安婦像製造工房に潜入



「のどの違和感」に気をつけろ   長田昭二
●飲み込み時に痛むならがんの疑いも ●咽喉頭異常感症とは? ほか
禁断の2ショット公開
宮根誠司
“隠し子”の母<激白>
「もう我慢の限界です」


私はこの十年間、彼がついた嘘で愛人呼ばわりされ、冷たい目で見られてきた。それでも彼やその家族の迷惑になると我慢してきた。ただ最近、ある事実を知って彼のことをどうしても許せなくなったのです。


連載
夜ふけのなわとび   林真理子
本音を申せば   小林信彦
悩むが花   伊集院静
そこからですか!?   池上 彰
ツチヤの口車   土屋賢二
いまなんつった?   宮藤官九郎
パンタレイ パングロス   福岡伸一
考えるヒット   近田春夫
人生エロエロ   みうらじゅん
川柳のらりくらり   柳家喬太郎
言霊USA   町山智浩
この味   平松洋子
時々砲弾   宮崎哲弥
ヘンな食べもの   高野秀行
0(ゼロ)から学ぶ「日本史」講義   出口治明
週刊藝人春秋Diary   水道橋博士
人生論ノート   万城目学
ラストライン   堂場瞬一
泥濘   黒川博行
ミルク・アンド・ハニー   村山由佳


司馬遼太郎 初漫画化! 幕末 花屋町の襲撃   森 秀樹
阿川佐和子のこの人に会いたい   内藤啓子
新・家の履歴書   川奈まり子
日本テレビ「最強バラエティ」のDNA(6)   戸部田 誠(てれびのスキマ)


文春図書館
『大獄 西郷青嵐賦』   葉室 麟
『テトリス・エフェクト』   ダン・アッカーマン
私の読書日記   酒井順子
著者は語る   岩村暢子
文庫本を狙え!   坪内祐三
ミステリーレビュー   池上冬樹
漫画の時間   いしかわじゅん
ベストセラー解剖/新刊推薦文/徹夜本


見もの聞きもの
テレビ健康診断   亀和田武
尾木のママで   尾木直樹
木曜邦画劇場   春日太一
桃源郷でロケハン中   安藤桃子
クローズアップ   大楠道代
言葉尻とらえ隊   能町みね子
シネマチャート/DVD/今夜も劇場へ


マンガ
タンマ君   東海林さだお
沢村さん家のこんな毎日   益田ミリ
日々我人間   桜 玉吉
てこずるパズル/ぶらりわが街[離島編]/淑女の雑誌から
この人のスケジュール表   柊子、古処誠二、シェルワン・ハジ
伊藤理佐のおんなの窓/読者より/表紙はうたう(和田誠)