ニュースが好き

政治でも経済でもアニメでもニュースなものが好きです。

★「自民岸田氏消費増税『条件によって』(NHK)」伝えないメディアは特オチ?、日経平均の約20年ぶり水準回復も1面飾るべきニュース、「立憲民主党は、菅直人内閣のコピぺ?菅総理、枝野官房長官…」【虎ノ門ニュース】青山繁晴、週刊朝日(10/27)「全選挙区最終当落予測」、AERA(10/23) さまよう衆院選「ゆれる私はこう決める」、週プレ(10/30) 

【DHC】10/16(月) 青山繁晴・居島一平【虎ノ門ニュース】

出演:青山繁晴
00:04:37 オープニングトーク
00:05:27 番組スタート
00:06:07 青山繁晴氏オープニングトーク
00:07:31 タイトル
00:10:18 「安倍政治」是非で攻防 衆院選ラストサンデー 


「ユリノミクス…英語圏では恥ずかしくて」
「民進小川氏の発言の波紋続く」
「枝野氏 過激派からの資金供与があったのではないかにつき、まだちゃんと答えていない。枝野氏のいう『市民』は過激派のことか?…」
「立憲民主党は、菅直人内閣のコピぺ。菅総理、枝野官房長官…」
「立憲民主党の立党背景は、希望と考え方が違うというものではない。希望からの出馬のとき、最初みんな賛成した…。」


00:40:38 経済成長・消費税で賛否 与野党幹部が論戦
「岸田氏消費増税『条件によって』」
→管理人は日曜討論を全部聞いたわけでないが一部聞いた
岸田氏は消費税を上げるためには環境を整えてといっている。
=条件によって。=安倍氏の「リーマンショック級」みたいな比喩だが。。。
これも条件次第でとなる。


なお日曜討論で気になったのは
立憲民主党の福山哲郎氏が金融の量的緩和につき否定的なコメントをしていること。
 現在の雇用環境改善は、金融緩和に負うところが大きい。
 それを否定するというのは、労働者に対する背信的な考え。
 連合(←公共じゃない、いわゆる産業組合の連合)は本当にこんな考えを有する人の党を支持するのか。



00:48:44 株価 2 万1千円近辺推移か 東京株式・外為市場 
00:56:02 米韓共同訓練 17 日から 半島周辺で空母動員
00:57:41 北朝鮮で発射台移動か 3~4カ所で 
01:06:13 斬ってへんわ!!
01:09:19 お知らせ(第71回 独立講演会〜希望の国への、日々の歩みはこれだ! その8〜)
01:11:47 トラ撮り!(MS-37 天然ガス)
01:16:27 トラ撮り!(MS-37 天然ガス)
01:16:37 トラ撮り!(教授)
01:18:09 トラ撮り!(ガスと水の切り分け現場)
01:18:52 トラ撮り!(お湯と手)
01:19:35 トラ撮り!(パイプライン)
01:21:49 トラ撮り!(火力発電所)
01:24:28 トラ撮り!(選挙応援)
01:29:15 トラ撮り!(討論)
01:32:13 トラ撮り!(個人演説会)
01:32:35 トラ撮り!(個人演説会)
01:33:09 トラ撮り!(講義レジュメ 祖国には、きみしかいない)
01:37:05 トラ撮り!(東大)
01:38:02 トラ撮り!(講義レジュメ 知力の再構築2017)
01:39:55 トラ撮り!(決起大会)
01:41:29 トラ撮り!(花屋)
01:44:53 トラ撮り!(応援)
01:47:20 トラ撮り!(独立講演会)
01:49:49 EU圧力強化 対北朝鮮独自制裁へ
01:50:42 めぐみさん母「うれしい」 トランプ氏との面会調整
01:55:36 米がユネスコから脱退発表 事務局長「強く遺憾」
01:57:36 「習氏思想」規約入り承認 中国共産党・総会
01:58:57 シリアがトルコ軍撤退要求 主権侵害と非難
01:59:19 「イランは合意を履行」 IAEA事務局長
02:01:12 自称イスラム国兵 100 人投降 ラッカ奪還間近か
02:01:25 航空機産業 全国連携へ 政府「日本の基幹に」 
02:01:59 手離し 65 秒で手動 自動運転車に初安全基準 



★日曜討論【衆院選特集 8党に政策を問う】2017年10月15日 コメ付き 衆院選2017

★激論クロスファイア最新 2017年10月15日 総選挙!各党論客集めて激論


★呆れ果てるよ「民進党再結集論」…それじゃあ何のための選挙なの!?
なんでこうも野党は政治勘がないのか…


 


髙橋 洋一



経済学者


嘉悦大学教授


 


【野合でよかったのに…】



いよいよ22日が投開票日である。


先週の本コラムで、10/5発売の週刊文春の「自民74減 希望101 全選挙区289完全予測」(http://shukan.bunshun.jp/articles/-/8660)との予測があまりに酷いと思ったので、自公で300人近くになるだろうとの筆者の予測を掲載した。



その後、11~13日にかけて、新聞各紙の予測が出そろった。



・朝日「自公、300議席うかがう勢い」(http://www.asahi.com/articles/ASKBF4GV6KBFUZPS00J.html)


・毎日「自公300超うかがう」(https://mainichi.jp/senkyo/articles/20171012/k00/00m/010/149000c)


・読売「自民、単独過半数の勢い」(http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2017/news2/20171011-OYT1T50101.html) 


・日経「与党300議席に迫る勢い」(https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2212847011102017MM8000/?n_cid=SNSTW001)


・産経「自公300議席うかがう」(http://www.sankei.com/politics/news/171012/plt1710120022-n1.html)



これらは、概ね、筆者の予想と大差ない。なお、週刊誌では、週刊現代が「自民が54議席減 希望80 立憲民主40」という見出し(https://www.fujisan.co.jp/product/1120/new/)になっており、新聞各紙や筆者の予測とは真逆のものとなっている。



各紙の予測とともに、筆者の予測を先週末のデータからさらに改訂してみると、下表の通りになる。


⇒((下図)。は現代ビジネスHP参照のこと)



なお、筆者が主催する「高橋政治経済科学塾」でも詳しい解説を行っているので、よろしければ参考にしていただきたい


(https://twitter.com/infoTPS)。


10/15 高橋予想


自民 275


公明 30


希望 65


維新 15


立民 40


共産 15


無所属 25




やはり、自公の堅調はそのままであり、希望の勢いがさらに落ちている。これは、各調査における比例先獲得議席率予測でもわかる(下図)。


⇒((下図)。は現代ビジネスHP参照のこと)





これからみると、希望のピークは、先月末だったということだ。ちょうど、小池氏の「排除」発言の前後を境に変わった。筆者のツイッターでも、この「排除」発言で、リベラル勢力が「覚醒」して、


希望の党が大コケする可能性を書いた(https://twitter.com/YoichiTakahashi/status/914296892812439552)。



正直にいえば、筆者は、小池氏が「寛容な保守」といった時には、政策の違いを無視してすべての勢力を丸呑みするつもりなのかと思った。小池氏はプロの政治家であり、数こそ力のすべてであることを熟知している。政策のすりあわせより、数を増やすことが第一と考えるのは、政治での鉄則である。



もちろんこれには「野合だ」という批判が伴うが、実際に数を獲ればそうした批判は当面の間たいしたことでない。そのうちに、政策のすりあわせを行ったり、一点豪華主義によって政策の違いを糊塗することは、不謹慎な話であるが、現実問題としてそう難しくない。小池氏はそうしたことに長けているので、これは大変な勢いになるだろうなと思った。



ところが、すぐに小池氏が「寛容な保守」という理念とは相反する「排除」を言い出したのは、筆者には不思議だった。もちろん、政治評論家の立場であれば、野合は批判されるので、排除するのは当然という話になるが、プロの政治家からすれば、数を放棄することになり、最善手ではない。



【一度崩れたらすべてがダメになる】



ところで希望の党の発足直後に小池氏が言及した政策は、維新の党のそれにほぼそっくりだった。その政策を繰り返すのが本来のプロの政治家というものだろう。大きな方針だけならば、細かな揚げ足取りにもあわない。そのうち、方針がぶれないという評判も立ってくるので、選挙戦がやりやすい。



所詮、細かな政策は一部の評論家の議論の対象になるものの、多くの一般人にはあまり意味がない。選挙というのは、大きな方針や候補者の人柄を確認して、その後を委ねるものだ。というか、ある意味で「白紙委任」でもいいから委ねられる人を選ぶのが選挙の本質だ。





しかし、小池氏は、「排除」発言の後、やや細かな政策を言い始めた。「12のゼロ」や、ベーシックインカム、内部留保課税である。



「12のゼロ」は、昨年7月に行われた都知事選での「7つのゼロ」と被っている。東京都で実績がないのに、それを国レベルで公約にしても実現できないだろう、と批判を受けるのは誰の目にも明らかだ。



ベーシックインカムや内部留保課税は、学者であればいざ知らず、実際の選挙で政治家が掲げるのは無謀である。ベーシックインカムなどは、外国での本格的な実施例もない。小国の地方自治体レベルのみでの実験例しかない。まず東京で実験してからにしてはどうかと言われると、反論できないのではないか。



内部留保課税は、実行するなら実質的に法人税増税になる。これでは、消費増税への賛成とバーターで法人税減税を獲得した経済界は黙っていない。内部留保課税による賃金増などの効果は、経済的に怪しい上に、政治的にも疑問符がつく。このような政策をいうの共産ぐらいしかなかったのだが。



このように、希望の党は政策面のボロが次々と出てきた。「排除」発言という、プロの政治家ではありえないミスから、細かな政策での素人的なボロが出て、希望の党の人気は一気にしぼみ、風が吹きやんでしまった。



もし、排除発言がなければ、希望の党に風が吹き、その勢いで、小池氏の国政進出にでもなれば、都政投げ出し批判なんぞ吹っ飛ばしかねなかった。



そうした展開になれば、希望の党は、民進党を丸呑みにして、立憲民主や無所属といった3分裂は起こらなかっただろう。もちろん、それに対して、自称インテリ層は「野合をしても、いずれ内部分裂の要素があり、長続きしないはず」という批判をするが、政治では数をとって勢いがあるうちは、そうした分裂がある程度回避できるのも事実である。



もちろん、筆者もそうした野合は批判すべきだと思うが、実際の政治ではしばしばあり得ることだということを指摘しておきたい。



いくら何でもそれはひどい



その上、なんと民進党の「再結集」という話まで出ているから、政治勘のなさに驚きあきれるほかない。民進党が希望の党に飲み込まれることを、「トロイの木馬」と、正直に吐露した民進党参議院議員もいた(https://twitter.com/aritayoshifu/status/913401199692439552)。



小池氏の「排除」発言があったあと、民進党は「希望の党」「立憲民主」「無所属」と3つに分裂した。自力で当選できる人は無所属、自力がなく意見ころころ変幻自在の人は希望、自力なしで変化に対応できず硬直的な人は立憲民主というわけだ。



それなのに、選挙後の民進党「再結集」が、公に語られ出した。13日、NHKで佐賀2区の選挙について報道していたが、民進でなく希望の党から立候補した某候補は「安保法制反対の意見は変えない」といい、無所属で立候補した岡田克也・元民進党代表が応援に来るという、まるで「再結集」の将来構図を予感させた。



民進党の小川敏夫・参院議員会長も、衆院選後に「民進党を大きな軸としてリベラル再結集」と公言してしまった。本音だろう。その後釈明したが、既に時遅しだ。




いくら何でも、これは酷いだろう。いうなれば「民進党偽装解散」あるいは「政党詐欺」だ。当然ながら、自公維各党は一斉にこれを批判した。選挙戦終盤になって、政策の是非でないところが話題になるとは、希望の党の凋落ぶりはちょっと救いがたいところだ。希望の党が取りこぼし、相対的に自民が浮かび、立憲民主が勢いを増しているという状況だ。



こうした選挙戦であるが、左派リベラル知識人も、今回の左派リベラル政党の情けなさにはさじを投げたいようで、選挙に行けと言わなくなっているようだ。投票に行かない、つまり棄権を進めて、投票率を低くして、選挙後に「この選挙は民意を反映していない」と批判する戦法のようである。まったくやれやれだ。



本来であれば、今回の総選挙は、「北朝鮮問題」への対応が焦点となる「有事選挙」である(http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52986)。その本来の争点が問われずに、左派リベラル政党の自滅ということで、自公でみればほぼ現状維持ということで終わりそうであるのは、不幸中の幸いである。



【経済を見てみると…】



もっとも、安倍政権は経済政策でも十分な結果を出しているので、北朝鮮問題を表に出さなくても選挙で勝負できただろうが。



経済は、雇用と所得が重要だ。まず雇用の確保が最優先であり、その上に所得が高ければなおいい。雇用は、失業率、有効求人倍率でもいいが、就業者数が一番しっくりくる。




就業者数でみると、民主党政権と安倍政権の差は歴然としている。以下の図は、かつて民進党にいて今回は希望の党から立候補している某候補がテレビ番組で「図が間違っている」と反論したモノものである。もちろん、データは間違っていない。



さらに、最近は株価も好調だ。株価はある程度将来の所得を先取りする傾向がある。



このように、株価が高いことと雇用状況がいいことは、良好な金融政策と無関係ではない。株価が何十年ぶりの高水準と、有効求人倍率が何十年ぶりに高水準というのは、偶然・無関係ではなく、適切な金融政策の下では、必然・関連した出来事だ。



というのは、株価と半年先の就業者数は大いに関係があるからだ(下図)。もっともこれは見かけ上の相関で、実はその裏に金融政策があって、金融政策は株価にも雇用にも効くというわけだ。




さて、今の勢いから見ると、自民は上振れ、希望の党は下振れする可能性がある。いずれにしても、何が起こるかわからないのが選挙であるが、泣いても笑っても来週の本コラムが出るときには結論が出ている。










★AERA 2017年10月23日号


衆院選 ゆれる私はこう決める
小池「女王バチ症候群」/改憲は安倍の自己実現/羽生・宇野・宮原/生田斗真の変化
大特集 さまよう衆院選
現場 ゆれてる私はこう決める
【本誌ネット1000人調査】20年来の野党第1党が消え、有権者は投票難民に



SNS「#枝野立て」草の根を支えるタイムライン
野党 民進党の崩壊は2年前から始まっていた
分析
先立つものはカネばかり 希望新顔に弁護士と官僚と経営者
予測 小池首相誕生へのシミュレーション
人物
神のみぞ知る「小池劇場」「排除」発言は「安倍打倒のためみんなで手をつなぐ」と言えばよかった/女王を忖度した取り巻きたち
憲法 自衛隊を改憲に利用するな
若者 18歳の本音「戦争だけはしないでほしい」
インタビュー 高村薫「最低の選挙。有権者はもっと怒れ」
憲法 改憲は首相の自己実現 青木理が読み解く
インタビュー生田斗真
「舞台で勝負できる表現者でありたい」
「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」出演
「個人戦より団体戦のものづくりが好きなんです」
ジャニーズWEST 僕らの未来を語ろう
食 糖質制限中でもOK 寿司にラーメンにケーキが続々登場
音楽 ピアノ教本「ギロック」が人気 「バイエル」もう古い
ビジネス 来春に民泊解禁 エアビー牙城に切り込む日中企業
北朝鮮 蓮池薫さん「精神的限界を超えています」
「拉致被害者を全員帰せ、と強いメッセージを送るべき」
スポーツ 体操女子 村上茉愛が女子ゆかで「日本人初の金」
フィギュア メドベージェワ1強 追い落とすのは誰だ
【平昌五輪シーズン開幕】日本女子の活躍は/羽生の連覇か追う宇野か
表紙の人 エフゲニア・メドベージェワ●フィギュアスケート世界女王
現代の肖像 神田松之丞 ●講談師


AERA-note編集長敬白
好評連載
•eyes 内田 樹/浜 矩子
•佐藤 優 の実践ニュース塾
•ぐっちーさん のここだけの話
•小島慶子 の幸複のススメ!
•オチビサン 安野百葉子
•星野 源 ふたりきりで話そう
•竹内智香  黄金色へのシュプール
•師匠と弟子 プラントハンター
•はたらく夫婦カンケイ
•伊藤まさこ のおいしい時間をあの人へ


AERIAL
• アエラ読書部
 石飛伽能 評 『動物になって生きてみた』
この人のこの本 広瀬和生
九龍ジョー の読書days
•竹増貞信 のコンビニ百里の道をゆく
•福岡伸一 の生命探検
•稲垣えみ子 のアフロ画報
•ジェーン・スー の先日、お目に掛かりまして
•厚切りジェイソン の厚切りビジネス英語


◆週刊朝日2017年10月27日号
 “安倍翼賛会”独裁の悪夢
全選挙区最終当落予測/受験生必見! 消える大学・輝く大学


自+公+希+維 350議席以上の改憲連立政権が誕生へ
“安倍大政翼賛会”の悪夢でいいのか
安倍首相は秋葉原でリベンジ演説/ポスト安倍・石破は“蟄居”、岸田は“沈黙”/敗走中の小池希望は選挙後、分裂し「安倍」首班指名/枝野立憲と民進参院、無所属で「民主」復活か



全小選挙区を最終予測
自公は300超で圧勝も希望は「小池代表はいずこ?」/豊田氏のすごいドブ板ルポ/応援人気は小泉進次郎が百合子グリーンを圧倒/ああ、希望は東京壊滅 小選挙区+比例でたったの4議席?/崖っぷちの山尾を直撃/当選しても行き場ない前原/辻元セーフでゆかりアウト?/米軍ヘリ墜落で沖縄自民全敗も



「世界3位」の凄腕ファンドマネジャー直伝 究極の資産運用術
強まる反日路線 習近平が毛沢東になる日
最新研究で明らかに 腰痛は治せる !!
岩合光昭さんに聞く 猫を撮る“こころ”「撮っている人がジーンとしていないと、観る人も絶対にジーンとしてくれない」
お薦めは早朝観光、銭湯、昼飲み!外しの京都
どこの予報が正確か?天気アプリ 的中率ガチンコ勝負!
未知との遭遇は夢ではない!“宇宙人”は30年以内に見つかる


ワイド特集 由々しき事態
•東名「逆ギレ」男の恐怖
理不尽な場面でも注意もできない…
•名門看板台無し神鋼、日産の“チキン”ぶり
•5人で再出発「少女時代」K-POPのジンクス
•石田ゆり子 魅惑のインスタ! 奇跡の48歳をつくる
•清宮ドラフト外れ1位は栃木151キロ右腕
•体操女子村上茉愛 白井健三と五輪アベック金


林真理子が語るオペラの魅力「情操を豊かに ボケ防止にいいかも」


独自集計
定員70%割れが続く私大53校 一挙公開 消える大学・輝く大学
統合・再編・系列化、大学の数は半減する/「志願者数バブル」は崩壊へ/地方私大の再生ウルトラC「公立化」/集金力の高い私大 寄付額ベスト20


グラビア 人気お天気キャスターが教える秋冬空模様


岩合さんのいい猫たちが“大きく”なりました
そうだ京都、買おう
•ドン小西のイケてるファッションチェック
[高橋一生]
•表紙の人front+ [菅田将暉]
•人生の晩餐
•岩合光昭の今週の猫
•佐藤健寿が探るニッポンの奇界
•山藤章二の似顔絵塾
•山藤章二のブラック・アングル



連載小説
垣根涼介  涅槃
辻村深月  傲慢と善良
葉室 麟  星と龍


対談 林真理子 ゲストコレクション 横山だいすけ
連載 平成夫婦善哉  [辰吉丈一郎・るみ]
新・名医の最新治療  帯状疱疹・帯状疱疹後神経痛


マンガ
•ヘルプマン!! くさか里樹
•パパはなんだかわからない 山科けいすけ
•ペコロスの母の玉手箱 岡野雄一
 
コラム
•田原総一朗 ギロン堂
•藤巻健史 虎穴に入らずんばフジマキに聞け
•内館牧子 暖簾にひじ鉄
•池谷裕二 パテカトルの万脳薬
•室井佑月 しがみつく女
•ミッツ・マングローブ アイドルを性せ!
•山田美保子 楽屋の流行りモノ
•カトリーヌあやこ てれてれテレビ
•帯津良一 貝原益軒 養生訓
•春風亭一之輔 ああ、それ私よく知ってます。
•北原みのり ニッポン スッポンポンNEO
•嵐山光三郎 コンセント抜いたか
•東海林さだお あれも食いたい これも食いたい
•丸山茂樹 マルちゃんの ぎりぎりフェアウエー
•東尾修 ときどきビーンボール
•津田大介 ウェブの見方 紙の味方
•鈴木おさむ 1970年代生まれの団ジュニたちへ



週刊図書館


•書いた人 [安野光雅]
•今週の一冊
『オープン・シティ』 青山 南
•斎藤美奈子/亀和田 武 ほか
「目キキ」&「耳キキ」
•Key person [松雪泰子]
•Cinema [バリー・シール/アメリカをはめた男]
•パズルDE脳力測定[数独]
•犬ばか猫ばかペットばか
•お便りクラブ/編集長後記



◆週プレ 2017年10月30日号
・キャスター界ナンバーワン神ボディ 伊東紗冶子ファースト写真集『SAYAKO』 11月1日(水)発売。
・[News 今週の顔] 『不協和音』のち『風に吹かれても』
・[News 小島慶子 気になるあのヒト] 「忘れる」ことは救いか カズオ・イシグロさんの最新作が投げかける問い
・[News 今週の男気] 電流爆破デスマッチで見せた芸人魂 ハチミツが燃えた!
・[News 今週のおはぎ] 121センチ、70キロ、日本一のジャンボおはぎ 甘さ控えめ、13万5000キロカロリー!!
・目次
・10・22衆院選直前 現地突撃生ネタ&最新秘情報が満載!! 仁義なき総選挙を100倍楽しめる死闘17選挙区「人生激場」総力ルポ!!!
・今こそ、知りたい!! “THE MAN”枝野幸男 初志貫徹の男気伝説!!
・ロシアW杯出場が決まって以降、さらに関係悪化!! ハリル監督vsスポーツマスコミ 仁義なき冷戦の真相!!
・早実・清宮に「おいしい球団」「おいしくない球団」はどこだ?
・古賀政経塾!!
・滅びよ!! 魚を滅ぼす水産庁!!!
・ポルシェ ジャパン社長「電動化」と、「日本」戦略を語り尽くす
・伊集院静 大人のカタチを語ろう。
・鈴木おさむの父勉講習会 この人だって父である Mr.マリック(後編)
・江夏豊のアウトロー野球論
・池田和隆の政界斬鉄剣!!!
・【広告】小林 信也『生きて還る 完全試合投手となった特攻帰還兵 武智文雄』
・【広告】水谷 竹秀『だから、居場所が欲しかった。 バンコク、コールセンターで働く日本人』
・【広告】猿渡 哲也『TOUGH 龍を継ぐ男 第6巻』絶賛発売中!!
・wPB JOURNAL 表紙の美女スペシャル 馬場ふみか
・ゲッターズ飯田の占い放浪記
・羽田圭介、クルマを買う。
・爆笑問題の笑えるニュース解説
・ホリエモン×ひろゆき 帰ってきた!なんかヘンだよね…
・モーリー・ロバートソンの挑発的ニッポン革命計画
・真実のニッポン/橘 玲
・リリー・フランキーの人生相談 シーズン2
・オール巨人の劇場漫才師の流儀
・市川紗椰のライクの森
・みうらじゅんと宮藤官九郎の大人になってもわからない
・宇垣美里の人生はロックだ!!
・女子アナ秘ジャーナル/イッちゃった! ヤッちゃった!
・ムツゴロウさんの最後のどうぶつ回顧録
・社会科見学ルポマンガ『秘密組織プレイメーソン』見ル野栄司
・即買いガジェット
・インプレ! 今週のクルマvol.41  メルセデス・ベンツ E220d AVANTGARDE
・wPB JOURNAL シネ魂/今週のDVD&Blu-ray箱買い!!
・スポーツのキワミ
・読者サマの人間激場
・【広告】キン肉マン 完璧超人始祖編完結!! 待望の最新刊60巻絶賛発売中!!&週プレNEWSで毎週配信中!
・帰ってきたOL萌え萌え倶楽部
・連載小説『ASK』新堂冬樹
・立花胡桃流 恋愛裏作法
・マンガ『よんぱち+』/【拡散希望】#ひめ〜る
・週刊プレイボーイ創刊51周年記念 T-SHIRTS PRESENT!!
・【広告】伊集院 静『琥珀の夢 上下 小説 鳥井信治郎』
・100万馬券的中の“尻職人”も参戦!! 菊花賞は4人の女神にノッて
・wPB JOURNAL “本”人襲撃/新刊書籍速攻レビュー
・ハチミツ二郎 因縁の大仁田厚と悲願の電流爆破デスマッチ
・【広告】グランドジャンプ
・F1日本GPぶっちぎりレポート!! ちょーどいいじゃん!! トロロッソ・ホンダ!!
・人類初の人工衛星「スプートニク1号」打ち上げ60周年!!!
・セルジオ越後の一蹴両断!
・小型ジェット機市場で世界一の秘密はトイレにあり!? ホンダジェットはココがすごい!!
・これから50年後も残したいニッポンの「ホワイト企業」を見つけた!!「隠れホワイト企業の見つけ方」知られざる優良企業の超ホワイト・エピソード9
・ノンフィクション作家が綴る「10年後の週プレ」未来の編集後記 Episode.03
・次週予告&アンケート
・週プレ グラジャパ! 『non-no』モデルのデジタル写真集 最新刊2作が大絶賛発売中!
・[週プレ酒場日誌] 喰らえ!肉のチョモランマ!! ローストビーフ食べ放題999円キャンペーン大好評実施中!!
・週プレ渾身の「丸ごと一冊プロ野球本」出しちゃいました!! 『週刊プレイボーイ プロ野球増刊』絶賛販売中!