ニュースが好き

政治でも経済でもアニメでもニュースなものが好きです。

★音喜多都議ら都民ファ離党へ…アゴラとかネットみていた人は「さもありなん」だが、テレビしか見てない人には「なぜ」と思えるニュースだろう。&10/3(火)ザ・ボイス 宮崎哲弥×安達誠司「総選挙に向けた各党の経済政策」「衆院選 3極対決固まる 」

★<都民ファーストの会>2都議が離党へ 小池氏手法に反発
10/3(火) 15:00配信 毎日新聞


 東京都の小池百合子知事が特別顧問を務める地域政党「都民ファーストの会」に所属し、昨年7月の都知事選から小池氏を支援してきた音喜多駿(おときた・しゅん)、上田令子両都議が離党を検討していることが3日、関係者への取材で分かった。国政政党「希望の党」代表に就任した小池氏の政治姿勢などに反発する動きで、5日にも離党届を提出する方向で調整しているという。小池氏に対する造反行動は、衆院選にも影響を与える可能性がある。【円谷美晶】



  関係者によると、両都議は「東京大改革」を掲げて当選した小池氏が国政政党を設立したことや、9月に荒木千陽(ちはる)都議を代表に選出した際、所属議員に諮らずに小池氏を含む執行部3人だけで決定したことなどを問題視。「小池氏の政治姿勢や都民ファーストの会の方向性、運営体制に疑問があり、これ以上は一緒にできない」などと説明しているという。音喜多氏は、荒木氏の代表就任が報告された議員総会でも「自民党よりひどい『ブラックボックス』だ」と異議を唱えるなど反発を見せていた。



  両都議は、都知事選で早い段階から小池氏を支援。小池氏は両都議を群れの中で最初に海に飛び込む「ファーストペンギン」と称し、音喜多氏には今年7月まで都議団幹事長を任せるなど、一時は重用した。



  両都議は5日閉会の都議会定例会後に離党し、別の会派を結成するとみられる。都民ファーストは今年7月の都議選で55議席を獲得して第1党に躍進したが、わずか3カ月で分裂することになった。





音喜多駿都議ら都民ファ離党へ 幹部「この時期に最悪」


10/3(火) 19:39配信 朝日新聞デジタル





 小池百合子・東京都知事(希望の党代表)が特別顧問を務める地域政党「都民ファーストの会」所属の上田令子、音喜多駿の両都議=いずれも2期目=が、同会から離党する意向を固めたことが3日、わかった。小池氏らによる党運営への反発などが理由といい、5日にも離党届を出す。希望の党を率いて衆院選に臨む小池氏にとって、身内から水を差される形になりそうだ。小池氏は3日、記者団に2人の離党について「聞いていない」と答えた。



  同会都議の離党の動きは1月の結党以降、初めて。両都議は、小池氏らが9月、小池氏元秘書の荒木千陽(ちはる)都議を同会の新代表に選ぶ際、小池氏ら役員3人だけで決めたことなどを問題視した。音喜多氏は3日、取材に「内部で情報統制され、自由に議論できなかった。知事が都政に専念せず、国政に乗り出したことも残念」と話した。上田氏も「知事の改革姿勢は支援したいが、内部で自由に質疑できなかった」とした。



  同会の小山有彦幹事長代理は3日、記者団に「足元の揺らぎというか、そういう議員が出たことは残念」と話した。別の幹部は「これから衆院選で希望の党を支援しようという時期に、最悪だ」と憤った。



  同会は1月に地域政党として活動を始めた。当初の都議団メンバーは、昨夏の知事選で小池氏を支援した上田、音喜多両氏ら3人だった。小池氏が会の代表に就いた7月の都議選で55議席を獲得、最大会派に躍進した。




2017/10/3(火)ザ・ボイス 宮崎哲弥×安達誠司 「総選挙に向けた各党の経済政策」「衆院選 3極対決固まる 」など



2017年10月3日(火)コメンテーター宮崎哲弥(評論家)


ゲスト 安達誠司(エコノミスト・丸三証券経済調査部長)



≪取り上げたニュース一覧≫


衆院選 3極対決固まる


ラスベガスの銃乱射事件で、59人が死亡


アメリカの投資ファンドが、アサツー ディ・ケイを買収