ニュースが好き

政治でも経済でもアニメでもニュースなものが好きです。

★放送事故、安倍首相出演中イヤホンから「モリカケ」の指示漏れるTBSnews23、&9/26【虎ノ門ニュース】百田尚樹・上島嘉朗、9/25橋下羽鳥の番組【最終回】、【くにまる】吉崎達彦AERA(10/2)「不確実な時代に占いと付き合う」。

【DHC】9/26(火) 百田尚樹・上島嘉朗・居島一平【虎ノ門ニュース】


00:03:38 オープニングトーク
00:04:29 番組スタート
00:05:20 百田尚樹氏・上島嘉郎氏オープニングトーク
00:17:41 安倍首相 衆院解散を表明10月22日総選挙
00:36:33 自民副大臣が離党届提出 新党に加わる意向/百田氏「小池新党は寄せ集めのクズ」
00:50:33 百田氏「日本のこころは迷走している」
01:14:42 お知らせ(出演者予定)
01:15:30 お知らせ(WiLL11月号)
01:19:43 トラ撮り!(上島嘉郎氏:小樽 石原裕次郎記念館)
01:30:14 トラ撮り!(上島嘉郎氏:拉致問題啓発舞台劇講演「めぐみへの誓い-奪還-」)
01:32:36 沖縄 傷害罪で起訴の依田啓示氏「とことん闘う」
01:43:33 百田氏 沖縄で講演予定「どつき回されるかも」
01:47:09 麻生副総理 武装難民の射殺に言及
01:51:41 「米大統領が宣戦布告」爆撃機撃墜もと北朝鮮外相
02:00:45 今週の中国船 尖閣周辺で領海侵入


(DAPPI)
百田尚樹「 #NEWS23 で星浩が安倍総理に質問してる最中にイヤホンが取れた。そしたらディレクターの『モリカケを聞け』という声が漏れた」
居島一平「生本番中に!?」
百「キャスターは操り人形。ネットに出てますが慌てて耳に戻してた」


総理の発言にも上の空でしたしまさに操り人形




(DAPPI)
上島嘉郎「北朝鮮ミサイルが飛ぶ状況で民進党の前原代表は『敵前逃亡解散!北朝鮮危機の中で解散するな!』と批判してるが、4月のミサイル発射時は北朝鮮議論に応じず森友・加計だった。議論してこなかったのは野党です」


野党の今の状況は身から出たサビ。今更、北朝鮮問題が重要と言うのは遅い!



(DAPPI)
上島嘉郎「政治は国民に対して嫌なことでも必要なことはやると言わないといけない。誰しも戦争は嫌ですが場合によってやるのは日本だけの話じゃないのに、それを考えることを悪というのは間違い!そして朝日と毎日は安倍総理が悪のテーマを持ち出してると批判してる!」


(DAPPI)
上島嘉郎「国家は国民に対し福祉・保障・保護を与えるだけではない。保護や福祉をする為には国家も永続が必要!その意味で国防は最大の福祉と言われてる。日本はそこ誤魔化してきていて安倍総理がそこを正そうとすると朝日・毎日は危険視し発言を捻じ曲げ不安を煽ってる!」



(DAPPI)
百田尚樹「尖閣に中国が占拠したら日米安保で自衛隊が米軍と協力し奪還することになる。その時に米軍は自衛隊が前に行かないのに行きますか?9条があるので後方支援のみと言われても米軍は行かない!9条が枷(かせ)になってる!」


やはり憲法改正議論は必要です。当然すべきことが出来ないのはおかしい!


(DAPPI)
上島嘉郎「加計問題について前川や特区委員の意見など証言は全部出てるのに議論を尽くされてないと朝日・毎日が言うのは気にいる話になってないから。だから加戸証言を報道しない!彼らに都合が良い事しか伝えずに総理批判するのはフェアじゃない!」


同感です!
報道しない自由は本当に酷すぎる



(DAPPI)
百田尚樹「小池百合子は9条に関して濁したのは改正する気がない証拠。ここが一番重要なのに中山恭子さんは自民党に行かなかった。その理由は除名された旦那さんの為で、今回の合流は主人をもう一度議員にしたいからでは?」


意見が全く違う小池百合子の下に恭子さんが行ったのは残念でならない



(DAPPI)
上島嘉郎「北朝鮮が脅威を招いているのに #報ステ は安倍総理が脅威を招いてると主張した。そういうのは報道の名を借りた世論操作!総理の真意語らせないようにし、そのくせ総理は議論を尽くしてないと言うのは自家撞着で許せない!」


批判の為に手段を選ばず印象操作するマスコミは許せない




(DAPPI)
上島嘉郎「沖縄の活動家は基地反対主張の為なら道路を封鎖したり他人の家に侵入していいのか!抗議行動の名の下に問題視されないのはおかしい!法律を違反する行為は咎められて当然!沖縄だけ差別されてるような言い方はおかしい!」


何しても許されると思ってる沖縄の活動家達は勘違いするな!



→(RT)
ていうか他国で政治活動している外国人を強制送還しろよ。
たったそれだけのことで解決するのに、なぜしない?



(DAPPI)
上島嘉郎「沖縄二紙は違法行為してる活動家を問題視せずに抗議した依田さんを暴力男と報じた。そして依田さんが事情説明しに行ったら被害届が地検に周ってた。そして担当検事(女性検事)は琉球新報に寄稿するような人」
百田尚樹「その検事は活動家に殴られた和田政宗議員の被害届を取り下げろと言ってきた人」




放送事故❗️【安倍首相】イヤホンから指示漏れた「モリカケ」news23 生出演 9.25



安倍首相 NEWS23生出演、なぜ解散?じっくり聞く TBS NEWS (全部バージョン)

(500円)
NEWS23冒頭で、星浩が「丁寧に説明できる機会を儲けましたので安倍総理にお伺いしたいと思います」と言ったのに、安倍首相が質問に答えている途中で、星浩のイヤホンから「星と雨宮の二人で森友加計質問しろ!」と聞こえて来て、安倍首相の話を遮って聞かない最悪の番組 #tbs #news23


→(RT)星浩 失礼過ぎるだろ。
総理の言葉に、「うん、うん」って。間接的に有権者をバカにしている。
TBS に公共心があるのなら、直ちにやめさせろ。こんな不愉快なニュース番組は前代未聞だ。


→(RT)テレ朝より酷かった。安倍総理が出演するから、初めてこの番組を見たけど、総理大臣の話を遮り、昭恵がー、加計がー、って馬鹿丸出し!でも、総理が八田さんや、加戸前知事の証言も報道して下さいと、言い切って良かった。いや、酷い、もうこんなの報道って言えない。呆れた。雨宮も星も酷いわ!


→(RT)もうTBSには出なくて良いと思うの。はなから安倍さんの話をきちんと聞く気ないから、ここは。叩く事しか考えてない。最低最悪なテレビ局だと思う。こんなのは放送免許剥奪で良い。


→(RT)これって、米国であれば、CNNの「視聴率ありき報道」をオフレコで暴露されたスタッフ数名が辞任した事案に酷似。TBSと制作会社の恣意的な誘導であることは明らかであり、第二の椿事件として捜査対象になるかも



(500円)
最後に「NEWS23は加戸守行の証言を報道していない」と安倍首相に言われて、星浩も雨宮塔子も無言#tbs #news23


(500円)
安倍首相が質問に答えているのに、何度も何度も遮って答えさせないNEWS23のキャスター達は酷すぎだろ。安倍首相が話してるんだから、最後まで聞けよ#tbs #news23


(500円)
安倍首相は、NW9や報ステやNEWS23に出演するなら、虎ノ門ニュースにも出演して、国難突破解散の意義について語って欲しい\(^o^)/拡散するよ



安倍首相出演のNEWS23で「モリカケ!」 
キャスターのイヤホンから漏れ生放送はバトルに
9/26(火) 19:31配信 J-CASTニュース


 「......モリカケ!」――生放送のマイクに、小さいながらも確かにそう聞こえる音声が乗った。星浩キャスターは少し慌てたように、外して肩に垂らしていたイヤホンを付け直す。安倍晋三首相は一向構わない様子で、持論を展開し続ける。


  2017年9月25日、衆院解散を発表した夜、安倍首相は「ニュースウォッチ9」(NHK)、「報道ステーション」(テレビ朝日系)、「NEWS23」(TBS系)に立て続けに出演した。上記の一場面は、その最後「NEWS23」でのものだ。


■報ステは比較的「平和」だったが


 今回の解散総選挙を「国難突破解散」と位置付ける安倍首相だが、野党などからは批判が続いている。特に、28日召集の臨時国会冒頭での解散には、森友学園問題・加計学園問題(いわゆる「もりかけ」)をめぐる追及からの「逃げ」ではないか、という声が根強い。


  25日夜出演の番組でも、やはりこれらの問題、そして小池百合子都知事が立ち上げた「希望の党」への対応が焦点となり、キャスターからの質問が集中した。ニュースウォッチ9・報道ステーションは比較的スムーズにやり取りが進み、小池新党についての話題では首相が笑みすら浮かべるなど余裕含みだったのに対し、NEWS23は、熱弁をふるおうとする首相と、星浩氏らキャスター陣が「かち合う」展開となった。


  たとえば序盤、「冒頭解散」の是非を問われた首相が1分近くかけて反論、さらに「今回はですね、まさに消費税の使い道において2兆円、これは毎年毎年......」と消費税問題に話を広げようとしたところ、「ちょっとお待ちください、のちほどお伺いいたします」と雨宮塔子キャスターがこれを制して、「個人的に気になっているのは......」と、野党が「弱ってる」タイミングを狙っての解散ではないか、と話題を転換する。首相はしかし、「先ほども申しましたように、野党というのは選挙がなければ政権は取れないわけでありますから......」と、さえぎられる直前の話題を繰り返した上で、再び消費税の話を始めようとする。


【イヤホンからスタッフの声が...?】


 その直後、マイクに乗ったのが、冒頭の「モリカケ」という音声だ。映像を確認すると、星氏が冒頭から、右耳のイヤホンを外し、肩に引っ掛けるように垂らしていることがわかる。件の音声はこのイヤホンから漏れ、星氏のピンマイクに拾われたものとみられる。


  この音声を受けてか、再び星氏は、「あとで、お時間あるので」と消費税から話を変えようとするが、首相は「ついでに言わせてください」とストップを無視して、さらに話を続ける。結局はひと段落したところで、映像が入り次の話題に移ったが、そのテーマはやはり「森友・加計」だった。なおこうした「音漏れ」は少なくとも番組内で3回確認され、いずれも直後にキャスターらが次の話題に移ろうとしている。はっきり聞き取れるのは「モリカケ」だけだが、いずれも進行をめぐる指示の可能性が高そうだ。


  その後も、森友問題について一通り話し終え、「それとですね、加計問題について申し上げます」と安倍首相が話題を切り替えようとすると、今度は逆にキャスター側が話を続行する。安倍首相が「(森友問題は)司法の場において明らかになっていくことだろうと思いますし、また......」と言いかけると、駒田健吾アナウンサーが割って入り、昭恵夫人が自ら会見するべきでは、と問う。といった具合に、お互いがお互いの発言を食い合う流れがたびたび見られた。


  一方、安倍首相の側も、国会で加計問題をめぐる野党やメディアの論調などを批判した加戸守行・前愛媛県知事らの名前を挙げ、「どうかそういうところも(テレビ局は)紹介していただきたい」「(加戸氏の証言も)誠意をもって報道していただきたい」と反撃している。
.
【百田尚樹氏がネット番組で揶揄】


 この日のNEWS23には、上記の「モリカケ」音声も含め、大きな反響があった。民進党の小西博之参院議員はツイッターで、


   「NEWS23の安倍総理を見ていると、聞かれたことには一切答えず、支離滅裂に関係ない民主党批判などを繰り返している」


と、激越な言葉で安倍首相を非難、総選挙不出馬を表明している上西小百合衆院議員も、「TBS『NEWS23』が安倍総理に対して、かなりスリリングな質問をした。その姿勢に全く問題はないし、圧倒的に正しい」と好意的にキャスター陣を論評した。


  一方、作家の百田尚樹氏は26日のネット番組「虎ノ門ニュース」でこの件を紹介し、「キャスターはディレクターの操り人形」などと揶揄した。ただし、百田氏は番組そのものを観たわけでない旨を発言、ネットで拡散された動画で閲覧したとみられ、音声の内容も「そんなこといいから森友のこと聞け」と誇張されている。






★『ニュース女子』 #125(ニュース女子×虎ノ門ニュース夏休みコラボ企画)



「ニュース女子×虎ノ門ニュース夏休みコラボ企画」 ~この国の報道のあり方を真剣に考えようSP~


①「地上波テレビ」


②「インターネットメディア」



MC:長谷川幸洋(東京中日新聞論説委員)


西川史子(医師)


武田邦彦(中部大学教授)


百田尚樹(作家)


須田慎一郎(経済ジャーナリスト)


井上和彦(軍事ジャーナリスト)


有本香(ジャーナリスト)


大高未貴(ジャーナリスト)


居島一平(漫才師)


杉原杏璃(タレント)


吉木りさ(タレント)


脊山麻理子(フリーアナウンサー)


重盛さと美(タレント)




2017年9月26日 くにまるジャパン 極 吉崎達彦




◆橋下羽鳥の番組【最終回】2017.9.25


◆和田政宗 祝・自民党入党 どうなる解散総選挙 希望の党入党予定者の人間関係を暴露



◆AERA 2017年10月2日号


不確実な時代に占いと付き合う


金融でもマーケティングでも使いよう/石井ゆかり・しいたけ・ゲッターズ飯田/ 解散うんざり



大特集


現代社会と占い


経済 「占い」を情報として役立てる


「日銀の『量的緩和』は金星逆行と同時に開始された」/「景気が落ち込むと占いブーム起こりやすい」


市場 占いコンテンツはマーケティングの最前列


心理 思いを話せば物語になる


経営 北尾吉孝SBIホールディングス代表「運命は変えられる」



対談


茂木健一郎×鏡リュウジ


「ブルーオーシャンにおいては非合理しかエンジンがない」(茂木)「まずはエンタメとして楽しんで」(鏡)



社会 高学歴エリート女性が通う“魔法”学校



インタビュー


「12星座シリーズ」が大ヒットの石井ゆかりさん


「しいたけ占い」のしいたけさん


タレントで占い師のゲッターズ飯田さん



沖縄 沖縄尚学の甲子園優勝を予想? 元保護者の不思議な進言



時代を読む


<10秒00の壁>を突破した日本男子陸上100メートルの「走る技術」と「脱力」


速く走ると速度が落ちる「パラドックス」との闘い



インタビュー


独占 ウサイン・ボルト


2020年、東京五輪に行くことは間違いない


引退レースから1カ月半/「引退後はプロサッカー選手」発言の本気度



アート 細密画家 池田学「誕生」が生まれるまで


音楽 上原ひろみ デビュー14年目の“未知との遭遇”



アート


ボストン美術館はなぜ「名画持ち」になれたか


公的資金をほとんど使わず市民の寄付で賄う/ボストン大火による美術品焼失が追い風に



映画 パルムドール2回の名匠クストリッツァ監督 「映画には強いアイデア」


英国 女王の公務減少で王子が動いた


金融 審査甘い銀行カードローン、金融庁が立ち入り検査へ


政治 自己チュー解散で自民若手が右往左往


核 核兵器禁止条約発効へ 参加しない日本に被爆者から怒りの声


芸能 稲垣吾郎、香取慎吾、草なぎ剛の「新しい地図」はファンへのアンサー


女性 安室奈美恵引退で広がるアムロス


表紙の人 ウサイン・ボルト●陸上男子100・200メートル世界記録保持者


現代の肖像 山口 晃 ●画家/千葉 望


AERA-note 編集長敬白



好評連載


•eyes 姜 尚中/東 浩紀


•佐藤 優 の実践ニュース塾


•ぐっちーさん のここだけの話


•小島慶子 の幸複のススメ!


•オチビサン 安野百葉子


•星野 源 ふたりきりで話そう


•竹内智香  黄金色へのシュプール


•師匠と弟子 美術工芸品修理


•はたらく夫婦カンケイ


•伊藤まさこ のおいしい時間をあの人へ



AERIAL


• アエラ読書部


 佐藤 優 評『大人のための国語ゼミ』


この人のこの本 能町みね子


九龍ジョー の読書days


•竹増貞信 のコンビニ百里の道をゆく


•福岡伸一 の生命探検


•稲垣えみ子 のアフロ画報


•ジェーン・スー の先日、お目に掛かりまして


•厚切りジェイソン の厚切りビジネス英語