ニュースが好き

政治でも経済でもアニメでもニュースなものが好きです。

★いよいよU18野球、日韓戦!【青山繁晴】答えて答えて答える(9/8)、『真相深入り!虎ノ門ニュース 楽屋入り!』(9/8)&文藝春秋10月号目次、連合会長「民進党にはもう後がない」神津里季生&9/9新・情報7daysニュースキャスター

★【U-18野球W杯】侍ジャパン、韓国に勝てば決勝進出の可能性 カナダも白星の場合は…
9/9(土) 21:38配信 Full-Count


日本○でカナダ●なら決勝へ、カナダも○なら…


 侍ジャパンU-18代表は8日(日本時間9日)、「第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(カナダ・サンダーベイ)のスーパーラウンド第2戦でカナダに4-6で敗戦。2勝2敗となり、決勝進出を目指して、9日(同10日)のスーパーラウンド最終戦・韓国戦に挑むことになる。


 この日の敗戦で、日本はカナダと同じ2勝2敗となった。決勝進出へ、まずは韓国戦勝利が絶対条件。だが、大会規定に照らし合わせると、勝っても複雑な状況となる。


  日本が韓国に勝ち、カナダがキューバに敗れれば、決勝進出は決定。仮に日本とカナダがどちらも勝てば、韓国を含めた3か国が3勝2敗で並ぶ。この場合、当該国の「得失点差率(TQB)」と勝敗結果で順位が決まる。日本はカナダとの直接対決で敗れてはいるが、決勝進出の可能性がある。


  まず「得失点差率」で上位2チームを決め、当該対戦結果で決勝進出が決まる。日本が勝てば、カナダが「得失点差率」で3チームの最下位となる可能性が高く、韓国に勝った日本が決勝進出となる。ただ、仮に日本が7点差以上で勝つと、韓国が「得失点差率」で3チーム最下位となるため、日本に勝っているカナダが決勝へ。大会規定がそのまま適用されるなら、日本は3位決定戦に回るということになる。


  無敗のまま8日のアメリカ戦を迎えた韓国は、アメリカに0-2で敗れ初黒星となった。だが、韓国の日本戦に対する意識の強さは誰もが承知だろう。


  この日の日本とカナダの一戦を、一塁側寄りのスタンドで韓国代表チームが揃って観戦していた。韓国も日本戦の勝ち負けが運命を変えるだけに、捨て身でかかってくる。日本もその勢いに飲まれないよう、強い気持ちを持って最後まで戦ってもらいたい。



◆高校日本代表がU―18W杯の決勝に進出するための条件は…
9/9(土) 20:32配信 スポーツ報知



◆U―18W杯 ▽スーパーラウンド 日本―韓国(9日、カナダ・サンダーベイ)


  スーパーラウンド(R)の1、2位が決勝に進出する。既に米国がスーパーR1位で決勝行きを決めており、高校日本代表が2位で決勝に進むには、9日のスーパーR最終戦で韓国に勝つことが絶対条件となる。ただし、カナダの勝敗次第では、大会規約によって複雑な状況が考えられる。


  〈1〉日本が韓国に勝ち、カナダがキューバに負け


 日本、韓国が3勝2敗で並ぶ。この場合は2チームの当該対戦成績で日本が韓国を上回り、2位となる。


  〈2〉日本が韓国に勝ち、カナダがキューバに勝ち


 日本、韓国、カナダが3勝2敗で並ぶ。3チームが同じ勝率の場合は、「TQB(チームクオリティーバランス)」を比較。得点率(得点÷攻撃イニング)―失点率(失点÷守備イニング)で、最も低いチームが脱落。残り2チームの当該対戦成績で優劣を決める。


  カナダは韓国に7―11で敗れ、日本に6―4で勝利。得点率が13÷18=0.7222、失点率が15÷18=0.8333で、TQBは-0.1111。


  日韓戦は日本がビジターで先攻。日本は韓国に5点差以内で勝利すれば、TQBで最も低いのはカナダとなり、日本は直接対決の成績で韓国を上回り、2位。


  ただし、日本が韓国に9回7点差以上で勝つと、韓国のTQBが-0.1667以下で最も低くなり脱落。カナダが直接対決で日本を上回って2位となる。


  日本が韓国に9回6点差で勝つと、韓国とカナダのTQBが-0.1111で並ぶ。その場合は、「ER―TQB」(相手自責点による得点÷攻撃イニング―自責点÷守備イニング)の大きい方が上位。これも並ぶと、直接対戦の打率、コイントスの順に優劣を決める。その比較で韓国が上位なら、日本が2位。カナダが上位なら、カナダが2位となる。


◆ ◆




【青山繁晴】あるがままから至る「脱私即的」、戦わない人間の不誠実[桜H29/9/8]




★新・情報7daysニュースキャスター 2017年9月9日 170909



『真相深入り!虎ノ門ニュース 楽屋入り!』2017/9/8配信



★文藝春秋2017年10月号
【特集】政界激変前夜
~NHK解説委員の直言~ 失速への転機は二〇一五年秋だった──
安倍総理「驕りの証明」 岩田明子


◎改憲は賛成、原発は反対、経済政策は?
「小池国政新党」我らが目指す姿 若狭 勝/長島昭久


連合会長「民進党にはもう後がない」 神津里季生



◎トランプ vs 金正恩「チキンレース」の行方
米軍は核を使いたがっている 丹羽宇一郎/川上高司/宮本 悟


「日朝は近く劇的に動く」──今夏、北の高官は私にそう告げた
金丸信<次男> 米朝緊迫下の平壌訪問記 金丸信吾


銀行の横並びをやめさせ、生き残りを迫る
金融庁森長官の「最後の戦い」 (共同通信記者)橋本卓典
私はなぜ黒田緩和に反対したか (前日銀審議委員)木内登英
ソニー社長「どん底からの復活」を語る 平井一夫
[深層レポート]産業革新機構がJDI(ジャパンディスプレイ)を壊滅させた 大西康之



【大特集】定年後の常識が変わった


◎夫婦関係、社会とのつながり・・・豊富な実例で見えてきた「成功の法則」
 「良い定年後」と「悪い定年後」 楠木 新


「終わった人」と「定年ゴジラ」に学べ 内館牧子/重松 清
 


【私が選んだ「第二の人生」】
▼ボランティアは経営より面白い (CoCo壱番屋創業者)宗次徳二
▼直木賞作家がタイで出家して 笹倉 明
▼モノも人脈も捨てて身軽になる 弘兼憲史
▼農園で生まれた若者たちとの絆 加藤登紀子
▼NHKアナが福祉施設職員に 内多勝康
老後資金一億円をどう作るか 岩崎日出俊
シルバー人材センターがすごい 葉上太郎
 大学に通って学び直す楽しみ 花岡正樹
 「人生の楽園」にみる地方移住 (テレビ朝日プロデューサー)森川俊生


余生を林住期と遊行期にわける 山折哲雄
私の老後は88歳から始まった 橋田壽賀子


秘書への暴行報道後、初めて口を開いた 豊田真由子議員独占告白 本誌編集部
「ひよっこ」の時代と伊丹十三さん 宮本信子
「発達障害」医師と患者の対話 岩波 明/勝間和代


◎降圧剤、スタチン、抗がん剤の効果や副作用が変わる
薬をのむ「最適時間」がわかった 笹井恵理子
愛子さまの食欲回復と大学選び 友納尚子
ネトウヨが保守論壇をダメにした 古谷経衡×辻田真佐憲
心地よい睡眠の心得を教えます 重田眞義
「イスラム国」空爆の現場レポート (国境なき医師団看護師)白川優子
[この人の月間日記]オーナーは監督より大変だよ 岡田武史


[50年後のずばり東京14]
東京南端の漁師と北端の猟師 服部文祥


[地方は消滅しない14]
広島県安芸高田市 葉上太郎
インパール作戦と命令拒否事件 日本再生77・立花 隆
花嫁は町に出よう・桂 由美
雨続きの夏も異常ではない・村山貢司
室町時代のラーメン・岩岡洋志
懐かしくも新しい銭湯・今井健太郎
世界水泳で台頭した若き力・萩原智子
ぷらぷらプール・戌井昭人
子どもの貧困・湯浅 誠
ローマで給水制限? 日本人へ173・塩野七生



【新連載小説】気鋭の作家が家族小説に挑む
百花 川村元気
ベストセラーで読む日本の近現代史・佐藤 優


BOOK倶楽部
▼佐久間文子、池上彰、梯久美子、古市憲寿 ▼今月買った本 本上まなみ ▼著者は語る ▼新書時評 ▼赤坂太郎 ▼丸の内コンフィデンシャル ▼霞が関コンフィデンシャル ▼世界経済の革命児・大西康之 ▼日本語探偵・飯間浩明 ▼数字の科学・佐藤健太郎 ▼旬選ジャーナル(東浩紀・佐々涼子) ▼オヤジとおふくろ ▼スターは楽し・芝山幹郎 ▼考えるパズル ▼三人の卓子 ▼詰将棋・詰碁 ▼マガジンラック ▼広告情報館 ▼蓋棺録 ▼目・耳・口


新世界地政学74・船橋洋一
人声天語172・坪内祐三
偏愛の日本女優たち6・小林信彦
大名倒産19・浅田次郎



グラビア
▼日本の顔(牧阿佐美) ▼同級生交歓 ▼中野京子の名画が語る西洋史62(眠りと死は兄弟) ▼東京百年建築 ▼もう一人の家族128 鰐淵晴子 ▼新連載・乗り鉄うまい旅2(富良野・美瑛ノロッコ号×ジンギスカン) ▼小さな大物(壇蜜) ▼文春ラウンジ(ゴルフ賢人塾/健康力33)



短歌・橋本喜典、俳句・鍵和田秞子、詩・小池昌代