ニュースが好き

政治でも経済でもアニメでもニュースなものが好きです。

★飯田泰之氏「アベノミクスの効果が予想を下回った大きな理由は消費増税。でも野田聖子総務相は消費増税に前向き。(野田氏の経済の考え方が)なんだかよくわからない…野田さんにはぜひとも消費増税を総括して問題点を明らかしてほしい」8/31ザ・ボイス

ザ・ボイス2017年8月31日(木)コメンテーター:飯田泰之(経済学者)


≪取り上げたニュース一覧≫
幼稚園に2歳児を受け入れ 政府が待機児童対策
2日連続の日米電話首脳会談
野田総務大臣「アベノミクスの効果は予想を下回っている」
民進党代表選あす投開票
TPP11が閉幕
トランプ大統領 法人税を15%に引き下げる意欲示す
豊洲移転 具体化しなければ温泉施設が都に賠償請求も



≪フォーカス≫
大学の奨学金制度について



◆ ◆
伊藤惇夫の くにまるジャパン 極 2017年8月31日

対北朝鮮につき安倍政権の圧力が正しかったのか。
「圧力をかければかけるほど反発が強くなるのでは。」
  →では、伊藤惇夫氏であればどうするのか。
間違っていてもいいから提示してほしい。


「(北朝鮮のミサイル発射)といった問題が起こるたびに、(政府からは)「断じて容認できない」「万全を期す」とかの言葉が出てくるのだが、(無力感というか、)なんかある種の虚しさを感じる。なにか他の手立てはないのかな。」

「日本の政府ができることはみえているわけです。3つある
①日本独自でどういう外交ができるのか…北朝鮮との交渉。対ロシア外交
一番のポイントは中国とロシアの北朝鮮に対する対応。どんなに厳しい政策を決めても(例 石油禁輸などを国連で決議する)といっても中露が制裁しなければ無意味。


伊藤惇夫氏は安倍首相の対ロ外交にエールを送っているようです。
(→過去放送などで伊藤惇夫氏は、対ロ外交は無駄とか、安倍首相の外交に批判的でなかったか注意。もし批判的だったら、なぜ前は批判的だったのに、今回は対ロ外交にエールを送るようなことをいったのか…心境の変化をききたいところです)
(なお、日本の独自外交ですが、これを一番活発にやってきたのが安倍首相です。
で、たとえば対ロ外交を邪魔したのはオバマ。)


②アメリカ、韓国との関係 日本がどう国連を引っ張っていくのか。
→国連を日本が引っ張っていく…世界の安全保障でか?

 ここはギモンが2つ。
 ㋐国連は正しい翻訳名称は、連合国であり第二次大戦戦勝国という意味。
 そんな団体での安全保障体制に日本はどう寄与したらいいのでしょう…


 ㋑いまの憲法の枠組みで日本が世界の安全保障を引っ張っていく(=能動的に主導する)ことができるのか。


③国民の安全確保をどうやって行うのか
 Jアラートでは国民の安全は守れない。
原発にミサイルが落ちたら。
  なぜ相鉄を止めたのか。(→それは間違った判断だ)
 (北朝鮮からミサイルが無通告で、日本上空に飛んできても)反応しすぎてはいけない。




野村くにまる氏「部品とか落ちてくるから、こうこうすべきとか…」
(→管理人の感想 そういったことを幅広いリスナーに広報するのがメディアの役割と思うんだが。ずっと広報するチャンスがあったのに「森友だ、加計だ」で時間を費やしてきたのがくにまるジャパンをはじめとするメディアですよ。
いまさら「部品とか落ちてくるから、こうこうすべきとか…」とかいうんだったら、
くにまる氏は「くにまるジャパンは、他のメディアとは違います。今後は聴取率とか関係なく、『部品とか落ちてくるから、こうこうすべきとか…』をリスナーに理解していただくよう、しつこくやる決意だ」とかいうべき)