ニュースが好き

政治でも経済でもアニメでもニュースなものが好きです。

★小池百合子「私、AIだからです」、批判しないマスコミ&8/11【あさラジ】高嶋氏 国会エンタメ化望むも宮家氏にたしなめられる&Voice 目次9月号 【総力特集】安倍おろしの末路「加計問題に疑惑など存在しない 竹田恒泰」&Twitterピックアップ

Twitterピックアップ
(500円)
8/10 定例記者会見にて。
小池百合子「(豊洲と築地の併用案の議事録が残されてないのは)私、AIだからです」←東京都知事に就任してから1年以上経つけど、何も結果を出せずに都政を混乱されせるだけの小池百合子の言い訳がAIですか#tvasahi #報道ステーション


石原慎太郎が都知事の判断で決めたことを、あれだけ批判してたのに、既に100億円以上も無駄にしてる小池百合子が「AIです」と言い訳にならないこと言って、都知事の判断で決めたと開き直る 本当に小池百合子は酷いわ #tvasahi #報道ステーション


→(RT)あれだけアベ独裁と批判していた連中が騒がないのが不思議
→(RT)同じ事を安倍総理がいったら大炎上なんだろうになぁ
→(RT)都議会自民党は伏魔殿とか言って「見える化」とか「情報はオープン」とか言ってる小池知事は、プロセスは自分で決めたから、とか言って文書を残さないのはおかしいでしょ.
→(RT)報道ステーションを途中からですが、見てました。小池都知事の「私はAI」発言の様子の映像を流していましたが、番組内でこの発言に対する何らかのコメントを言っている人はいましたでしょうか?
批判されてもおかしくない発言と思いますが、私が見た限りでは何のコメントも見受けられませんでした。


(参考)
【私は人工知能(AI)】 小池百合子都知事 定例記者会見 抜粋 20170810


8/11 あさラジ 宮家邦彦



★Voice 2017年9月号
目次
 【巻頭インタビュー】
 自民、民進低迷の真相 辛坊治郎


 【総力特集】安倍おろしの末路
■加計問題に疑惑など存在しない 竹田恒泰
■沖縄メディアを除染せよ ロバート・D・エルドリッヂ&我那覇真子
■「報道の自由度ランキング」の噓 E・キンモンス
■〝捏造″された軍艦島への強制連行 日下公人
■保守第二党の誕生 屋山太郎


 【特集】中国の膨張を抑えよ
◆儒教の毒 石 平
◆経済成長を潰した共産党 上念 司
◆「紅い秩序」と米国の逆襲 秋田浩之
◆支那事変を再評価する 宮田昌明


○「愛国心」を武器に戦う日本人 ケント・ギルバート
○問題はトランプではない 伊藤 貫
○「多様化戦争」に備えよ 松村五郎
○やっても意味がない改憲 倉山 満
○地方百年の計・歴史を活かしたまちづくり 童門冬二&鈴木淳雄&小坂喬峰
○禁煙ファシズムから身体のコミュニズムへ 千葉雅也
○マクロンと民主主義の危機 エマニュエル・トッド
○パラアスリートの肖像 山田清機
○経営の価値、政治の価値 松下幸之助






◆籠池夫妻の通名使用が判明 ことあるごとに改名する家訓あり
2017.8.7 16:16

安倍政権に“爆弾”を投げ込んだ夫妻がついに逮捕されたが、事件の真相に先立ち、意外なことが判明した。


 〈大阪地検特捜部は31日、前理事長の籠池泰典(本名・康博)(64)、妻の諄子(本名・真美)(60)両容疑者を、国の補助金をだましとったとする詐欺容疑で逮捕した〉(読売新聞8月1日朝刊)


 えっ本名? 泰典と諄子って名前じゃなかったの? そう、実は彼らはこれまで、本名とは異なる“通名”を使っていた。森友学園問題を取材する大手紙記者が言う。


 「今回、検察によって本名が明かされましたが、私たちは取材時に気づいていました。森友学園が運営する塚本幼稚園を訴えようとした保護者たちが、籠池夫妻に訴状を送ったところ、『戸籍名が異なる』として届かなかったようで、本名でないことが分かったんです。籠池夫妻はプライベートでも通名を使って生活していたので、周囲も気付かなかった」


 なぜ通名を名乗る必要があったのか。その背景には籠池一家の“家訓”があるという。


「妻の諄子さんから聞いた話なのですが、『うちの家族は、人生のステージが上がるたびに改名する』という決まりがあり、ことあるごとに“改名”していたようです。子供たちも例外ではなく、長男の佳茂氏や、長女の町浪氏も本名ではないらしい。諄子さん曰く、『今の名前は靖国神社でいただいたものだ』と言っていました」(同前)


 もっとも、靖国神社関係者によれば、「他の神社と同様に新生児の命名のご相談に乗ることはあるが、成人の通名の相談に乗ることはない」というのだが……。


 事件の捜査が進み、夫妻が“新たなるステージ”を迎えた際には、また改名するのだろうか。


 ※週刊ポスト2017年8月18・25日号


◆  ◆ おまけ◆ ◆
危険な二人 (沢田研二)



沢田研二 - 追憶(1974) Kenji Sawada "Nina




沢田研二 時の過ぎ行くままに




沢田研二 勝手にしやがれ (1977)