ニュースが好き

政治でも経済でもアニメでもニュースなものが好きです。

★週刊新潮見出し(8/3)&「音喜多さんのブログが急につまらなくなっているぞ」早川忠孝、「泉放送制作ってどんな会社?今後の政治日程を占う!~内閣改造・予算編成・消費増税・解散総選挙・日銀人事」山村明義のウワサの深層

◆  ◆
音喜多さんのブログが急につまらなくなっているぞ
2017年07月24日 06:00
早川 忠孝
煽るようなことは今の段階では少々迷惑かも知れないが、この調子だと音喜多さん(東京都議・都民ファーストの音喜多駿氏)の折角の発信力が錆びついてしまいそうなので、苦言を呈しておく。


自制すべからず。
もっと自由奔放に、本当のことを発信されたらいい。
 情報公開の神様のような音喜多さんが何か自己規制をしているようで、気の毒にさえ感じる。


大人になるのは、早い。
 言うべきことはちゃんと言っている、という印象を残すのが今は大事である。


忖度とか情報隠蔽にはみんながウンザリしているのだから、音喜多さんには誰に気兼ねすることなくジャンジャン飛ばしてもらいたいものだ。
 音喜多さんまで自己規制してしまうと、音喜多さんより遥かに弱い人たちまで何も物を言わなくなる。


情報発信のスピードが落ちているように見えるのがいけない。


どうせ明らかになることだから、音喜多さんらしい表現で上手に発信すればいいだけのことである。
 音喜多さんの情報発信力を活用しない手はない。


誰かが発表するのを待つ、などということは、音喜多さんにはまったく似合わない。


参考

(おっと。音喜多氏 まだみんなの党になってるよ…内容が更新されているから生きてるブログと思うが、)



◆  ◆
前川氏が「もう一つの嘘」をついていた可能性 --- 山田 高明



7/26(水) 16:40配信 アゴラ


前川喜平、石破茂、日本獣医師会、その政界側代理人・北村直人らが、これまで散々、加計学園による獣医学部新設が「欠格」であることの有力根拠にしてきた、例の「新設4条件」なるものが、実は日本獣医師会側と通じた石破茂が新設を阻止する目的で作成したものだった・・とする産経新聞の報道が関係者に波紋を広げている。


その記載は当の日本獣医師会のサイトに資料としてあるため、事実と思われる。


 【関連記事「石破茂の政治生命は終わった」(http://freezzaa.com/archives/2035)*筆者サイト】


しかも、私は事の経緯を調べていくうち、あるとんでもない疑惑に気づいた。


それは、「石破茂ははじめから特区潰しが目的で担当大臣の椅子を貰い受けたのではないか」ということ。なぜなら、状況証拠はかなり黒い。ただ、この「第二の疑惑」に関しては当記事の趣旨ではないので、別の記事にまとめた(*記事下にリンク)。
.


「石破4条件」の作成には絶対に協力者がいる!


さて、この新設潰しのための4条件は、石破いわく「練りに練った」ということだが、そもそも門外漢の石破とその秘書に獣医教育関係の政策が“練れる”はずもなく、どこかの専門家が必ず作成に関与したに決まっている。


 果たして、それは「誰」なのか。


4条件には、業者というより、政策サイド(規制当局)の考えがより反映されている。よって、協力者は、獣医教育を担当する文科省の高等教育局(出身)の官僚だと、私は推測する。だいたい、私は当初、4条件を見た瞬間、「これは文科官僚が新設阻止を目論んで作成したものではないか」と直感し、そう記事に書いておいた。


 実は、高等教育局は日本獣医師会とタッグを組んで、将来あるべき獣医療教育体制をずっと模索していたのだ。ライフサイエンス云々の用語の出所もそこに違いない。


 仮にそうだとしたら、前川元事務次官が知らなかったはずがない。石破が4条件を作成したのは2015年度前半と思われるので、まだ前川は最高官ではなかったし、また畑違いで直接タッチしなかったとしても、必ず耳には入っていたはずだ。



反安倍側が“共謀”していた可能性


とすると、国民はまんまと彼に一杯食わされたことになりはしないか。


 先の7月10日の閉会中審査で、前川氏がしきりと「今治市からの提案は4条件を満たしていない」などと強調したことは、ご存知の通り。だが、それ以外の機会においても、彼は事あるごとに、この4条件を自説の正当性の主柱としてきた。


 同じように、石破茂、日本獣医師会長、その北村顧問らも、これまで加計学園が新設業者として欠格であることを示す「伝家の宝刀」として、この4条件を散々振り回して安倍政権を追い込んできた。これが、まさか彼ら自身による新設阻止のための謀略の産物だったという真相は、多くの人を不快にさせるに十分だ。


しかし、単に「不快」で済まされない大問題を孕んではいないだろうか?


この三者は当事者なので、当然最初から知っていた。では、前川はどうなのか。この4条件を政治的な武器にしてきたのは、前川も同様である。


 言ったように、限りなくクロ。


つまり、今回、各人の固有事情から「反安倍政権」という共通の目的で集った前川、石破、日本獣医師会、北村らは全員が“共謀”していた、ということなる。
.


加計問題ならぬ新たに「姦計問題」が浮上して然るべき


これが政治的に「何」を意味するのか、メディアの誰も追求しない(できない)のが不思議でならない。なぜなら、これは本来大騒ぎになって当然の問題だからだ。


それは、彼らが「国民を騙した」ということである。自分たちが獣医学部の新設を阻止するために裏でコソコソと作ったルールを、そうと明かすことなく、さも新設判断の公正な基準であるかのように世間を欺いた、ということである。


これは、以下の事例とは「次元」が異なる。


 一つ、前川は「出会い系バー」の出入りに関して、当初「貧困調査だった」と主張してきた。だが、前回の閉会中審査で、その表現が不適切だったと認めた。


 一つ、獣医師会の北村顧問は、ずっと「山本地方創生大臣と面会した際、当初から『加計ありき』で、京都の話は出なかった」と主張し、大臣側の主張と食い違っていた。だが、当の獣医師会長の蔵内氏が「大臣は京都にも言及しており、どうしても作るなら一校だけにしてほしい」という流れになった経緯を明らかにした。


 以上の二つの嘘は、罪がないとは言わないが、まあ「とっさに口からついて出た」というふうに、好意的に解釈できないわけでもない。


ところが、このケースは根本から違う。


 自分たちが裏ででっち上げた不正なものを公正なルールであると世間に錯覚させ、「加計学園がどうクリアしているというのか!?」などと世間に向かってぶち上げて見せ、正義然として政権に詰め寄った行為は、公(国民)に対する政治的な詐欺に値する。


この問題が国をあげての公論になった段階で上の行為に及べば、人々の健全な判断と公論を意図して誤らせた、社会に対する背信・公益毀損事案になるのである。


ただの自作自演で済まされるレベルをとうに超えている大問題なのだ。


必要なのは前川氏への品行調査


さて、他の三者と違って前川が作成に直接関わらなかったとしても、事前に知った上で政権をネチネチと攻撃していたとすれば、同罪である。しかも、それを自身の正義の外観としてきたわけだから、これはもう人格を疑うレベルである。


いやいや、彼に関してはまだ「疑い」だ。だから、彼が本当に国民を騙していたのかどうか、はっきりさせるべきだと思う。つまり、以下のことが必要。


・前川が4条件作成の真相を知っていたのかどうか、メディアは追求すべし。


・平行して、石破の協力者を炙り出すべし。文科省高等教育局をガサ入れすべし。


 繰り返すが、この「嘘」は、例の貧困調査云々より、はるかに悪質である。


 前川氏はくだんのリークに関して「国家権力から嵌められた」と主張している。


だが、仮に、彼がこの「もう一つのより重大な嘘」をついていたとすれば、彼もまた国家権力と国民側を嵌めていた、ということになる。


つまり、「自分は嵌められた」などと抗議する道徳的資格を一切失う。


 私の推測は散々申し上げた通り。彼は最初から知っていた――つまり、私たちを騙す気まんまんだった、というもの。彼の支持者すら呆れ返るほどに。(以上敬称略)


【7月26日配信】山村明義のウワサの深層
「泉放送制作ってどんな会社?今後の政治日程を占う!~内閣改造・予算編成・消費増税・解散総選挙・日銀人事」かしわもち【チャンネルくらら】





◆週刊新潮 2017年8月3日号


仕事より男に溺れる「安倍チルドレン」


元SPEED「今井絵理子」参議院議員の略奪不倫
「息子が、この国に生まれて良かったと思えるような日本にしたい」。聴覚障害を持つ長男を女手一つで育てる彼女は、昨年7月の参院選で自民党の目玉候補として抱負を語り、当選を果たした。だが、赤絨毯を踏んだ彼女が血道を上げたのは、色恋沙汰。しかもお相手は妻と幼い子ども2人を持つ地方議員だった――。



閉会中審査の大嘘つきたち!
まつエクしてる場合か「稲田朋美」



「安倍総理」ベッタリ記者を救った刑事部長がご栄転!
 「森友疑惑」記録廃棄の財務官僚も出世!!
「内閣人事局」がぶっ壊した「霞が関」の秩序



「慰安婦記念日」「慰安婦歴史館」「慰安婦研究所」「慰安婦パーク」
 「文在寅」韓国大統領の「慰安婦づくし」フルコース


【特別対談】
「橋下徹」入閣報道に開いた口がふさがらない!
 「小池劇場」に引き継がれた危険な「炎上商法」
京都大学大学院教授・内閣官房参与 藤井 聡 × 哲学者 適菜 収



【ワイド】夏の夜の博覧会
(1)日本人になる「白鵬」に親方たちの「うっちゃりたい」本音
 (2)「突然夫から切り出され……」電撃離婚「高市早苗」別れ話の夜
 (3)年利700%! 怪しい「ビットコイン投資」人寄せパンダの有名芸能人
 (4)「真木よう子」激ヤセがドラマ『セシルのもくろみ』の目論見外れ
(5)神スイング「稲村亜美」に「中畑」「平松」「エモやん」のプロ視点
 (6)豪邸売却の果てに離婚「ASKA」は路頭に迷うか



【連載】昭和とバブルの影法師「狂乱時代」の目撃証言
 取締役が見た「住銀」傾城の熟女
第8回「住友銀行会長」磯田一郎


調査費用20億円が水の泡! 8月上旬には上場廃止!?
「東芝」vs.「監査法人」泥沼闘争を実況中継


■■■ コラム ■■■
日本ルネッサンス/櫻井よしこ
変見自在/高山正之
TVふうーん録/吉田 潮
 十字路が見える/北方謙三
この連載はミスリードです/中川淳一郎
 生き抜くヒント!/五木寛之
だんだん蜜味/壇 蜜
スジ論 わたしのルールブック/坂上 忍
 国際問題 鳥の目 虫の目 魚の目/宮家邦彦
マネーの魔術史 なぜ人はだまされ続けるのか/野口悠紀雄
 冒険ゴルフ/倉本昌弘
 週刊「山猫」ツメ研ぎ通信/三浦瑠麗
 科学探偵タケウチに訊く!/竹内 薫
 誰の味方でもありません/古市憲寿
 寝言は寝て言え!/KAZUYA
医の中の蛙/里見清一
 気になる一手/渡辺 明・吉原由香里
 私の週間食卓日記/皆川猿時
 管見妄語/藤原正彦
 週刊鳥頭ニュース/佐藤 優・西原理恵子


■■■ テンポ ■■■
 ▼マイオンリー/久保哲也「ミュージカル」
▼ロビー/風雲急! 女房役「菅官房長官」の危機管理と本音
▼オーバーシーズ/報道官“クビ斬り”で再燃「ホワイトハウス」権力闘争
▼ビジネス/地銀統合に公取“待った”で金融庁「森長官」の“怒髪天”
▼スポーツ/楽天の命運を握る「則本昴大」の“奪三振”記録
▼エンターテインメント/お忍びで寿司屋へ「ナタリー・ポートマン」滞日余話
▼スクリーン/グレゴリー・スター『ファウンダー』
▼タウン/佳子さまも英国へ 留学先「リーズ大学」のフシギな学科
▼グルメ/日本人の舌との相性がいい北欧料理「アクアヴィット」
Bookwormの読書万巻 東 えりか


▼新々句歌歳時記(嵐山光三郎・俵 万智)
▼結婚 ▼墓碑銘 ▼ガイド ▼テレビジョン
▼文殊のストレッチ ▼東京情報
▼オリンピック・トリビア!(吹浦忠正) ▼掲示板


■■■ 小 説 ■■■
ヒトごろし/京極夏彦
 染着/貴志祐介
 血の雫/相場英雄
黒い報告書/蜂谷 涼


■■■ グラビア ■■■
・続・蒼穹から名建築
・優越感具現化カタログ
 ・水村山郭不動産
・コウケンテツの日々是好食







◆◆おまけ◆◆
怪傑ライオン丸



Mirror Man 1971 Openning Theme


 ミラーマンといえば植草一秀 へㇳへㇳ、ののじの人。




(ゆかりんの番組)


第2回田村ゆかりの乙女心症候群




田村ゆかりの乙女心♡症候群 #3 ラジオ