ニュースが好き

政治でも経済でもアニメでもニュースなものが好きです。

仙台市長選、野党共闘候補が自公系破る 郡氏が初当選

(朝日新聞デジタルより)
 仙台市長選は23日に投開票され、新顔で前民進党衆院議員の郡和子氏(60)が、いずれも新顔で、自民党宮城県連や公明党などが支持した冠婚葬祭会社長の菅原裕典氏(57)、前衆院議員の林宙紀氏(39)、前衆院議員の大久保三代氏(40)を破り、初当選を決めた。投票率は44・52%(前回30・11%)だった。


 2期目の奥山恵美子市長の引退表明に伴う市長選は、自民が惨敗した東京都議選に続く大型地方選挙として注目された。国政の与野党対決構図が持ち込まれた選挙戦だったが、与党側の敗北で安倍政権への影響は避けられそうにない。


  郡氏は民進党宮城県連や社民が支持し、共産、自由も支援した「野党共闘」候補。地元の安住淳・民進党代表代行ら国会議員が連日のように応援に入った。一方の菅原氏は自民や公明が推し、業界団体の組織力に加えて村井嘉浩知事や奥山市長が支援に回るなど、総力戦で臨んだ。


  しかし加計学園問題などで安倍政権への逆風はやまず、激励に訪れた菅義偉官房長官が街頭演説を控えるなど「自民隠し」の苦戦を強いられた。郡氏側は終盤に向けて「お友だち政治」などと政権批判を強め、反自民の流れを引き寄せた。


◆ ◆ 
管理人の感想
細かい分析はあとでするにして。
 投票率アップで、郡和子氏が勝ったことがポイントかと。
 なお宮城っていうと、岡崎トミ子が当選する地域でもあったし
 …やや赤めの大地のイメージもある。(東北全般がそう)


奥山恵美子市長ってもともと民主党が基盤で、それなのに自民系の人を押したのか?
都民ファースト的、あるいは安倍批判的な風もあるんだろうが、
奥山恵美子市長がどんな人だったか、イマイチわからない。




少し分析してみた。
郡和子 無新 60歳 支持 民進県連・社民 元復興兼内閣府政務官 165,452 得票率43.0%


菅原裕典 無新 57歳 支持 自民県連・公明県本部・こころ 冠婚葬祭会社社長 148,993 得票率38.7%


林宙紀 無新 39歳 元衆議院議員 61,647 得票率16.0%
大久保三代 無新 40歳 元衆議院議員8,924得票率2.3%


林宙紀氏の支持層がなんなのかイマイチ不明。民進、維新(旧みんなの党系)?



・・・
次、
郡和子  165,452 得票率43.0%
菅原裕典 148,993 得票率38.7%


ちなみに第47回衆議院議員総選挙 宮城県第1区の選挙状況 
当日有権者数:422,375人 最終投票率:47.24%


当  土井亨 56 自由民主党 前 93,345票 46.8% 公明党
比当 郡和子 57 民主党 前    81,113票 40.6% 
   松井秀明 46 日本共産党 新 25,063票 12.6%


であって、郡和子+松井秀明=53.2%


で、53.2%:46.8%という比率は今回の得票率と似ているような感じ。


だから、民進党と日本共産党が組んで統一候補にした時点で、郡和子氏がかなり有利だったのではと推測する。
(この手の動きは新潟県知事選と似ているような気も…)
また、郡和子氏は衆議院の現職をやめての立候補なのでそれなりの知名度もある。


ここにきてマスコミの連日の反安倍の動き。支持率60%ぐらいから→26%とかいうわけで、そんな超突風のなかでの投票。
疑問
①風がもし超突風でなかったら。郡和子は当選していたのだろうか…。
②都民ファースト国政版が入っていないが、もし宮城に都民ファースト国政版がでてきた場合、民主党の票はどれくらいむしり取られるか。
単純に東京都議選の18議席→5議席 得票率15.2%⇒6.9%のイメージになるのだろうか?



(注 その他重要なファクターが抜けている可能性もある。)


・・・
【青山繁晴解説】
今回は自民の壊滅的な負け。
郡和子 165,452 得票率43.0%
林宙紀 61,647 得票率16.0% =59%
 VS
菅原裕典 148,993 得票率38.7%


民進党系が分裂していた。だから林が出ていなければ単純合計59%。


これなら「★結果として、自民党以外に投票したかったのだろう」で納得。
この前の都議選の流れと概ね符合する。突風が吹いていたと理解できる。


【和田政宗氏の解説】宮城の議員。


郡和子+松井秀明=53.2%で、53.2%:46.8% 的な解説。
宮城民進党系の一部がもういまの民進党ではダメといって抜けたという。
(これが奥山恵美子市長系のこと?)


なお、郡和子氏は
ウィキペディアによれば
『従軍慰安婦問題に関しては、2006年3月15日に自身も水曜デモに参加し、マイクを持って「1日も早い謝罪と補償を」と主張している』
とあるように、かなりのそっち方面の方らしく、
 仙台に慰安婦像ができる可能性も…と懸念する声も。



(参考)ヤフーでの声
★結果として、自民党以外に投票したかったのだろう


★単純な自公敗北ではないと思うんだが。
菅原氏は地元セレブだから政財界がごり押ししていたが、政治経験はないし、経営感覚と言ってもしょせん地元民しか知らないローカル企業。政令指定都市のトップに据えるのはあまりにもリスクが高い。
結果、政治経験の長い郡氏に軍配があがったのだろう


★私も仙台市民です。
郡さんは、衆院の政治経験あり、復興政務官も務め、知名度も地元テレビ局元アナウンサーで、私自身も小さな頃から知っていました。アナウンスもきれいなしゃべり方ですし。一方の菅原さんは、仙台の葬祭会館清月記の社長で政治経験はゼロ。私自身も清月記の社長がこの人だったのかと、この選挙で知ったくらいです。それくらい知名度も無し。そして今、加計学園などで問題になって求心力がなくなっている自民党が後ろ楯。
しかも、仙台はもともと民進党など野党の地盤の土地柄。申し訳ないですが、政治経験と知名度ゼロで自民党の後ろ楯であれば、いくら現職知事が応援するにしたって応援できませんでした。


★「民進・蓮舫氏、求心力回復なるか」なるわけがない、一期で終わりでしょ。



なお興味深いのがヤフーの見出しの付け方。
産経新聞の「仙台市長に民共系・郡氏初当選 自公敗北、政権痛手」なのに、
がトップ見出しで「仙台市長選で敗北 自民窮地に」になっている。
高校テストで要約問題だされたら0点です。この見出しつけた人、頭悪い。
(か偏向報道)。


〇正解は「仙台市長選で敗北 自民痛手」



・・・


郡氏、宮城知事と面談2分間 仙台市長選一夜明け 奥山市長とは1時間
7/25(火) 7:55配信 産経新聞


 23日に投開票された仙台市長選で初当選を果たした郡和子氏(60)は24日、関係者へのあいさつ回りに奔走するなど、船出に向けて、早くも精力的な活動を始めた。対立候補の菅原裕典氏(57)の応援に回った奥山恵美子市長や村井嘉浩知事とも面会したが、1時間近く面談した奥山氏に対し、村井知事とは2分間の「瞬殺」(村井知事)と、対応の違いを際立たせた


  郡氏は午後、市議会の各会派を回り、市選挙管理委員会から当選証書を受け取った。その足で奥山市長を訪ね、面談は非公開で1時間近く行われた。


  その後、県庁で村井知事とも面会。村井知事は「選挙で応援できませんで申し訳ありませんでした」と切り出すと、郡氏は「そんなことはありません。なんで(菅原氏を)指名されたのか、今でもよく分からないですけれど」と笑顔ながらも厳しく返した。


  村井知事が県の整備で進める広域防災拠点や汚染廃棄物問題などについて、仙台市の協力が必要と伝えたところで、郡氏は話を切り上げて退出。面談は2分ほどで終了した。


  面談後に記者団の取材に応じた村井知事は「瞬殺だった」と苦笑い。「苦しい選挙を応援してくれなかった私にわだかまりなくとは簡単にはいかないが、仕事していく上でわだかまりを乗り越えていかなければ」と述べた。


  郡氏は同日朝、報道各社の取材に応じ、村井知事の選挙期間中の対応を念頭に「選挙が終わったのでノーサイドだ。是々非々で大人の対応をする」と話していた。


◆上記ニュースにつき。ヤフーコメントより◆
(総じて郡市長の対応がマズいとコメントが多い)


郡市長の対応はまずい。村井知事が応援してくれなかったとしても、市長になったからにはわだかまりなく接するべきだ。仙台市は宮城県と協力してやらなければならないことがあるわけだしね。


これが大人の対応なのか~
余所でやったら怒られそうだけどな