ニュースが好き

政治でも経済でもアニメでもニュースなものが好きです。

★【テレビ朝日】最低の対応、財務省福田事務次官のセクハラ(立花孝志)、古市憲寿「今まで黙認されてたセクハラの一つが今回明るみになった」、民進党定例会見でテレ朝セクハラ被害記者の実名言及があったもよう&「日本のソボクなギモン」竹田恒泰(若干書き起こしメモ)

堀田佳男 進優子
民進党・大塚代表定例会見 2018年4月19日・発言者はフリーの堀田




【前代未聞のルール違反】財務次官の事件は「テレ朝のセ〇ハラ」☛ 🗾💻「音声を他の媒体に流したのは大問題だろ」「便利なワードになっとるわ」「記者の背任」 





財務省福田事務次官のセクハラ 【テレビ朝日】最低の対応(立花孝志)




【財務省セクハラ疑惑】古市憲寿「若くて可愛い女性記者を送り込んで話を聞き出す」「メディアの手法がセクハラを生みやすかった」「今まで黙認されてたセクハラの一つが今回明るみになった」



安倍内閣支持率となんで関係があるの?
ひどい柿崎の説明 セクハラはない。





◆次官セクハラの裏に「女性記者使ってネタを取る」体質? 小林よしのり「それこそパワハラ」
4/19(木) 19:32配信  J-CASTニュース

 福田淳一・財務事務次官のセクハラ疑惑で、被害者が女性記者であったことから、マスコミが「色仕掛け」で送り込んでいるのではないか、との議論がおきている。


  評論家の小林よしのり氏は「色仕掛けで情報を取れという意図」があったのであれば「パワハラである」と主張。社会学者の古市憲寿氏も「若くてかわいい女性記者を送り込もうということがあると思う」と指摘した。


■「パワハラ・セクハラに、女性記者が泣かされていた」?


  週刊新潮が報じた福田財務事務次官のセクハラ疑惑。同氏は2018年4月18日に辞任の意を表明するも、セクハラの事実は完全否定している。


  小林よしのり氏は18日夜、ブログを更新。


   「ホステスとなって色仕掛けで情報を取れという意図で、女性記者を使ったのなら、それこそがパワハラである」


と、推測を交えてマスコミの手法を問題視。女性記者が泣かされていたのなら、告発するべきは会社であったはずだとマスコミを批判した。


  女性記者を起用する意図は、社会学者の古市憲寿氏も言及している。19日放送の「とくダネ!」(フジテレビ系)で、


   「そもそも何がセクハラを生んだかということから考えるべきだと思います。今、政治家や省庁幹部にテレビ局が取材しようとした時に、取材権限はそんなにないかもしれないけど、若くてかわいい女性記者を送り込もう、みたいなことが正直多分あると思うんですよ。そこで政治家と仲良くなってもらって、話をいろいろ聞き出すという、メディアの手法自体がセクハラを生みやすかった」


と業界の体質を推測。その上で、


   「たぶん、現にセクハラはたくさん起こっていて、これまでは黙認されてきたけど、こうやって今回明るみになったのかなと。だからこの1件だけじゃないと思う」


とも述べている。
.


「今後も女性記者を危険にさらしながらネタを追い求めるのか」


 19日未明、テレビ朝日が会見で明かしたところでは、女性社員は取材のため、次官と1対1で会食することがあった。その度にセクハラ発言があり、自らの身を守るために会話を録音。セクハラの事実を報じるべきと上司に相談したが、「二次被害が心配される」などとして拒否された。このまま黙認され続けるのをおそれた女性社員は、週刊新潮に連絡し、報道に至った。会食は「1年半ほど前から数回」あったという。


  千葉市長の熊谷俊人氏は19日、フェイスブックで「今回ダメージを受けたのは財務省とテレビ朝日を始めとするマスメディアです。女性記者からの訴えに対して何も対処をしなかった対応は批判されるべきで、何らかの処分が必要です」と主張。また、


   「女性記者を使って情報を引き出す取材態勢についても総括をするべきで、今後も女性記者を危険にさらしながらネタを追い求めるのか、今後の各報道機関の対応を注視して行く必要があります」


と、取材手法についても疑問視した。


  ただし、こうした「色仕掛け」との指摘には反論もある。上記「とくダネ」では、古市氏の発言に対して伊藤利尋アナウンサーが、


   「もはや女性を送り込んでということではない時代だと思いますし、女性記者はたくさんいますから、ある種『色仕掛け』的なニュアンスで古市さんはおっしゃいましたけど、違うかなと思います」


と否定した。共同通信社論説委員・編集委員の柿崎明二氏も「今はないです。逆に言うと、かつてはありましたけど今はないです」と反論している。






4/19木曜夜8時は、竹田恒泰の生放送!「日本のソボクなギモン」第279回※後半はニコ生、FRESH!へ!|【公式】竹田恒泰チャンネルのライブ ストリーム




★ネットはテレ朝批判続々「テレビ朝日はなぜ女性社員をセクハラから守らず、逆に握りつぶしたのか」「アリバイ作りのため財務省への抗議か?…」テレ朝記者会見は夜中0時、しかも取材制限があったとも&【4/19(木) 有本香、ケント・ギルバート】(若干書き起こしメモ)




【上念司ツイッターより】
「女性社員が財務次官のセクハラ被害」テレビ朝日、緊急記者会見。テレビ朝日が自社の女性記者からのセクハラの訴えを握りつぶしていたことが判明 - Togetter


吉川慧/K.Yoshikawa‏
テレ朝の会見、ハフポストはじめネットメディアや雑誌は門前払い。何度も広報に食い下がったが「日頃からお付き合いあるところだけ」「場所の都合」で取材拒否。財研、放送記者クラブ加盟社のみ。そもそも週刊新潮が書いたことで明るみになった問題なのに。テレビ局の意識低すぎるのでは。




【知育玩具‏ツイッターより】
つか、テレ朝の発言を信じるなら、「セクハラがあった」後も現在まで一年半も取材に行かせてたってことになるけど、これ酷くないか?事案知りながら行かせてたテレ朝も加害者でしょ。








【DHC】4/19(木) 有本香×ケント・ギルバート×居島一平【虎ノ門ニュース】








★週刊文春最新号(4/26)『新潟県知事 米山隆一(50)「買春(1回3万円)」女子大生の告白 東大からハーバードの医師で弁護士の“反原発知事”にお相手女性は「お互い援交が目的で月1回くらい」と…&緊急特番「ど~するど~なる福田セクハラ騒動」、次は岡本薫明?(山村明義 倉山満)

◆緊急特番「かしわもち大ピンチ!?ど~するど~なる福田セクハラ騒動」山村明義 倉山満【チャンネルくらら・4月18日配信】



<財務省>「事実と異なる」辞意表明した福田次官のコメント
4/18(水) 19:25配信 毎日新聞



 辞意表明した福田淳一・財務事務次官の記者団との主な一問一答


  (コメントを読み上げる)週刊誌に掲載された私に関する記事については、事実と異なることがあると考えており、裁判で争ってまいりたいと考えております。他方、財務省が厳しい状況にある中で、さらに私のことでこのような報道がでてしまったこと自体が不徳の致すところであります。また、その報道後の現状に鑑みますと、財務事務次官としての職責を果たしていくことが困難な状況になっていると、私自身が考え、さきほど、麻生財務大臣に対して辞職を申し出て、ご了解をいただいたところであります。私のことで、ご迷惑をおかけしたすべての方に、おわびを申し上げたいと思います。


【今年に入って辞任、辞意を表明した人たち…】


--セクハラ疑惑として報道された音声は自身のものと認めるか


 自分の声は自分の体を通じて聞くので、録音された音声が自分のものかよくわからないので、そう申し上げました。ただ、福田の声に聞こえる、という声が多数あることは知っています。


 --(報じられた女性記者との)会合の記憶は


 ここにおられるのも財研(財務省の記者クラブ)の方が多いと思いますが、新聞記者の人とは、男女問わず、というか、財研の人は男性記者が多いので、まあ男性記者を中心に会合を持っていることはある。で、まあ一対一の会合をもつこともある。ただし、あんな発言はない。


 --当時の記憶はない


 あの当時とはいつ?。あんなひどい会話をした記憶はありません。


 --接客業の人に対してともとれるコメントだったが


 わかりません。自分の行動について、一般的に正直に官房長に申し上げた。あの記事がそういうものかどうかわかりません。


 --あの記事(に書かれていること)は記憶にない


 そうじゃなくて、接客業の人と話すことはある。一般論で申し上げている。そのことが、あの記事のもとになっていると言ってるつもりはありません。


 --自身の会話かどうか覚えているのでは


 いろんな人といろんな会話をする。しかも、(録音が)会話のすべてを順番にとっているふうにも思えない。


 --辞任の理由は、騒がせたこと。セクハラは認めない?


  報道が出ること自体、不徳の致すところ。本日の状況をみると、私に関するいろんな議論が、職務を遂行する上で問題になっており、そういう状況では職責を全うすることはできないと判断した。


 --女性(記者)に名乗り出るよう呼びかける手法に批判が出ている


 担当者が、こういう問題の処理の専門家に聞いて、被害者の方にも聞くんだというので、ああいう整理をしたのではないか。


 --(対応するのが)財務省の顧問弁護士というのは公正ではないのでは


 私自身は取り調べを受けているほう。この調べ方の対象になるので、こういう調べ方で行きましょうということについて、そんなに意見を申し上げたわけではない。財務省なりに、こういう時は両方から調べるのが普通であると研究した上で提案したと理解している。


 --辞任の理由として森友問題は関係ない?


  あらゆることに責任がありますので、個別のある問題は関係ないというのはまじめな態度ではないので、何とも言えない。直接の原因は、私の報道をきっかけとする現在の状況が今の仕事を続けることができない状況を作ってしまった。そう大臣に申し上げました。








◆週刊文春2018年4月26日号
柳瀬元秘書官オフレコ<発言録>


「安倍命の官邸にはついていけない」


▼柳瀬元秘書官は今井秘書官の“パワハラ”に「経産省に戻して」 
▼森友8億円値引きで出世した迫田元理財局長は下関出身
▼セクハラ福田財務次官「本音で話せる」と安倍首相は評価
▼安倍首相「くだらないことでウソをついて」と今度は柳瀬切り
▼佐川立件せず“事件潰し”黒川法務次官は官房副長官狙い
▼“毒まんじゅう”でダークサイドに堕ちた秘書官出世リスト



小泉純一郎「安倍退陣勧告」で進次郎の“新しい地図”


告発スクープ


「2千万円は明治から」放送作家[音声データ公開]
「明治R‐1」がTBS系番組でステマ疑惑!



[滋賀警官射殺]19歳新人に殺意を抱かせた上司の「指導」



乃木坂46メンバー「お泊まり&パワースポットデート」撮
ジャニーズに何が? [関ジャニ]渋谷すばる「退所会見」の裏ドラマ


新潟県知事 米山隆一(50)「買春(1回3万円)」女子大生の告白
東大→ハーバードの医師で弁護士の“反原発知事”にお相手女性は「お互い援交が目的で月1回くらい」と…


カリスマ講師が対策指南
2020年度「大学英語入試」が激変する!
最下位転落で観客激減 巨人に囁かれる「呪い」とは?


THIS WEEK
政治 安倍首相に見捨てられた維新消滅カウントダウン
経済 スルガ銀行に検査 問われる金融庁森長官の裁き
社会 寝ているスキに指紋認証“ITストーカー”逮捕
国際 前代未聞の醜聞 存亡危機に立つノーベル文学賞
スポーツ 米球界注目“サムライ・サブマリン”牧田の武器
芸能 ますます父親に似てきた寺尾聰
新聞不信・食味探検隊


グラビア
原色美女図鑑   優香
動物図鑑   「目は口ほどに!」
ハリウッドが認めた日本人
飯島勲の激辛インテリジェンス(231)
それでも社長になりたいあなたへ(最終回)   宋 文洲


野球の言葉学   筒香嘉智(横浜DeNAベイスターズ)
12歳で6回17奪三振


大谷翔平「人生一番の試合」対戦相手の証言 「カーボンのバットが凹んだ!」


フジテレビ→ネットメディア、ポパイ編集長→ユニクロ…
「私たちが“ミドル転職”した理由」


レトルトカレー、うなぎ、穴子、かんぴょう、ハチミツ、ピーナッツ豆菓子、冷凍インゲン、炊き込みごはんの素…


危ない中国食品 2018[第2弾]「最新回収事件」実名リスト
違反業者の告白
「加工工場で髪の毛とか手袋の破片が入るのは日常茶飯事」
 「衛生管理を注意しても大腸菌が…」


連載
夜ふけのなわとび   林真理子
本音を申せば   小林信彦
悩むが花   伊集院静
そこからですか!?   池上 彰
ツチヤの口車   土屋賢二
いまなんつった?   宮藤官九郎
パンタレイ パングロス   福岡伸一
考えるヒット   近田春夫
人生エロエロ   みうらじゅん
川柳のらりくらり   柳家喬太郎
言霊USA   町山智浩
この味   平松洋子
時々砲弾   宮崎哲弥
ヘンな食べもの   高野秀行
0(ゼロ)から学ぶ「日本史」講義   出口治明
週刊藝人春秋Diary   水道橋博士
人生論ノート   万城目学


フィデル!   海堂 尊
ラストライン   堂場瞬一


司馬遼太郎 漫画化第二弾 新選組血風録 芹沢鴨の暗殺   森 秀樹


阿川佐和子のこの人に会いたい   前橋灯子
新・家の履歴書   鶴橋康夫



文春図書館
『老いぼれ記者魂』   早瀬圭一
『グッバイ、レニングラード』   小林文乃
私の読書日記   穂村 弘
著者は語る   ダニエル・ゴールデン
文庫本を狙え!   坪内祐三
ミステリーレビュー   千街晶之
マンガホニャララ   ブルボン小林
ベストセラー解剖/新刊推薦文


見もの聞きもの
テレビ健康診断   青木るえか
尾木のママで   尾木直樹
木曜邦画劇場   春日太一
シネマドリフター   松江哲明
クローズアップ   寺島しのぶ
シネマチャート/DVD/ピックアップ


マンガ
タンマ君   東海林さだお
沢村さん家のこんな毎日   益田ミリ
日々我人間   桜 玉吉
てこずるパズル/ぶらりわが街[離島編]/淑女の雑誌から
この人のスケジュール表   ダイアン・キートン、渡辺正行、安齋 肇
伊藤理佐のおんなの窓/読者より/表紙はうたう(和田 誠)