ニュースが好き

政治でも経済でもアニメでもニュースなものが好きです。

★籠池氏「首相から100万円」 参院予算委調査に説明 ほか

朝日新聞デジタル 3/16(木)
 学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地払い下げ問題をめぐる参院予算委員会の16日の現地調査で、籠池泰典理事長への聞き取り調査を終えた舟山康江氏(民進)は記者団に「(籠池氏が)安倍(晋三)首相から、夫人を通して100万円をもらった、と語った。時期は2015年9月ごろ」と説明した。


  現地調査では、山本一太委員長ら11人が学園が開校をめざしていた大阪府豊中市の小学校建設現場も視察した。敷地内では、籠池氏の案内を受けた。


  学園や籠池氏について、首相は国会で「私や妻が(国有地売却や学校認可に)関係していたことになれば首相も国会議員も辞める」(2月17日の衆院予算委)、「複数の中でお目にかかったかもしれないが、少人数ではない。個人的な関係は全くない」(同28日の参院予算委)と答弁している。




(参考)
渡邉哲也ツイッターより


渡邉哲也


3/16
永田メール事件の二の舞になりそうだなぁ


考えられるシナリオとしては、政治家はパーティなどで誰とでも会いますから、総理が支援していると総理の名前を利用して勝手に金集めした。それをみずから吹聴して、役人たちに無言の圧力をかけた。色々な事が明らかになり、過去の自分の吹聴した内容にすりあわせですかね?


永田町にはその類の人が山ほどいる。ゴロがゴロゴロしている。
(菅野完が犯罪歴のある元しばき隊のゴロ)


合理的に考えられるシナリオはK氏が総理は100万円寄付してくれたと周りに吹聴し、第三者にそれ以上の寄付を求めた というもの  
寄付を受けたい話しが嘘と認めると詐欺になり、お金を返さなくてはいけなくなる


今もよく投資詐欺に使われる手口 RT @reenpop: 昭和の頃は「カタリ」と呼ばれた詐欺


メディアの劣化も酷いなぁ 裏づけが取れていない話を平気でながすんだから、裏どりは基本ですよね



3/16 あるツイッター
55日間森友学園で法案63本が止まってる。これで良いのか?


3/16民進党
「安倍総理から森友学園への寄付・・が明らかになった」という記述は根拠不十分であり、蓮舫代表の記者会見での実際の発言とも異なるものでした。誤解を招く表現となったことを深くおわびし、この部分を取り消します。


3/16
詐話氏のおっちゃんと愉快な仲間たち はしごは登らせてから外すもの 地で行っているよなぁ


3/16
菅野完
日テレ、TBS、フジ、テレ朝は、これまで散々、人の時間を奪い、人のネタを使い、クレジットさえ入れず自分の番組を構成してたのに、俺が抜いたら、今度は、「怪しげなフリージャーナリスト」扱いかよw
 お前ら、これまで、「怪しげなフリージャーナリスト」のネタで銭儲けしとったんや


3/17
メディア 少しづつ路線修正はじめてますね。すべて篭池氏に押しつけるんでしょうね。
発言を報じただけ と、、、下手な報じ方形すると役員クラスのクビか飛ぶわけで、、はじご登ったジャーナリスト 過去攫われたら なんで信じたと言う話になってしまう


3/17(あるツイッター)
国会では100万寄付したとかで野党が騒いでるが社民党の福島瑞穂に至っては傷害罪等で公判中の容疑者に1350万円を貢いでる、社民党沖縄県連も合計1345万も献金、反社会的勢力に国政政党がこんな巨額の献金をしてることは問題ではないのか?この献金の出どころは政党交付金なら問題だぞ。


3/17
「安倍総理は“証人喚問になってよかったよ“と言った」「100万円は森友学園内の処理だったのでは」ジャーナリスト山口敬之氏が激白(AbemaTIMES) - Yahoo!ニュース


3/17
トランプ大統領の「フェイクニュース」やネットの「もうひとつの真実(ポスト・トゥルース)」を批判していたマスコミが「チーム籠池の嘘(第二の永田メール)」を裏付け取材もせずに鵜呑みにして垂れ流し報道www既に稲田防衛大臣や佐川理財局長に関する籠池の話は嘘と判明www #チーム籠池


3/18
産経の援護射撃◾︎安倍政権が「爆弾発言」に反撃 籠池氏、カネ狙い自滅か…保守のはずが共産、民進と連携 - ZAKZAK



500円‏
金平茂紀「安倍首相が52回目の外遊で過去最多となります。22日に帰国した翌日には森友学園の籠池氏の証人喚問があります。本当に外遊してる場合なんでしょうか」←安倍首相が日本の国益を優先するのは当然だよ。籠池の嘘に構ってる暇ないよ。金平茂紀は馬鹿なのかwww #tbs #報道特集




で、
【森友学園】籠池氏証言「昨年10月稲田氏と会った」は誤報 赤旗が記事取消し
楊井人文  | 日本報道検証機構代表・弁護士
 3/18(土) 16:18
 


しんぶん赤旗2017年3月16日付1面
しんぶん赤旗3月18日付訂正記事。元の記事は1面肩で大きな扱いだったが、訂正記事は2面の隅の目立たない扱いだった。
 
森友学園問題をめぐり、日本共産党の機関紙「しんぶん赤旗」は、3月16日付1面に「籠池氏 ”昨年10月、稲田氏と会った” 本紙に証言 "感謝状"贈呈式で」と見出しをつけた記事を掲載し、籠池泰典氏=理事長退任を表明=と妻、詢子氏が同紙の取材で、昨年10月22日の防衛大臣感謝状の贈呈式で稲田朋美防衛相と会ったと証言したことを報じた。しかし、その後の取材で籠池氏が感謝状贈呈式に参加していなかったことがわかったとして、18日付同紙に「記事を取り消します」との訂正記事を掲載し、おわびした。赤旗は、籠池氏側が証言したこと自体は事実との認識を示しており、その通りであれば籠池氏側が事実と異なる証言をしていたことになる。


16日付記事は、籠池夫妻の証言を踏まえ、10年間ぐらい籠池氏と会ったことがないとしていた稲田防衛相の国会答弁の真実性が問われる、と指摘していた。しかし、核となる証言は「籠池氏と妻の詢子氏によると、『表彰のときに会って、(稲田氏は)”あっ籠池氏か”という感じだった』といいます」と書かれているだけで、取材が行われた日付は記されず、一問一答も掲載されていなかった。訂正記事でも「その後の取材で、籠池氏は感謝状贈呈式に参加していなかったことがわかりました。裏付け取材が不十分なまま出された記事でした」と説明しただけで、詳しい経緯や原因については明らかにしていない。


日本報道検証機構は、赤旗編集局に取材経緯について問い合わせたところ、担当記者の上司にあたる森下茂樹社会部長が取材に対応した。「担当記者が籠池夫妻に取材を行い、報道された趣旨の証言を得たこと自体は事実か」との質問に対し、森下氏は「そうです」と答え、記事が捏造された可能性は否定した。


ただ、籠池氏らが実際にどのように取材で答えていたかは記事の文面上、必ずしも明確でない。森下氏は、実際に取材を行った日や、籠池氏と妻の詢子氏のどちらが「表彰のときに会って、”あっ籠池氏か”という感じだった」と語ったのかといった疑問点については「記事で書かれている以上のことは明らかにできない」との答えにとどめ、詳細な説明はしなかった。


問題の記事は当初、赤旗のホームページにも掲載されていたが、現在は削除された。日本共産党の志位和夫委員長も自身のツイッターの投稿で記事を引用していたが、削除されている。同党・同紙は18日午後3時現在、ウェブサイトやツイッターの公式アカウントで、誤報や記事取り消しの事実について何も説明していない。


籠池夫妻が経営する森友学園をめぐっては、小学校新設手続きで金額が異なる三つの工事請負契約書を提出していたことが判明したほか、提出資料に籠池氏の経歴など複数の点で事実と異なる記述があるといった問題が指摘され、赤旗もこうした疑惑を報道していた。衆参両院の予算委員会は3月23日に籠池氏の証人喚問を行うことを決めている。


削除された記事全文(3月16日付しんぶん赤旗掲載)
 “昨年10月、稲田氏と会った” 籠池氏 本紙に証言 “感謝状”贈呈式で


学校法人「森友学園」(大阪市)の籠池泰典理事長とその妻は、本紙の取材に対し、昨年10月に稲田朋美防衛相と防衛大臣感謝状の贈呈式で会ったと証言しました。稲田氏は、籠池氏と「10年間ぐらい、お会いしたこともお話をしたこともない」(参院予算委員会、8日)としていますが、答弁の真実性が問われます。


防衛大臣感謝状の贈呈式は2016年10月22日。籠池氏と妻の諄子氏によると、「表彰のときに会って、(稲田氏は)“あっ籠池氏か”という感じだった」といいます。


防衛省によると感謝状は、「防衛基盤の育成と自衛隊員の士気高揚に貢献」したとして、籠池氏含め個人56人に贈りました。同省ホームページによると、贈呈者は「防衛大臣」となっています。


「防衛ホーム新聞」(16年11月1日付)は、稲田氏が「受賞者席を周り、『ありがとうございます』と言葉を添えて一人ひとりに感謝状を手渡した」と報じています。


籠池氏はまた、稲田氏が05年9月に議員になった後に、「一対一ではないが、幼児教育団体の(会合でも)会った」と語っています。


籠池夫妻は07年に、稲田氏の資金管理団体「ともみ組」に、計1万2千円を献金しています。


籠池氏への取材は、諄子氏と弁護士の同席のもとで行いました