ニュースが好き

政治でも経済でもアニメでもニュースなものが好きです。

★3/8 森友学園問題点はここ・豊洲市場問題都議会自民党の踏み絵とは?」山村明義のウワサの深層 かしわもち【チャンネルくらら】


3/8 「森友学園問題~財務省は安倍総理の敵?味方!?
・豊洲市場問題都議会自民党の踏み絵とは?」
山村明義のウワサの深層 かしわもち【チャンネルくらら】









(これも森友学園に詳しい)


丸山穂高氏




森友学園の問題の本質
①土地評価が9億円であるが、8億円まけられ、1億円で売られた。なぜ(安くなったのか)ということ。
②安倍総理の奥さんの名前や政治家の名前もあって、もしかして口利きがあったのではという疑念。
おおまかにいえばこの2つ。


(問題の土地になぜ大阪航空局(国交省)が…ですが。
 もともとは伊丹空港の騒音問題で大阪航空局が買い集めた土地・緩衝帯である。(普天間みたいな)
 しかし航空機の性能が良くなり、で、払い下げとなった。大阪航空局が売主です。)


(民進党や共産党は論点ズレまくりの質問ばかり…)
で、こうした質問で本質論追及にならないと、しびれを切らした維新の足立、丸山議員が予算委員会で質問した。


足立議員の場合
土地価格の算定につき、もとは「ゴミが埋まっているのを考慮しない」という話だった。(⇒算定は9億円になりますね)
 しかし不動産鑑定書は「ゴミが埋まっている」のを含めたものだった。(⇒算定は1億円になります)
  
 それで近畿財務局が圧力かけたのでは、その裏に政治家がいるのではという疑念。


鑑定は通常、不動産鑑定士がゴミを含めて「1億円です」となるはずだが、
  今回は9億円に、大阪航空局の(ゴミ含め)積算が入っている不思議なパターン。
通常なら(当事者たる)売主が積算したらあかんやろ。
なぜこうなったかというと大阪航空局は早く売っちゃいたい。代金は財務省(近畿財務局)に入る。


  もうひとつ。
  払い下げは単に売買一回で終了すれば話はそこまでとなるわけだが、今回森友側にはお金がなかった。
で、「しばらくは賃貸借、将来は買ってね」という契約。これはハイブリッド契約でスペシャルな契約。



まとめると
①土地の査定を第三者機関に依頼しなかった
②森友学園に有益な賃貸借


和田
「昭恵さんは、よほど背後関係がおかしくなければ『いいわよ』という人。」
「(土地査定問題は)昭恵夫人が動いたからどうこうなる問題ではない」



和田政宗ツイッター


気になったものを抜粋
森友学園の国有地取得について論点整理をしたい①。まず、政府答弁にもあるが法律上は何ら問題はない。では、明確な説明が必要な部分はどこか。野党側はごちゃ混ぜにあれもこれも疑惑だ問題だと追及するが、明確な説明が必要なのはただ1点。・・・


森友の国有地取得の論点整理②。国が積算したごみ撤去費用8億円は、明確な国の基準と計算式があり、これまでも他の公共工事で同様の計算法が使われている。恣意的な計算が入り込む余地はない。野党は総理夫人が名誉校長だったことで、役所が忖度し費用を増額したのではと言うがそれ位で役所は動かない


森友の論点整理③。近畿財務局が、ごみ撤去費用の算出を調査会社に依頼しなかった点。新たにごみが見つかったのが去年3月。開校が1年後に迫る中、調査会社に一般競争入札をかけ依頼をすれば、入札公告~報告まで数ヶ月が必要になり工事が間に合わない可能性が強く、国で積算基準に基づき計算を行った


森友の国有地取得の論点整理④。近畿財務局が、地下のごみの撤去費用の算出を外部の調査会社やコンサルタントになぜ依頼しなかったのか、できなかったのかという点については国民の皆様にあまり伝わっておらず、明確かつ丁寧な説明がさらに求められる。


3/6
10万回超再生の「報道特注(右)」。最新版アップ。今回は森友学園の国有地取得、過去の朝鮮学校や朝日新聞への国有地払い下げ問題、いつまでも核心に辿り着かない民進の堂々巡り質問をトーク。レギュラーに加え丸山穂高衆院議員(維新)がゲスト


3/7
インターネットTV「Abema prime」に出演。テーマは、被災地の巨大防潮堤問題です


参院本会議で「北朝鮮による弾道ミサイル発射に抗議する決議」が可決。決議を受け総理が所信表明で拉致問題に言及すると、民進から「そこは聞いてない」等ひどいヤジ。決議には拉致問題の早急な解決が盛り込まれている。しかもその後の質疑で民進・古賀氏が拉致問題への取り組みを質問。なんだこりゃ~


★(別)
【教育勅語は「基本的人権を損ない、国際信義に疑いを残す」として1948年に衆参両院で排除と失効確認が決議された。稲田氏に対し、資質を問う声が上がる可能性がある】毎日新聞の光田宗義記者は、《フェイクニュース》垂れ流しなのですね→
荻上チキ‏
教育勅語でいじめが減るだの道徳が身につくだのと言っている人は、戦時下のいじめや差別の実態を知らなすぎる。軍人勅諭の理念に基づき「上官の命令は陛下の命令だ」と理不尽な罰直も蔓延。このあたりは遠くないうちに本にまとめる予定で、膨大な資料と毎日格闘中です…。


3/8
稲田防衛相。教育勅語の質問への答弁。毎日新聞の記事は全く勉強不足。過去の国会審議を見てない。毎日は「資質を問う声が上がる可能性がある」と述べるが、過去の私の国会質問で、 教育勅語の精神を教育現場で使っても差し支えないと答弁が出ている





足立康史ツイッター
気になったものを抜粋


築地にも基準値2倍のヒ素 都は公表見送っていた(テレビ朝日系(ANN))

公表義務がないなら問題ないが、真の問題は、築地市場と豊洲市場に係る東京都の二重基準だ。民進党と同じ悪徳。


二重国籍をめぐる蓮舫の嘘と放送局の闇(足立議員の質問)
2017年03月08日 06:01
八幡 和郎

昨日の衆議院総務委員会で足立康史さんが質問に立ちました。一昨年と昨年の積み残し案件の棚卸しをするとして、なかなか面白いことをいってました。


もっとも、その前に、民進党の圧力で議事録から「アホ」などの発言が削除されたことについて、過去に野党議員からされた同様ないしそれ以上の品の悪い発言が許されたままであることとのアンバランスについての不当性の指摘があり、それは、それで誠にもっともなので足立氏に分があるのですが、それは、アゴラにでも書いてくれたほうがいいので、本題の時間が少し足らなかったのは残念です。


足立氏の指摘は、放送人のモラルとからめて(総務委員会だから関連づける必要があります)、蓮舫代表が、朝日新聞紙上で「中国国籍の在日として」と朝日新聞のインタビューで語ったことと、日本以外の国籍があったままだとは夢にも思わなかったようなことを、二重国籍完全発覚のまえにフェイスブックで書いたことと、どっちかが嘘だからどっちにしても蓮舫代表は嘘つきだというような趣旨でした。


それに対して、高市総務相も、役人の書いた逃げの答弁を読み上げるだけでなく、もう少し政治家として気の利いたことを言って欲しかった気はしました。


しかし、もうひとつの、放送法についての指摘は鋭く大問題を指摘したもので、これはこれからも議論してしかるべき対応をして欲しいところなのです。


放送法の第93条は、基幹放送事業者(テレビ・ラジオ局)は、日本国籍を有しない人、外国政府又はその代表者、外国の法人又は団体が特定役員であるもの又はこれらの者がその議決権の五分の一以上を占めてはならないとしている。


このために、フジテレビや日本テレビは外国株主が20%を超えているが、議決権のない株主が含まれているので、なんとか基準をクリアしている。


それに対して、取締役や理事などについては、一人でも日本国籍を有しない者がいてはダメなのだが、二重国籍者はどうかという問題がある。


これについて総務省は、日本国籍を有しない者としているのだから、二重国籍者はこれに当てはまらないといっているのだが、これは、それで済ませられないのではないか。


そもそも、22歳以上で二重国籍であることは、国籍法が想定していない状態である。


その意味で公職選挙法で二重国籍を排除していないのも、そもそもは、そんな悪い人はいないという前提だと思うが、国籍を要求しているのは、資格要件としてであるから、好ましくないにせよ、二重国籍だから排除するのは、立法論の問題である(経歴詐称は別問題)。


しかし、放送法で国籍を要求しているのは、明らかに、外国人が日本の国益に反するように放送局を牛耳ることを排除するためである。


かつて、私は通商産業省で外資法という法律を所管する部局にいたことがあるが、そこでもそういう趣旨で外国人の出資を認めない業種のひとつになっていた。


そういう趣旨に鑑みれば、国会議員の場合と違って、外国の国籍を持つ者を排除することが本来の立法趣旨であって、二重国籍者もそれに含めるという趣旨に「解釈」することすら可能であるようにも思う。少なくとも、排除しないと、立法趣旨にあわないのではないか。


そのあたりは、総務省の条文だけを示してさらりと逃げた答弁は不適切であろうし、ぜひ、足立氏にはより突っ込んだ質問を別の機会にして欲しいし、他の議員ももおんだいいしこいをしっかりもって議論して欲しいと思う。


それから、ここで外国人が排除されているのは役員についてだけだが、それは役員が放送内容が日本の国益を害することのないようにコントロールできるという前提にたっているとしか解釈しようがない。


だとすれば、現在、きちんと、そのあたり国益に反する放送内容になっていないか、チェック体制がどうなっているか議論されてしかるべきなのでないかと思う。


もちろん、外国の立場を擁護してはいけないとかそういうことではない。ものごとの規制は過度であってはいけないが、ただ、そういう国益保護の観点が必要な程度にはされなければならないはずということだ。あくまでも、総合的に判断すべき問題であることを確認しておきたい。


また、あらためて、二重国籍の問題について「蓮舫『二重国籍』のデタラメ」(飛鳥新社)では、蓮舫さんのことだけでなく、二重国籍問題を根本に遡っていろいろと考えていただくためのヒントになる情報を、初歩の初歩から懇切丁寧に解説してある。まだ読んでおられない方は、ぜひとも、読んでいただき、また、読むようにおすすめいただきたいと思っている。



★★週刊新潮(3/9)&週刊文春(3/9)見出し
◆週刊新潮 2017年3月9日号
(木曜日発売)400円(税込)

国有地を9割引き! 幼稚園児に反中反韓教育! 校庭に産廃を埋め戻し!
 森友学園「ドアホ理事長」と交わった「安倍昭恵」
だから摂政もダメ! 公務減もダメだった!
 陛下の「生前退位」ご真意は「皇太子が……」
 天皇陛下が生前退位への思いを明かされてから半年。57歳の誕生日を迎えられた皇太子さまは、この熟慮について初めて感想を述べられた。しかし陛下に近しい人々が拝察した本懐は、まさにそのご次代にまつわるご憂慮で――


「声」欄100周年でも「朝日新聞」がひた隠しにした戦時中の「声」
銀座クラブではホステスが嘆息! 吉原ソープも盛況ならず!
 「プレ金」が馬鹿馬鹿しいと感じたら正常な大人
【ワイド】春の嵐おさまらず
(1)バッジ半年でも政策秘書が決まらない「今井絵理子」の“議員病”
(2)『情熱大陸』プロデューサーが「吉田沙保里」に下卑た暴言
 (3)WBC侍ジャパンにキューバの快刀乱麻が斬りかかる
(4)かくも長き不在「谷垣前幹事長」苦悶の朝げ
(5)入籍10日以内で夫が昇天する「死神美熟女」
 (6)女性飼育員の気道に牙が達した「ライオン・ナナ」“野生の証明”
(7)「米倉涼子」もさじを投げる『ドクターX』テレ朝制作部長の“病気”
(8)側近「萩生田光一」官房副長官が「安倍総理」の本音を暴露した
(9)「吉田拓郎を紹介しろ」出たがり親父が「菅田将暉」を悩ます
(10)部員10人で甲子園「不来方高校」必見の超攻撃型スタイル
(11)家電俳優「細川茂樹」パワハラモードにスイッチオン!


「櫻井翔」熱愛で持ち上がる「松潤」不仲説を追え
平成の色男「石田純一」と流行りの「相席屋」に行ってみた!


■■■ コラム ■■■
日本ルネッサンス/櫻井よしこ
変見自在/高山正之
TVふうーん録/吉田 潮
 十字路が見える/北方謙三
この連載はミスリードです/中川淳一郎
 生き抜くヒント!/五木寛之
だんだん蜜味/壇 蜜
スジ論 わたしのルールブック/坂上 忍
 国際問題 鳥の目 虫の目 魚の目/宮家邦彦
 「佳く生きる」ための処方箋/天野 篤
おっぱいがほしい! 「男」の子育て日記/樋口毅宏
マネーの魔術史 なぜ人はだまされ続けるのか/野口悠紀雄
 冒険ゴルフ/倉本昌弘
 週刊「山猫」ツメ研ぎ通信/三浦瑠麗
 科学探偵タケウチに訊く!/竹内 薫
 気になる一手/渡辺 明・吉原由香里
 私の週間食卓日記/鶴見辰吾
 管見妄語/藤原正彦
 週刊鳥頭ニュース/佐藤 優・西原理恵子


■■■ テンポ ■■■
   ▼テレビジョン/「直虎」見るなら「柴咲コウ」より「阿部サダヲ」
▼ロビー/もう一つの争点「受動喫煙」問題で自民“煙族”の怪奇炎
▼ビジネス/“ホワイト企業”リストに「東レ」の名がない“天下の一大事”
▼オーバーシーズ/北朝鮮“弾道弾”に手を焼く「習近平」窮余の一手
▼スポーツ/日本選手は蚊帳の外でも「東京マラソン」“世界記録”戦略
▼エンターテインメント/痛い! イタいなぁ三味線漫談「泰葉」木戸銭3000円也
▼スクリーン/坂上みき『おとなの事情』
▼グルメ/麻婆豆腐は外せない 渋谷「スーツァンレストラン陳」
▼マイオンリー/久野知美「鉄道ネイル」
▼タウン/隅田川べりにお引越し「社民党本部」トホホな視界
Bookwormの読書万巻 成毛 眞


▼新々句歌歳時記(嵐山光三郎・俵 万智)
▼結婚 ▼墓碑銘 ▼ガイド
▼文殊のストレッチ ▼東京情報
▼オリンピック・トリビア!(吹浦忠正) ▼掲示板


■■■ 小 説 ■■■
この世の春/宮部みゆき
 ヒトごろし/京極夏彦
 染着/貴志祐介
 
黒い報告書/蓮見圭一


■■■ グラビア ■■■
・続・蒼穹から名建築
・優越感具現化カタログ【特別編】
・水村山郭不動産
・コウケンテツの健康ごはん塾



◆   ◆
週刊文春2017年3月9日号
2017年3月2日 発売 / 定価400円(税込)

 安倍晋三記念小学校 “口利き”したのは私です/
 石原都政“最大の汚点”血税1000億円が消えた新銀行東京「癒着リスト」


週刊文春3月9日号 
 国有地「8億円値引き」キーマン実名初告白
 安倍晋三記念小学校
“口利き”したのは私です


私は安倍晋三事務所にボランティアとして出入りしていた。第二次政権前には安倍さんとも食事した。その後「鳩山邦夫事務所 参与」の名刺を持ち、近畿財務局を訪問。我が子も通う予定の“安倍小学校”について統括国有財産管理官に説明し、こう告げた。「よしなにして下さい」──。


石原都政“最大の汚点”
血税1000億円が消えた
新銀行東京「癒着リスト」


▼設立のきっかけは長男・伸晃の助言 ▼「口利きこそ政治家の仕事」慎太郎逆ギレ ▼ドン内田「知事の道楽が1000億円なら安いもんだ」 ▼小池知事が注目「発案責任」を問う住民監査請求が迫る


【財界人連続直撃】
 「トランプにNOと言えるか?」
 経団連 榊原会長、サントリー 新浪社長、楽天 三木谷会長…


NHK内部資料「強欲徴収マニュアル」入手


ワイド特集 ス・ス・スクープ
櫻井翔 小川彩佳めでたさも中くらいな“エリート熱愛”
金正男暗殺 北朝鮮に一歩も引かないマレーシア警察の“凄腕”
新ゲス不倫 清水富美加をダマした“嘘つきカナブーン”
仲間由紀恵 井川遥 中山美穂…嵐・相葉月9共演陣がムダに豪華
“コシノジュンコ公認芸人”ブルゾンちえみって何者?
 新庄剛志「しくじり先生」で語らなかった“金とバリの日々”
超低額ギャラに難色 孤独のグルメ松重豊に降板のウワサ
小金井ストーカー岩埼友宏に捜査員が「アイツはまたやる」
 朝5時まで違法撮影 WOWOWドラマ「天才子役」号泣現場
 薄氷のキムタクを支える“髪ってる男”浅野忠信
 政治部長も! 社会部長も! 毎日新聞“女性活躍”の旗振り役


ドロ沼不倫から5年
 岡田准一(36)宮﨑あおい(31)が結婚へ


THIS WEEK
政治 「抵抗勢力」潰し 小泉進次郎が挑む農協制圧
 経済 ユニクロ潜入記者が見たヤマト物流崩壊
 社会 任天堂“最強の法務”がマリカー社を提訴
 国際 トランプ核戦力増強宣言 米国世論の本音
スポーツ 海外メディア驚愕 錦織ラケット破壊事件
 芸能 倖田來未はなぜパチンコ業界でウケる?
 新聞不信・食味探検隊


グラビア
原色美女図鑑   玉城ティナ
三浦知良「50、60、よろこんで!」
WBC直前 青木宣親独占インタビュー
野球の言葉学   小久保裕紀(侍ジャパン監督)
 飯島勲の激辛インテリジェンス(181)


生前退位、愛子さま激やせ、雅子さま不在…
皇太子57歳誕生日“孤独な抵抗”


亡くなったら約20万円で直接火葬場へ
「直葬」という選択


カフェインや抗酸化成分が有効
コーヒーで「認知症」予防!
●毎日3~5杯を習慣化 ●深煎りはしない ●糖尿病・脳卒中にも効く ほか


連載
 夜ふけのなわとび   林真理子
 本音を申せば   小林信彦
 悩むが花   伊集院静
そこからですか!?   池上 彰
ツチヤの口車   土屋賢二
いまなんつった?   宮藤官九郎
パンタレイ パングロス   福岡伸一
 考えるヒット   近田春夫
 人生エロエロ   みうらじゅん
川柳のらりくらり   柳家喬太郎
 言霊USA   町山智浩
この味   平松洋子
 時々砲弾   宮崎哲弥
 尾木のママで   尾木直樹
ヘンな食べもの   高野秀行
0(ゼロ)から学ぶ「日本史」講義   出口治明
 泥濘   黒川博行
ミルク・アンド・ハニー   村山由佳
コルトM1847羽衣   月村了衛
 阿川佐和子のこの人に会いたい   恩田 陸
 新・家の履歴書   三枝成彰


文春図書館
 『さあ、見張りを立てよ』   ハーパー・リー
『対岸へ。』   ダイアナ・ナイアド
著者は語る   田中圭一
 私の読書日記   立花 隆
 文庫本を狙え!   坪内祐三
ミステリーレビュー   千街晶之
マンガホニャララ   ブルボン小林
ベストセラー解剖/新刊推薦文


見もの聞きもの
 テレビ健康診断   戸部田 誠(てれびのスキマ)
 言葉尻とらえ隊   能町みね子
 木曜邦画劇場   春日太一
シネマドリフター   松江哲明
クローズアップ   梶芽衣子
ヨコモレ通信   辛酸なめ子
アプリ俺   上田裕資
シネマチャート/DVD


マンガ
 タンマ君   東海林さだお
沢村さん家のこんな毎日   益田ミリ
日々我人間   桜 玉吉
てこずるパズル/ぶらりわが街[離島編]/淑女の雑誌から
 この人のスケジュール表   葉室 麟、徳永京子、坂上 遼
 伊藤理佐のおんなの窓/読者より/表紙はうたう(和田誠)













原真人 三橋貴明 佐藤優 藤井厳喜 木村太郎 宮崎哲弥 上念司 片岡剛士 孫崎享 鈴木哲夫 須田慎一郎 富坂聰 宮家邦彦
 大谷昭宏 三浦瑠麗 吉崎達彦 二木啓孝 伊藤惇夫 江崎道朗 有本香 長谷川幸洋 青山繁晴 河添恵子 福島香織 上杉隆
 奥山真司 KAZUYA 高橋洋一 山口敬之 馬渕睦夫 飯田泰之 渡邉哲也 井上和彦 アーサー・ビナード 橋下徹 手嶋龍一 高橋和夫
モーリー・ロバートソン ケントギルバート 山本秀也 青木理 百田尚樹 宮崎正弘
 書き起こし 文字起こし メモ