ニュースが好き

政治でも経済でもアニメでもニュースなものが好きです。

★3/4池上彰のニュースそうだったのか!と個人的な一部ギモン点

はじめに
(管理人より)
池上彰氏の番組を見る場合の留意点&情報リテラシー

①池上氏はNHKのこどもニュース以来、視聴者にわかりやすく解説しようという努力、心がけは素晴らしいし、ここは他の解説者も見習う点はいまだに多いはず。
②昔の池上特番などはバイアスがあまり感じられず、よい番組が多かったように思う。(池上彰 現代史講義などはその典型。)
③ところが、最近の池上特番は、バイアスが強すぎる。
 どんなバイアスかというと、反トランプ、親中国的。
  下記、かしわもち氏の解説から察するに、古館プロジェクト(報道ステーション古館を支えていたチーム)が池上特番のスタッフになったと考えると合点がいく面がある




以上を踏まえていただいたうえで…



★  ★  ★


(参考)
またまた、トランプたたきと(中国すごい)のオンパレード


世界平和につき アメリカ「国連にお金を出さない?」 中国「核なき世界」
軍事につき   アメリカ「世界の警察をやめる」   中国「宇宙開発」
環境      アメリカ「温暖化はウソ、石炭産業復活」中国「CO2削減」
お金儲け    アメリカ「TPP離脱」         中国「新しい貿易グループ」

なにも説明とかなく、あんまり外交に興味がない人が、このフリップだけを見た場合どう思うだろうか。
たぶんアメリカは変な国、中国は素晴らしい国みたいにみえるんじゃないだろうか。


日本はどう動くべきか。
池上「トランプ大統領になってから、アメリカと中国の立場が大きく変わってきているようです」
お笑いの人…いろいろいってるが、ドーンと文字で出たのは「中国はいいことをしている」。
麒麟…、ドーンと文字で出たのは「アメリカはいってることが過激」。


世界の警察
 アメリカがやめたら世界の秩序は?
 一方中国は…「国連に世界平和をアピール」
  「年々軍事費も増加 事実上の一党独裁」…(はじめて中国批判が出てきました。)
  「世界の警察になるにはちょっと不安?」…

ちょっと不安? 絶対アウトです。ウイグルチベット問題や、赤サンゴ事件などに言及すべき)



池上「お金を出してまでよその国を守ることはないだろう」
=アメリカファースト…視聴者から批判がきたのか今回初めて?オバマのときから言っていたことに言及しましたが、(これまでの池上番組ではあたかもトランプからいい始めたイメージの作り方)…


 トランプはお金に厳しいビジネスマン


   ⇒実は解説が必要な部分が欠けている
 欠けている部分は
「なぜオバマは『お金を出してまでよその国を守ることはないだろう』(アメリカファースト)といいはじめたのか。その背景」
「トランプとオバマが『お金を出してまでよその国を守ることはないだろう』の理由が同じか違うか。」
  
この番組ではトランプはお金に厳しいビジネスマンだから、『お金を出してまでよその国を守ることはないだろう』というイメージ作りをしていますが、管理人が理解する限り、トランプとオバマも『お金を出してまでよその国を守ることはないだろう』の理由は同じとみています。
理由は『たとえば、アフリカの南スーダン。あそこってアメリカの勢力範囲というより欧州の勢力範囲だよね。でも国連軍PKOといって米軍が駆り出され、そこで米軍兵が死ぬなんてバカらしい。そんなところには米軍はいかせないよ』ってそんな感じ。お金に厳しいビジネスマンだからではありません。
      


「国連は問題解決しないで、生み出している」
 もし国連=正義みたいに思っている方がいたら、…情弱です。残念ですが。
  昔からですが、安保理で「アメリカがこれはダメでしょ。制裁です」といっても、ロシアや中国が拒否権発動。そんなのの繰り返し。
  たしかに国連=正義みたいな規律は設立当初はあった。
ところが月日が経ち、韓国潘基文が国連総長になってからボロボロ。
(この潘基文のヒドさは、青山繁晴氏がたまにコメントしたりする)
  加えて人権っていったって、中国や韓国なんかが、慰安婦でっち上げを国連を介しやっているわけです。
 だからトランプのいう「国連は問題解決しないで、生み出している」はあながち間違いはない。


池上「国連は安全と平和のため」
国連は国際連合ではありません、連合国です。
連合国の安全と平和のためがベースにあります。
  いまや効力のない敵国条項(日本・ドイツなど)がありますが、依然として敵国条項はあります。そこは説明しないと。
  


池上「(国連負担金は中国が日本に比べ少ないことにつき、)はるかに日本に比べ貧しいから」と一蹴。
 ロシアも同じです。
 ⇒だからアメリカに全然得がないから、出す気がないわけです。


ユネスコ 世界遺産…日本の遺産登録がよく中国や韓国から邪魔されます。
ユニセフ (どうしてもユニセフっていうと、日本ユニセフ(ユニセフとは別団体)のアグネスチャンを思い出してしまう)


トランプは見返りが欲しい!?
 拠出金に見合った分、アメリカの言い分を聞けと…これだけ聞くと「アメリカ(トランプ)は悪いやつだ」的に聞こえますが、見返りが欲しい態度にあるのは中国です。アメリカはそういう中国をみてきたから、「拠出金に見合った分、アメリカの言い分を聞け」となったわけです。


1つの国に投票権1票
 ソ連は違いました。3票です。


アメリカは国連やめる?池上「まあ、そこまでは…」
⇒トランプでなくても、将来はありえます。中国がいうこと聞かないから、国連を「いち抜けた」と。
 ポイントはアメリカが国連をやめることではありません。
アメリカはきっと、「アメリカ主導で新しい国連ぽいの作るから、自分の仲間になる国は手を挙げて。」といいます。
 そのとき日本はアメリカについていくでしょう。イギリスをはじめとするNATOも。
 で、残るはロシアと中国。でアメリカはロシアを入れるかもしれませんが、中国は…。



シリア紛争が大きく変わる。
説明ちょっと違うところ。ISはオバマが反政府応援をやめて、その残りから急に目立って出てきた連中。
 オバマの引き上げ&無関与が大問題。
 で、あんまり無秩序でマズイことになったため、オバマは一転米軍関与。無人機を利用しシリア・IS大量虐殺。そんなイメージです。
(アーサービナードは「オバマペテン」とかいってる)
(モーリーロバートソンはオバマ好き・反トランプなので、あまりこの辺はふれたがりません)
 トランプから紛争が活発化したのではありません。


で、トランプはシリアはロシアのもの、イラクはアメリカのものみたいに勢力分けを考えてるみたいです。


池上「トランプはシリアの人権問題に一言もふれたことがないですから」
(⇒おいおい。オバマは「アサドが化学兵器使ったらアメリカがたたきに行くぞ」みたいなことをいって「さすが人権派オバマだ!」と思っていて、アサドが化学兵器を使ったとき「それアメリカが制裁だ」となってたのに、行かなかった。その結果が、巡り巡ってのシリア・ISの大混乱でしょうが…池上氏はトランプたたきに都合のいいコメントばかりする)



中国 習近平
「核兵器は人類にとって危険な存在です」「全面的に禁止し処分しなければならない」「核なき世界を実現すべきです」
オバマ
「核なき世界」でノーベル賞


⇒オバマは「核なき世界」でノーベル賞を取ったが、やってることは「核すくなき世界」であることに注意すべき。
で、「核なき世界」と「核すくなき世界」は全然別物です。


(参考)
オバマはプリティフェイスとも揶揄されています。
使い方 She is just a pretty face. 顔が可愛いだけよ、中身は空っぽよ、というケナシ。日本語的には「あいつ、ええかっこしいや!」です。



⇒習近平の発言の部分が笑えた。


中国が世界の警察をやると日本が困る
 シーレーン
 アメリカではシェールガス、シェールオイルが出る。
 いつでもシーレーンが封鎖できる、石油が入ってこない。だからオイルショックになる可能性もある。

⇒いくつかミスリードがある。
 まず、シーレーンの封鎖は「石油が入ってこない」ではなく「遠回りになるからコスト高になる」です。では石油調達・エネルギー調達は難しいでしょうか。


 アメリカとロシアは日本に石油や天然ガスを売りたいのです。
 日本にはメタンハイドレート開発の可能性もあります。
 また、オイルショック的事態になれば、文句はありそうですが原発再稼働です。
備蓄もそこそこあります。


 なおシーレーン封鎖で一番困りそうなのは、韓国かもしれません・・・。




宇宙開発
 ここは正しい説明かと思う。中国は脅威 宇宙戦艦ヤマトでは反射衛星砲とか出てきたが…


「中国に守ってもらうとなると中国が(日本の)上にいきそうですね」
長嶋「そこまで日本はアメリカに依存していた。中国にギャーギャーいわれない日本を作ることが大切じゃなんいですか」

⇒一茂はいいこといってます。でも字で出されたのは「日本はアメリカに依存してた」だけ。一茂のいってるので重要な部分は「中国にギャーギャーいわれない日本を作ることが大切」なのにそこは字になっていません。




中国 「CO2削減に協力します」
  PM2.5 温暖化対策 パリ協定 
  

⇒(管理人より)
中国はCO2削減に協力できるかと問われれば、答えは「できる」の公算が高いです。
 でも理由は、技術開発して環境的にやるというプラスイメージではありません。
 中国の景気がガタオチしているので、自動的にCO2削減になるだろうです。
 中国のGDPは6.5%成長とかいわれているが、これ実態と大きく異なる可能性があるといわれています。
理由は鉛筆ナメナメの計画値をそのまま出すから(中国が高い経済成長と信じている人は残念ですが、情弱です)。
唯一信用できそうな輸入統計だったかがマイナス。輸入統計がマイナスの国は普通マイナス成長に近くなる。
6%ぐらいの嘘ついてるのかとなりそうで、そういうウソを何年積み重ねてきたかかが気になる。
ちなみに中国の外貨準備は300兆円ぐらいあるといわれているのに、確認できるのは米国債100兆円だけ。消えた200兆円は有名な話です。



トランプと中国 どちらとお金儲けしたいか。


TPPはヒラリーも反対を掲げていました。


RCEP 
RCEPの説明が非常にわかりにくい。


中国の経済は良くない
 鬼城(ゴーストマンション) 内モンゴル自治区 都市計画34億人分


どっちも嘘ばかり 
⇒いえ、中国が圧倒的にウソつきです。




森友の話
ファーストレディの立ち位置(谷口氏 太りすぎていて立つのが難渋?)
姜尚中 教育方針 教育勅語と儒教(なんかいろいろダラダラいって、中国韓国を遠ざけようとする内容とかいってるが、それは福沢諭吉の脱亜論に対する文句か?とにかくなにいってるのか正直わからない。)









原真人 三橋貴明 佐藤優 藤井厳喜 木村太郎 宮崎哲弥 上念司 片岡剛士 孫崎享 鈴木哲夫 須田慎一郎 富坂聰 宮家邦彦
 大谷昭宏 三浦瑠麗 吉崎達彦 二木啓孝 伊藤惇夫 江崎道朗 有本香 長谷川幸洋 青山繁晴 河添恵子 福島香織 上杉隆
 奥山真司 KAZUYA 高橋洋一 山口敬之 馬渕睦夫 飯田泰之 渡邉哲也 井上和彦 アーサー・ビナード 橋下徹 手嶋龍一 高橋和夫
モーリー・ロバートソン ケントギルバート 山本秀也 青木理 百田尚樹 宮崎正弘
 書き起こし 文字起こし メモ