ニュースが好き

政治でも経済でもアニメでもニュースなものが好きです。

★2/23【伊藤惇夫 x 野田佳彦】 くにまるジャパン &「民進党はなぜダメなのか?」【討論】


【伊藤惇夫 x 野田佳彦】 くにまるジャパン 極 2017年2月23日



パネリスト:
  岩田温(政治学者・大和大学政治経済学部専任講師)
  篠原常一郎(元民主党政策秘書・ジャーナリスト)
  土屋たかゆき(元東京都議会議員・元民主党)
  長尾たかし(衆議院議員)
  中津川博郷(元衆議院議員・元民主党)
  筆坂秀世(元参議院議員)
  吉田康一郎(元東京都議会議員・元民主党)




◆民進の辻元清美、玉木雄一郎両氏、国会サボって視察 予算委を無断欠席
産経新聞 2/22(水) 17:42配信
 民進党の辻元清美、玉木雄一郎両衆院議員が21日に開かれた衆院予算委員会の中央公聴会を“無断欠席”していたことが22日、分かった。公明党の赤羽一嘉理事が同日の予算委理事会で「いかがなものか。公聴会は大事で、国会を軽視している」と批判し、浜田靖一委員長も「指摘は重い」と述べた。


  辻元、玉木両氏は民進党が推薦した有識者も意見を陳述していた中央公聴会の開催中、大阪府豊中市の国有地が学校法人「森友学園」に売却された問題の「追及チーム」メンバーとして現地を視察していた。同僚議員による委員の差し替えもしていなかった。民進党国対幹部は「2人が手続きを怠ったのは、われわれのミスだ」と釈明した。


  もっとも、民進党は22日の予算委理事会では無断欠席の経緯を説明しなかった上、森友学園理事長の参考人招致を求めた。自民党国対幹部は「いつも『審議不十分』と与党を批判しているのに、政権批判のための出張を優先するのは矛盾している」と話している。





民進議員が女性「威圧」=防衛省に謝罪
 稲田朋美防衛相は21日の閣議後の記者会見で、民進党の後藤祐一衆院議員(神奈川16区)が防衛省の女性職員に対し威圧的言動をしたとして、抗議したことを明らかにした。稲田氏は「かなり脅迫、威圧的な言動があったと報告を受けている。あってはならないことだ」と批判した。後藤氏は同省に謝罪したという。


 稲田氏によると、女性職員は16日夜、衆院議員会館の後藤氏の事務所を訪れ、南スーダン国連平和維持活動(PKO)に参加している陸上自衛隊部隊の日報をめぐり防衛省の対応が混乱した問題について説明した。これに関し、後藤氏は21日、事務所で記者団に「机をたたいたり厳しい言い方をしたりしたのは事実だ。申し訳ないと思っている」と語った。民進党は後藤氏を厳重注意した。
 後藤氏は2015年6月、泥酔して東京都内の路上で警察官が駆け付ける騒ぎを起こしている。(2017/02/21-12:48)










おまけ