ニュースが好き

政治でも経済でもアニメでもニュースなものが好きです。

★「トランプ大統領就任」日本のメディアが無視した部分とは、馬渕睦夫



「トランプ大統領就任」日本メディアが無視した部分とは、馬渕睦夫
馬渕睦夫「和の国の明日を造る」第37回「トランプ大統領就任式典から何を学ぶべきか」


2017年1月22日付産経新聞、曽野綾子さん「米大統領選という教材」


大統領就任式は建国以来、前大統領から現大統領に替わる重要な儀式 
 日本のメディアのなかに、トランプ支持者だけが就任式に集まったような報じ方をしているところがある。違う。集まった人はアメリカ政治の原点を確かめに来た人たちです。


それに欠席した民主党の議員団がいる。60人~70人とか。こういう人は議員の資格がないと思う。自分の気に入らない人が大統領になったからといって、アメリカ政治の原点の儀式を欠席したということは、アメリカ政治の原点を受け継いでいないということです。そういうこと(欠席をしたことにかかるアメリカ政治の原点からの意味)をメディアは報じなければいけません。
ところが、日本のメディアは「議員が欠席した。いかにトランプが人気がないか」というトーンで報じた。


日本のメディアの悪意ある報道
 群衆を写した写真です。私は生中継をみていたからその写真の問題がすぐわかった。人が集まっていない写真をわざわざ示して、トランプ大統領はオバマ大統領のときに比べ、これだけしか集まらなかったと。
ところが、(トランプ側の写真は)就任式が始まる数時間前の写真なんですよ…




(参考)
 馬渕氏が指摘する写真が、就任式が始まる数時間前の写真なのか、それとも違うデモでのトリミング写真と勘違いしているかは、ちょっとわかりませんが、ハフィントンポストで指摘されている問題がありますからそれを紹介しておきます。

ハフィントンポスト(違うデモでのトリミング写真)


同記事内の写真では人のいないところをトリミングしていることが示されています。
ただ、その争いは横に置くとして、


「池上彰のトランプ大統領でニッポンはどうなるSP!?」では、
池上彰さんが、このトリミング写真らしきもの(違う写真かもしれません。ただ人の入り具合とかがとても似てるんです。⇒馬渕氏が指摘する就任式が始まる数時間前の写真かもしれませんし、実際当日の写真かもしれません)を利用し説明、同番組では、冒頭あたりからいきなりスカスカだと揶揄しています。


オバマ就任式に比べ、トランプ就任式に集まった人は明らかに少なかったようです。
スカスカだったかはわかりませんが、ただその状況を紹介するために使った写真がちょっと違う気がします。


なお、トランプ就任式に集まった人が少ないと批判が多いようですが、

(トランプ支持は都市部に少なく、田舎で多いとか。ワシントンDCなんてトランプ氏支持者なんてそもそも少ない。で。就任式に出かけるにしても遠いとやっぱりいかないじゃないですか。加えて、マドンナみたいな大物スターがこないなどの事情を考えると…そういうの割り引いてみないとね。)
 木村太郎氏はトランプは、あまり積極的に集めていないとかに言及していたと思います。


Mrサンデー。


あと就任演説の中身。
 メディアでは、トランプの演説は、品がないとか、アメリカファーストばかりとか、いろいろいわれますが、馬渕氏、高橋洋一氏、木村太郎氏、山口敬之氏あたりは、そんな変な演説じゃないみたいなことをいっています。