ニュースが好き

政治でも経済でもアニメでもニュースなものが好きです。

1/21 池上彰のニュースそうだったのか!! と個人的な一部ギモン点。


ドル高けん制
 ⇒なぜ池上氏は「ドル高けん制」だけしか説明しないのかがギモン。
  
本ブログ「討論4時間SP 田原総一朗」を参考にしていただくと、
http://hakusankuramitu.muragon.com/entry/707.html



  上念氏は
①保護貿易、
②プラザ合意(これがドル高けん制)
③FRBの金融政策を変える。(インフレ目標を上げる)
 があり、上念氏の見立てでは③とのこと。

  (間違えたらごめんみたいなことをいってます。)


 結果として②「ドル高けん制」になるかもしれない。
でもそういうあたりはずれをいうんじゃなく、
 池上氏には「①②③の方策があるが、私は②が起きたら怖いと思います。可能性は●%…」みたいな説明がしてほしいのです。


(「ドル高けん制」だけしか言及できなかった理由として考えられるのは、
  ㋑ある意図をもって言わなかった
  ㋺知らなかった。
 ということが考えられるが、
たぶん池上氏のこれまでの言動から類推するに㋺「知らなかった」と思われる。
(スタッフのレベルが低い、あるいはヒアリングした経済学者のレベルが低いとかもあり得る…こんな話を金子勝氏に聞きにいったらアウトです。経済学部教授っていってもマルクス経済ですから)


中国 為替操作国認定。
 ⇒中国は為替操作してるんじゃないの。だったらお仕置きされても仕方ないが。
 ちなみに為替介入が容認できる場合とそうでない場合がある。
 容認できる場合
  急激な変動で行き過ぎがみられるため、冷や水を浴びせる。
  (実は先日ブレグジットで急速かつ強烈な円高が生じたが、あのときでもオバマ政権の誰だったか忘れたが為替介入が云々って、けん制されたためか結局、日本は為替介入しなかった。財務省に対し、ここで介入しなくていつ介入するの批判がされたほか、オバマ政権って、そういう日本に嫌がらせをする政権でした。)



トヨタや米企業が名指しされ、「妥協していってますよね。」の発言。
→(⇒佐藤優氏の見方参照)
妥協みたいにみえるが、企業からすると「アメリカはこれから景気が良くなる」とわかっているから、本当はアメリカに投資したらいいわけです。
 で、トランプにいわれてから投資をするか、それともソフトバンクみたいに先手を打って投資をするかの違いだと思うが。


中東の話…佐藤優氏の説明と概ね同じ。
 ⇒池上氏よりも佐藤優氏が詳しい。



台湾 遼寧 高い技術を見せつけ…のところ。
→果たして、中国の高い技術をみせつけたのか。
遼寧自身が空母として古い型。ジャンプ台型は古い。
向かい風を作り出す速度が常時確保できるか。
カタパルトは自前?北欧技術。
戦闘機の下に爆弾とか積んでいない。(軽量化のため?実戦不向き)



したがって、遼寧を出したことは失敗だという評価もある。


成否がわかるのは米空母カールビンソンが南シナ海に行った後でも、遼寧が同じ行動がとれるかどうか。もし取れなければ失敗評価も。


「軽はずみ」
  計算ずくと思うが…。


「トランプ大統領になると軍を動かすことができるんですよね。一瞬で戦争になる可能性もあるんですよね。」
 → 「悪いのは原因を作った中国」という観点が抜けている気がする。


「(トランプはビジネスマンだから)戦争は(アメリカの)利益になるかどうかで判断しますよね」
→ アメリカが戦争(紛争)するかどうかは国益になるかどうかで判断するという論理は理解できる。しかし、「トランプはビジネスマンだからは国益になるかどうかで判断する」という論理は間違えている気がする。
正しくは、「オバマであろうがヒラリーであろうが、トランプであろうが、国益になるかどうかで判断する」では?


 ちなみに南シナ海、東シナ海の制海は、アメリカの国益になるため、問題があれば紛争になる可能性とはいわれている。


 もうひとつ。戦争と小競り合い(紛争)は全然違う。
戦争は、なんもかも国交断絶みたいなイメージ…相当のことがないとしない。
紛争は、武力衝突。
 一応、フォークランド紛争みたいのは起こるかもしれないみたいな見方は聞くが、
戦争が起きる可能性はあまり聞いたことがない。



ちなみに中国は戦争に踏み切るのかなって。やらないと思うけど。
 理由は中国はアメリカ国債を大量にもってる。直近は残高1兆1150億ドルぐらいですか。(しかしエラク減ったね。為替介入に使ったせいで、減ったんじゃないかという推測もできるか)

 で、もし戦争になったら、事実上の差押えになると思うが…




「トランプは国連なんてどうでもいいんですよ。」
→そうですか。
 アメリカの国連脱退論はトランプに限らず、ずっと前からあった気がする。
 ちなみに、アメリカが国連はどうでもよくて、国連脱退をしたとしよう。
 そのときは多分、イギリスをはじめNATO各国、日本も脱退。たぶん違う国連をつくるでしょう。そうなったら日本とドイツは常任理事国でしょうね。


 で、残された大国はロシア、中国はどうするのでしょう。
あと、ついでにユネスコ世界遺産もゼロベースで見直しかも。


参考
 国連問題