ニュースが好き

政治でも経済でもアニメでもニュースなものが好きです。

狩野英孝が涙の謝罪会見(ノーカット)


狩野英孝、会見終了後から謹慎…イベントキャンセルは50本以上


スポーツ報知 1/22(日)
 狩野は会見終了後から謹慎期間に入った。


  所属事務所は、レギュラーを務めるテレビ番組3本と50本以上のイベントをキャンセルしたことを明かした。収録を終えた番組の放送に関して「各局に判断を委ねます」とした。この日夜、フジテレビ系「さんまのお笑い向上委員会」は「昨年12月23日に収録したものです」という説明を入れて狩野の出演部分も放送された。相次ぐ不祥事を重く見ての無期限謹慎となったが、狩野の芸能界引退や解雇について担当マネジャーは「そこは全く(ない)。こちらとしては一緒に仕事をしたい人間」と否定した。



◆  ◆


狩野英孝担当マネジャーは解雇を否定「一緒に仕事をしていきたい人間」


デイリースポーツ 1/21(土)
 写真誌「フライデー」20日発売号に17歳女性との淫行疑惑を報じられたお笑いタレントの狩野英孝が21日、都内で会見を開いた。無期限の謹慎とすることが所属事務所と、狩野本人の口から発表された。今後については未定とされたが、担当マネジャーは「一緒に仕事をしていきたい人間」と、解雇などは考えられていないと説明した。



 会見冒頭で事務所社長名義のコメントが発表された。


  「このたび狩野英孝のプライベートな問題につきまして、お相手の方、そのご家族、ファンの皆さまや関係者の方々に大変なご迷惑、ご心配をおかけしましたことを心からおわび申し上げます」


  (続けて)「1月20日発売の週刊誌掲載内容につきまして、本人と弊社で話し合い、今回の件だけということではなく、昨年からの生活態度を考慮して謹慎処分とさせていただきます」


  今回だけではなく、昨年、歌手・川本真琴やタレントの加藤紗里を含む、6人の女性との交際報道で騒動になったばかりという点が重く見られた。会見直後に担当マネジャーが報道陣の取材に応じ、昨年の時点で「人として後ろ指をさされる行動はすべきでないという話はしていた。前回、そう思ってくれていたと思うが、今回のことだけではなく、重なっての処分ということ」と無期限謹慎に至った理由を語った。


  ただ、解雇の可能性はあったか、という質問に同マネジャーは「僕のレベルで申し訳ないが、そこはまったく(ない)。こちらとしては一緒に仕事をしたい人間ではあるので。ご理解いただけたらと思います」と見解を述べた。


  狩野自身は今後については「これから事務所と話していきたい」としたが、復帰への意欲については「みんなが変わったね、と言うぐらいになって戻ってきたいと思います」と表明した。


  会見最後にも「期間は分かりませんが、もし応援してくださるなら、そこの期待に応えられるよう一生懸命反省して、一生懸命いろいろ考えて、またみんなが笑ってくれるようなネタをつくっていきたいと思います。本当にファンの皆さま、すいませんでした」と深々と頭を下げた。


  狩野は会見で相手の女性と昨年7月ごろに知り合い、当時は22歳であると聞かされていたと説明。「恋愛感情はあった」としたものの、同年10月に17歳であると明かされ、関係を続けるべきではないと判断。友人関係に戻ったと語った。女性の父親からは「年齢を偽って会っていたことは申し訳ない」と謝罪されたとしている。




「狩野、ごめんな…」出川哲朗、アッコの要求で生放送中に狩野英孝に電話


スポニチアネックス 1/22(日) 


 お笑いタレントの出川哲朗(52)が22日放送のTBS「アッコにおまかせ!」(日曜前11・45)に生出演。所属事務所の後輩で、和田アキ子(66)からの要求で17歳の女子高生との淫行疑惑で謹慎を発表した芸人の狩野英孝(34)に生電話をかける一幕があった。



 和田から「ほんまに聞いてないの?」と追及された出川は「リアルに話してない」と説明。すると、和田から「電話してみれば?見てると思うで」とまさかの提案。「謹慎中なので…」と困惑する出川に、和田は「謹慎中イコール電話も出たらあかんの?一応、電話出るかどうかだけ。おまかせ準レギュラーやから」と続け、出川のプライベートのスマートフォンを持ち出した。


  「狩野、ごめんな…」とようやく観念した出川が狩野に電話を掛けた。結果は「留守番電話サービス」につながり、出川がホッとした表情を見せると「ほんまに掛けた?」とまさかの追い打ち。この言葉には「サバンナ」高橋茂雄(40)からも「怖い…」の言葉がこぼれた。


  狩野の騒動に和田から「先輩としては心痛むでしょ?」と意見を求められた出川は「演者側なので、いろいろな番組に迷惑かけちゃうから」と対応に追われるスタッフを案じていた。



 狩野英孝さん「淫行疑惑」 「非常識な行動」「パワハラだ」和田アキ子の司会にネットで批判相次ぐ


産経新聞 1/23(月)
 写真週刊誌の「淫行疑惑」報道で無期限謹慎処分を受けたお笑いタレント狩野英孝さんについて、事務所先輩のお笑いタレント出川哲朗さん(52)が22日のTBS系の生放送情報番組「アッコにおまかせ!」で、狩野さんに電話をかける一幕があった。


  和田アキ子さん(66)からの強引な要求に、出川さんが不承不承に応じる様子が生放送で映し出され、ネット上では23日になっても「非常識なパワハラ」などとの投稿が相次ぎ波紋を広げている。


  番組では、和田さんと出川さんら出演者が淫行疑惑報道についてトークを展開。出川さんが「(狩野さん本人とは発覚後)リアルに話してない」というと、和田さんが「電話してみれば? (放送を)見てると思うで」と提案した。


  出川さんが「僕から連絡しても(狩野さんが)テンパってると思うんで」「謹慎中なので…」と困惑の表情を浮かべて拒もうとしたものの、和田さんは「謹慎中イコール電話も出たらあかんの? 電話出るかどうかだけ。電話借りてみて」と、電話をかけるようすすめた。


  大先輩の提案を無視できない出川さんは苦笑いしながら自身のスマホから「狩野、ごめんな…」と架電。しばらくして「留守番電話サービス」につながると、出川さんも安堵した表情を見せた。


  このやりとりにネットユーザーはツイッターなどでは、和田さんの「パワハラだ」との指摘が相次いだ。「和田アキ子何様だ」「パワハラでしょ。なんか気分悪かッたなぁ」「厚かましさに辟易…」とブーイングの嵐になった。一連のやりとりが「飲み会のノリ(笑)」ではないかとして「悪のり」をたしなめるツイートもみられた。(WEB編集チーム)




上沼恵美子 狩野英孝にさじ投げる 「この子はどうしようもない」


デイリースポーツ 1/22(日)
 お笑いタレントの上沼恵美子が22日、自身がMCを務める読売テレビ系「上沼・高田のクギズケ!」で淫行疑惑が明らかになった狩野英孝について取り上げ、「この子はどうしようもない」とさじを投げた。狩野はたびたび同番組に出演し、昨年の恋愛騒動時には上沼から説教も受けていた。


  上沼は番組の冒頭近くで「先週の金曜日に狩野英孝ちゃん。笑ってられませんよ」と狩野の淫行疑惑を取り上げた。番組では、写真週刊誌「フライデー」が狩野の疑惑を報じ、6股騒動が昨年の2月から3月上旬にかけて持ち上がったことや、それから2カ月後に今回の女性と接触が始まったことなどを伝えた。


  上沼は「男性って、こんなにすき間なく女性がいないと過ごせないもんなんですか。石田さん。うずくんですか?」とゲスト出演した恋多き男、石田純一に尋ねた。石田は「ほかに燃えることがあればぜんぜん」と答えた。


  狩野の実家が宮城県の神社であることから、上沼は「歴史のある神社なのに。お母さんないてはるわ」と自身も母親であることから母の気持ちを代弁した。共演者から、謹慎後はまた同番組に出演をとの声が上がると上沼は「もう言うことがないわ。とにかく女性無しで生きていけないんですね」「この子はどうしようもないな」と、あきらめ口調で語った。



狩野英孝、無期限謹慎後「ロンドンハーツ」で復帰へ


日刊スポーツ 1/22(日)


 20日発売の写真誌フライデーで17歳女子高生との淫行疑惑を報じられたお笑いタレント狩野英孝(34)が21日、都内で会見し謝罪した。期間を定めずに当面謹慎することを明かした。


 女子高生側も謝罪していることや、狩野も純愛や22歳と思っていたと主張していることなどから、淫行などで事件化する可能性は極めて低くなった。事務所サイドは反省や世論の様子を見て一定期間後、復帰させる見込み。


  関係者によると、復帰第1弾は常連番組「金曜★ロンドンハーツ」になる可能性が高い。12年に結婚した際は、同番組の前身番組の中で、狩野がアーティスト名義で単独ライブを開催し公開プロポーズした。昨年2月の6股疑惑騒動の際も、加藤と狩野の共演を実現。狩野の女性問題をネタにしてうまく笑いに変えてきた