ニュースが好き

政治でも経済でもアニメでもニュースなものが好きです。

★12/16 池上彰緊急スペシャル  & 同番組に対する批判





現代ビジネスHPより
フジテレビ「池上彰特番」が犯した、残念すぎるレベルの3つのミス
問題は、あのグラフだけじゃなかった… 高橋洋


ゴールデン番組でやってはいけないレベル 
先週16日(金)、午後8時からフジテレビで3時間の『池上彰緊急スペシャル』という特番が放送された(http://www.fujitv.co.jp/b_hp/ikegamiakira_sp/)。


格差はなぜ世界からなくならないのかという課題を、池上彰氏が解説し、ゲストのタレントや一般参加者が聞くという番組だ。


真面目な番組ではあったが、ネットでの評判はさんざんだ。番組内での「アメリカでの格差が最近広がった」という指摘は正しかったものの、アメリカと比較して、「日本の格差も酷い」という点の指摘がまずかった


池上氏が「格差」を示すために使った図表が酷いと、ネットで酷評されたのだ。その表は、以下のとおりだ。番組が2時間くらい進行した時に出てきたものだ。


この二つの図は、日本とアメリカで、上位1%と下位90%の平均所得の推移を表したものである。しかし、一目でわかるが、日本とアメリカで縦軸の目盛りが違っている。日本では0.8から1.4までであるが、アメリカでは0.5から3.0である。日本のほうが、アメリカより4倍ほど大きく見せて盛っているのだ。


こうした図のトリックは、子供騙しの典型であるが、まさかテレビのゴールデン番組で見られるとは驚いた。


このデータの出所は、The World Wealth and Income Database(http://www.wid.world/#Database:)であるので、誰でも容易に池上氏の図の間違いを指摘でき、正しい図を作ることができる。


筆者も、昨年初めにピケティ氏が話題になったとき、2015年2月23日付の記事『「ピケティ格差解説」番組に出たら、出演者がみんな「所得トップ1%に入る年収」だった』(http://gendai.ismedia.jp/articles/-/42212)を書いたときにこのデータベースを使ったので、アメリカと目盛りを合わせた正しい図を載せておこう。



日本の格差は、上のコラムを見てもらえればわかるが、先進国の中ではそれほど広がっていない。そのひとつの理由は、日本の所得税や相続税の最高税率が、先進国の中で最高水準であるからだ。


池上氏の番組では、日本の格差はそれほどでもないという事実を言わずに、「日本の格差が酷い」という前提で話が進められているので、後で述べるように、提言もピンぼけになっている。


格差はどの国でも広がっているが…


せっかくなので、上記のデータベースの資料を少し紹介しておこう。


上位1%と下位90%の平均所得の推移について、日本とアメリカだけでなく、フランスとドイツ、それに日本人がよく言及するスウェーデンも含めて見てみよう。


上位1%の平均所得では、アメリカとスウェーデンの伸びが著しいことがわかる。日本は1980年代は調子よかったが、90年以降はさっぱりである。


 下位90%の平均所得は、スウェーデンがやはり凄い。他の国は似たり寄ったりである。こちらも日本の1980年代はよかったが、90年以降はやはりダメである。



格差はどうなったかを知るには、上位1%と下位90%の平均所得の比率をみればいい。アメリカだけが大きく上昇し、格差が最も拡大しているのがわかる。スウェーデンはもともと格差が少なかったが、最近では格差が拡大しつつある。日本の動きは、フランスやドイツと同じように、やはり格差が拡大している。


格差が拡大しつつあるのは、世界各国で共通に見られる現象である。もっとも、これは時系列で各国を見れば、その通りであるが、ある時点で各国を見れば、経済力の大きな国ほど、格差が少ないこともわかる。


下図は、その様子を描いたモノだ。



時系列で格差が拡大するが、ある時点での経済力が大きければ格差が少なくなるという現象は、個人の経験でもわかる。誰でも社会人になった時には、同じスタートなので差が付かないが、そのうち差がつきだして、退職の時には大きな差となっている。


また、大学時代の友達との同窓会では、久しぶりに再会してもそれほど大きな差がない。ところが、小学生の時の同窓会では思いもつかないような大きな差がついているものである。大学は似たような環境にいて似たような就職先に進むので、ほぼ似たような経済力でスタートするが、小学生時点を基準にしたら、各人まったく異なる環境に進むからだ。


増税論議へ誘導?


筆者が興味深かったのが、池上番組にゲストとして参加していたタレントの発言だった。ハッキリ言えば、彼、彼女らは成功者であり、間違いなく上位1%に入っている者だ。それがどのようなコメントを出すのか興味があったが、いずれも無難に振る舞っており、その意味で、成功者はやっかみを受けないようにしているな、と感じた次第だ。


池上番組で残念だったのは、部分的に正しい指摘があっても、それが提言に生かされていない点だ。




そのひとつは、「バブル崩壊以降、日本では貧しい人がさらに貧しくなって格差が広がっている」といい、生活保護者数が増えているといっていたが、それが90年以降のデフレが原因、という指摘が全くなかったのは、番組担当者が格差の正体をまったく理解していない証拠だ。


番組の中では、雇用の守られている人と守られなかった人の格差がある、といっていたが、なぜデフレの時代に雇用が守られなかったのかが、わかっていないのだ。


番組内では、モノの価格は安い方がいいに決まっている、という決めつけが見られた。しかし、マクロ経済の話だと、物価の下落は失業の増加に直結する。失業が増えれば、まさに番組の中でも言及されていた、「雇用の守られている人と守られなかった人の格差」が生じるわけだ。


この経済学の基本がわからないから、デフレが格差の原因になっている、と思い至らない。さらに、雇用を確保するためには金融政策が重要ということにも、池上氏は理解していないのではないだろうか。というのも、池上氏はかつて日銀の広報関係の仕事をしていたが、金融政策と雇用との関係は当時の日銀から教えてもらえなかった可能性があるからだ。むしろ、金融緩和は弊害があるとさえ思っているかのようだ。



本コラムを読んでくれていれば…


もうひとつ残念だったのは、教育に関する指摘だ。親の格差が子供の教育に影響して、格差が固定化しやすくなるというところまではいい。また、教育に関して、「きちんと教育を受けた子供たちは将来就職して税金を国に納めてくれる。教育に投資したお金は戻ってくるという考え方」という指摘は正しい。


しかし、その後で、「日本の場合、消費税を2%上げてその2%分をすべて教育費に充てれば、小学校から大学までの学費を全て無料にできるという計算もある」といったのは不味い。池上氏は、消費税を払う人のなかにはそう考えない人もいる、と増税については一定程度否定しながら、ゲストは「日本のためには(消費増税は)仕方ないのでは」という発言をしていた。


ゲストの発言は事前に台本などに書かれ、予定されたものであるはずだから、これは、池上氏が消費増税について否定的したものをさらに否定し、番組としては消費増税やむなし、という方向に誘導する手法だ。


本コラムの読者であれば、10月10日付けの「日本がノーベル賞常連国であり続けるには、この秘策を使うしかない!」(http://gendai.ismedia.jp/articles/-/49906)を思い出して欲しい。


そこでも、やはり教育はペイする投資であると書かれている。そこで、「投資資金の財源は、将来に見返りがあることを考えると、税金ではなく国債が適切である」と書き、財務省でもそうしたまっとうな考え方を否定できないことを、財務省のバイブルとされている財政法解説書にも書かれていると指摘した。


教育は投資であると正しく考えても、結論が消費増税になってしまうのは、やはりどこか基本的な認識が間違っているのだろう。


ジャーナリストに、自分で資料・データを調べて意見を言うべきとまでいうつもりはない。そもそも、自分で調べずに他人から聞くのが、ジャーナリストである、ともいえる。その点、自ら資料・データを調べる学者とは違う。


だが、一定程度の調査は必要だろう。教育についての財源を一度徹底的に調べるべきであったのではないか。もし調べていれば、筆者のコラムに辿り着いていたはずだ。それすらも知らなかったというなら、いろいろな意見を聞くのがひとつの使命であるはずの、ジャーナリストとしての姿勢にも疑問符が残ってしまうのだ。






















★週刊文春 & 週刊新潮 & 週刊SPA & 週刊ポスト最新号見出し
週刊文春 2016年12月29日号
 安倍首相は「辞められたら困る」最弱野党の元凶
嫌われ蓮舫と十一人の“踏み台男”
▼カジノ法案で恩師野田とも亀裂 オトモダチ記者しか寄せつけず
▼落選した“親友”女性議員に「自業自得よ」と傷口に塩電話
▼夫を「あのハゲ」ペット以下の扱い 村西とおるには投げキッス
▼いわくつき不動産会社元社長と「青森ねぶた旅行」で“空白の90分”
--------------------------------------------------------------------------------


トランプ政策顧問が本誌に緊急提言
 「日本よ、中国の軍事的脅威に備えよ」


ワイド特集 ロシアよりネタをこめて
安倍 プーチンへの決めゼリフ「もうゲームは止めましょう」


SMAP追悼!? 工藤静香「喪服ディナーショー」に潜入
 年収17分の1でレアルに大善戦 鹿島この男に注目
 三井住友銀行30代女性行員が4億円を横領!
トランプ当選の立役者ハッキング特殊部隊“ロシア熊”
福岡6億円金塊強奪 消えたニセ警官と“被害者”の接点
ASKA釈放で泣く子も黙る警視庁組対5課の赤っ恥


「君の名は。」「逃げ恥」が高齢童貞・処女を救う   小石 輝


ユニクロ潜入第4弾「人手不足で職場の半数は外国人」   横田増生


THIS WEEK
政治 公明山口代表はカジノ反対 都議会は自民と決別
 経済 鬼検事退任 SESCを活性化させた佐渡改革
 社会 PTSD、視野狭窄…小金井ストーカー被害者
 国際 領土問題解決の切り札になるか プーチンの忠犬
スポーツ 「神ってる」鈴木誠也が六千万円 広島の契約更改
 芸能 夫婦円満アピール!? 上戸彩の事情
 新聞不信・食味探検隊


グラビア
原色美女図鑑   ローラ
 もう一度見たい!   ベストショット2016


青山学院大・原晋監督「箱根駅伝V3宣言」
 野球の言葉学   達川光男(福岡ソフトバンクホークスヘッドコーチ)
 飯島勲の激辛インテリジェンス(174)
 香川照之「離婚」
 実母・浜木綿子独占告白「奥さんとは会っていません」


すべて医学的に根拠があります!
“エビデンス健康食”保存版献立付


■がん ブロッコリー キャベツは胃や肺に効く 肝臓にはコーヒー
■認知症 乳製品 千人調査が効果証明 豚肉 貝類のビタミンB12も
■高血圧 赤ワインより玉ねぎに有効 ポリフェノール バターも積極的に
■糖尿病 サラダより野菜炒めを 柿とブドウには血糖値上昇リスクが
■健康長寿 玄米のミネラル リンゴの皮 緑のトマトで筋力低下予防


--------------------------------------------------------------------------------
連載
 夜ふけのなわとび   林真理子
 本音を申せば   小林信彦
 悩むが花   伊集院静
そこからですか!?   池上 彰
ツチヤの口車   土屋賢二
いまなんつった?   宮藤官九郎
パンタレイ パングロス   福岡伸一
 考えるヒット   近田春夫
 人生エロエロ   みうらじゅん
川柳のらりくらり   柳家喬太郎
 言霊USA   町山智浩
この味   平松洋子
 時々砲弾   宮崎哲弥
 尾木のママで   尾木直樹
ヘンな食べもの   高野秀行


ミルク・アンド・ハニー   村山由佳
コルトM1847羽衣   月村了衛
 阿川佐和子のこの人に会いたい   前澤友作
 新・家の履歴書   寺田恵子


文春図書館
 『天子蒙塵』   浅田次郎
 『老乱』   久坂部羊
 著者は語る   土橋章宏
 私の読書日記   穂村 弘
 文庫本を狙え!   坪内祐三
ミステリーレビュー   千街晶之
マンガホニャララ   ブルボン小林
ベストセラー解剖/新刊推薦文/徹夜本



見もの聞きもの
テレビ健康診断   戸部田誠(てれびのスキマ)
 言葉尻とらえ隊   能町みね子
 木曜邦画劇場   春日太一
クローズアップ   香川京子
ヨコモレ通信   辛酸なめ子
アプリ俺   上田裕資
シネマチャート/DVD/ランキング


マンガ
 タンマ君   東海林さだお
沢村さん家のこんな毎日   益田ミリ
日々我人間   桜 玉吉
てこずるパズル/ぶらりわが街[銀座編]/淑女の雑誌から
 この人のスケジュール表   吉村萬壱、出口 汪、VRで宇宙の旅
 伊藤理佐のおんなの窓/読者より/表紙はうたう(和田誠)


◆   ◆
週刊新潮 2016年12月29日・1月5日新年特大号
(木曜日発売)特別定価430円(税込)

クリーンな女性都知事に未記載のブラックマネー!?
都知事「小池百合子」と闇の高利貸し


亀裂の全ては2015年大晦日「本番直前」の一言から!
 「SMAP」癒えない傷となった「1年前の紅白」のある出来事


【特別読物】
日本存亡の危機を回避可能! 「人口減」の流れを止める3つの大提言
作家 楡 周平
アイスバーンとクレバスで3度死にかけた!
作家 椎名 誠


【特別対談】西川きよし×メディア・プロデューサー澤田隆治
 「やすきよ」漫才の黄金時代


【ワイド】夜明けの鶏(チキン)レース
(1)「蓮舫」代表に楯突く幹部は獅子身中の虫か? 民進党の救世主か?
 (2)リフレ「浜田宏一」もデフレに白旗で日銀「黒田総裁」の青息吐息
 (3)塀の中から戻った大王製紙「井川意高」元会長は日本カジノに悲観的
 (4)喜寿のロックンローラー「内田裕也」が飛び出したリハビリ病院の献立
 (5)「丸川珠代」五輪相が隠さない「財務副大臣の夫」と仮面の夫婦生活
 (6)大麻の本も揃っている安倍昭恵さんの「UZUハウス」稼働率20%
 (7)「小向美奈子」が栃木刑務所独居房で読破した「トルストイ」と官能小説
 (8)来るもの拒まず「二階派」がたった1人拒んでいる「佐藤ゆかり」代議士
 (9)「鈴木敏文天皇」失脚の道連れという不肖の息子の「セブン&アイ」退任
 (10)「鳩山由紀夫」元総理が手を貸した「重慶爆撃」が南京大虐殺の二の舞
 (11)不倫豪遊「岡本委員長」のクビを切って組織を守る「日教組」
 (12)BPOのまな板に載った元「水戸泉」ソプラノ若妻の「インチキ番組」
 (13)札幌すすきのでガールズバーを経営する「高木豊」にネオン街コーチ術
 (14)名刺に「第88代法務大臣」と刷っている「平岡秀夫」元法相が恥ずかしい
(15)幸福の科学「大川隆法」総裁の親バカを証明したご長男の俳優デビュー!
 (16)創建400年なのに「私物化批判」が巻き起こる日光東照宮の疑惑宮司
 (17)「鶴保北方相」を茶化して「世耕経産相」が地元「国政報告会」の天狗様
 (18)離婚した「マッサン」ヒロインが交際している「ユーチューバ―」
 (19)箱根駅伝の見所は「王者青学」vs「東海大1年生ドリームチーム」
 (20)現金と預金が90億円も減った大塚家具「久美子社長」の貸借対照表
 (21)逃げるは恥でもご両親がジャズ喫茶経営をやめちゃった「星野源」
 (22)「内村航平」プロ転向の本心は「水泳」「陸上」と一桁ちがう年収格差
 (23)舞台女優を歌舞伎町ホテルへ引っ張る「民進党代議士」のすごい言い訳
 (24)元ロッテ監督「バレンタイン」が「駐日アメリカ大使」は本当か?
 (25)犬猿の仲なのに「枝野幸男」と会食した「小沢一郎」に夢がある!


元KGB「プーチン」大統領に期待する方が大間違い!
 新聞が書かない「おそロシア首脳会談」7つの不審


▼領土問題さえ認めない相手になぜ前のめりだったか?
▼「プーチン」大遅刻でも日本はなぜ抗議しないか?
▼2匹目の秋田犬を断ってきた理由は?
▼4島共同経済活動の難しすぎる大前提とは?
▼なぜ同時通訳は「プーチン」の怒りを訳せなかったか?
▼最大の好機「ソ連崩壊」を逃した外交敗北の戦犯政治家
▼元島民たちの本音は100点満点の何点?


ムダに高いモノもある日本の超高級ガイド2017


読む 見る 聴く【年末年始お薦めガイド】


●私が選んだ「ベスト5」 Book Selection
川本三郎/中江有里/大森望/縄田一男


●BD/DVD Selection
●折り紙つきNew Year’s CINEMA
白井佳夫/北川れい子/グレゴリー・スター/坂上みき


●年末年始 Special Guide
●テレビジョン 年末年始スペシャル
■■■ コラム ■■■
【新連載】
 冒険ゴルフ/倉本昌弘
 週刊「山猫」ツメ研ぎ通信/三浦瑠麗
 科学探偵タケウチに訊く!/竹内 薫
 
日本ルネッサンス/櫻井よしこ
変見自在/高山正之
TVふうーん録/吉田 潮
 十字路が見える/北方謙三
この連載はミスリードです/中川淳一郎
 生き抜くヒント!/五木寛之
だんだん蜜味/壇 蜜
スジ論 わたしのルールブック/坂上 忍
 国際問題 鳥の目 虫の目 魚の目/宮家邦彦
 「佳く生きる」ための処方箋/天野 篤
おっぱいがほしい! 「男」の子育て日記2016/樋口毅宏
マネーの魔術史 なぜ人はだまされ続けるのか/野口悠紀雄
 気になる一手/渡辺 明・吉原由香里
 私の週間食卓日記/雪村いづみ
管見妄語/藤原正彦
 週刊鳥頭ニュース/佐藤 優・西原理恵子


■■■ テンポ ■■■
 ▼マイオンリー/橋本マナミ「オカリナ演奏」
▼グルメ/3種の鮨飯を使い分ける西五反田「すし 岩澤」美味の流儀


▼オリンピック・トリビア!(吹浦忠正)
▼掲示板
▼文殊のストレッチ
▼新々句歌歳時記(嵐山光三郎・俵 万智)
▼東京情報
▼結婚
▼墓碑銘


■■■ 小 説 ■■■
この世の春/宮部みゆき
 ヒトごろし/京極夏彦
 染着/貴志祐介
 
黒い報告書/深笛義也
■■■ グラビア ■■■
・続・蒼穹から名建築
・優越感具現化カタログ
 ・未知との遭遇
・コウケンテツの健康ごはん塾





◆  ◆
週刊SPA2016/12/27号
 今週の顔/実は安倍・プーチン会談は大成功だった!
・今週の顔/mirei
・今週の表紙/前田敦子
・目次
・今週の顔/天皇陛下生前退位問題のタブー
 ・原発17基重大欠陥疑惑を追う
 ・年末年始はギャンブルで100万円稼げ!
・[連載]ニュースディープスロート
 ・スマホ中毒の悲劇
・男の快楽裏ランキング
 ・貧乏アイドルの鳴呼号泣人生
・[読み切り]愛より先に死んじゃう/ポテチ光秀
・[読み切り]ムダスポ/カマンベールはる坊
・[読み切り]婚活迷人!/とあるアラ子
・[連載]バズマン/かっぴー
 ・[連載]湯遊白書/まんしゅうきつこ
 ・[連載]ゴハンスキー/清野とおる
 ・[連載]ぼっち村/市橋俊介
・マネー得捜本部
・美女地図/SHOW ROOM×SPA!勝ち抜きグラビア
 ・今年こそ始めたい正しいインフルエンザ対策
・SPA!ボートレース女子部
・カルチャー★フェス2016
・業種別職場マイノリティはつらいよ
 ・エッジな人々インタビュー/白鵬翔×市川海老蔵
・ギークロ通信
・[連載]S級グルメ
 ・[連載]俺の夜
◆  ◆


週刊ポスト 2017年1/1・6号
■ 「棚ぼたバブル」がやってくる!!
 日経平均は[史上最高値]「4万円」へ! 
■ だから海外投資家は「黄金の国・ジパング」に殺到する 
■ トランプバブルに一番乗りした“ネオ億り人”が続々誕生 
■ 投資のプロたちが厳選!年末年始に仕込むべき爆騰銘柄[15] 
 ■ 政界[2016]「失言・珍言大賞」を決定する!
 「大年増の厚化粧」「黒人奴隷が大統領」「大変タイミングのいい地震」ほか 
■ 90歳になってわかった「めでたいこと」「めでたくないこと」
 佐藤愛子(93)外山滋比古(93)桂米丸(91)清水信次(90)賀川浩(91) 
■ 巨人「総額30億円おバカ補強」で飼い殺される名選手たち 
■ 週刊ポストが調べたらこうなりました。
 「飲み続けてはいけない薬」「受けてはいけない手術」[これが最終結論です。] 
■ 絶対に再放送できない!NHK紅白歌合戦67年の [10大事件簿] 
■ [EKIDEN NEWSプレゼンツ] 箱根駅伝全区間完全ガイド 
■ 帰ってきた「動物占い」99年の大ヒットから“進化”を遂げて再びヒットの兆し 
   
■ その筋の人たちはこんな本を読んでいた 
■ ワイド 2016年最後の真実
ベストセラー『住友銀行秘史』に書かれなかった著者が抱えた「金銭&愛人訴訟」
-------------------------------------
「竹下首相も現役総理時代に真珠湾を慰問していた」同行議員のスクープ証言
-------------------------------------
フジテレビ記者「ヤクザの外車購入に名義貸し」疑惑で本人直撃一問一答
-------------------------------------
○「電通ブラック批判」の朝日新聞が労基署「是正勧告」○オスプレイ訓練候補地の債権者が「元暴力団組長」○大谷翔平は米国でも「10勝・20本」○イ・ボミをムキにさせる美女○NHK有働アナの紅白“落選”○“原爆を正当化”の反日書『キリング・ザ・ライジング・サン』○「ニセ警官」6億円事件 
■ [“初夢精”スペシャル] 『21世紀毒談』
 帰ってきた!ビートたけしの妄想AVネーミング大賞 
■ 死ぬまで死ぬほどSEX [スペシャル]
最強のエロ動画サイトを使ってみた
○フェチ専門サイトで見つける“オーダーメイドエロ動画”の興奮○セックス女子会でも話題沸騰!“姫”たちを夢中にする「女性専門サイト」が凄い○「カネを払ってでも見たい」という人が殺到中「最高級有料サイト」は何がスゴイのか 
グラビア


■ [カラー8P特集]
日本経済に隠然たる影響力を維持する畏るべき「創業家」パワー
実写版 ×一(バツ イチ) 
■ 松平定知とゆくNHK大河『おんな城主 直虎』の地 
■ 渡辺さんと葉加瀬さん 
   
■ [袋とじ]
  (1) 戦後文学史に名を刻む大問題作を完全実写化 初夜の海
(2) 富士出版の熟じゅく女たち
(3) 108人の「イキ顔」曼荼羅
(4) 地下倉庫の秘宝写真集 愛染恭子 
■ 岡田奈々 永遠の輝き 
■ YURI 再会 


連載・コラム
 [新連載] 愛にチェックイン 国友やすゆき ●恋愛マンガのトップランナーが描き下ろす渾身の新連載!
 呉智英「ネットのバカ 現実 [リアル] のバカ」
 田中雅博「いのちの苦しみが消える古典のことば」休載 
 
小説
土橋章宏「駄犬道中こんぴら埋蔵金」


コラム


戌井昭人「なにか落ちてる」
 春日太一「役者は言葉でできている」
 鎌田實「ジタバタしない」(隔週掲載)
 綾小路きみまろ「夫婦のゲキジョー」
 大前研一「『ビジネス新大陸』の歩き方」
 曽野綾子「昼寝するお化け」
 高田文夫「笑刊ポスト」


   ノンフィクション
井沢元彦「逆説の日本史」


コミック
やく・みつる「マナ板紳士録」


  情報・娯楽
角居勝彦「感性の法則」
 恋愛カウンセラー・マキの貞操ファイル
 医心伝身
ポストパズル→解答
プレゼント
法律相談


「ポスト・ブック・レビュー」この人に訊け!特別拡大版
 年末年始に読んでおきたい2017年を予感させる一冊!


 坪内祐三の美術批評「眼は行動する」 


◆  ◆