ニュースが好き

政治でも経済でもアニメでもニュースなものが好きです。

★6月は倒産ラッシュ?ショボい第2次補正の噂、最低25兆円必要か(田中秀臣5/12おはよう寺ちゃん(書き起こしメモ))


緊急事態宣言減少が続く県では期限を待たず解除へ◆
政府は全国に出している緊急事態宣言について特定警戒都道府県以外の34県で14日一括して解除することを検討していることが分かりました。また13の特定警戒都道府県でも新規感染者が少ない県は解除でできるか検討をすると大規模な解除について政府内には経済への影響を考えて積極的な意見がある一方で、移動など自粛の動きが緩むことを心配し慎重な声も上がっています。
今月末の期限を待たずに一部解除の運びというような方向性ですが、

これ田中さんどうご覧になりますか◆

この前の第1次補正予算でカバーできるのは、
延長前までの緊急事態宣言の経済の落ち込みカバーでギリギリです。
この延長分を例えば、今月末まで持っていくと、
エコノミストの平均的な推計で、
 だいたい 25~26兆円ぐらいの経済落ち込みが発生しちゃう。
それに対するこの経済的な手当ては今全くされてないわけです。
つまりお金が尽きてしまう。


今月ほとんどダメで、
来月6月末くらいまでに企業で
最悪倒産ラッシュの始まりかねない状況です。


緊急事態宣言は経済対策やってませんから、当然長くやるべきものではない。


感染でなくなったり、身体が傷つく方がいる一方で、
経済状況が悪くなって、それが原因で、例えば社会的な地位が喪失したり、
また経済苦によって無くなっちゃう方々、そういった人たちも増えていくわけです。
これ両方見なければいけないが、
政府の今の政策を見ると、あまりにも経済対策は延長分に関して、やられていませんので、緊急事態宣言の自粛期間を長くやることは絶対しちゃいけないと思う。


倫理的にも経済的にも、おこなってはいけない。
政府がもし緊急事態宣言の自粛延長を続けたいのであれば、
経済対策をしっかりやらない限りはダメ。絶対やっちゃいけない。


いろんな政策をしなければいけないと思うが、
今噂されている第2次補正予算の規模はたかだか数兆円です。
(案はまたあのシャビー岸田政調会長&財務省連中の考えか?本当どうしようもない連中)

先ほど言ったようにエコノミストの平均予測(だいたい外れるが…)、
むしろ少なく見積もる人でも
必要な補正予算額は概ね25兆円
 25~26兆円に対して数兆円ですから、全然足りないわけです
数兆円というのは、せいぜい持って延長分1週間ぐらい
そのまま月末まで行っちゃったら、
その数週間の十数兆円分は民間にもろにかぶってきます。
そうすると今月末から来月で、だいたいアウトで、来月に倒産ラッシュみたいな。
最悪シナリオです



緊急事態宣言の解除判断に当たっては、
「感染者の数が週単位で減少傾向にある」、
「感染者の数が人口あたりで一定数を下回っている」
「重症者に対応できる医療提供体制が確保されているか」
「感染者の発生動向を把握できる検査体制が整っているのか」
などが基準となる見通しです。
一方、東京都一定の規模で感染が続いているとして解除の対象とならない見通しです。
これは田中さん致し方ないですか?◆


今のこの感染抑止の政策のスキームと経済体制の組み合わせで行くと、
東京都は自前の補償金を増額するという方向でやっています。
ある程度の効果はあると思うが、
それでも本当に感染抑制に成功しても、
その段階で
経済が鼻血も出ないような形になってしまっている可能性があります


(続く)



◆(おまけ)



グッドモーニングの大問題!かなりヤバい。事実を捻じ曲げて報道
影響は広告主に波及する公算もある。


これが週刊誌、かわいそうに。