ニュースが好き

政治でも経済でもアニメでもニュースなものが好きです。

★「置き荷」「置き配」をスタンダードにして「脱ハンコ」目指すべし!宮崎哲弥4/27OKコージーアップ(書き起こしメモ)


◆教えてニュースキーワード◆脱ハンコ◆
政府は新型コロナウイルス感染拡大の防止策としてハンコを押す押印の慣例を見直す方針を固めました。役所の窓口での申請や申請を目的とした出社による感染を防ぐためで、今日27日に開く経済財政諮問会議で安倍総理が関係省庁に指示をするということです。この脱ハンコって昔から言われてますが、一方で自民党の中には『はんこ議連』というものがあってハンコの文化をなんとしても守っていくんだと。
しかもその
トップが今 IT 担当大臣やってらっしゃる竹本直一さんなので、
なので結構矛盾があるじゃないかみたいな。
コロナウイルスに対しては密集しちゃいけないですから、◆


私(宮崎)はコロナウイルス以前から電子政府とかって、言ってたじゃないですか、
まだ(ハンコ)やってるのかという感じがあるので、
この際こういう悪習慣例慣習は なくしていい、当然なくすべきだと思います。


(お上が動いてくれれば、…我々民間企業レベルでもハンコついて出さなきゃって言って結構そのために出て行くだけなんだよみたいな事ありますものね)


例えばそういった意味ではネット社会・電子化されている社会は、
リモートで放送もできるし、いろんなことが可能なわけじゃないですか。
実はこの新型コロナウイルス状況に対して、
割と有効に利用できるものが多いわけです。
私はずっと例えば医療崩壊を防ぐためにオンライン診療は、普及させるべきだと思っている。たしかに規制はかなり緩和された。
 でもまだ例えば
  診療報酬が安い
  対象疾患が限られている
    とか 言う規制があって、
     そういう制限はどんどん撤廃して、
ネットで診療ができるということにすれば、
例えば自宅療養的な緊急的な措置に関しても、
(私はホットラインを引くべきだと思うが、)
自宅療養者に関しては、
もし施設ホテルとかが十分じゃないときに全部入院とかさせてしまうと、
医療崩壊の要素あるから、あぶれた人は自宅療養(あるいは野戦病院みたいな)せざるを得ないわけでショ。
経過的な措置かもしれないが、自宅療養はどうしても必要になってくるので、
その時に事態が急変して亡くなったりしないために、
オンライン診療やホットラインを開設しておく。



それだけではなくてモウ一つはこの消費社会をどうやって維持するかと言うので、
この e コマース いわゆる「ネット通販が非常に重要な意味を帯びてくるわけです。
店舗に出向かなくても、ものが買える。
そういうことはモウ一般にアマゾンとか使われてると思うが、最後のところでは人の介在が必要になる。
 そこでこれ急速に広がっている、いわゆる非対面配達「置き荷」「置き配」がかなり広がってるが、これをスタンダードにすべき指定しなければ「置き荷」「置き配」になる。そういう形にすると配達効率も上がっていくし、ハンコ利用も大きく減っていく
まさにハンコ文化の話です。
インフラはこれから混み合っていく可能性もあるかもしれないが、
インフラできているのに、それを活用していないって、
8割接触を削減するというところに集中して展開していくべきではないか、
政府はこういうことをさっさとやるべき
だと思います。
これに補助金つけるなり、診療報酬を引き上げる形という、いろんな政策が打てるわけです。
これ特に「置き荷」「置き配」をやると、不在で持ち戻りみたいなものは基本的に無くなるから効率性があります。
何しても店舗の自粛が広がって続いていけば、
ネット通販が消費を支える非常に重要なファクターになっていく可能性がありますから、
効率化を図るということです。
雇用が心配だということであれば、
新たな雇用の場をこれで作っていくのも一つの手としてはあるわけです。
だって非正規雇用なんて猛烈な勢いで、少なくなっていきますから、
大学生はバイトがなくなって学業が続けられない状況になっているわけです。
そういった意味では「置き荷」「置き配」とかは、私はそういう新しい雇用を掘り出していく可能性もあると思う。