ニュースが好き

政治でも経済でもアニメでもニュースなものが好きです。

★海外のコロナ対策・補償はどうなっているのか【4/25池上彰のニュースそうだったのか!!(書き起こしメモ)

海外のコロナ対策・補償はどうなっているのか。▼アメリカ300兆円。失業保険の拡充、
非常に経営状態が悪化している民間企業の支援策。個人や世帯の支援は、年収が800万円以下の大人1人につき、日本円にして13万円 17歳以下の子ドモ1人につきおよそ5.5万円を給付…▼イギリス3月23日からロックダウン。医療関係者や必要不可欠な仕事の人以外は外出禁止。必需品ではないものを売るお店はすべて閉鎖。今のところ5月上旬まで予定、守らないと罰金もある。経済対策45.5兆円です。経営状態が悪くなっても従業員を雇い続ける会社に関しては、収入の8割を補償。ただし上限33万円。4月20日からこの申請開始が始まってるが、雇用主は申請すると、6営業日以内に補助金を受けとれる。スピード早い…


【4/25池上彰ニュースそうだったのか】




新型コロナで医療崩壊の危機なんて言われているが、
医療崩壊って何。
世界は封じ込めた収束したと言われる国もどうやって感染者を減らしたの
今の日本のこの状況一体いつまで続くのか。
気になる経済対策を1人一律10万円に決まったって言うが、
なんでなかなか貰えないの。解説します◆



日本では感染者が増える一方で、
世界ではすでに収まりを見せている国や地域もあります。
東京の感染者新たな増加ですが、最近検査する人数が増えてます。
その割には増えていないという見方も出来るし、
あるいは感染者の数が横ばいになったという考え方もありますが、



(中略)
日本そして世界の現状はどうなっているのか。
大気の状態が最もきれいになった
そして日本では繁華街はもちろん 観光地の閑散とした状況が続いている
飲食店では持ち帰りや宅配のサービスを始めたり
困っている農家を支援するためドライブスルー方式で野菜などを販売する動きが広がっている
客席にマスクなどが入った段ボールを乗せ少しでも輸送量を増やす航空会社
繁盛しているのが飲食配達サービスをしているウーバーイーツ
外出自粛の影響で人手不足になっていると言う
国土交通省は全国のタクシーに食料品の配送ができるよう特例の措置を取った
5月13日までの期間限定だが激減するタクシー業界の支援につながればと
密になってしまっているのがスーパー
感染防止のためにも東京都は代表者一人で3日に1回程度などと注意を呼びかけた
湘南海岸では多くのサーファーが溢れ
中国では無料開放した世界遺産に多くの人が殺到し
中国はあくまで例外 多くの国では外出禁止や営業禁止が続いている。
しかし海外と違って日本の場合はあくまでお願い
外出したり営業を続けても罰則がない
なので、
ひっそり営業を続けるお店もあるようで
大阪府では休業要請に応じないお店の名前を公表した。
そんな中気になるのは補償の話
世界ではどんな対策をしてどんな補償をしているのか
(中略)
世界の観光地 国際線は減ってる
日本の国内線も。行き先によって違うが、すでに激減。
例えば全日空、ゴールデンウィーク期間中国内線で羽田を発着する便を中心に85%減便。
感染拡大で利用者が減ったこと、県をまたぐ移動の自粛が求められているものですから、
お客が減る。


新幹線も通常ですと、今日新幹線は便によっては0%の乗車率
それだけ皆さん守っていらっしゃるのは凄いですが、
特にGW中の増便を全部やめた。
鉄道も減らせばいいが、減らしてしまうと今度お客さんで混んだりするので、
あえてガラガラで走らせる これを感染拡大対策になっている。


【海外のコロナ対策 補償】
あとは新型コロナウイルス対策の補償ですが海外、
アメリカ。3月13日トランプ大統領 国家非常事態を宣言しました。
財政出動ができる理由で 多くの州で自宅待機令が出て、
経済対策日本円にして300兆円。
アメリカ史上最大規模の救済措置を取っている。
本当に失業している人が増えているから、
失業保険の拡充ですとかあり、
非常に経営状態が悪化している民間企業の支援策などが盛り込まれている。


それから個人や世帯の支援ですが、
年収が800万円以下の大人1人につき、
日本円にして13万円 それから17歳以下の子ドモ1人につきおよそ5.5万円を給付する補償しているわけです。


イギリス3月23日からロックダウン。
医療従事者とかあるいはお医者さんに診てもらわなければいけないという人
あるいはどうしても不可欠が仕事の人以外は外出禁止です。
必需品ではないものを売るお店も、すべて閉鎖されている。
今のところ5月上旬まで予定、守らないと罰金もある。
当然それに対して補償措置もあります。
経済対策として日本円にしておよそ45.5兆円です。
それから経営状態が悪くなっても従業員雇い続ける会社に関しては、
収入の8割を補償する。ただし上限は33万円。これが雇用主から従業員に渡される
4月20日からこの申請開始が始まってるが、
雇用主は申請すると、6営業日以内に補助金を受けとれる。スピード早い。



ドイツは3月22日から社会生活上の接触を制限となりまして
同居する家族などを除き他人との接触は必要最低限とする、
グループによるパーティは禁止
また全ての飲食店を閉鎖。持ち帰りは例外、
ドイツは連邦国家なので州によっては罰則があるところもある。
補償。規模はおよそ日本にして90兆円
これ例えば従業員を持たない個人事業あるいは従業員が5人までの零細企業には
105万円
従業員10人以上、規模が大きくなりますと、175万円



またフリーランスで活動するクリエーターにもこれが適応。
ドイツに住んでいる日本人が申請したら、
3日後には60万円が受け取れた すごいスピードです。



タイ
ユニークな支援策。、
新型コロナ検査で陽性になった人を支援する 一部の地域ですが、
回復するまで1日あたり1660円を支給します。
陽性になったことを隠されると困るから
タイの月収って9万円ほどですから、かなりな補償になっている。


あるいはドイツは、これが子ドモの面倒を見るために仕事ができなくなっちゃった保護者のために月額実質収入の67%(最大24万円)が支援・支給される。



マスク、
台湾
マスク不足を即座に解決して高い評価を受けている。
どのドラッグストアにでマスクを買うことができるのか
在庫がどれだけあるかということをリアルタイムでスマホのアプリで確認できるようなシステムをつくったわけです。
また、マスクを買い占めることができないように健康保険カードを渡す。
そこで購入履歴がきちんと管理されるシステムを作った。
買いだめをしすぎる人がいなくなる、
台湾人口2360万人で感染者は400人
ほとんど感染者がでていない。本当に封じ込めに成功している。


台湾はどうしてこんなことができたのかというと
台湾の場合は、その道のプロが大臣になる。
世界的に有名になったのはこの人でしたでショ。オードリータン
39歳対応のデジタル担当制政務委員というのは日本で言う大臣、
先ほどのようにアプリでマスクがどこで買えるかという仕組みをこの人が作った
天才プログラマー そういう人を大臣に抜擢しちゃうのが、台湾です。
新型コロナウイルスの感染が広がって、みんながマスクが必要だとなったところで、
瞬時にそのシステムをつくったと 。
さらに言うと台湾は実は以前にサーズが流行しました。
アノ時の台湾で蔓延しちゃった。その反省で素早い対応ができる仕組みができたとか
例えば、去年の12月31日武漢で原因不明の肺炎患者が発生したと発表したその日に、
台湾では武漢からの入境者に検疫を始めた、
さらに年明けの1月5日に
専門家を集めて会議を開き対策をしたというわけです。この素早さです。
ちなみに日本の IT担当大臣は79歳
ハンコを守ろうという議員連盟の会長さんが IT担当大臣です


こんな状態で会社になるべくいかないようにしようというのに、
ハンコを押すために会社に行くという人たちが今は大勢いるわけですが、
そのハンコを守ろうという議員連盟の会長さんが IT担当大臣です。


マスクにしても、
今ようやく日本のいろんな企業が生産を始めていますが、
世界的に争奪戦ということになってます。
結果論だといえば、そうだけドモ、
もっと早い段階で政府が音頭をとったり、
様々な企業に業種の壁を越えてマスクを作ってくださいとお願いしていれば、
今シャープがマスクを作りはじめているでショ。
こういうこともできるんだということになると。


もっと政府が音頭をとってマスクを生産に乗り出していれば違ったのかなと思います、