ニュースが好き

政治でも経済でもアニメでもニュースなものが好きです。

★週刊文春最新号目次(12/28)貴乃花vs.白鵬・相撲協会 本誌しか書けない全真相、12/20(水) ザ・ボイス 青山繁晴 ニュース解説「日韓外相会談 河野大臣は慰安婦合意履行を要求」「リニア談合 ゼネコン大手4社、計画段階で受注調整か?」&【報道特注】♯73高須クリニック院長降臨SP!②&馬渕睦夫『和の国の明日を造る』「テーマ:2017年の回顧」(若干書き起こしメモ)

◆2017/12/20(水) ザ・ボイス 青山繁晴 



2017年12月20日(水)コメンテーター:青山繁晴(自民党参議院議員)



≪取り上げたニュース一覧≫


1. 日韓外相会談 河野大臣は慰安婦合意履行を要求


2. リニア談合 ゼネコン大手4社、計画段階で受注調整か?


3. 豊洲市場、来年10月11日オープンに決定



≪16時台≫


リスナーの皆様から頂いたメールをもとに


自民党参議院議員・青山繁晴さんに


北朝鮮の脅威や憲法改正についてお話を伺いました



♯73 報道特注【高須クリニック院長降臨SP!②】



【レギュラー出演者】


生田よしかつ(築地まぐろ仲卸三代目)


足立康史(日本維新の会)


上念司(経済評論家)



【ゲスト】


高須克弥(高須クリニック院長)



馬渕睦夫『和の国の明日を造る』第77回 「テーマ:2017年の回顧」





【12月20日配信】山村明義のウワサの深層「朝日新聞が誤報を連発する理由とは?民進党ついに解党!?税制改革で官邸VS財務省?」田沼隆志【チャンネルくらら】



●朝日新聞がまた大誤報?!


●韓国「平昌オリンピック」大丈夫?


●民進党ついに解党!?政党助成金はどうなる?


●税制改革の裏で、官邸VS財務省、公明党に配慮?




◆週刊文春 2017年12月28日号


最終決戦へ



貴乃花vs.白鵬・相撲協会 本誌しか書けない全真相


モンゴル取材白鵬・朝青龍がTVで「日本帰化に理解を」


日馬富士の起訴をめぐるヤメ検弁護士たちの壮絶暗闘


八角理事長が頼る元ヤンキース松井秀喜のスゴ腕広報




▼貴乃花の覚悟「角界の将来のために妥協しない」


▼白鵬の高笑い 鶴竜、稀勢の里引退危機で再び一強


▼ガチンコ稀勢の里 横綱昇進から始まった白鵬の焦り


▼貴乃花は稀勢の里を熱血指導「自分の弟子のよう」


▼貴乃花の“隠れ理解者”ライバル武蔵丸は白鵬批判


▼“ガチンコ魂”の継承者貴景勝 阿武咲を待つ茨の道


▼貴乃花協会改革は「五十年かかる」のに八角留任



塩見孝也元赤軍派議長「私だけが知る“過激派”の素顔」   本橋信宏




ワイド特集 今年もシャンシャン?


“ガッツポーズ離婚”松居一代が恐れる「名誉毀損で逮捕」


「ドクターX」打ち上げで米倉涼子が「来年も会えたら…」


平昌で金確実 スケート小平奈緒ニックネームは「怒れる猫」


安倍官邸に宣戦布告? 森本特捜部長口癖は「報道の自由」


漫画「キングダム」映画化主演山崎賢人“ゆるふわ”な魅力


妻へのDVで逮捕TBS名物記者“国会王子”のコワい顔


キスマイ北山“セクシー表紙”でダイビング専門誌が大増刷



緊急アンケート


松居・船越、太川・藤吉…おしどり夫婦に激震


「好きな夫婦」「嫌いな夫婦」2017


◆好き3位堺雅人・菅野美穂 4位杏・東出 5位ヒロミ・松本伊代


◆嫌い4位安倍夫妻 10位渡辺謙・南果歩 1位はダントツで…



THIS WEEK


政治 公明党与党入りのキーマン“参謀”市川雄一逝く


経済 楽天携帯参入に前門のアマゾン後門のアリババ


社会 昏睡強盗“声優アイコ”「監獄のお姫さま」か


国際 中国人警備に暴行された韓国記者団の恨み節


スポーツ 五輪連覇に“黄信号”か 羽生結弦の深刻な現状


芸能 御年七十三の「高校三年生」舟木一夫


新聞不信・食味探検隊



グラビア


原色美女図鑑   松本穂香


正月をつくる“開運職人”たち


ドキュメント 男の肖像   松坂桃李



野球の言葉学   菅野智之(読売巨人軍)


飯島勲の激辛インテリジェンス(217)


それでも社長になりたいあなたへ(35)   宋 文洲



日本人恋人が決死の告白


「ボブ・サップからのDV地獄6年」


 殴られ、裸にされ、バリカンで髪を刈られ…



「墓じまい」最新事情ルポ


「ビル型納骨堂」の利点と難点    森健



●宗派問わず誰でも入れる ●価格は一般的な墓の半額 ●老朽化と経営上のリスク ●本当の供養ができるか ほか



連載


夜ふけのなわとび   林真理子


本音を申せば   小林信彦


悩むが花   伊集院静


そこからですか!?   池上 彰


ツチヤの口車   土屋賢二


いまなんつった?   宮藤官九郎


パンタレイ パングロス   福岡伸一


考えるヒット   近田春夫


人生エロエロ   みうらじゅん


川柳のらりくらり   柳家喬太郎


言霊USA   町山智浩


この味   平松洋子


時々砲弾   宮崎哲弥


ヘンな食べもの   高野秀行


0(ゼロ)から学ぶ「日本史」講義   出口治明


週刊藝人春秋Diary   水道橋博士


人生論ノート   万城目学



ラストライン   堂場瞬一


泥濘   黒川博行


ミルク・アンド・ハニー   村山由佳



司馬遼太郎 初漫画化!幕末 花屋町の襲撃   森 秀樹


阿川佐和子のこの人に会いたい   キンタロー。


新・家の履歴書   姫野カオルコ


日本テレビ「最強バラエティ」のDNA(9)   戸部田 誠(てれびのスキマ)



文春図書館


『黙殺』   畠山理仁


『退屈すれば脳はひらめく』   M・ゾモロディ


私の読書日記   立花 隆


著者は語る   木村忠啓


文庫本を狙え!   坪内祐三


ミステリーレビュー   池上冬樹


漫画の時間   いしかわじゅん


ベストセラー解剖/新刊推薦文




見もの聞きもの


テレビ健康診断   亀和田武


尾木のママで   尾木直樹


木曜邦画劇場   春日太一


シネマドリフター   松江哲明


クローズアップ   桐谷美玲


言葉尻とらえ隊   能町みね子


シネマチャート/DVD/ピックアップ



マンガ


タンマ君   東海林さだお


沢村さん家のこんな毎日   益田ミリ


日々我人間   桜 玉吉


てこずるパズル/ぶらりわが街[離島編]/淑女の雑誌から


この人のスケジュール表   柳澤 健、岡宗秀吾、田中美和子


伊藤理佐のおんなの窓/読者より/表紙はうたう(和田誠)




説教はじめたのは白鵬「物を持たないように」と傍観 貴ノ岩を庇った日馬富士 事件の真相とは?


小泉耕平2017.12.20 19:22週刊朝日



 日本相撲協会は12月20日に臨時理事会を開き、横綱日馬富士による貴ノ岩への暴行問題について、関係者の処分を発表した。中でも注目されたのは、暴行現場に居合わせた白鵬に1月の給与の全額不支給と2月の給与の50%減という、重い処分が科されたことだ。



 なぜ、白鵬は処分されたのか。本誌が入手した相撲協会の危機管理委員会による調査結果報告書により、事件の全容が明らかになってきた。



 まず、事件があった10月25日夜の、一次会でのやり取りだ。3時間ほど続いた食事会が終盤にさしかかったころ、白鵬が貴ノ岩に対し、「大分えらそうだったそうじゃないか。これからは俺たちの時代だと言ったそうじゃないか」と、とがめた。9月場所中に東京・錦糸町のモンゴルバーで貴ノ岩が白鵬の友人に対して発した言葉について、白鵬が“説教”を始めたわけだ。貴ノ岩は、「そんなことは言ってません」などと答えていた。



 報告書はここで、意外な展開があったと記す。日馬富士が二人の話に割って入り、白鵬に対して「言っていないと言っているじゃないですか」と、貴ノ岩をかばうように反論。貴ノ岩に対しては「お前、そんなこと言っていないんだろ。俺の目を見て言ってみろ」などと問いただした。貴ノ岩が「言っていない」と答えると、日馬富士は白鵬に対し、「言っていないということなので、もういいでしょう」と説得してその場を収めたが、両横綱の間で険悪な雰囲気が漂ったという。一次会では、日馬富士は白鵬の攻撃から貴ノ岩を守っていたのである。



 ところが、二次会のラウンジで異変が起きた。開始から程なくして白鵬が「お前たちがこうして相撲を取って生活していけるのも、ここにいる(鳥取城北高校の)先生方のお蔭だ。その恩を忘れずに、社会人としてきちんと生活をしていきなさい」などと説教を再開。話が一段落した時にスマートフォンをいじった貴ノ岩を日馬富士が注意した際、貴ノ岩がにらみ返すような表情をしたことで日馬富士が激高したという経緯は、これまで報じられた通りだ。この際、一次会ではかばっていたという経緯も日馬富士の怒りに影響したようで、「なぜ、こんな態度をとるんだ、お前のことをさっきは守ってやったじゃないか。お前は横綱をなめているのか」、「こら、お前は何様なんだ」などと言いながら、素手で貴ノ岩の頭や顔面を断続的に叩いたという



怒りの収まらない日馬富士は、近くにあったボトルを振り上げたが、これをとり落とし、今度はカラオケのリモコンを手にする。それを見た白鵬は、「物を持たないようにしましょう」と声をかけて止めたが、間に合わず、日馬富士は貴ノ岩の頭をリモコンで数回殴打。ここで白鵬が日馬富士の手を押さえるなどして止め、ようやく日馬富士を引き離したという。



 以上のような経緯から、日馬富士の暴行を直ちに止めなかった白鵬の責任を重く見たのが、今回の処分の理由と言えそうだ。暴行当日の力士たちの生々しいやり取りがかなり詳細に明らかになってきた。貴ノ岩は19日、相撲協会による聴取に応じ、「礼を失する行為はしていない」と主張しているという。貴乃花親方の意見は今回の報告書に反映されていない。関係者が処分に納得してこれで“一件落着”となるかは、甚だ不透明だ。(本誌・小泉耕平)




横審で白鵬、鶴竜は厳重注意、言動を非難された貴乃花親方は「民事訴訟も検討も」


2017.12.20 12:26週刊朝日



  元横綱・日馬富士の傷害事件で、日本相撲協会は横綱審議委員会(横審)の臨時会合を開いた。同会の北村正任委員長が会見し、日馬富士に対しては、「引退勧告に相当する」、暴行現場にいながら事件を抑えられなかったとして白鵬、鶴竜の両横綱に対し、「厳重注意」と発表した。



 一方、貴乃花親方は協会の貴ノ岩への聞き取り調査に応じる意向を昨日、示したとされるが、横審全体の意見として、「貴乃花親方の言動は非難に値する」と表明。



「親方であり、理事であり、執行部のメンバーであることの責任をまったく放棄している。普通の組織体の中ではありえない。こういう意見がほとんどでした」(同委員長)



 渦中の貴乃花親方は18日夜、都内のホテルで開かれた忘年会で、「貴ノ岩が負った傷を癒やすことが大事」などと話をしたという。



「今年の忘年会は来年2月の次期理事選、理事長選に向けて一門の親方衆の結束をかためるためと、今回の騒動で負けていない、これからも頑張るぞという意味合いをこめて、総会にしたようだ」(貴乃花部屋関係者)



 乾杯の挨拶は日本サッカー協会の川淵三郎最高顧問が行い、「これを乗り越えみんな元気出そう」などと話したという。



「その後は難しい話はなく、カラオケ大会があった。貴乃花親方は、石原裕次郎を歌っていたな。その歌詞がよくて、最後に勝つものになろう 勇気がある、夢があるって内容で、今の親方の気持ちを現わしているのかな。女将さんの景子さんのアイデアなのかな、こういう歌を選んでさりげなく、決意を伝える。もともと、貴乃花親方、石原裕次郎は好きで、お父さんとの親交があってよく歌うそうです。総会後も、貴乃花親方を囲んで2次会があったが、そこでも難しい話はなかった。けど、他の親方衆に『こんな騒動になったが、最後まで離れず支えてくれてうれしい、ありがとう』という話があり、『次の理事選を戦うぞ、まとまろう』と他の親方から話がでて、すごく盛り上がったそうです。貴乃花親方も上機嫌で、珍しく、日付がかわるくらいまで、飲んでいた」(同前)


貴乃花親方周辺の親方がこう話す。



「今回の臨時理事会で巡業部長として貴乃花親方の責任を追及されている件については『仕方ないな』と貴乃花親方は漏らしているそうです。今回の理事会の報告書は、日馬富士、白鵬らの言い分と協会の八角理事長の言い分が色濃くにじんだ内容になるだろう。貴乃花親方はこれまで頑なに協会の聴取に応じず、悪役のイメージになった感もある。貴ノ岩の診断書を出し、協会に出向いて協力しない理由をマスコミの前で説明しておくだけでも印象はかなり違った」



 対する八角理事長はマスコミに見せつけるように、理事をわざわざ貴乃花部屋へ行かせて、協会への協力要請を連日のように行った。


「その様子をテレビや写真をとらせ、貴乃花親方に無視されたという印象を視聴者に植えつけた。ただ、貴乃花親方は『これで終わったわけではない』と話している。協会の対応、処分内容に納得がいかなければ、日馬富士の暴行事件などについて民事訴訟で対抗することも視野に入れている。力士が相撲協会に対して出した誓約書には、暴力を目撃した場合、とめに入り、速やかに師匠の親方に報告するという一文がある。それをテコに貴乃花親方側は日馬富士だけでなく、暴行現場にいた白鵬らの責任も追及できる、と作戦を練っているようだ」(同)



 貴乃花親方と相撲協会のガチンコ勝負はまだまだ続きそうだ。



白鵬、鶴竜は1月の給与不支給 貴乃花親方の処分は持ち越し 伊勢ケ浜親方は理事辞任



 元横綱の日馬富士による貴ノ岩(貴乃花部屋)への暴行問題で、日本相撲協会は20日、臨時理事会を開き、巡業部長として暴行があった事実を知りながら協会に報告を怠っていた貴乃花親方への処分について議論したが、結論がでず、持ち越しとなった。28日に改めて臨時理事会を開く。一方、元日馬富士の師匠だった伊勢ケ浜親方は理事辞任、白鵬、鶴竜両横綱は減給処分となった。白鵬は1月の給料を全額不支給、2月は50%カット。鶴竜1月は全額不支給となった。


 同日午前には横綱審議委員会(北村正任委員長)の臨時会合があり、暴行現場に居合わせた白鵬、鶴竜の両横綱に対し、「厳重に注意すべきと、(協会に)進言をする」との意見をまとめていた。


 また、協会が要請した貴ノ岩の聴取に対し、非協力的な態度を取り続けている貴乃花親方には、「非難に値する」と厳しい声が出ていることを明らかにしていた。貴乃花部屋の関係者がこういう。


「貴乃花親方は暴行現場にいた力士、とりわけ白鵬は共犯だと思っている。止めなかった責任を追及して、日馬富士もあわせて民事訴訟、損害賠償をもとめることも視野に入れているそうです。力士らは協会に暴力が起こった時は止める、親方に報告することなどを誓った誓約書を協会に出さねばならず、白鵬、鶴竜らはこれに違反したと訴えるというのです。さらに自身に処分が及び、来年2月の理事選に出馬できないような事態になれば、仮処分申請などで法廷闘争も辞さない構えだ。万一、そうなった場合、貴乃花一門の別の親方を理事選に出すこともあり得る」
 また、休場が続く貴ノ岩も今のままでは十両どころか幕下など下位に番付が落ちる可能性が高い。貴乃花一門の親方がこういう。
「協会が被害者の貴ノ岩、貴乃花親方に対してあまりに露骨にやるもんだから、貴乃花一門内では八角理事長ら執行部に、すごく不満が渦巻いている。被害者を加害者のように扱うのは、おかしいとの声しきりで、貴ノ岩に相撲協会と日馬富士を訴えさせようかという声も出ている。八角理事長が自ら申し出て減給処分にするという報道があったが、その記事を見たある一門のある親方が『ごまかしだな』と言っていた。年内は貴乃花親方が悪役で終わるかもしれないが、次のラウンドで勝負しようというのが、貴乃花親方の思いのようだ」

何でもありのワイドショー、相撲問題でマジ切れしたカンニング竹山は干される?
連載「言わせてもらいますけどね!」


「相撲協会は貴乃花部屋をつぶしたいんですか?」「これは暴力事件ですから」――。お笑い芸人のカンニング竹山さんが13日のワイドショーで、元横綱・日馬富士の暴行事件で被害者・貴ノ岩の師匠であり、沈黙を続ける貴乃花親方に批判的なメディアと相撲協会を痛烈に批判して話題になった。ネット上では「正論」「よく言った」と賛同が目立ったが、一方で緊迫しすぎたスタジオの様子に「竹山が干されるんじゃないか」「次から降ろされたら」という声も。真相は?



*  *  *


 この日の「直撃LIVE グッディ!」で、相撲協会の人が貴乃花部屋に行ってチャイムを押すんだけど会えずに帰ってくる様子が生中継されました。僕は、なぜわざわざ各局がワイドショーをやっている2時過ぎという時間に行かなきゃいけなかったのか疑問だったんです。報道は貴乃花親方に批判的なものばかりだし、相撲協会のパフォーマンスにしか思えなかった。だから「こんなことやめろ」ってキレちゃって。僕が「マスコミが悪いんだ」って言ったから、ネットでは「竹山がつぶされる」「グッディ最悪」とか書かれていて、「竹山はもう干されてる」っていうニュースまで出てきちゃったりして……。



 違うんだよ。違う、違う! あれはね、自由に喋らせてくれる人がいたってことなの。実際に、僕がワーッと怒り出したときに、予定していたコーナーを2つ飛ばして時間を作ってくれたんです。予定していた段取りが狂うから、現場はバタバタで大変なことになっていましたけど。それでも「ほかの飛ばしていいから、行け!」「そっちのほうが面白い」って指示があったわけです。本音を言うと、僕は怒りながら「グッディ!ってすげえ、カッコイイ」と思っていました。面白いものを作ろうとしているんだって。



 ほかのワイドショーだと、盛り上がってきたところで「次に行って!次!」ってなることもあるから、これはどこでもできるわけじゃないんです。生放送終わってからもグッディ!の番組プロデューサーは「情報番組だからこういうのいいねえ、面白い!」って言ってくれていました。


 だから、飛ばされるもつぶされるも干されるもないの。「テレビでそんなことやったら干されるんじゃないか」とか「飛ばされるんじゃないか」っていうイメージは視聴者が勝手に持ってしまっているだけ。大丈夫だから言ってるのに「大丈夫なの!?」って疑問を持たれちゃって、一方でテレビは予定調和で面白くないって言われてしまっている。テレビって面白いのよ、突然こういうことが起きるから。



 僕はワイドショーって本音を言った方が面白いし、ちょっといかれたヤツもバンバン映したほうが面白いと思っているんです。テレビの中にいる人が「自分は良いと思う」「悪いと思う」と好きなように意見を言う。それを見て、世の中の人が良い悪いを自分で判断すればいいんだから。それがワイドショーなんです。



 いまはワイドショーも変わってきていますよね。相撲協会の人に「なんでわざわざこの時間に?」って言ったのと同じで、松居一代さんの離婚会見も生中継されるように朝のワイドショーが勝負をかける時間を狙って設定されていたと思うし、そうやって利用する人たちも出てきています。



 紙媒体が売れなくなり、週刊誌がネタをワイドショーに売るという新しいビジネスモデルもできました。不倫とか浮気の現場の写真や映像をワイドショーに売って金儲けをするパターンで、ここ2,3年は不倫だ浮気だっていうニュースが続いています。


それで会社員とか一般の人たちの間ではちょっと「不倫ブーム」になっていると思うんですよ。芸能人とか著名人とかやり玉にあがるような人は「こんな時代だから」と自分でストップをかけていると思うんですが、一般の人ってどうなってるの? 一度データを取ってほしいんだけど絶対に増えているよね。不倫報道って正義をかざしているようでいて、「悪」と決めつけていることを世の中にはびこらせているから僕はやらないほうが社会のためだと思うんですよ。



 世の中が変わってきている中で、ワイドショーはチャンスだらけだと思う。面白くなる要素はまだまだあるって考えています。まあ、週に1回の番組だったら変わったことばかり狙ってもいいけど、毎日やってるワイドショーだとそういうことばかりじゃダメなんですよね。普通の日もあって、僕が怒っちゃう日もある。トータルで見て何があるかわかんないよ、って常に思わせる番組じゃないと。



 ただ残念なのは、先週、僕が怒っちゃった回の「グッディ!」はスタジオでもネットでも盛り上がったんだけど、視聴率はさほど良くなかった(笑)。翌日のほうが伸びていて、前の日が話題になったから翌日見た人が多かったと僕は思いたいんだけど……。さて、今日はどうなるでしょうか



おまけ