ニュースが好き

政治でも経済でもアニメでもニュースなものが好きです。

★7/13(木) 【虎ノ門ニュース】有本香・竹田恒泰&7/12「都議選自民大敗の裏で民進党は崩壊?支持母体「連合」が狙う政界再編!旧田中派をどう取り込むか?」山村明義のウワサの深層&Twitterピックアップ(若干書き起こしメモ)

【DHC】7/13(木) 有本香・竹田恒泰・居島一平【虎ノ門ニュース】

00:02:24 オープニングトーク
00:03:22 番組スタート
00:05:00 有本香氏・竹田恒泰氏オープニングトーク
00:11:57 タイトル
00:15:00 心肺停止の4人全員の死亡確認 九州豪雨死者29人に
00:15:50 九州豪雨を激甚災害指定へ 復旧事業補助率かさ上げ
00:25:32 前次官「無理強いられた」 政府否定 かみ合わず
00:44:38 蓮舫氏 戸籍公表の意向 「二重国籍」問題で
00:51:13 豊洲観光拠点 撤退検討も 運営会社 築地再開発に 
01:00:29 都民ファ 新幹事長ら決定 小池知事は役員会外れる
01:01:14 国政進出 動き加galも 都民ファ躍進で若狭氏
01:09:53 強力ありもと(井本勝幸氏) 
01:27:39 メール紹介
01:29:18 尖閣諸島のお天気
01:31:52 トラ撮り!(丸善さん)
01:36:07 トラ撮り!(娘と神宮参拝)
01:37:24 トラ撮り!(プラスチックを食べるイモムシ)
01:46:23 知事派後退 過半数割れ 那覇市議選 翁長氏打撃
01:55:45 首相 大幅改㐀を検討 岸田外相 退任意向 


◆ ◆
竹田「加計 贈収賄は問題だが、これは単にお友達だというだけ…なお、安倍首相は返事が不器用かなと。」
「今の野党は当たり屋のようになって…実際はなにもない。」
有本「民進党の福島(伸享)さんは、こんなので名前を売っても…」


【蓮舫戸籍公開】
有本「何事も資格要件がある。これを人権問題、差別とか何でそういう思考回路になるのか」
竹田「日本国籍取得してないかも知れないという疑惑な訳で差別でも何でもない」
有本「自民党の小野田議員が戸籍公開した際に差別云々と騒いだか?何で蓮舫の時だけ?まさに二重基準」



豊洲の商業施設、運営会社が撤退の可能性 採算性に疑念
(あるT)
小池氏の選挙のための八方美人策はこんな問題を生む。二兎を追う者は一兎をも得ず



◆ ◆
【日本の解き方】自民党内政局は激化するのか? 石破氏は小池旋風を取り込めるかがカギ握る、補正予算と経済政策が焦点に (1/2ページ)
石破氏を支持するグループの数は多くない。ただ… 石破氏を支持するグループの数は多くない。ただ…
 東京都議選で自民党が大敗したことを受けて、安倍晋三政権に対する批判の声が自民党内からも出始めた。本格的な「安倍降ろし」につながる可能性はあるのか。その場合、有力な後任候補はいるのだろうか。


 都議選では、自民党も負けたが民進党も負けた。この意味で、政局と言っても政権交代ではなく、自民党内の話となる。時の権力者が弱ったとみえると生じるもので、かつての自民党内ではよくみられた現象だ。


 都議選直後に安倍首相が、麻生太郎副総理、菅義偉官房長官、甘利明・前経済再生相と会談したのも、こうした動きを見越して党内体制を固めるためだ。


 自民党の国会議員は衆参合わせて400人超で党内の勢力図は、細田派96人、額賀派55人、麻生派59人、二階派43人、岸田派45人、石破派19人、石原派14人という状況だ(首相と衆参両院議長を除く)。


 細田派、麻生派、二階派を取り込めば、数の上で政局は起きにくい。また、岸田文雄外相は「安倍首相からの禅譲狙い」との観測もある。とはいえ、政治は一寸先は闇だから、何が起こるかわからない。


 こうした数の話は政治の常識であるが、政局をあおりたいマスコミは、「反安倍」の政治家の露出を高めて政局ムードを作り出す。いってみれば、マスコミ発のムードに一般国民も乗ってくると、政治家が焦りだして、政局の流れが作られることもなくはない。最近、石破茂氏が多く露出するのはマスコミの仕掛けだろう。


 石破氏を支持するグループの数は多くない。ただ、政治の世界では、数が少なくても主導権を握れる場合もある。それはより大きな流れをつかむときである。今の石破氏は、小池百合子東京都知事の勢いを取り込めるかどうかが重要になる。


都議選は結局のところ、「小池旋風」であった。たしかに選挙結果はすごいものだった。小池氏は自民党時代、清和会に所属して安倍首相と近かった。小泉政権では環境相、第1次安倍政権でも総理補佐官、防衛相を歴任している。


 ところが、2012年9月の自民党総裁選で小池氏は当初、安倍首相支持と思われたが、結果として石破氏を支持した。こうした経緯から、石破氏が小池旋風を取り込めば、政局に持ち込めるだろう。


 この点以外では、石破氏は大きな流れをつかみにくい。というのも、政局のカギを握ることが多い経済政策で、石破氏は「反アベノミクス」という立場である。本コラムに書いたように、反アベノミクスではデフレ再来、雇用不安になる可能性が高い。となると、安倍政権を引きずり下ろしてまで、という民意は形成されにくいだろう。実際、アベノミクスの恩恵で就職不安のない若者の間では安倍政権の支持率は高い。


 これから、安倍政権は内閣改造を行い、秋の臨時国会に備えるだろう。そこでは、各党の憲法試案が出そろうとともに、補正予算が焦点となる。経済政策の議論では「反安倍」側は分が悪い。政局になるかどうかは、補正予算、経済政策次第だろう。(元内閣参事官・嘉悦大教授、高橋洋一)



→要約
【日本の解き方】
自民党内政局は激化するのか? 石破氏は小池旋風を取り込めるかがカギ握る、補正予算と経済政策が焦点に


石破氏を支持するグループの数は多くない。ただ… 石破氏を支持するグループの数は多くない。ただ…


都議選 自民党も負けたが、民進党も負けた。
 東京都議選で自民党が大敗
→大敗を受けて、安倍晋三政権に対する批判の声 自民党内からも出始めた。
 政局 ただし民進党が負けているので、政権交代ではなく、自民党内の話
(時の権力者が弱ったとみえると生じるもので、かつての自民党内ではよくみられた現象)
都議選直後に安倍首相が、麻生太郎副総理、菅義偉官房長官、甘利明・前経済再生相と会談した。理由は党内からの安倍政権に対する批判を見越して、党内体制を固めるためである。



(ポイント)
本格的な「安倍降ろし」につながる可能性はあるのか。
「安倍降ろし」後の、有力な後任候補はいるのか



自民党内勢力図
自民党の国会議員は衆参合わせて400人超。
(首相と衆参両院議長を除く)。
細田派96人、
額賀派55人、
(※竹下登派→小渕恵三派→橋本龍太郎派→津島雄二派→額賀福志郎派)
 (主な議員 船田元、小渕優子、金田勝年、茂木敏充、佐藤正久など。)

麻生派59人、
志公会 麻生派(為公会)、山東派(番町政策研究所)、谷垣グループ(有隣会)の一部議員による分派である天元会が合流して結成。自民党第2派閥となる。
(主な議員 麻生太郎 山東昭子、鴻池祥肇、高村正彦、甘利明ほか)

二階派43人、
志帥会(村上・亀井派→江藤・亀井派→亀井派→旧亀井派→伊吹派→二階派)。
(主な議員 河村建夫、伊吹文明、今村雅弘、金子恵美、西川公也ほか)



岸田派45人、ほか主な議員 菅義偉、小野寺五典、塩崎恭久、山本幸三、林芳正
宏池会(注 宏池会は岸田派と谷垣派に分かれているもよう)
(※池田派→前尾派→大平派→鈴木派→宮沢派→加藤紘一派→古賀派→岸田派)
加藤紘一→加藤派→旧加藤派→小里派→谷垣派
    →旧堀内派→丹羽・古賀派→古賀派→岸田派
※2017年5月時点での谷垣グループの人数は26名とされているもよう。中谷元など。志公会?




石破派19人、
水月会(主な議員 山本有二、鴨下一郎、田村憲久、平将明ほか)→若狭勝は元ここ。
石原派14人
 山崎拓→近未来政治研究会(石原派)野田毅



ざっくりしたイメージ

細田派、麻生派、二階派を取り込めば、数の上で政局(安倍降ろし)は起きにくい。
岸田文雄外相は「安倍首相からの禅譲狙い」との観測もある。⇒菅さんとかはどうなるのか?

政治は一寸先は闇だから、何が起こるかわからない。
数の話は政治の常識だが、政局をあおりたいマスコミは、「反安倍」の政治家の露出を高めて政局ムードを作り出す。
マスコミ発のムードに一般国民も乗ってくると、政治家が焦りだして、政局の流れが作られることもなくはない。
最近、石破茂氏が多く露出するのはマスコミの仕掛け。



 石破氏を支持するグループの数は多くない。
ただ、政治の世界では、数が少なくても主導権を握れる場合もある。
それはより大きな流れをつかむときである。

今の石破氏は、小池百合子東京都知事の勢いを取り込めるかどうかが重要になる。



都議選は結局「小池旋風」であった。たしかに選挙結果はすごいものだった。
小池氏は自民党時代、清和会に所属して安倍首相と近かった。
小泉政権では環境相、第1次安倍政権でも総理補佐官、防衛相を歴任している。



 ところが、2012年9月の自民党総裁選で小池氏は当初、安倍首相支持と思われたが、結果として石破氏を支持した。
こうした経緯から、石破氏が小池旋風を取り込めば、政局に持ち込めるだろう。


 この点以外では、石破氏は大きな流れをつかみにくい。

というのも、政局のカギを握ることが多い経済政策で、
石破氏は「反アベノミクス」という立場である。
反アベノミクスではデフレ再来、雇用不安になる可能性が高い
となると、安倍政権を引きずり下ろしてまで、という民意は形成されにくいだろう。
実際、
アベノミクスの恩恵で就職不安のない若者の間では安倍政権の支持率は高い



 これから、安倍政権は内閣改造を行い、秋の臨時国会に備えるだろう。
そこでは、各党の憲法試案が出そろうとともに、補正予算が焦点となる。
経済政策の議論では「反安倍」側は分が悪い。

政局になるかどうかは、補正予算、経済政策次第だろう。
(元内閣参事官・嘉悦大教授、高橋洋一)






◆ ◆
後編【7月12日配信】山村明義のウワサの深層「都議選自民大敗の裏で民進党は崩壊?支持母体「連合」が狙う政界再編!旧田中派をどう取り込むか?」かしわもち【チャンネルくらら



前編【7月5日配信】山村明義のウワサの深層「都議選自民惨敗!予想47議席⇒23議席まで激減!戦犯はあの人!?そして民進党は分裂?蓮舫は他人事?政界再編の波が・・!」 かしわもち【チャンネルくらら】





【伊藤惇夫】 くにまるジャパン 極 2017年7月13日


石破と前原は仲が良い。鉄道仲間。



馬渕睦夫『和の国の明日を造る』第55回 「テーマ:米露首脳会談から見えてきたこと」



(アノニマスポスト)
香山リカ「蓮舫に戸籍を出させようとしてる人たちは『日本すごい』の幻想を持った差別主義者」
~ネットの反応「自民の小野田(紀美)の時に同じこと言ってねえだろこいつ」
「相変わらず論点ズレてんなぁ」「特権階級なのに差別」


→(RT)
二重国籍は特権になりうるわけで、明らかに不公平。差別となり、法の下の平等に反する。
二重国籍者は単国籍者より有利。
公職選挙法に違反していないか確認するため公開は必要。国籍不明者が国の最高機関で国政妨害のほうが異常事態。
国会議員になるには国籍法を守ってる事が大前提。


ちなみにその小野田紀美氏の考え方は以下の感じ…
(アノニマスポスト)
自民党・小野田紀美「加戸前愛媛県知事のご発言が今回のお話の本質であり、その大切な内容を取り上げないメディアの姿勢が理解できません」

~ネットの反応「視聴者がマスコミの異常さに気がついて声を上げて動き出さない限り、この状況は変わらない」


報道しない自由が、行使され続けているのはメディアが守られている既得権益だからで、特に50年新規参入のないテレビの電波利権解消こそが最優先事項です。今まで放置してきた与野党に責任があります


(アノニマスポスト)
< #テレビが絶対に報道しないニュース >
【超正論】トランプ大統領「メディアが『情報筋によると』と言う時は捏造か、存在しないことを覚えておいてほしい」

~ネットの反応「知ってた」「『という声も聞かれそうだ』これもそうなって欲しい願望」


◆ ◆おまけ◆ ◆
久保田早紀 ♪異邦人♪



山下 達郎  RIDE ON TIME