ニュースが好き

政治でも経済でもアニメでもニュースなものが好きです。

★7/7上念司の経済ニュース最前線「北朝鮮がICBM完成?! トランプのレッドラインは?日欧EPA合意で日本ワイン世界へ? 日経平均2万円切りの理由」(若干書き起こしメモ)

【7月7日配信】上念司の経済ニュース最前線「北朝鮮がICBM完成?! トランプのレッドラインは?日欧EPA合意で日本ワイン世界へ? 日経平均2万円切りの理由」桜林美佐




【言論アリーナ】『集団的自衛権の思想史』を読む




Twitterピックアップ



◆◆


“安倍辞めろ”の先にある「失われた20年」とデフレの再来 雇用悪化で社会不安も高まる 高橋洋一 日本の解き方2017.7.7 



 東京都議選では、安倍晋三首相が街頭演説を行った際に「“安倍辞めろ”コールが起きた」などと報じられた。選挙の大敗を受け、仮に党内で安倍降ろしが加速した場合、金融政策や財政政策はどうなるのだろうか。


 自民党内で安倍政権に反対する人たちの中では、石破茂・前地方創生相が筆頭格だろう。経済政策では「反アベノミクス」を鮮明にしている。


 本コラムでも取り上げた自民党内の反アベノミクス勉強会がある。財務省OBの野田毅・前党税制調査会長が代表発起人を務めるこの勉強会には、石破氏も参加した。6月15日に開かれた2回目の会合の後、石破氏は「原油安と円安に頼る経済政策であってはならない」とアベノミクスを牽制したという。


 アベノミクスは、基本は「第1の矢」の金融政策によって失業率を下げる政策なので、石破氏は全く的外れのことを言っているわけだ。それもそのはずで、講師として来たエコノミストは、「金融緩和するとハイパーインフレになる」などと論じていた人で、そうした予想と現実は全く異なる動きとなった。


 別の講師には「消費増税しないと国債暴落」と主張していたエコノミストもいたが、これも実状と大きく異なる。的外れの政治家と的外れのエコノミストで、類は友を呼んでいる状況というべきだろうか。


 一方、安倍政権では、ノーベル賞学者であるスティグリッツ氏やシムズ氏を呼んでいる。彼らは「日本の財政問題はそれほど悪くなく、財政出動が必要だ」との見解だ。彼らは、政府の財政状況をみるとき、“子会社”である日銀を含めた「統合政府」のバランスシート(貸借対照表)で判断すべきだとしている。


これは民間企業の財政状況をみるときと同じである。理論的には、財政再建目標は債務残高対GDP(国内総生産)ではなく、ネット債務残高対GDPを低位に保つのが重要だ。となると、異次元緩和により、日銀が保有している国債は400兆円以上になってきたので、現状で統合政府ベースでのネット債務残高対GDPはほぼゼロになった。こうした状況では、そもそも財政を気にする必要がないということになる。


 だが、もし石破氏が政権を握れば、マクロ経済政策では反アベノミクスなので、具体的には金融引き締めと財政緊縮路線に動くだろう。特に、2019年10月に予定されている10%への消費増税については、予定通りの増税実施を主張すると思われる。


 安倍政権は、14年4月の8%への消費増税という政策ミスはあったが、その後は再増税を思いとどまり、日銀はデフレ克服の処方箋として正しい金融緩和を続けている。その結果、雇用環境は歴代政権でも最高レベルのパフォーマンスになった。


 反アベノミクスの先にあるのは「失われた20年」とデフレの再来で、雇用も確保できなくなるだろう。失業率上昇に伴って自殺率が上昇し、強盗などの犯罪も増える。社会不安が高まるようになるだろう。 (元内閣参事官・嘉悦大教授、高橋洋一)


◆ ◆
「最高位」格付け取得しても…AIIBが信用されないワケ 国際通貨になれない人民元 


アジアインフラ投資銀行(AIIB)が米格付け会社ムーディーズから最上位のAaaの格付けを取得したと報じられた。


 かつて、本コラムでAIIBの資金調達力、特に資金調達レートの高さに関する疑問を書いた。なぜ、AIIBに資金が集まらないかといえば、中国にはまだ信用力がないからで、その資金調達レートが高いからだ。


 AIIBの融資には、最大の出資国である中国の信用力が反映されるが、その信用力は日本や米国などと比較すると依然低いとし、その結果としてAIIBの債券が、国際金融機関としては異例の「格付けなし」の状態に陥っているとも書いた。


 読者の中には、AIIBが格付けを取得できたのだから、資金調達力の問題がクリアできたと勘違いする人もいるかもしれない。しかし、格付けはその背後にいる国の信用力があって初めて意味が出てくる。


 AIIBや中国が何らかの働きかけを行ったのかは不明だが、市場原理にそぐわない高い格付けを得ても信用を得られるものではない。




 リーマン・ショックを生んだサブプライムローン問題では、格付けに対する不信感を招く事態もあった。日米の後押しがないAIIBでは、いくら良い格付けになっても実際の資金調達レートは低くならないだろう。


 AIIBの貸出レートは日米が後ろ盾になっているADB(アジア開発銀行)の貸出レートより1%も「割高」になっていたし、これからも変わらない可能性もある。せっかくアジア経済を支援するために設立されたにもかかわらず、逆に余計な「負担」を掛けてしまっているのだ。


AIIBがそんな体たらくでは、その動きに連動してアジアで人民元の存在感を高めることなどできない。もし仮にAIIBが軌道に乗ったとしても、筆者の見立てでは当分の間、人民元が国際通貨になることはなさそうだ。それは中国の体制が政治的自由や民主主義を認めず、経済的自由も達成できない一党独裁だからにほかならない。


 ドル、ユーロ、ポンド、円など、国際通貨というものは、国際取引や為替取引に使用される通貨のことだ。国際通貨としての機能を果たすためにはいくつか条件がある。まず、経済大国であること、発達した為替・金融資本市場を持つこと、そして対外取引の自由・透明性が確保できていることだ。


 これを人民元に当てはめてみると、国際通貨にはまだとてもなれないことがよくわかる。為替・金融資本市場はまだ発達途上だし、対外取引自由には依然不透明な部分が残るなど経済的自由が達成されているとはいえないのが実情だ。


 為替の自由化は資本取引の自由化と背中合わせだ。これを進めるには国有企業の抜本的な改革が必要だが、もし国有企業が民営化すれば、今度は政党選択という「政治的自由」を国民は求めるだろう。こうした自由なしで、AIIBを国際機関にしようとするのは無理な話だ。(元内閣参事官・嘉悦大教授、高橋洋一)



◆  ◆
(アノニマスポスト)
米当局がJPモルガン、シティバンクなど主要8行の北朝鮮資金差し押さえへ、取扱額800億円超
~ネットの反応「いいね!日本もやろう! パチンコマネー差し押さえ!」「北朝鮮への献金がばれた共同通信やばいやんwww」「辻元の私財も没収」


(アノニマスポスト)
「人権侵害を繰り返すマスメディアに報復をするため」 
生放送中のラジオ局にハンマーでガラス割って侵入松田吉弘容疑者(54)逮捕

 ~ネットの反応「人権活動家コエーーー」「虎ノ門ニュースも気をつけないと」


(アノニマスポスト)
【共同通信】あふれるフェイク、真実はどこ? 我那覇真子さんは「主流メディアは、自分たちの立場に不都合なことは報道しない」と話し、「報道しない自由」と呼ばれる問題を指摘
~ネットの反応「共同がこんな記事書くとか、相当追い込まれてるな」


→(RT)確かにネットには嘘も紛れこんで居るけど、嘘ばっかりのマスコミよりは信じられる。


(アノニマスポスト)
【日米韓】 韓国メディア「トランプと文在寅のネクタイの色が同じ!ウリたちの勝利ニダ!安倍だけ仲間外れ」
~ネットの反応「どーでもいいわ」「根っからの奴隷なんすねぇ」「勝利条件がよくわからん」


パヨク「アベのせいで年金溶けた!」
→GPIF、2016年度の運用益はプラス8兆円 累積で53兆円の黒字
~ネットの反応「パヨクが言うことの正反対を信じると大体あってる」「なおマスコミは一切報道しません」


◆  ◆おまけ◆ ◆
さらばシベリア鉄道 (1980.11.21) - 太田裕美 Hiromi Ōta



夢一夜