ニュースが好き

政治でも経済でもアニメでもニュースなものが好きです。

★百田尚樹一橋大講演中止の経緯につき(外国特派員協会会見)



これまでのことのまとめみたいなもの。


質問で反対が1万人ぐらい集まったといったが、
もしこの反対が一橋関係者以外(とくに学生以外)で多ければ、
大学学生自治会側が自主的に行おうとしていただけに
反対署名は極めて悪質なものになる。調査してほしいものだ。




政府批判で罰せられた人がいるってどこの情報?
日本は政府批判を堂々としているよ。


日本では、マスコミ(ORスポンサー、電通)を批判した文化人をマスコミはすさまじく攻撃する。
思想の右左は関係ない。
 山本太郎しかり、上杉隆しかり。


井沢元彦と朝日新聞の関係は有名。
 井沢は朝日に殺されかけたみたいなことをいっている。
  (IRONNAだったかで書いていたと記憶する。)
 井沢元彦の超・大ベストセラーでだれでも知っているのは「逆説の日本史」だが、
 この「逆説の日本史」が朝日新聞で紹介されたことは一度もない。
 それだけひどい確執がある。


百田氏も同じ。
 映画「海賊と呼ばれた男」のとき、百田尚樹氏は舞台公演もなければ、
 原作者だれそれってテロップもなかったような(あったが気がつかないレベルか)



◆  ◆
田中龍作の論理はアウト
百田氏はテレビは一部切り取りじゃないか。
 映像全体をみると日本の国旗とかがあった。
 つまり安倍首相の話をまじめにききに来た人もいたんじゃないかと推測してる。

ところが、テレビをみるとそういう国旗とかが全然映っていない。
 そうすると、安倍首相の話をまじめにききに来た人もいたんじゃないかという推測が働きにくくなる。
 全員が全員その現場にいけるわけじゃないので、視聴者は映像で判断するしかない。
 だったら、視聴者には本来だったら切り取りせず、全体像を映すべきじゃないか。
 (まったく至極当然の理論)


田中氏(フリーランス、フリーのジャーナリスト)の理論
 「私はその場所にいった。四方から安倍首相に対する批判があった。
 現場にいってないのに想像でいう百田さんはフェイクニュースだ。」
(管理人の考え)
 ⇒四方からその声が聞こえた。これは田中氏がいうとおり事実だとしよう。
 で問題だが、現場にいったジャーナリストが伝えるべきは「四方からその声が聞こえた」と伝えることではなく(聞こえたと伝えるだけなら小学生でもできる)、
その声は反安倍派に先導されたものでなく、自然に巻き起こった声だったどうかの確認。これを確認することからこそ、真実のジャーナリズムじゃないかな。


だから質問する側も「私はそこの現場にいて、聞いていたけど本当に自然に巻き起こった声なんです。私はサヨクっぽく思われているジャーナリストです。だから、あとで『あんたサヨクだから反安倍だろ』とか色眼鏡でみられないようにするため、できるだけ客観的な方法で、幅広いたくさんの人にインタビューしました。…結果、安倍さんを批判する声が大きかったですね…。」ぐらいいわないとね…。


 籠池氏は手に文言書いていた。あれはつきつめると、誰かからこういえといわれて、それを忘れないようにするため手に書いていたともみえるわけで…
 そうなると「帰れ」コールは、計画的な先導型となりそうで…
要はそういうところまでの確認してから、フェイク云々いってほしい。
(だからこそメディアで従事している人は尊敬されるんであって、田中龍作氏の言い分は単なるスピーカーかと。)


 それとジャーナリスト的な名前を名乗るなら、
言論の自由を守る意味でも「コールは絶対にやめてください」とかいうべき。
それを言わない時点で、偽物のジャーナリストかと。


 




◆  ◆




なお、きょうのNスタで与良氏は、
都議選での安倍氏の演説で、一部サヨク的な一団が「帰れ」コールをしたことを取り上げながら、これに対し、なにも批判をしませんでした。


メディアの矜持として、表現の自由を重視するのなら、
「政治的表現の自由を守ることは国民の人権を守るうえでとても大切です。
 たとえ、安倍さんのことが憎くても、安倍さんの演説は政治的表現として守られるべきである以上、邪魔をする行動は許されません。こんなコールは絶対にやめてください」というべきです。


与良氏は一体何者なんですか。
一応、メディア出身でニュース解説で出てくるの知っていますが、
結局、そのキャリアは全部偽ものなんでしょうね。



◆  ◆ おまけ◆ ◆
MAX - TORA TORA TORA



マックス
 
セブンティーズ