ニュースが好き

政治でも経済でもアニメでもニュースなものが好きです。

★文藝春秋 7月号 「驕れる安倍一強への反旗」&国会6/9 青山繁晴 6/8和田政宗6/9プライムニュース「トランプの件」、羽鳥モーニングショー2017年6月2W(若干書き起こしメモ)



百田尚樹氏「講演会中止」に「共感」した有田芳生議員に集まる批判
6/9(金)
■言論弾圧と非難された議員
 6月10日に一橋大学の学園祭で開催される予定だった百田尚樹氏の講演会が中止に追い込まれたことが、大きな波紋を呼んでいる。中止の理由は警備上の問題だとされているが、そもそも単なる講演会でそのような問題が懸念されること自体、異常な事態だと言えよう。


  この件に関連して、批判を浴びているのが民進党の有田芳生参議院議員である。


  和田政宗参議院議員は、ブログでこのように批判している。


 「百田尚樹さんの一橋大での講演会が中止という由々しき事態に。
  有田芳生氏が中止を求める活動を支援拡散。
  まさに言論弾圧。
  日頃ことあるごとに『言論弾圧だ』と言う人達が、自らの意に沿わないものを躍起になって潰しにかかる。」


  こうした批判に対して、当の有田議員は、産経新聞の取材に対して「ネット上で行われていた署名(運動)に共感する一人として賛同しただけです」と答え、講演中止運動に「介入」なんかしていない、と自身の立場を主張している。


  有田氏が言うネット上の署名運動とは、「反レイシズム情報センター(ARIC)」という団体が呼びかけたもの。その呼びかけの冒頭には、


 「一橋大学KODAIRA祭は差別禁止ルールをつくり、テロと差別を煽動する百田尚樹氏に絶対差別をさせないでください。または企画を中止してください」


  と大きく書いてある。
  有田議員が、この呼びかけを10万人近いフォロワーを誇る自身のツイッターで「賛同をお願いします」という文言とともに紹介しているのは事実である。「介入」をしたかどうかは言葉の定義によるが、少なくとも運動を広めるのに貢献したと言われても仕方がないところだろう。
  そして、有田議員も「共感」したことは認めている。
  ではなぜ、この行為が「言論弾圧」と批判されるのだろうか。
.


■無期限延期か中止を呼びかける
 ARICの呼びかけを読むと、同団体が百田氏の言動に対して強い反発、不信感を持っていることがよくわかる。
 「百田尚樹氏は、悪質なヘイトスピーチ(差別煽動)を繰り返してきました」と述べたうえで、百田氏の過去の発言、ツイートを具体例として挙げている。
  そのうえで、呼びかけをこう締めくくっている。
 「百田尚樹氏講演会『現代社会におけるマスコミのあり方』に関しては、百田氏が絶対に差別を行わない事を誓約したうえで、講演会冒頭でいままでの差別煽動を撤回し今後準公人として人種差別撤廃条約の精神を順守し差別を行わない旨を宣言する等の、特別の差別防止措置の徹底を求めます。同時にこの条件が満たされない場合、講演会を無期限延期あるいは中止にしてください」


  つまり、講演会に際しては、百田氏が「絶対に差別を行なわない」ことを誓約させ、さらに過去の発言を撤回し、今後の行動についても誓約をさせよ、それができなければ講演会を「無期限延期」「中止」にすべきだ、という主張である



■団体側の懸念と主張
 この結論に至るまでに、団体側はかなり長い文章を書いているが、ここでは話をわかりやすくするために、主張をシンプルにまとめてみよう。
(1)百田氏の発言には差別的なものが多くあり、違法性すらある。
(2)このような人物が大学で講演会を開くと、差別を煽動する可能性がある。それをもとにしたテロすら懸念される。
(3)そうした発言をする可能性のある人物に、発言の機会を与えることには大きな問題がある。
(4)従って、予防措置を取る必要がある。具体的には本人の誓約であり、それが出来ないならば講演は許されない。
  こうした主張に対して、有田議員は「共感」をしたことになるのだが、ここで彼の普段の活動を知る人は、妙な違和感を抱くかもしれない。


  民進党所属の有田議員は、政府が成立を目指している「テロ等準備罪」の廃案を目指して、日夜汗を流している。反対の急先鋒と言ってもよい。当然、この法案についても「共謀罪」というネーミングを一貫して用いている。
.
■「共謀罪」はダメなのに
 この「共謀罪」に反対する人たちの典型的なロジックは以下のようなものだ。
 「何が合法で何が違法なのか、権力側が恣意的に決めることができるのは危険だ」
 「ちょっと不穏当なことを言ったり、思ったりするだけで取り締まりの対象にするのは危険だ。監視国家になってしまう」
 「国民には思想、信条の自由がある。そうした内心にまで踏み込んで裁くのは危険だ」
  和田議員はじめ、有田議員の言動に一貫性を感じない人が違和感を持つのはこの点だろう。


  上の団体の主張をもう一度見てみよう。


  まず(1)の「百田氏の発言」が問題だ、と判断しているのは、あくまでもARICという団体や、その支援者、有田氏のような共感者であって、百田氏自身も含め「問題ない。まったく差別にはあたらない」と捉えている人も多くいる。つまり人によって見方が分かれているにもかかわらず、「問題だ」という意見のみを正解としたうえで、(2)~(4)の論理は展開されていることになる。


  その(2)~(4)は、それこそ「共謀罪」に反対する人たちがもっとも懸念する展開であろう。


  なにせ危ないことを「言う可能性」があり、それによって何かが「煽動」される可能性がある、だからその人の行動を予防的に「制限」せよ、というのだ。しかも、その発言が問題があるかどうかを決めるのは、どうやら団体側にあるということのようだ。


 「居酒屋で、気に入らない上司を殴ってやろう、と盛り上がっただけで、警察の捜査対象になる可能性があるんですよ!」


  というのは、「共謀罪」反対派がよく用いていた例であるが、まさに有田氏はそうした行き過ぎた予防措置に対して「共感」し、その運動を拡散するのに一役買っていたことになるのではないだろうか。


■歴史に学んでいるのはどちらか


 言論封殺の件について、百田氏は著書『大放言』で次のように述べている。


 「我々は成熟した自由な社会に生きている。言論の自由のない共産国家で生活しているのではない。誰もが自由に発言できる社会のはずだ。『問答無用』で発言を封じるのはやめにしようではないか。
  かつて『五・一五事件』で、血気にはやる海軍の青年将校たちは、軍縮を進める犬養毅首相を射殺したが、『話せばわかる』と言った首相に対して、『問答無用!』と叫んで彼を射殺した。この事件の後、政府は軍部の暴走を抑えることができなくなり、やがて大東亜戦争に突入した。
  言葉の自由を失った国はやがて滅びる。皆が一斉に同じことを言い、一斉に誰かを攻撃する時代も同様だ。
  それにどこからも突っ込まれない意見や、誰からも文句の出ない考えというものは、実は何も言っていないのと同じだ。鋭い意見と暴論は実は紙一重なのである。
  だから、皆さん、もう少し心を大きく持とうではないか」
  有田議員をはじめとする「共謀罪」反対の人たちは、「戦前に戻る」ことを真剣に心配しているようだ。しかし、百田氏と有田議員のどちらが歴史に学んでいるのだろうか。


デイリー新潮編集部
2017年6月9日 掲載


(管理人の感想
百田尚樹氏「講演会中止」という注目の題材を取り上げているのはいいが、わかりにくい文章だった。)


◆  ◆


◆  ◆


【小池百合子につき】
(あるT)
小池氏には豊洲に移らない選択肢はない。中止した場合、豊洲移転に備えた業者設備の買取が300億、企業債の返還3500億。移転を中止したことに正当性はなく法的にも問題で議会も通さず独断で決めた。これから逸失利益の訴訟も起きる。あらゆる損害は小池氏が1人で背負えばよい(有本氏)



【石田英司につき】
(500円)
石田英司は、政治家や芸能人の不倫や疑惑を散々叩き続けておいて、自分が愛人囲って、5億円の脱税したNPO法人「西宮障害者雇用支援センター協会」の理事長から、愛人同伴の海外旅行接待を受けて、同NPO法人を賞賛する番組まで放送しておいて、15秒間謝罪して何の責任も取らないのかよ


和田政宗の正論!「まさに詰将棋。前川スケ平の乱、終局へ」高画質 国会中継 2017年6月8日


国会6/9 青山繫晴 政府が拉致被害者の現状をどこまで把握しているのか


プライムニュース 2017年6月09日 170609「トランプの件」


羽鳥慎一モーニングショー 2017年6月9日 170609 


羽鳥慎一モーニングショー 2017年6月8日 170608



羽鳥慎一モーニングショー 2017年6月7日 170607


羽鳥慎一モーニングショー 2017年6月6日 170606


羽鳥慎一モーニングショー 2017年6月5日 170605


★文藝春秋 7月号 「驕れる安倍一強への反旗」


【特集】驕れる安倍一強への反旗


<前川喜平前文科事務次官手記>


わが告発は役人の矜持だ


官邸の圧力、天下り問題、醜聞報道……私に起きた出来事のすべて


加計が食い込んだ下村元文科相夫妻 森功


安倍改憲案 読売新聞には驚いた 石破茂


教育国債はありえない、消費税では遅すぎる
小泉進次郎「こども保険」が必要だ


田村憲久/木原誠二/小泉進次郎
習近平が180度方針転換した 富坂 聰
トランプとロシア 深すぎる絆 神谷秀樹
私が見た金正日と金正恩の違い (元外務事務次官)藪中三十二


◎都議選で「政治家総とっかえ」を実現する
小池百合子[手記]私の政権公約

自民幹事長すべての疑問に答える 二階俊博


[深層ルポ]都議選で生じた「自公亀裂」の行方 神田正大


年金<GPIF>は「物言う株主」になれ 池上 彰×村上世彰


[深層ドキュメント]東芝「倒産」までのシナリオ 大西康之



人生の師、仕事の師、学問の師……22人の弟子が秘話を明かす
【大型企画】わたしの師匠

松下幸之助 信長でも秀吉でも家康でもなく   野田佳彦
丸山眞男 「歴史をつくるのは少数者だ」   三谷太一郎
石原裕次郎 ワイキキを肩を組んで歩いた   峰 竜太
井上ひさし 絶対に妥協しない“悪意の作家”   野田秀樹
田部井淳子 普通のおばさんであり続けた   市毛良枝
後藤田正晴 カミソリが愛した「夢の国」   的場順三
千代の富士 最後の指導で飛ばした檄   九重龍二
黛 敏郎 楽譜に染み込んだコロンの香り   千住 明
やなせたかし 「逆転しない正義」のヒーロー   梯久美子
新藤兼人 「人間と人間の対立を描け」   田渕久美子
吉本隆明 「生活人」の門前の小僧として   糸井重里
蜷川幸雄 本番前、誰より緊張していた   鈴木 杏
司馬遼太郎 お手伝いさんへの小説指導   村木 嵐
中村 清 トイレの中まで入ってきた   瀬古利彦
丹下健三 岡本太郎さんとは正反対   磯崎 新
小山内美江子 「金八先生」は人生観の結晶   名取裕子
黒田 清 ユニークな発想と魔法の筆   大谷昭宏
大平正芳 「君はヒンクを経験している」   古賀 誠
徳間康快 歴代総理が気にした日記   鈴木敏夫
田辺聖子 しゃべるように書く人   綿矢りさ
相米慎二 一度もOKをくれなかった   永瀬正敏
星野哲郎 歌いたくなかった「マーチ」   水前寺清子



歳を気にしない生き方こそ大切だ


90歳? 年齢なんか忘れなさい!
外山滋比古・93歳 ×加藤恭子・88歳



◎国立がん研究センター理事長が「新見解」を解説する
「高齢者と抗がん剤」の真実 中釜 斉



フジ日枝久独占告白 社長交代劇の内幕 森功


松山英樹 強さの秘密は「教わる力」 丸山茂樹



「女性宮家議論」を先送りすべきではない
眞子さま降嫁で皇族が消える日 保阪正康/所功/岩井克己


「天皇退位」有識者会議の内実 (座長代理)御厨 貴



2050年 驚異の技術が世界を変える D・フランクリン×船橋洋一


宇宙の謎がどんどんわかってきた 布施哲治


70歳からの「スマホ安心8カ条」 石川結貴


[考えるルポ]
シェアリングエコノミーって何だ? 髙橋秀実


[この人の月間日記]
今日、うまれた感情が宇宙だとしたら 益田ミリ


[50年後のずばり東京11]
インド人エリートが集う街 佐々木実


[地方は消滅しない11]
奈良県野迫川村 葉上太郎



[第1回]大宅壮一メモリアル日本ノンフィクション大賞発表



大噴火の予兆 日本再生74・立花 隆


人工知能時代と人間・山崎正和


草の根交流が日米関係を強くする・ジェイソン・P・ハイランド


ゾンビなんか怖くない・椎名 誠


紛争地域の手術室から・白川優子


古代天皇の住まいと皇位継承・武澤秀一


西之島上陸の記・武尾 実


パロディから始まったホームズ譚全訳・深町眞理子


見ているだけで美しい 日本人へ170・塩野七生



ベストセラーで読む日本の近現代史・佐藤 優



BOOK倶楽部


▼池上 彰、梯久美子、古市憲寿、佐久間文子 ▼今月買った本 橘玲 ▼著者は語る ▼新書時評 ▼赤坂太郎 ▼丸の内コンフィデンシャル ▼霞が関コンフィデンシャル ▼世界経済の革命児・大西康之 ▼日本語探偵・飯間浩明 ▼数字の科学・佐藤健太郎 ▼旬選ジャーナル(ジェーン・スー・佐藤伸行) ▼オヤジとおふくろ ▼スターは楽し・芝山幹郎 ▼考えるパズル ▼三人の卓子 ▼詰将棋・詰碁 ▼マガジンラック ▼広告情報館 ▼蓋棺録 ▼目・耳・口



新世界地政学71・船橋洋一
人声天語169・坪内祐三
偏愛の日本女優たち3(新連載)・小林信彦
大名倒産16・浅田次郎



グラビア
▼日本の顔(内村航平) ▼同級生交歓 ▼中野京子の名画が語る西洋史59(地獄はすり鉢) ▼インド・マハラジャの世界 ▼もう一人の家族125 柴門ふみ ▼名作×名食 61(池波正太郎) ▼小さな大物(八木亜希子)▼文春ラウンジ(健康力32)


短歌・水原紫苑、俳句・西村和子、詩・大橋政人



◆  ◆
原真人 田中秀臣 三橋貴明 佐藤優 藤井厳喜 木村太郎 宮崎哲弥 上念司 片岡剛士 孫崎享 鈴木哲夫 須田慎一郎 富坂聰 宮家邦彦 大谷昭宏 三浦瑠麗 吉崎達彦 二木啓孝 伊藤惇夫 江崎道朗 有本香 長谷川幸洋 青山繁晴 河添恵子 福島香織 上杉隆 奥山真司 KAZUYA 高橋洋一 山口敬之 馬渕睦夫 飯田泰之 渡邉哲也 井上和彦 アーサー・ビナード 橋下徹 手嶋龍一 高橋和夫 モーリー・ロバートソン ケントギルバート 山本秀也 青木理 百田尚樹 宮崎正弘 中川淳一郎 宮台真司 荻上チキ 池上彰 森永卓郎 吉永みち子 玉川徹 山本一郎 岡本行夫 東浩紀 施光恒 上島嘉朗 吉木誉絵 浜矩子 古賀茂明 堤未果 飯田哲也 神保哲生 前嶋和弘 中山俊宏 書き起こし 文字起こし メモ。


オハ4 ZIP! スッキリ PON! ヒルナンデス ミヤネ屋 newsevery NEWSZERO あさチャン ビビット ひるおび ゴゴスマ Nスタ NEWS23 TBSデイキャッチ グッドモーニング 羽鳥慎一モーニングショー ワイドスクランブル スーパーJチャンネル 報道ステーション めざましテレビ とくダネ ノンストップ 直撃LIVEグッデイ みんなのニュース 土 正義のミカタ ウェークアッププラス 報道特集 新情報7days  日 王様のブランチ サンデーモーニング バンキシャ ニュース女子 報道局 全国無料テレビBS11


◆おまけ◆
オフコース さよなら.wmv



小田和正 - ラブ・ストーリーは突然に (愛情故事突然發生)