ニュースが好き

政治でも経済でもアニメでもニュースなものが好きです。

★出会い系バー出入り「女性の貧困を実地視察調査」前川喜平氏、前川次官の退職金8000万円、5/25(木)ザ・ボイス 有本香「『総理の意向と記された文書は本物』前文科事務次官が証言」(若干書き起こしメモ)

加計学園 出会い系バー出入り「女性の貧困を実地視察調査」 前川喜平氏

産経新聞 5/25(木) 19:18配信
 
 文部科学省の再就職あっせん問題により引責辞任した前川喜平前文部科学事務次官は25日、都内で記者会見し、在職中に出会い系バーに頻繁に出入りしていたと読売新聞が報じたことについて「行ったことは事実」と認めた。その上で「女性の貧困について、ある意味実地の視察調査の意味合いがあった」と釈明した。

  出会い系バーに出入りするきっかけについては「バーでデートの相手を見つけたり、場合によって援助交際の相手を見つけたりしてお金をもらう女性の姿を紹介する番組を見て、実際に会って話を聞いてみたいと思った」と説明。バーで出会った女性と食事をしたり、お金をあげたりして話を聞いていたという。

  前川氏は「バーに出入りしたことで文科行政、教育行政の課題が見いだせた。そういう意味では役に立ったと思っているし、意義があったと思っている」と強調した。 



ザ・ボイス



2017年5月25日(木)コメンテーター有本香(ジャーナリスト)
≪取り上げたニュース一覧≫
「総理の意向と記された文書は本物」前の文科事務次官が証言
安倍総理がイタリアG7サミットへ出発
市場問題のプロジェクトチームが新たな築地改修案を提示
政府がキッズウィーク創設の方針
イギリステロ事件で容疑者の親族を相次いで拘束
2016年度 取調べ全課程の可視化は全体の73%
欧米型の食事でも死亡リスク減少の傾向


ザ・フォーカス
中国で邦人11人が拘束




★2017年1月23日日刊ゲンダイデジタル 少し古いが
天下りあっせんで引責辞任 前川次官の退職金は8000万円



文部科学省の組織的な天下りあっせんに関与したとして、事務次官の前川喜平氏が先週「辞任」した。依願退職の形だという。天下りにメスが入ったのは結構だが、実は次官の退職金は8000万円だった。



  官僚の退職金の計算式は、最後の月給に勤続年数を掛け、さらに長期勤続の割り増し乗数(10年以上の勤続でおおむね1.4~1.5)を掛ける。次官の月給は人事院によれば141万円で、前川氏は79年旧文部省入省の勤続約38年。退職金は割り増しがついて7500万円以上、8000万円弱とみられる。



  内閣人事局は14年の国家公務員退職者への「退職手当の支給状況」を公表している。それによれば、常勤職員の退職金は2000万円以上2500万円未満が最も多いが、7500万円以上8000万円未満の者が3人いた。これが次官級の退職金とみられる。6000万円台は76人、5000万円台が103人。一般国民とはかけ離れた世界だ。



東大を出て難しい公務員試験に受かり、日本の教育行政を担ってきたエリートなのだから、それくらいもらっても当然という意見もあろう。だが、前川氏が行ってきたことは違法行為である。



  この問題の発端となった早稲田大への天下り。同大のホームページにある吉田大輔教授(文科省高等教育局長からの天下り、先週大学を辞職)の職務には堂々と、「文部科学省等の各種事業関係に関する連絡調整等への関与」とあった。噛み砕いて言うと、天下り教授の仕事は、文科省の各種事業の補助金・交付金をもらうためのパイプ役だ。



  文科官僚は国民の税金で私腹を肥やしているのである。これはれっきとした賄賂罪(収賄罪)。安倍内閣は横領次官を懲戒免職にすべきである。その上で検察は、この次官を収賄もしくは横領の罪で逮捕するべきだ。


 (ジャーナリスト・若林亜紀)





DAPPI Twitterより
そもそも前川喜平は自ら天下り斡旋に直接関与し、再就職等監視委員会に虚偽説明を繰り返すなど悪質な行為が発覚し依願退職した屑。


出会い系バーでの売春疑惑以前に、自身の利権の為に虚偽説明を平気でしきた人の主張を鵜呑みしろというのが無理



おまけ


Cats Musical - Memory



Ruthie Henshall - I Dreamed A Dream (Les Miserables 10th Anniversary Concert - Royal Albert Hall)




A Chorus Line - One ( Finale)