ニュースが好き

政治でも経済でもアニメでもニュースなものが好きです。

★週刊ダイヤモンド最新号(5/20)見出し、築地土壌からベンゼン検出ZAKZAKほか上念司Twitter(若干書き起こしメモ)

上念司Twitterより
(小池都知事)
小池氏正念場 築地土壌からベンゼン検出、業界団体「豊洲しか選択肢ない」 - ZAKZAK


田中秀臣ブログから
『小池百合子都知事の選挙ファーストの愚かさ』


500円T
都知事選挙で小池百合子を応援したけど、それは都立高校跡地の韓国学校や東京五輪ユニフォームを見直す事に期待したからで、それ以外の築地市場の豊洲移転や東京五輪費用の全面的見直しなんて期待してなかったよ。しかも都知事の仕事よりも新党結成など政局にばかり力を入れて、何ひとつ実績を残さない



(北朝鮮)
中国、メンツ丸つぶれ 国際会議開幕日にミサイル発射  :日本経済新聞


和田政宗T
北朝鮮の弾道ミサイル発射。推定射程が4000㎞とされ、グアムが射程に入る。分析が進むが、大気圏再突入時の弾頭部の耐熱性が担保され実用化したと見れば、アメリカは次の対応を考えると予想される。北朝鮮によるさらなるミサイル発射にも警戒が必要だ。夕方上京し、専門家と意見交換を行う予定だ。



500円T
【北ミサイル】稲田朋美防衛相 ぶら下がり全文 「明らかな挑発行為で断じて容認できない
⇒迎撃不能な高高度のロフテッド軌道で、再突入の着弾にも成功したなら、米国を射程に収めた可能性があるので、トランプ大統領は先制攻撃を決断するべき


(フェイクニュース)
「日韓合意見直し」 勧告したのは国連の委員会でも国連の機関でもない(楊井人文) - Y!ニュース
またもやマスコミがフェイクニュースやらかしましたよ。
というか全社釣られたな。早めに訂正した方がいいと思うわ。


ランドデストロイヤー!フロントミッションに出てきたアレかw→陸上型イージス導入へ…ミサイル防衛強化 : 読売新聞



◆週刊ダイヤモンド2017年5月20日号


特集関西流企業の逆襲
大阪・京都・神戸はなぜ強い?


「コンプライアンスだ、ガバナンスだと言って、東京企業ががんじがらめになって失った強さを、関西の企業や経営者は持っている」。関西地方出身のある企業幹部が語ったこの言葉。うのみにはできないが、聞くと出身地に関係なく多くの人が思い当たる節があるという。その理由を探ってみた。
特集 関西流企業の逆襲
大阪商工会議所が2001年に開設した大阪企業家ミュージアム。館長の宮本名誉教授は「大阪が輩出した企業家から学ぶべきことは多い」と説く【特集1】


関西流企業の逆襲
【Prologue】
【ホンマかいな!】 関西人が東京を席巻する
【Part 1】 おもろい! 関西流企業の強さの秘密
なぜ関西流経営が東京も含めて日本に旋風を巻き起こしているのか。そこには、関西の地が育む個性や気質、地域的なビジネス環境が関係している。あらゆる角度から強さの秘密に迫る。
【関西弁に学ぶビジネスエッセンス】 名経営者が直伝「座右の金言」
【関西人材の強さの秘密はどこにあるか】 移動で磨かれる環境適応力
【関西有力大学ではどんな人材が育つか】 「早慶不在」が多様性を生む
【関西は日本有数の「研究開発」集積地】 私財100億円で産学連携
【ヒト・モノ・カネが何でもそろう京都】 モノづくりのシリコンバレー
【何がグローバル企業を引き付けるのか】 国際都市・神戸の五つの魅力


【Part 2】 知らなあかん! 大阪・京都・神戸の「流儀」
前章で触れたように、関西人材の強さは、関西独特の風土によって育まれている。その風土をよく知ることは、関西人についての理解を助けるだけでなく、自己研さんにも役立つはずだ。
ほんまに違う! 大阪・京都・神戸の気質
【関西流ビジネスマナーを伝授】 仕事がうまくいく七つの極意
【複雑怪奇!】 関西ヒエラルキー
【Column】 関西人の憧れてやまない街 神戸はなぜおしゃれなのか
【「一見(いちげん)さんお断り」の世界を垣間見る】 花街(かがい)の伝統の変質が示す古都・京都の変貌


【Part 3】 おおきに! 日本支えた「西」の経営者列伝
日本を代表する企業や経営者の源流をたどると、そこには、江戸時代から綿々と続く大阪商人の系譜があることが多い。現代まで語り継がれる「西」の経営者たちの最強列伝をひもとく。


【商社業界の“台風の目”に近江商魂あり!】 伊藤忠に刻まれた西のDNA
岡藤正広(伊藤忠商事社長)インタビュー
現代に語り継がれる 大阪商人の系譜
【東京一極集中にどう立ち向かう?】 関西復権探る製薬・金融業界
松本正義(住友電気工業社長)インタビュー


【Epilogue】
【よっしゃ!】 関西流「伝統×革新性」が次代を切り開く


特集2
ガス自由化スタート 仁義なき「光熱費」争奪戦
2016年4月の電力小売り自由化に続き、17年4月から都市ガスの小売り市場も全面自由化された。利用者にとっては、選択肢が増えてガス料金を安くできるチャンスが訪れた。一方で、事業者は、電力・ガス業界の垣根を越えた熾烈な競争に晒されている。各事業者による存亡を懸けた勢力争いを追った。
関西電力は大手LPガス販売会社の岩谷産業と共同で販売窓口を約80拠点開設した【特集2】


ガス自由化スタート 仁義なき「光熱費」争奪戦
【Part 1】 これさえ読めば「ガス自由化」が丸分かり 都市圏ユーザーが得をする!
【Part 2】 関東エリアは夏以降が本戦 東電・東ガス全面戦争が勃発
【Column】 やっぱり出たシステム問題 混乱と諦め漂う営業最前線
緊張高まる中京vs近畿 自身を守る“安保条約”が必須
NEWS
創刊170年以上の歴史を誇る英「エコノミスト」誌。『2050年の技術 英「エコノミスト」誌は予測する』(文藝春秋)を企画・編さんした同誌のダニエル・フランクリン編集局長に、未来社会の技術の在り方などを聞いた【特別インタビュー】
Close Up
「セル・イン・メイ」回避でも 視界晴れない三つの不安
国立大学改革の評価指標 「地元就職向上」に現場の不満
ダニエル・フランクリン(英「エコノミスト」誌編集局長)特別インタビュー
Inside
【商社】 利益で首位陥落の伊藤忠が数値競争からの離脱を“宣言”
【IT】 MUFGがクラウドを全面採用 ITをアマゾンに移管の衝撃
【包装材】 宅配業界の人手不足に商機! 段ボール首位・レンゴーの秘策
人事天命
【パナソニック】 外部人材を代取に異例の抜てき 変革託されたのは泥くさい現場派
マーケット・人物
メルケル氏(右)にとってシュルツ氏という意外なライバルが登場した【World Scope】
短答直入
藤原弘治(みずほ銀行頭取)
World Scope ワールドスコープ
【from 欧州】 欧州最大の経済大国ドイツの議会選挙でメルケル氏4選なるか
【from 中国】 中国EC専業事業者が 続々と実店舗を出店し 新しいコンセプトを提案
為替市場 透視眼鏡
米景気拡大は来年以降も継続 ドル円ピークは18年末122円
金融市場 異論百出
「選挙の年」欧州の現地で聞いた政治の行方と次の注目ポイント
数字は語る
原油価格の回復でも物価上昇は足踏み 賃上げの持続性が鍵に
企業・産業
財務で会社を読む 塩野義製薬
連載
憲法改正推進派のフォーラムに寄せたビデオメッセージで、改憲について語る首相の安倍晋三(5月3日、東京都千代田区)【永田町ライヴ!】
カラダご医見番 ライフスタイル編
糖尿病網膜症リスクを軽減 26メッツ・時/週以上の運動を
大人のための最先端理科
【脳科学】 見えない部分は周囲が補う 脳の「なめらか補完」機能
深堀圭一郎のゴルフIQを高めよう!
球を投げるときのフォームをイメージしよう
Key Wordで世界を読む
tax holiday(タックスホリデー)
夢の狭間で
バブル崩壊で存続の危機も “広域複合型”で起死回生
孫家の教え
自動運転で解決する物流の課題
連載小説 ハゲタカ5 『シンドローム』
第五章 激震 [第76回] 
ダイヤモンド・オンライン発
私生活まで社畜化される日本人、「プレ金」に社内行事の企業も
ものつくるひと
「知的財産ビジネスの開拓」 徳本光宏(三井物産ビジネス推進部知財ビジネスチームビジネスコーディネーター)
野口悠紀雄「超」整理日記 経済・メディア・情報を捌く
就労ビザ規則見直しはハイテク産業に大きな影響
後藤謙次 永田町ライヴ!
中身も仕組みも陣容も一新か 首相が起こした「改憲クーデター」
櫻井よしこ 新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽
経済政策の具体論見えない共産党 共闘の民進党ともに描けぬ明るい展望
世界遺産を撮る
エローラ石窟群(ELLORA CAVES)
コラム


Book Reviews 知を磨く読書
女性と話すのが怖くなる傑作
Book Reviews 私の「イチオシ収穫本」
米国の元外交官が詳述する対アジア関与の論理と必然
Book Reviews 目利きのお気に入り
リーダー必読の経営実践論 モチベーションを高める技法
Book Reviews オフタイムの楽しみ
【酒・酒文化】 バー名店の魅力を味わえる書 愛にあふれたスナック指南
From Readers From Editors
From Readers From Editors
This is.
HICKEY FREEMAN