ニュースが好き

政治でも経済でもアニメでもニュースなものが好きです。

4/24(月) 【虎ノ門ニュース】青山繁晴【おはよう寺ちゃん】上念司【あさラジ】須田慎一郎【インサイト】鈴木哲夫【くにまる】大谷昭宏(若干書き起こしメモ)

【DHC】4/24(月) 青山繁晴・居島一平【虎ノ門ニュース】



【上念司】おはよう寺ちゃん活動中 キンペイ四面楚歌で顔面蒼白! 2017年4月24日



8:00 海上自衛隊と米空母 訓練開始
12:43 中国産空ぼ 進水へ
15:01 うるま市長選 現職再選 翁長支援の新人敗れる
17:26 仏大統領選挙の行くへ
23:49 安倍総理 米大統領と電話会談
35:52 エンディング


◆参考 上念司氏の著作「経済で読み解く」シリーズ
◆経済で読み解く織田信長
 「貨幣量」の変化から宗教と戦争の関係を考察する
中世を終わらせた、英雄・信長は何と戦ったのか?
“お金の流れ"から室町・戦国時代の政治経済を解く!


織田信長の活躍が「日本」を救った! !


信長の「経済政策」、その歴史的意味とは?
日明貿易から室町幕府の経済政策とその衰退、
 応仁の乱、一向一揆、寺社勢力の金融ビジネスまで、
 室町・戦国の世を“経済的視点"で描く―。
 「経済」がわかれば、「歴史」がわかる!
信長の“本当の業績"を考察する、著者渾身の書下ろし! !


● 「マネーストック」と景気の関係
● 「出土備蓄銭」は現在の「タンス預金」
● 巨大荘園主としての寺社勢力
● 「恐ろしき山かな」―蓮如のつぶやき
● 室町幕府の将軍交代劇
● 「応仁の乱」を経て確立した、細川京兆体制
● 信長は本当に宗教を弾圧したのか
● 意図せざる経済の変革 etc.


【目次より】
 序に代えて ~お金の流れで歴史を読み解く
第一部 中世の「金融政策」と「景気」
 第1章 明の景気が日本経済を左右した時代
 第2章 室町幕府の財政事情
 第二部 寺社勢力とは何なのか?
第3章 老舗「比叡山」vs.新興「京都五山」
 第4章 京都五山のビジネスと本願寺の苦難
 第三部 武将と僧侶の仁義なき戦い
第5章 信長の先駆者たち
第6章 「一向一揆」とは何か
第四部 信長は何を変えたのか?
第7章 信長の本当の業績
 第8章 信長の活躍が日本を救った!


◆経済で読み解く明治維新
   江戸の発展と維新成功の謎を「経済の掟」で解明する
「明治維新」とはいったい何だったのか?
“経済の掟"で「維新成功」の謎を解く!
江戸時代の日本は“世界最強"の「資本主義」の国だった! !
世界史の奇跡"と言われる、「明治維新」とは何か?
なぜ「江戸幕府」は“倒産"したのか?
江戸幕府のマクロ経済政策から、百姓のビジネスモデルまで、
 維新前史を“経済的視点"で描く―。
 「経済」がわかれば、「日本」がわかる!
日本近現代最大の謎に挑む、著者渾身の書下ろし! !
■ 歴史教科書には矛盾が満載!
■ “経済の掟"がわかる人、わからない人
■ 維新の成功は「江戸時代の蓄積」があったから
■ 信長、秀吉の遺産を相続した家康
■ 荻原重秀が理解していた「貨幣の本質」とは?
■ 耳障りの良い思想「貴穀賤金」
■ 坂本龍馬もパクった「海商」のビジネスモデル
■ 新通貨「円」の登場! 他
 【目次より】
 第一部 飛躍的に発展していた「江戸時代の経済」
 第1章「貧農史観」を捨てよ!
I 絶対に笑ってはいけない、歴史教科書24時
II “真実の江戸時代"を検証する
第2章 なぜ江戸幕府はいつも「財政難」なのか?
I 江戸幕府の懐具合
II「成長重視派」vs.「財政規律派」
III ぬるま湯を許さない国際情勢
 第二部 資本主義を実践していた「大名」と「百姓」
 第3章「大名」と「百姓」のビジネス
I 江戸幕府のユルい政治力
II「平和」が経済成長の大前提
III 江戸時代の実業家
 第4章 借金苦に喘ぐ大名。アイデアに溢れる商人
I「流通」の発達
II 借金まみれの幕府と大名
 第三部 なぜ江戸幕府は“倒産"したのか?
第5章「民間の活力」を生かせなかった江戸幕府
I 限界を迎えた「石高制」
II 薩摩と長州の藩政改革
 第6章「明治維新」に必要だった、薩摩藩の“リアリズム"と長州藩の“狂気"
I「薩長同盟」の経済的背景
II「貨幣制度」の混乱と「円」の誕生


◆経済で読み解く大東亜戦争
【内容紹介】
 「大東亜戦争」とは何だったのか?
“地政経済学"で「日米開戦」の謎を解く!
日本は70年前も「資本主義」の強国だった! !
「金本位制」復帰による「世界恐慌」で瀕死の欧米、
 「共産革命」のソ連&中国……。
 「第一次世界大戦」から「大東亜戦争」「高度経済成長」まで、
グローバル経済の荒波に立ち向かった日本の苦闘を“経済的視点"で描く―。
 「経済」がわかれば、「戦争」がわかる!
戦後70年睦月に贈る、著者渾身の書下ろし! !
日本はなぜ「大東亜戦争」に突入したのか
■ 「軍部台頭」というファンタジー
■ 「昭和恐慌」の真因は“インフレ"ではなく“デフレ"
■ 「戦争をすると儲かる」は本当か?
■ 「金本位制」の致命的欠陥
■ 金本位制絶対派 vs. 元祖・リフレ派
■ 経済には「絶対に逆らえない掟」がある
■ 戦前にもあった「日本ダメ論」
■ 経済政策の間違いが「大東亜戦争」を招いた 他
 【目次より】
 序 章 【経済と戦争の相関】
 「経済」がわかれば、「戦争」がわかる!
・「植民地」とは「海外投資」である
 ・「経済戦争」という言葉は、バカが使う言葉 他
 第一部 【第一次世界大戦までの世界経済の動向】
 「金本位制」が世界経済を成長させ、そして、奈落に突き落とした……
・島国のイギリスが「経済大国」になった理由
・マルクスの大きな勘違いとは? 他
 第二部 【第一次世界大戦の明暗】
 凋落するドイツとフランス、台頭するアメリカと日本
・ドイツ人の英仏に対する復讐心
・「対米開戦」へのレール 他
 第三部 【第二次世界大戦前夜の日本経済】
 日本はなぜ「大東亜戦争」に突入したのか
 ・日本を貶めた“ハゲタカ"経済人
・痛みに耐えてもバラ色の未来はやってこない 他
 終 章 【日本の戦後復興】
 焼け野原から「高度経済成長」を成し遂げた奇跡の国・日本
・急成長を遂げた日本の自動車メーカー
 ・高度経済成長とは「日本を取り戻す政策」のことである 他




高嶋ひでたけのあさラジ! 2017年4月24日 【須田慎一郎】

福岡強奪 
フランス大統領選(第1回)



(あるT)
仏大統領選。私の抱く印象によれば、ルペンもメランションも演説で心にもない事は言わない。確信を力説し、自分の人気を翳らせかねないような発言もかなり率直に行う。だから彼らの言葉は、正しいか否かはさておき、それなりに重い。マクロンの言葉にはこの重みがない。彼の言葉は札ビラのように軽い。



【鈴木哲夫】 櫻井浩二 インサイト 2017年4月24日 ニュースインサイト



くにまるジャパン 極 2017年4月24日 【大谷昭宏】




「誰に対して言ったんだ!」
自民議員のヤジに激昂し肩を強く小突いた民進党・階猛議員に波紋広がる
「誰に対して言ったんだ!」自民議員のヤジに激昂し肩を強く小突いた民進党・階猛議員に波紋広がる | BuzzNews.JP



原真人 田中秀臣 三橋貴明 佐藤優 藤井厳喜 木村太郎 宮崎哲弥 上念司 片岡剛士 孫崎享 鈴木哲夫 須田慎一郎 富坂聰 宮家邦彦 大谷昭宏 三浦瑠麗 吉崎達彦 二木啓孝 伊藤惇夫 江崎道朗 有本香 長谷川幸洋 青山繁晴 河添恵子 福島香織 上杉隆 奥山真司 KAZUYA 高橋洋一 山口敬之 馬渕睦夫 飯田泰之 渡邉哲也 井上和彦 アーサー・ビナード 橋下徹 手嶋龍一 高橋和夫 モーリー・ロバートソン ケントギルバート 山本秀也 青木理 百田尚樹 宮崎正弘 中川淳一郎 宮台真司 荻上チキ 池上彰 森永卓郎 吉永みち子 玉川徹 山本一郎 岡本行夫 東浩紀 施光恒 上島嘉朗 吉木誉絵 浜矩子 古賀茂明 堤未果 飯田哲也 神保哲生 前嶋和弘 中山俊宏 書き起こし 文字起こし メモ。


オハ4 ZIP! スッキリ PON! ヒルナンデス ミヤネ屋 newsevery NEWSZERO あさチャン ビビット ひるおび ゴゴスマ Nスタ NEWS23 TBSデイキャッチ グッドモーニング 羽鳥慎一モーニングショー ワイドスクランブル スーパーJチャンネル 報道ステーション めざましテレビ とくダネ ノンストップ 直撃LIVEグッデイ みんなのニュース 土 正義のミカタ ウェークアッププラス 報道特集 新情報7days  日 王様のブランチ サンデーモーニング バンキシャ ニュース女子 報道局 全国無料テレビBS11