検察と政治 独立性を担保せねば

 検察官の定年延長を認める検察庁法改正案は検察の独立性を揺るがす。そもそも立法すべき事実が希薄だ。政治が検察人事に介入できる仕組みでは、国民の信頼を失う。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2020042402000179.html